黄昏流星群5話ネタバレあらすじ&感想 妻はキス,夫は一線越えで不倫家族に!家族の行方は?

Pocket

佐々木蔵之介さん主演ドラマ『黄昏流星群』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

結婚を間近に控えた娘・美咲(石川恋)が年配の男性と浮気をしていることを知ってしまった瀧沢完治(佐々木蔵之介)。

それは父同様、不倫の恋なのか?父娘の関係に波が立つ中、美咲の浮気に心痛める日野春輝(藤井流星<ジャニーズWEST>)と真璃子(中山美穂)もまた、不倫の恋への第一歩を踏み出すことになりそうです。

以下、ドラマ『黄昏流星群』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『黄昏流星群』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『黄昏流星群』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

目黒栞(黒木瞳)と山登りデートをする予定だった週末に、栞の母・悦子(岩本多代)が骨折をしてしまったことから、ともに施設に向かい、悦子と対面した瀧沢完治(佐々木蔵之介)。痴呆症を発症している悦子は、瀧沢のことを亡き夫だと勘違いし、女性として愛された記憶を栞に語ります。

悦子の言葉を聞いた栞は、女性として愛されずに老いていく自分の身を悲しく思い、そのことが瀧沢と一線を越えるという決断につながります。

一方、瀧沢の娘・美咲(石川恋)婚約者・日野春輝(藤井流星<ジャニーズWEST>)は美咲に他の男性の気配を感じ、不安に苛まれていました。美咲からドタキャンされた映画を母・真璃子(中山美穂)と観た日野は、その辛い胸の内を真理子に明かすのでした。

栞とともにホテルを訪れた瀧沢がエレベーターに乗ると、親子以上に年が離れたカップルと乗り合わせます。白髪の明らかに自分よりも年上と思われる男性に甘える女性をよく見ると、それは娘・美咲・・・美咲も父に気づき、親子の秘密を知ってしまった2人の間に気まづい空気が流れるのでした。

さらに詳しいドラマ『黄昏流星群』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『黄昏流星群』第1〜4話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『黄昏流星群』第5話までの感想と評価

Yahoo!テレビみんなの評価

2.17点(5点満点)

前話から0.08点

あのイケメン君はマザコン、 娘さんはファザコン、 みぽりんは病気、 唯一応援したくなるのが 蔵之介と瞳カップル。

つっこみどころ満載のドラマですが、結構はまって観てます。でも一番あり得ないと思うのはみぽりんと藤井君の関係。20代の男が50代の女の離婚問題に首突っ込んだりするだろうか?50代の女が20代の男の前で涙ぐんで、男がハンカチで拭いてあげるなんてことがあるだろうか?もともと相当な熟女好きだったのだろうか??私50代女性ですが、藤井君の熱い視線は気持ち悪いです。

わが家は夫婦でこのドラマ楽しんでいて 栞に幸せになって欲しいねと 夫婦で言っているのですが。 あくまでドラマだからね(笑) このドラマの雰囲気だと これから 各々 目眩く感情の祭りが始まって 打ち上げ花火みたいに 愛欲が描かれて 栞は傷ついて 取り残される 祭りのあと 栞どうするの?って考えてしまう。 完治はどこまで 栞を受け止めるのでしょうね 地獄まで 連れてく覚悟があるのでしょうか? 尻尾巻いて 帰るのでしょうかね、、。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

物語も中盤に差し掛かり、登場人物にそれぞれ感情移入している感想が多く見られました。視聴率は振るいませんが、こういう作品ほど感想の書き込みが多く、盛り上がっている傾向にありますね。

ドラマ『黄昏流星群』第5話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『黄昏流星群』第5話の視聴率

ドラマ『黄昏流星群』第4話の視聴率は6.5%で、平均視聴率は6.83%となりました。

引き続き、今期放送中のゴールデンタイム枠の10個のドラマの中で、ワースト3の平均視聴率となっています。ワースト4のドラマ『獣になれない私たち』の平均視聴率8%代後半とは2%弱の開きがあるため、今後の順位変動はない可能性が高そうです。

ドラマ『黄昏流星群』第5話の視聴率は、引き続き6%代と予想します。実際のドラマ『黄昏流星群』第5話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『黄昏流星群』第5話の視聴率は、6.7%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.3% 7.3% 6.1% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
6.7%

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『黄昏流星群』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『黄昏流星群』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

父と娘の秘密

目黒悦子(岩本多代)とホテルのエレベーターに乗り込んだ瀧沢完治(佐々木蔵之介)。そこには、白髪頭の男性と仲むつまじげにする娘・美咲(石川恋)の姿があった。

エレベータを無言のまま降りた瀧沢と栞はホテルの部屋に入った。2人は抱き合い、互いの服を脱がせ合う。やがて、栞をベッドに押し倒した瀧沢だったが、どうしてもさっきの美咲の姿が脳裏に浮かんでしまう。瀧沢は栞から身体を離し、『すいません・・・いろいろ考えることがあって、今・・・』と謝る。『無理はしないで』栞はそう瀧沢を気遣うのだった。

日野春輝(藤井流星<ジャニーズWEST>)との映画から帰ってきた真璃子(中山美穂)。『美咲ちゃん、他に好きな人がいるんじゃないかな・・・』そう寂しげに語った日野の言葉を思い出した真璃子は『まさか・・・』とつぶやくのだった。

日野家が恒例にしている家族旅行へ、体調不良から今年は行けそうにないと冴(麻生祐未)が日野に切り出す。『あ、そうだ。美咲さんと行ってきなさいよ』冴はそう勧めるのだった。

翌朝、出勤途中に美咲を待ち伏せた瀧沢は、やってきた美咲を問い詰める。『どういうことなんだ?いくつなんだあの男?不倫なのか?!』しかし、美咲は『お父さんもでしょ!?私は春輝と結婚するから』と言い、結婚と恋愛は別だと語る。自分も栞と不倫しているため、瀧沢はお互いこのことは黙っていようと美咲に丸め込まれてしまうのだった。

その晩、瀧沢が帰宅すると、美咲が日野も含め、週末に温泉旅行に行こうと言い始めた。婚前であるため、冴の了解があっても2人きりはまずいと気を使った日野が、瀧沢と真璃子も誘ってくれたらしい。

しかし、週末、瀧沢は栞と山登りのリベンジをする予定になっている。家から出た瀧沢は、栞に電話し、週末山へ行けなくなったことを告げた。快く許してくれた栞。しかし、電話を切った後、栞は1人夕食を食べながらため息をつくのだった。

そして、週末。運転席の日野といちゃつく美咲の姿を目の当たりにし、瀧沢は見事に恋愛と結婚を切り分けて考えている美咲のことがとても信じられないといった感じの表情を浮かべる。そんなこととは知らない日野は楽しそうに笑顔を浮かべ、婚約者とその家族との旅行を楽しんでいるかのように見えた。

テンションが低い瀧沢の様子に日野が気づき、『お疲れですか?』と気をつかう。真璃子がうちはいつもこんな感じだと説明した。すると、美咲のスマホに電話がかかってきた。『ちょっとごめん』美咲は席を外した。

直後、トイレに行った瀧沢は離れたところで、この前の浮気相手らしき男性と電話で話している美咲の姿を見つけた。『はい、大丈夫です。明日は1人になる時間取れるので。はい、先生もお身体お気をつけて』電話を切った美咲に、『おい、先生って何だよ?』と瀧沢が食いつくが、美咲は『お父さん、浮気なんかしてる暇あったらお母さんに優しくしてあげて』と声を荒げ、その場から去って行ってしまうのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

1人になってしまった栞

栞の母・悦子(岩本多代)の施設のベランダ。『私、好きな人がいるの。でもその人には家族がいて、今頃その人は家族と一緒なんだなって思ったら・・・』栞が悦子にそう明かし、うつむくと、悦子は『あなたには、私がいるじゃない!』と満面の笑顔を見せる。『そうよね、私にはお母さんがいるわよね!』栞も笑顔を浮かべた。

『お母さん、帰ろうか?』悦子を部屋に連れて帰ろうと、車椅子を押し始めた栞。すると、悦子がさっきまで持っていた、瀧沢のスイス土産の傘を取り落とす。いつものように傘をたたみ、持っていたバッグにしまった栞がふと目をあげると、悦子が力なく車椅子に寄りかかっている。『お母さん・・・・?お母さん!!』栞は叫んだ。

その頃、瀧沢たちは宿に到着し、美咲と日野、瀧沢と真璃子とそれぞれの部屋に分かれ、一息ついていた。『寂しくないのか?』美咲の結婚が寂しくないのかと瀧沢が真璃子に切り出すと、真璃子は瀧沢にとって仕事が生きがいだったように、自分にとっての美咲は生きがいだったと寂しそうに語る。そんな真璃子の姿を目の当たりにした瀧沢は、『真璃子、久しぶりに一緒に入るか?風呂』と誘ってみるが、『やめて。こういうとこきたからって段取りみたいにそういうことするのやめて』と拒絶されてしまう。

『美咲には今でも懇意にしている先生っていたっけ?』美咲が電話で浮気相手のことを先生と呼んでいたため、それとなく探ってみた瀧沢。真璃子は『戸浪先生?』と答えた。

直後、瀧沢は美咲が通っていた大学のHPにて、戸浪という教授を確認。そこに掲載されていた戸浪恭介(高田純次)という男が、まさにこの間エレベーターで乗り合わせた男であることを確認する。『俺より16も年上かよ?あり得ないだろう!』瀧沢は思わず声をあげるのだった。

悦子の施設では、悦子の死亡が確認された。動揺した栞が瀧沢に電話し、それを真璃子が取る。『夫に何かご用ですか?』そう尋ねた真璃子だったが、電話は『間違えました』と切られてしまった。真璃子はこの女性が夫の浮気相手なのではないかという思いに苛まれ、不安に駆られた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『黄昏流星群』第5話のあらすじ(ネタバレ)後編

娘の婚約者とのキス

宿のロビーにて、また戸浪と電話をしていたらしい美咲の携帯を取り上げた瀧沢。瀧沢は婚約者を騙して、16も上の男と浮気している美咲は下劣だという。すると、美咲は声を荒げる。『好きだから!本当はずっと一緒にいたい!不倫だから下劣だとか決めつけないで!自分もしてるくせに!お父さん、あの人とすぐに別れられる?』瀧沢は何も言えなくなった。

庭に出た真璃子は偶然日野と会い、少し散歩をすることに。娘の巣立ち、そして夫の浮気を疑う真璃子はとても不安になっていて、そのことに日野は気づいた。涙ぐむ真璃子に近づこうとした日野。真璃子は日野から逃れるように、『蛍・・・!』と声をあげ、ごまかした。『バカね、今の時期に蛍なんているわけないのに・・・』そう言いながら、涙を流す真璃子を日野は放って置けなかった。日野は真璃子にキスをし、真璃子は驚いた表情を見せ、何も言わずに去って行った。

翌日。何事もなかったように振舞う日野を目の当たりにし、真璃子は(この人は優しいんだ。だから私の悲しみに反応しただけなんだ)と思い込もうとし、何もなかったということにしようと決意する。一方の瀧沢は、既読になっているにもかかわらず、栞から返信がこないことを心配していた。

週明けに出勤した瀧沢は、栞のことが気になり、昼休みよりも3時間も早く食堂へ。栞の母が亡くなり、栞が忌引きしていることを知る。直後、瀧沢はお悔やみの言葉と力になるというメールを、栞に送る。しかし、栞からはこれ以上自分にかかわらないで欲しいと返信が来るのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

一線を越えた2人

真璃子の脳裏からは、日野とのキスが離れない。真璃子の自宅を訪れた翻訳家・水原聡美(八木亜希子)に、『最後にキスしたのっていつ?』と唐突に切り出した真璃子。『まさかキスしたの?旦那とじゃないよね?誰と誰と?』そう尋ねられ、真璃子はしてないとごまかすのだった。

一方の日野も、真璃子とのキスを思い出し、この間の旅行で真璃子と撮影したツーショット画像を見つめていた。その背後に、冴が立っていた。

翌日。瀧沢は上司の家族に不幸があったと喪服を着て、家を出た。瀧沢は栞の母の葬儀に向かい、栞と会った。『ご焼香させていただいてよろしいですか?』『どうぞ・・・』2人の様子を親戚らしい女性が気になる様子で、見ているのだった。

行きつけの居酒屋にて、『俺と彼女、どういう風に見えましたか?』とこの間連れてきた栞と自分が、どんな関係に見えたかと居酒屋店主・徳田和夫(小野武彦)に尋ねた瀧沢。『付き合ってんだろう?』と徳田は答えた。

『なんなんですかね?不倫って・・・』そう瀧沢は漏らし、力になりたいにもかかわらず、何も力になれないことに対しての悔しさを明かす。すると、徳田は『難しく考えんなよ。自分がどうしたいか、ただそれだけのこと』と言い、瀧沢は思い立ったかのように、店を出て行くのだった。

その頃、栞は1人誰もいない自宅に、悦子の遺骨を持って帰ってきた。気丈に振舞っていた栞だったが、突然とりとめもない涙が溢れて、止まらなくなる。栞は泣き崩れた。

すると、そこへ瀧沢がやってきた。『大丈夫ですか?僕にできることが何かないかと思いまして』瀧沢はそう切り出し、家に上がった。

『すいませんでした・・・』状況もわからず、栞の力になれなかったことを詫びる瀧沢。『私のことかわいそうと思ってます?かわいそうじゃないですよ、私。だって、楽になったんですから』栞はそう言い、悦子の認知症の介護がかなり辛いものだったと語り始める。『すごく楽になりました・・・』栞はそう言い、大粒の涙を流した。

『すいません、私、瀧沢さんが旅行中に携帯に電話をかけてしまいました・・・』悦子が亡くなり、この先ずっと1人なのかという不安に耐え切れず、電話をしてしまったことを栞は明かす。おそらく真璃子は気づいただろうと栞は言い、『完全にルール違反です・・・でも今なら間に合います』と、間違いを起こす前に瀧沢に帰って欲しいと家を追い出そうとする。しかし、瀧沢はそんな栞を抱きしめ、キスをし、2人はそのまま畳に崩れ落ちるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『黄昏流星群』第5話の感想

ドラマ『黄昏流星群』第5話が終了しました。瀧沢の娘・美咲も不倫をしていることが明らかになり、瀧沢が栞と一線を越えた第5話となりました。

母校の教授と浮気していた美咲。相手に家庭があり、また歳が孫と祖父ほどに離れていることから、美咲は戸浪と結ばれることを諦め、その結果打算で選んだ結婚相手が日野ということでした。

口では恋愛と結婚は別だと割り切ったことを言いながらも、美咲も完全には割り切れておらず、心底愛しているのは戸浪の方のようです。愛情と自分の安定した将来との間で心が揺れている美咲は、ある意味、今は好きだけで忍ぶ恋には至っていない瀧沢よりも一歩先を行っているのかもしれません。

しかし、そんな瀧沢も栞とついに一線を越えてしまいました。そして、真璃子もついに日野とキスをしてしまいました。これまでに淡い関係が強調されて描かれてきただけに、家族全員が不倫中、あるいは不倫に片足を突っ込んでいる瀧沢家の本当の泥沼が今後描かれていきそうな気配です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『黄昏流星群』第6話のあらすじ

栞と関係を持ち、そのまま栞の自宅に泊まった瀧沢。さらに深い関係になった愛し合う2人は、大きな幸せに包まれますが、一方で真璃子は瀧沢の浮気を確信します。

そんな中、両家の顔合わせに挑んだ瀧沢は、かなりの豪邸である日野の実家や、冴の厳しい目に気圧され、美咲に戸浪との別れを念押し。美咲は結婚までには完全に別れると宣言するのでした。

そんな中、メインの取引先から契約を切れられ、荻野倉庫がピンチに・・・瀧沢は古巣である若葉銀行に融資を頼みに行くことを決意、銀行を訪れます。

ドラマ『黄昏流星群』第6話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『黄昏流星群』の他にも!話題の秋ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る