下町ロケット5話ネタバレあらすじ&感想“島ちゃんは必要ない”悪魔に取り憑かれた伊丹の豹変

Pocket

阿部寛さん主演ドラマ『下町ロケット(2018)』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

ギアゴーストに降りかかる訴訟問題が今夜ついに完結。裁判の行方、そしてラストに待ち受けていることが暗示されている、更なる衝撃の裏切りとは、果たして・・・?!

以下、ドラマ『下町ロケット』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『下町ロケット』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『下町ロケット』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

ギアゴーストの顧問弁護士・弁護士・末長孝明(中村梅雀)が会社を裏切り、島津裕(イモトアヤコ)が完成させた設計をケーマシーナリーへ漏らしていた可能性がほぼ確定しました。実は末長は敵側の弁護士・中川京一(池畑慎之介)と兼ねてから親しい関係であり、金目当てで情報を漏らす仕事を請け負っていたのです。

弁護士・神谷修一(恵俊彰)の指示を受けた佃製作所の社長・佃航平(阿部寛)が、島津が在籍時代に大学内で発表された論文を見つけたことにより、もともとこの発明がケーマシーナリーよりも先に世に公表されていて、特許がケーマシーナリーにないことはわかるものの、末長は中川とグルだったことを証明する証拠はなく、神谷はこのままでは裁判に負けると考えていました。

そんななか、ギアゴーストの社長・伊丹大(尾上菊之助)はダイダロスから買収話を持ちかけられました。ダイダロスの新社長・重田登志行(古舘伊知郎)と対面した伊丹は唖然とします。重田は、かつて伊丹が帝国重工に勤めていた際に、上司だった的場俊一(神田正輝)とともに契約を打ち切った末に倒産に追い込んだ重田工業の若社長・重田その人だったのでした。

さらに詳しいドラマ『下町ロケット』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『下町ロケット』第1〜4話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『下町ロケット』第5話までの感想と評価

Yahoo!テレビみんなの評価

2.81点(5点満点)

前週より0.01点

自分は、単純に企業のわかりやすいドラマとして 面白いです。日本人の好きな判官贔屓的な部分に 法律等のエッセンスを加えて企業&人間ドラマになっていますね。

色々酷評されながらも平均視聴率13% 今期テレ東系のハラスメントのドラマの一桁を大きく引き離していますから 確実に 視聴率を左右する層の心は掴んでいるのではないかと思います。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

好評だった前作と比較すると、どうしても残念な感じが否めないという感想も多いものの、下町ロケットらしさを楽しみに観ている視聴者も多いようです。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第5話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『下町ロケット』第5話の視聴率

ドラマ『下町ロケット』第4話の視聴率は13.4%となり、平均視聴率は13.63%となりました。

平均視聴率第1位のドラマ『リーガルV』との差は3%弱、第3位のドラマ『スーツ/SUITS』との差は2%弱となっていて、引き続き今期第2位の平均視聴率をとっています。

ドラマ『下町ロケット』第5話の視聴率は、14%前後と予想します。実際のドラマ『下町ロケット』第5話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『下町ロケット』第5話の視聴率は、12.7%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
13.9% 12.4% 14.7% 13.4%
第5話 第6話 第7話 第8話
12.7%
第9話 最終回

それでは、ドラマ『下町ロケット』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『下町ロケット』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

それぞれの思惑

弁護士・末長孝明(中村梅雀)に顧問契約の打ち切りを切り出した社長・伊丹大(尾上菊之助)。『末長先生は中川(池畑慎之介)先生ととてもお親しいんですってね?』副社長・島津裕(イモトアヤコ)が迫るが、末長はしらを切りとおす様子だ。島津は呆れ、『これ、餞別です』と1通の封筒を置き、伊丹とともに帰って行った。

2人が帰った後、封筒を開けた末長。中には中川との対談記事のコピーが入っている。末長は表情を変え、即座に中川に電話。『ギアゴーストの件ですが、今よろしいか?中川先生。あんたの件がバレた!』しかし、中川は自らの勝利を信じ、今更ギアゴーストに何ができるのだと余裕の表情。

末長が電話を切ると同時に、島津が再び現れる。どうやら島津はソーファーの下にバッグを忘れて行ってしまったらしい。『忘れ物です。もう二度と来ませんから』島津はそう言い、出て行った。

宇宙航空部本部長・財前道生(吉川晃司)を、経理部長・殿村直弘(立川談春)の実家の田んぼの稲刈りに誘った佃製作所の社長・佃航平(阿部寛)。財前は戸惑いながらも、快く稲刈りの手伝いに来てくれた。

稲刈りは時間との勝負。タイミングを見誤ってしまったり、刈入れが遅れてしまったりすれば味に大きな影響が出ることを、殿村から説明され、財前は知った。

稲刈り中の佃たちに、殿村から塩おにぎりが振舞われる。『こんなにうまいもんだったかな、米は・・・』財前は手にしたおにぎりを見つめながら、つくづくつぶやくのだった。

稲刈りの終了後。帰る財前と、それを送っていく佃はヤマタニのトラクターを目にする。『結局我々の仕事は、我々のためだけにあるんじゃないんです。世の中のためにあるんです』佃はそう語り、ここに来て、そのことを学ばせてもらったと語る。その言葉を聞いた財前は、何やら閃いた様子。『世の中のため、これから自分に何ができるのか、少し分かってきた気がします。どうもありがとう』と礼を言い、帰っていくのだった。

いつもの中華料理店で、密会する中川、末長、ダイダロスの社長・重田登志行(古舘伊知郎)とケーマシーナリーの知財部長・神田川敦(内場勝則)。末長と中川の関係が露呈したことを知った神田川は慌てるが、それが露呈したところで、自分たちの勝利は揺るがないと中川は依然余裕の表情。重田は『あなたがどういう手を使おうが構わない。私はギアゴーストが欲しいだけだ。あの伊丹という男もね』と言い、8年前、父と重田で経営していた重田工業が倒産に追い込まれた際、社員らに詰め寄られた時のことを思い出すのだった。

いよいよ裁判の日が明日に迫った。緊張した面持ちの佃に、技術開発部部長・山崎光彦(安田顕)は『何年も努力して磨き上げた技術っていうのは一目見て分かります』と切り出し、ギアゴーストに正義があることは間違いないと励ます。『正義は我にありだな』佃はそう言い、気持ちを引き締めるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

裁判の行方

第1回口頭弁論の日。現れた神谷は、開口一番、提出期限に間に合わなかった資料を今提出したいと切り出し、手にした資料をと見上げ始めた。神谷は、島津が特許侵害を指摘している無段階変速機を発明するきっかけとなった論文があったと説明し、特許はケーマシーナリーにはないと主張した。

『我々はそもそも原告側の特許侵害についても、疑問に思っていました』神谷はさらに続け、ギアゴーストの製品の細部にまでケーマシーナリーの特許が至っている点が極めて不自然で、このことからギアゴーストの開発情報が盗まれた可能性が高いことを示唆する。

その証拠として、神谷はいつか末長が中川と交わした会話の録音を再生したいという。『末長先生とある人物との会話の一部始終です』やがて、法廷に末長と中川の声が響いた。『ギアゴーストの件ですが、今よろしいか?中川先生。あんたの件がバレた!』中川の表情が変わる。

この録音は、かつて伊丹と島津が末長のもとを訪れた際に、島津のバッグの中に仕込まれていたICレコーダーによるもの。レコーダーをバッグの中に忍ばせることに関しては、佃のアイディアだった。

『電話の相手は中川先生、あなたですね?』神谷に詰め寄られ、自分ではないと声を荒げる中川。しかし、このことに関しては、末長がすでに情報漏洩させたことを認めていて、電話の相手が中川であることも認めており、それが間違いないことを認める念書を書いていた。神谷がその念書を中川に突きつけ、中川は完全に言い逃れができない状態へと追い込まれたのだった。

正式には判決を待たなければいけないものの、ギアゴーストの勝訴は間違いないものとなる。喜びに溢れる一同、そんななか、伊丹の携帯に着信があり、伊丹はそっと席を外すのだった。

その後、ギアゴースト側の勝訴が言い渡された。末長と中川は不正競争防止法案の違反で、逮捕されることとなった。

ギアゴーストが勝訴を勝ち取ったことにより、佃製作所がギアゴーストを買収することはできなくなったが、以前勝ち取ったヤマタニに供給されるギアゴーストのトランスミッションのバルブは佃製作所が納めることができるはずだ。佃製作所では、これから大切なパートナーとなるであろうギアゴーストの勝利を喜び、食堂で社員一同参加しての祝勝会が開かれることになった。

また、その日。殿村は佃製作所最後の日を迎えようとしていた。すべての用意を済ませ、デスクを離れた殿村は1人、誰もいないオフィスに一礼する。殿村は1人で出て行こうとしていた。

『1人で出て行こうなんて、水臭いじゃないか』ふと振り返ると、佃を始めとする社員らが並んでいた。厳しい目で会社の財政を守り、なかなか経費を落としてくれなかった殿村。そんな殿村がいなくなり、誰も釘をさしてくれる人物がいなくなると思うと寂しくてたまらないと山崎が涙ながらに語る。『だから・・・お礼くらい言わせてくださいよ。殿さん、本当にお疲れさまでした』

『寂しいです、暖かいご指導、本当にありがとうございました』『俺たちの開発に真剣に向き合ってくれてありがとうございました!』経理係長・迫田滋(今野浩喜)も立花洋介(竹内涼真)も、涙ながらに頭を下げる。殿村も大いに感動し、『形にならないものに本気で向き合ってくれる、そんな君達が大好きだ!』と礼を言うのだった。

その頃、ギアゴーストにて島津もまた、勝訴の喜びを噛み締めていた。『今度はうちが佃製作所さんの力にならないとね!』笑顔でそう語りかける島津。しかし、『そうだな』と答える伊丹の表情は、なぜか暗く沈んでいるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『下町ロケット』第5話のあらすじ(ネタバレ)後編

的場の新たな夢

ヤタガラス最終期、打ち上げ前日。社長・藤間秀樹(杉良太郎)が立ち会う代わりに、反藤間派の沖田会長の命令で、会長の息のかかった時期社長候補・的場俊一(神田正輝)が現場へ行くことになったという報告を、財前は藤間から受ける。

『恐れながら、よろしいでしょうか?』そう切り出した財前は、スターダスト計画が社内事情によって揺らぐことを心配していることを明かした。『君には心配をかけたようだな。君はどんな職場へ行こうとも、自分の信じた道を歩いてもらいたい』と藤間は語り、『ありがとう、ありがとう。今までよくやった』と涙ながらに、財前をねぎらう。『社長・・・!』財前もまた胸が溢れ、涙ぐむのだった。

そして、ヤタガラス最終期打ち上げ当日。佃、そして社員らも発射台を見守っている。『エンジン点火!リフトオフ!』財前の掛け声により、ロケットが打ち上げられ、無事予定軌道に乗った。『成功です!』アナウンスがあると同時に、皆が飛び上がり、歓声を上げ喜ぶ中、財前はホッと胸をなでおろしたような表情を浮かべている。『おめでとうございます!』佃が手を差し出した。

その直後、財前の離任式が行われた。社員らの前で、財前のスピーチが始まる。今から10年前、始まったスターダススト計画がなんども壁にぶち当たりながらも、それを乗り越えてきたことを財前は語った。

そんな夢が実現した今、計画は夢は現実へと変わり、厳しい状況になりつつある。これを受け、財前はロケットを打ち上げる部署から、ロケットが社会にもたらすメリットを、もっと人々に知ってもらえるよう働きかける部署へ移動することを明かした。衛星を利用したビジネスがいかに社会にメリットをもたらすかかを知ってもらい、打ち上げを支援していきたいと財前は語り、『そのために私が第1段として挑むのは・・・農業です!私は瀕死の農業を救いたい!』と宣言するのだった。

『ヤタガラスを一体農業に結びつけるのか、私には想像できませんがね』そう財前に話しかけた佃。財前は『アイディアがあります』と力強く答え、いつか佃と再び仕事ができる日を楽しみにしていると手を差し出し、2人は力強い握手を交わすのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

復讐に囚われた伊丹

そんなある日、島津が1人佃製作所を訪れた。『・・・実は今日はご報告とお詫びがあって参りました』島津は沈痛な面持ちでそう切り出し、ギアゴーストとダイダロスが本格的な資本提携を結ぶことになったと語る。

島津がこのことを伊丹から聞いたのは、訴訟に勝利した直後。訴訟問題で行き詰っていた時、ダイダロスの重田から、買収話を持ちかけられ、その社長が自分と的場が倒産に追い込んだ重田工業の重田だったことを明かされた。

一度は断った伊丹だったが、第1回の口頭弁論の日、再び重田から接触があった。そこで伊丹は、重田から過去の真相を聞いたのだという。それは幽霊部署に伊丹を追いやったのが、的場本人だったということ・・・

重田工業を倒産に追い込んだことは、社内でも役員の批判の的となっていた。自らの出世の障害となると判断した的場は、責任を部下の伊丹1人に押し付け、葬り去ったのだ。的場は自分の味方だったと認識していた伊丹だったが、そんな的場に伊丹は裏切られていたのだ。

そう真相を告げた重田は、自分も伊丹も、的場に用済みになって捨てられた同じ被害者だと主張。『君はこのままでいいのか?見返したいんだろう?ゴーストして蘇って、復讐を果たすために・・・』と伊丹を煽った。

結果、復讐に駆られた伊丹は、的場への復讐を遂げるため、ダイダロスと提携を結ぶことに決めた。『あんた本気!?』そのことを告げられ、伊丹に食いついた島津。『過去に遡ってどうするのよ!目を覚まして!!何1人で決めてんの!?私協同経営者でしょ?』そう迫った島津に、伊丹は今まで島津が見たことないような表情で、『嫌ならいいよ。・・・島ちゃんはもう、必要ない』と言い捨てたのだった。

伊丹が物作りの目的を復讐に変えたことから、もう一緒に歩むことはできないと判断した島津は、ついさっき、ギアゴーストに退職届を出してきたことを明かす。すべてを島津から明かされた佃は、激しい困惑の表情を浮かべながら、『伊丹さんは一体何をしようとしてるんですか?一体どういうことだ!?』と頭を抱えるのだった。

その頃、ダイダロスの重田のもとを、伊丹が訪れた。その目には復讐の炎が燃えている。重田は『待ってたよ!さあ、早速一緒にゲームメイクを始めようか?』と伊丹を出迎え、不敵な笑みを浮かべるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『下町ロケット』第5話の感想

ドラマ『下町ロケット』第5話が終了しました。的場が新たな夢を志し、勝訴を勝ち取ったギアゴーストが思わぬ方向へ転落していった第5話となりました。

佃の機転と佃製作所の助け、神谷の力で勝訴を勝ち取ったも同然のギアゴースト。物作りに関して、佃が同じ方向を目指して歩いていると信じていた伊丹が、重田という悪魔にそそのかされ、復讐に心を囚われてしまいました。もともと、復讐の機会をうかがっていた重田は、この復讐を成し遂げるのに欠かせない人物として、伊丹を欲しがっていたようです。そこに、偶然金目当ての中川、末長、神田川のm黒みが絡んだことが、ギアゴーストとケーマシーナリーの訴訟問題の全貌だったようですね。

感情豊かで、夢見がちな島津の天才的な才能を、持ち前の冷静さと経営手腕で支えていた伊丹でしたが、重田と巡り合ってから徐々に顔つきが変わっていったのがわかりました。ギアゴーストを立ち上げ、前を向いて歩んでいるように見えた伊丹ですが、その心の奥底ではずっと消えない火種がくすぶり続けていたんですね。

第5話にて、財前が新たに志した分野において、佃製作所と帝国重工、そして重田と伊丹の運命がぶつかり合ってくる予感です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『下町ロケット』第6話のあらすじ

ギアゴーストとダイダロスと資本提携を結んだ事実を島津から聞いた佃は、伊丹のもとを訪れ、伊丹の真意を尋ねます。しかし、別人のように変わってしまった伊丹は、佃製作所から受けた恩義を忘れ、佃製作所と資本提携をしたのでは生き残れないと言い始めます。激昂する佃ですが、伊丹と心が通じ合うことはありませんでした。

そんな中、財前が新たな夢に関することで、佃のもとを訪ねてきます。それは衛星の正確な位置情報管理システムにより実現する、無人農業ロボット開発の話でした。もしこれが実現すれば、高齢化に悩む日本の農業を救う切り札となり得ると財前は考えていたのでした。

新たに帝国重工が開発に挑戦する無人農業ロボットに、佃製作所がエンジンとトランスミッションを供給して欲しいという財前。さらにシステムの開発者として、無人農業ロボット研究の第一人者である、野木(森崎博之)を候補にあげている財前でしたが、肝心の野木はこの計画にあまり乗り気ではないようです。財前は、野木と大学時代の同期だった佃にぜひ野木を説得して欲しいと依頼します。

ドラマ『下町ロケット』第6話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『下町ロケット』の他にも!話題の秋ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

大恋愛5話ネタバレあらすじ&感想“結婚してくれる?”運命の再会経て,夫婦になった2人

スーツ6話ネタバレあらすじ&感想 蟹江と甲斐のチームプレーで勝利!蟹江の意外な一面も

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る