2019夏のドラマのあらすじまとめてます

獣になれない私たち3話ネタバレあらすじ&感想 呉羽が京谷と!こう着状態,強制終了?!


新垣結衣さん主演ドラマ『獣になれない私たち』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

深海晶(新垣結衣)が周囲の顔色を伺いながら生きることに疲弊する一方、好き勝手に飄々と生きてきたように見える根元恒星(松田龍平)が、断れない黒い仕事に手を染めているらしいことがわかりました。

第3話では、そんな恒星に新たな家族の問題が発覚します。果たして、恒星の失踪中の兄をめぐる家族の問題とは・・・?!

以下、ドラマ『獣になれない私たち』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『獣になれない私たち』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

 

ドラマ『獣になれない私たち』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

経営が立ちいかなくなったとある会社の社長にしつこく粉飾決算への加担を依頼される根元恒星(松田龍平)。社長が恒星の事務所を訪れたのは、恒星がどんな書類にも判子を押すという噂を聞いたから。実際、恒星にはそんな噂が流れる身に覚えがありました。恒星は金と引き換えに、不正に関わっているようです。

一方の深海晶(新垣結衣)は、恋人・花井京谷(田中圭)元カノ・長門朱里(黒木華)を自宅に住まわせていることから、2人の関係が具体的に進まないことに疲れ、『他の人を好きになりたい』と京谷に本心を明かしました。これを受け、京谷は出て行って欲しいと朱里に伝えますが、朱里は拒否します。2人の同棲のきっかけは、かつて朱里が職場の環境が原因で精神的に病んでいた際、京谷が仕事を辞めて一緒に住もうと提案したことにあることから、朱里は引きこもりの状態となっている現状を京谷のせいだと考えているのでした。

そんな中、保留となっていた晶が社長・九十九剣児(山内圭哉)に提出した業務改善要求は、昇進という思わぬ結果となって返ってきました。営業部の特別チーフクリエイターになった晶は、ダメ社員である営業・松任谷夢子(伊藤沙莉)新人営業・上野初(犬飼貴丈)のお世話から逃れられそうにはないのでした。

さらに詳しいドラマ『獣になれない私たち』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『獣になれない私たち』第1〜2話のネタバレあらすじ
 

 

ドラマ『獣になれない私たち』第3話までの感想と評価

スポンサーリンク
Yahoo!テレビみんなの評価

3.04点(5点満点)

先週から0.26点

前期もそうでしたからね。コアファン向けの枠ということでしょうかね。自分に合うか合わないかが 凄くカギになる枠ってことですよね。日テレさんもそういうコンセプトで作っているのかも知れませんね。

仕事で疲れた時みると余計疲れる。残念。

ふわーっとした人間関係が心地いいのに、少しずつストレスが溜まる。不思議なドラマ。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

賛否両論、入り混じってきた感じになっています。みんなの感想にもあるように、確かにこの枠は響く人には響くというドラマが多く放送されてきた感もありますね。

ドラマ『獣になれない私たち』第3話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 

 

ドラマ『獣になれない私たち』第3話の視聴率

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』第2話の視聴率は8.5%で、その平均視聴率は10.12%となりました。

第1話と第2話までが終了した今、ゴールデンタイム枠に放送スタートした連続ドラマ10個の中で、ドラマ『獣になれない私たち』を含む6個のドラマが平均視聴率2ケタ以上、残り4つが1ケタという結果になっています。

ドラマ『獣になれない私たち』第3話の視聴率は、引き続き8%代と予想します。実際のドラマ『獣になれない私たち』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『獣になれない私たち』第3話の視聴率は、8.1%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
11.5% 8.5% 8.1%
第5話 第6話 第7話 第8話

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『獣になれない私たち』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

 

ドラマ『獣になれない私たち』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

スポンサーリンク

こう着状態

『今年もよろしくお願いします』根元恒星(松田龍平)の事務所を訪れた男が300万円をデスクの上に放り出す。『大変ですね。お兄さん思いなばっかりに・・・』と男は他人事のように言うのだった。

クラフトビール店・5tapでは、恒星にお持ち帰りをされたという客の女性が、恒星の愚痴を店長・タクラマカン斎藤(松尾貴史)に話していた。『最中に爆睡されたっていうやつ!』お持ち帰りされた女性は、恒星が行為の最中に爆睡、翌朝も自分のことを誰だか覚えていなかったという最低なエピソードを話し始める。それをカウンターで聞いていた花井京谷(田中圭)は思わず、飲んでいたビールを吹き出した。

その後、恒星がやってきて女性客は不愉快そうに帰って行った。『出張ですか?』京谷がスーツケースを持っていたことから、そう尋ねた恒星。京谷は自宅に問題があるため、深海晶(新垣結衣)の自宅に泊めてもらうのだと語る。

すると、晶がやってきた。『・・・漏電ですか?』京谷の自宅の問題が漏電ではないかと恒星が切り出す。ややこしい話になったと判断した晶は、やっぱりそそくさと京谷を連れ、帰って行った。

スポンサーリンク

帰り道。京谷は5tapで聞いた恒星の最低話を暴露。恒星の女癖の悪さをすでに知っている晶は、軽く聞き流した。

晶の自宅に到着するなり、京谷は晶に抱きつく。『晶がいなかったら、俺ストレスで死んでる。あ〜癒される』京谷の自宅の問題とは、長門朱里(黒木華)のこと。自宅から出て行くよう促したことから、朱里が暴れ、京谷は仕方なく自宅を一時的に出たらしい。

その夜。隣でスヤスヤ京谷が眠る一方、晶はなかなか寝付けないのだった。

コンビニ帰りに、ウサギ販売店の店頭に貼られている求人広告を見つけた朱里。月給16万円〜の記載に、朱里は『やっす!』とつぶやき、店の前を素通りするのだった。

朱里が自宅へ帰ると、京谷の母・花井千春(田中美佐子)からの宅急便が届いていた。朱里はためらいなく箱を開け、入っている食材を物色。やがて、飲むお酢が出てくる。お酢には(晶さんへ。毎日少しずつ飲むと、元気出ます)という千春からのメモがついていた。

スポンサーリンク

ECサイト制作会社・ツクモ・クリエイト・ジャパンでは、特別チーフクリエイターに昇進した晶が、新人営業・上野初(犬飼貴丈)の世話に追われていた。『写真撮っていいですか?』上野はやる気を出したいめ、晶の写真を携帯の待ち受けにしたいのだという。営業・松任谷夢子(伊藤沙莉)が晶の写真を撮影し、なんやかんや盛り上がっていると、社長・九十九剣児(山内圭哉)が『仲ええやないか!営業にもまとまりが出たな!』と嬉しそうに話しかけてきた。

晶が上野や松任谷への対応に困惑している様子を無視するように、九十九は強引にそういうことにし、事務所を出て行くのだった。

恒星の家族の問題

スポンサーリンク

恒星の事務所。『恒星さん、これ何すか!?』ゴミ箱から300万円を発見したラーメン屋店主・岡持三郎(一ノ瀬ワタル)が声をあげた。すると、恒星の叔父がやってくる。

『ヨウタくんのことで。ナオコさん、ヨウタくんのこと諦めきれないみたいで』という叔父。ヨウタというのは恒星の兄、ナオコというのは恒星の母のことだ。

『ヨウタくんの居所をね、東京の興信所に頼んで調べてもらってくれって』東京の日雇いの仕事先で、ヨウタのことを目撃した人がいるらしい。

どうしてナオコが恒星ではなく、自分に頼んできたのかと疑問を漏らす叔父に、恒星は『母は兄が行方くらましたの、俺のせいだって考えてるんです』と言う。ヨウタが抱えた借金を恒星が肩代わりし、その後、ヨウタが失踪に至っていた。
 

 

障害物の暴挙

デザイナー・橘呉羽(菊地凛子)のショップを服を買いに訪れた晶。『強そうな服、傍若無人に勝てるような・・・』という晶のオーダーを聞き、服を見立てる呉羽。『これは?戦闘力高そう!』スタッズがたくさんついたトップスを、晶は買うことにした。

『最初はね、お持ち帰りだったの』恒星との馴れ初めを尋ねた晶に、呉羽が語る。すると、車通りが多い道を反対側まで渡りたかったと呉羽は独特の例えを使って語り始め、『渡りきる前に、すんごいとこからすんごい車が突っ込んできて、この道ではないって・・・』と恒星と添い遂げることが呉羽の中で正解でないことに気づいたのだと言う。

『これ着て、渡りきれ!』服を差し出す呉羽に、『渡りきる前にすんごい障害物が・・・』と言う晶。『会社のこと?』それは晶と京谷のことだった。

晶が京谷と自宅で夕食を食べていると、『ねえ、晶さん、お金に困ってる?』と千春から京谷に電話がかかってくる。千春がこの間、京谷へ送った宅急便の中に入れていた晶へのお酢がネットオークションに出ているというのだ。

スポンサーリンク

その頃、お酢をオークションに出した張本人である朱里は、お酢が売れ、PC前でほくそ笑んでいるのだった。

翌朝もその件で、千春から京谷に電話がかかってきた。『マンションの下でね、花井はウチですって言った若い女がいるんですって!』千春は宅急便泥棒に遭ったのではと心配し、宅配業者にまで確認したらしい。

そのことは自分で調べるからと京谷が電話を切った直後、千春が預かっている孫が『じいじ、スーハーしてない』と言ってきた。千春は慌てて、夫の呼吸を確認するが、夫は小さな寝息をたてていた。小さな子には、寝たきりの夫はまるで死んでいるように見えるらしい。

『じいじ、施設に行かないの?施設に行ったほうがいいよ?そうするとみんな幸せなんだって』と言う孫に、『誰かがそう言ったの・・・?』と千春はショックを隠せない様子ながらも、じいじはちゃんと生きていて、自分にとってとても大切な人なのだと孫に説明するのだった。

晶の会社。鶴丸食品との取引が見込めることになり、何が何でもこの仕事をとりたい九十九が営業にハッパをかける。慌てる晶に、松任谷は『深海さんがいるからなんとかなると思う』とお菓子を食べながら呑気に言う。特別チーフクリエイターの肩書きの新しい名刺も出来てくるが、晶はこの営業メンバーでやっていけそうな気がしないのだった・・・
 

 

ドラマ『獣になれない私たち』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

呉羽が踏んだ地雷

スポンサーリンク

地下鉄の駅のホームに電車が入ってくる。柱にしがみついている晶の姿を目撃した恒星。電車が止まると、晶は柱から離れ、急いで電車に飛び乗って行った。

『電車のホームって怖いですよね?なんか飛び込みそうで』最寄駅に到着してから、恒星は晶に話しかけた。自分にはそういった経験はないが、かつての同僚が晶のように柱にしがみついていたのだという。晶は、自分は飛び込みそうになったわけではないとごまかした。

『なんで誘ったのかなって・・・』恒星は晶のことが全く好みではないにもかかわらず、なぜ誘ってしまったのかと考えていた。

スポンサーリンク

店の1周年記念の日、店長・斎藤がビンテージビールを開け、客に振る舞い・・・という流れを晶が説明し、それを聞いた恒星はその日、兄に『じゃあどうすればよかったんだよ!?』と詰め寄り、『お前には関係ない!』と言われた記憶を取り戻したのだった。

5tap。朱里が千春にもらったお酢を無断で売ってしまったことを、京谷は晶に打ち明けた。『千春さんは京谷が1人暮らしだって信じてる。だから私も嘘をつき続けるしかない。・・・これいつまで続ける?』と晶が尋ねると、京谷は『別れたい?』と尋ねる。晶は『その質問はずるい・・・』と黙るしかない。

すると、2人の席へ、カウンターで話を聞いていた呉羽がやってきた。『おっす!呉羽来ました。要はあんたがどうしたいかっていうこと!』京谷がしていることは、不倫男が妻とは別れると言いながら、外に女性をずっと待たせているようなものだという呉羽。

晶は朱里が無職で京谷のことしか頼れない状況のため、追い出すことができないのだと京谷のことをかばう。簡単に朱里のことを追い出せる人もいるだろう。しかし、自分たちはできない人種なのだと晶は語る。『出来ない人もいるの。京谷もそう。私もそう。今の状況がおかしいこともわかってるの!』晶はそう言い、トイレに立った。

晶のことを追いかけてきた京谷が、かばわせたことを謝罪する。しかし晶は『本当はないがしろにされてるって思うから、かばうしかないんだよ・・・』と、京谷のことをかばうことで自分のプライドをギリギリ守っているのだという本心を明かした。『愛してるよ!大事だよ、晶のこと・・・』と京谷は晶にすがるが、晶は『今日は帰って』と京谷に告げ、店を1人出て行った。

『送って。私のせいなんだから』呉羽が晶のことを送るよう、恒星に頼み、恒星はしぶしぶ店を出た。
 

 

動き出した関係

『呉羽が反省してる。代わりにごめんね』恒星が話しかけた。『どいつもこいつも!謝ればいいと思うな!!・・・すいません、ちょっと言いたくなっただけです』晶はそういい、呉羽が正しく、間違っているのは自分たちだと認めた。

スポンサーリンク

『ま、完璧な財務諸表はありませんからね』恒星はそう切り出し、どんな会社の財務諸表にも小さな粗があるものだとなぐさめた。『京谷が他の女と暮らしてても、他に問題がなければOK?・・・ちっとも良くない!全然良くない!!』晶は自分で質問し、自分で答えを出した。

『あ、思い出しました。俺が晶さん誘った日のこと。聞きます?』自分には優秀で両親の自慢だった兄がいたと語り始めた恒星。何事も完璧な兄に助けられてきた恒星は、ある時、一度だけ兄のことを救ったが、それをきっかけで恨まれ、失踪されたと明かす。

『そんな日にやけ酒煽ってたら、晶さんがいました』恒星はいつも笑顔で誰からも好かれている晶の姿が、兄の姿にかぶって見えたと言う。『それで、心から嫌いだなって。俺は子供の頃から兄貴が嫌いで、本当にこの世で1番嫌いで。あいつの会社が潰れそうになった時も、あいつが俺に助けられたらどんな顔するかなって見たくなっただけで。俺もバカだよな、そんなんで人生棒にふるなんて・・・』そういう恒星に、晶は自分のことが嫌いだから誘ったのかと確認する。『本当に最低・・・』晶はつぶやいた。

『一応言っとくけど、今はそんなに嫌いじゃないよ?』別れ際、恒星が晶にそう告げ、晶は『どっちでもいいです』と言い、去っていくのだった。

『何情けない顔してんだか。自業自得でしょう?』タクシーの中で、呉羽が京谷にそうつぶやく。『じゃあ、どうすればよかったんですか?!愛されてないだなんてさ、なんでそんなこと・・』頭を抱える京谷に、呉羽が突然キスをした。
 

 

ドラマ『獣になれない私たち』第3話の感想

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』第3話が終了しました。晶と京谷のこう着状態に、感覚で生きる呉羽が一石を投じた第3話となりました。

自宅に元カノを住まわせている京谷のことを、これまで幾度となくかばい、そして嘘をついてきた晶。晶が自分をかばってくれるのは、自分を愛してくれているからだと京谷は考えていたようですが、晶はそれが自分自身のためであることを明かしました。

明らかに傍目から見ればおかしい京谷と元カノ・朱里の関係。晶はそれがおかしいことは百も承知ながら、京谷のことを責めたりすれば、もっと自分が惨めになることを知っていました。これまで京谷のことをかばい続けてきた晶の気持ちを考えると、どんなに辛かっただろうなと思います。

帰りのタクシーの中での様子からも、京谷はそんな晶の気持ちをあまり理解できていなかったようです。どうすればよかったんだと逆切れする前に、晶に自分が辛い思いをさせてきたのだということをもう少し、わかってほしかったなと思います。

そして、第3話ラストでは、呉羽が京谷にキスをするという意外な展開となりました。結婚したばかりの呉羽が、情けない京谷に好意を抱いたとはとても思えないことから、あのキスは呉羽お得意のノリか、あるいはこう着状態を無理やり動かすきっかけ作りと思うのは考えすぎでしょうか??

呉羽の真意には関係なく、京谷と呉羽が関係をもってしまえば無理やりにでも晶と京谷のこう着状態は動き出すでしょう。第4話から、新たな展開が始まっていきそうで楽しみです。
 

 

ドラマ『獣になれない私たち』第4話のあらすじ

京谷と半ば言い争うようなかたちで別れた晶は、帰宅後(今日はごめん)と京谷にメールを送りますが、一向に既読がつかないことが気になっていました。その理由は、京谷が携帯を失くしてしまったからなのでした。

出社した京谷は部下の筧(吉村界人)から、ネクタイとシャツが昨日と一緒なことを指摘され、焦ります。どうやら、京谷はタクシーでの呉羽とのキスの後、そのまま呉羽の自宅に泊まってしまったようです。

5tapに立ち寄った晶は、京谷が携帯を失くしていること、そしてその携帯を、昨日タクシーで一緒に帰った呉羽が持っていることを知り、呉羽の元へ京谷の携帯を受け取りに行きます。その様子を見ていた恒星は、嫌な予感がするのでした。

そんな恒星の嫌な予感が的中し、晶は呉羽から昨晩の京谷と呉羽の間に起きた出来事を聞いてしまったようです。パニックを起こした晶が、恒星の事務所へやってくるのでした。

ドラマ『獣になれない私たち』第4話を楽しみに待ちたいと思います。
 

 

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

スポンサーリンク

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『獣になれない私たち』の他にも!話題の秋ドラマ特集





スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です