2019夏のドラマのあらすじまとめてます

黄昏流星群2話ネタバレあらすじ&感想 日野の熱視線,真意は?!娘の結婚に訳ありの予感


佐々木蔵之介さん主演ドラマ『黄昏流星群』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と目黒栞(黒木瞳)が劇的な再会を果たす中、妻・真璃子(中山美穂)にも、娘の婚約者・日野春輝(藤井流星<ジャニーズWEST>)との鮮烈な出会いが訪れました。

人を好きになる純粋な気持ちが、自分に既婚者であるという立場があった場合、どのような苦悩へと変わっていくのか?喜びと苦悩が入り混じる大きな渦に、瀧沢夫妻が巻き込まれていくことになりそうですね。

以下、ドラマ『黄昏流星群』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『黄昏流星群』第2話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

 

ドラマ『黄昏流星群』第2話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

勤続28年、ひたすら仕事に打ち込み、若葉銀行新宿支店長の座まで上り詰めた瀧沢完治(佐々木蔵之介)。順調にいけば、近々本店の部長に昇進する予定だった瀧沢でしたが、懇意にしていた上司が起こした不祥事に巻き込まれ、取引先である荻野倉庫への出向を命じられてしまいます。

仕事一筋だった瀧沢にとって、この左遷は人生を否定されたも同然で、大きなショックを受けた瀧沢はふとスイスに1人旅に行くことに。旅行先で出会った目黒栞(黒木瞳)に、瀧沢は恋をしてしまいますが、思わずキスをしてしまった結果、栞との関係はそれきりとなり、栞の名前も住所も知らないまま、瀧沢は帰国することになります。

一方、瀧沢の妻・真璃子(中山美穂)は、瀧沢が出張だと嘘をついてスイスに行っていたことが発覚したことから、夫の浮気を疑っていました。そんななか、娘・美咲(石川恋)に結婚を考えている男性がいることを知った真璃子は、大きな喪失感に襲われます。真璃子は仕事一筋だった夫にかまってもらえない寂しさを、子育てで埋めていた自分に気づくのでした。

そんな中、出向を内示された荻野倉庫を偵察に訪れた瀧沢は、荻野倉庫の社員食堂で調理師として働いている栞と再会します。一方の真璃子は、娘の婚約者・日野春輝(藤井流星<ジャニーズWEST>)との鮮烈な初対面を果たすのでした。

さらに詳しいドラマ『黄昏流星群』第2話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『黄昏流星群』第1話のネタバレあらすじ
 

 

ドラマ『黄昏流星群』第2話までの感想と評価

AD

Yahoo!テレビみんなの評価

2.07点(5点満点)

星1〜2点の低評価が70%弱、星3〜5点の高評価が30%強という結果となっていて、やはり不倫というテーマ上、評価はあまり良くないですね。

中山美穂さんの演技の下手さが目につくかな。他の役者さん達が良いだけにね。これから娘の婚約者に好意を寄せられるとか無理がありすぎでしょう。さて見苦しくならずにいられるかな?

色々現実感ないからこそ面白い。夢を与えてくれるドラマではありますよね。アラフィフになって運命の出会いをしたり、年下の男性に言い寄られたり、うらやましい!と思いながら見てます。

このドラマの昼ドラの様な突っこみ所が癖になりました。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

酷評のほぼ全てが、不倫に拒否反応を示すもので、そんななかにも色々と首をかしげる部分はあるものの、展開がやはり気になる、という意見が多く見られました。

ドラマ『黄昏流星群』第2話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 

 

ドラマ『黄昏流星群』第2話の視聴率

AD

ドラマ『黄昏流星群』第1話の視聴率は7.3%で、今期ゴールデンタイム枠で放送がスタートした10個のドラマのうち、ワースト2からのスタートとなりました。

初回視聴率6.0%でワースト1となったドラマ『中学聖日記』同様、一般的に広く受け入れられないものをテーマとしているドラマは基本的に視聴率は低い傾向にありますが、同時に今後が気になる展開のものが多いため、じわじわと視聴率が後から上がってくるという傾向も見られます。そこに期待したいですね。

ドラマ『黄昏流星群』第2話の視聴率は、一旦落ち着くもさほど下がらず7%前後と予想します。実際のドラマ『黄昏流星群』第2話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『黄昏流星群』第2話の視聴率は、7.3%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.3% 7.3%
第5話 第6話 第7話 第8話

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『黄昏流星群』第2話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

 

ドラマ『黄昏流星群』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

AD

真璃子のときめき

『お茶でもいかがですか?』再会した目黒悦子(岩本多代)に、そう切り出した瀧沢完治(佐々木蔵之介)。『結婚なさってるんですよね?』栞はやんわりと断った。『あの・・・浮ついた気持ちではなく、友達として・・・あの続きがしたいとかそういうことではなく・・・傘を買ったんです。それだけでもお渡ししたいんですけど』しどろもどろになりながらも、瀧沢はスイスで買った傘を送りたいと申し出た。

すると、栞は母・目黒悦子(岩本多代)が入居している施設の住所を教えてくれた。週3回はここに通っているという栞。瀧沢も名刺を差し出した。

AD

庭仕事中に夫の浮気を疑ううちに、謝って手を怪我してしまった真璃子(中山美穂)。『大丈夫ですか?!』突然入ってきた日野春輝(藤井流星<ジャニーズWEST>)に、強引に真璃子は手を取られ、傷口を水で洗われる。日野は娘・美咲(石川恋)の婚約者で、今日美咲と約束しているらしい。真璃子は日野を部屋のなかに招き入れた。

『ちょっといいですか?』ハーブに詳しいらしい日野が台所に入ってきて、真璃子が見よう見真似で育てているハーブを摘み、ハーブティーを作ってくれた。『美味しい!』『でしょ?母もハーブティーが好きで、よく育ててたので』という日野の言葉を聞き、自分は日野にとっては母くらい年齢が離れている存在であることを思い知り、(何をドキドキしてたんだろう・・・)と真璃子は恥ずかしくなるのだった。

若葉銀行新宿支店に瀧沢の代わりに新しく支店長になる松井が赴任してきた。これから瀧沢は引き継ぎをすることになる。取引先への挨拶周りをしている最中の瀧沢に、真璃子から電話がかかってきた。瀧沢は今日日野が訪問することをすっかり忘れてしまっていた。

『いつもこうなのよ!』腹をたてる美咲をなだめ、今日は帰ると日野が席を立つ。玄関に向かう廊下の途中で、日野はふいに真璃子のことを振り返り、じっと見つめるのだった。

日野が帰った後、真璃子は指先に巻いた絆創膏を見つめながら、日野のことを思い出していた。(優しいのよね。ただ転んだおばあちゃんに手を差し伸べただけなのよね)真璃子がそんなことを考えていると、瀧沢が帰宅する。

AD

『で、どんなやつだった?』と尋ねる瀧沢に、真璃子は誠実そうで礼儀正しかったと報告。『で、どこで知り合ったんだ?』合コンで知り合ったらしいと真璃子が答えると、瀧沢は途端に日野の素性が不安になった様子。『結婚は人生最大の取引なんだから、ちゃんと下調べしないと!』そう言い、真璃子が出した夕食を食べ始めた。

真璃子は指先の絆創膏を見つめ、『気がつかないか・・・』と瀧沢には聞こえないような小さな声でつぶやくのだった。
 

 

近づく2人の距離

AD

栞が悦子の施設を訪れると、認知症を患っている悦子は、もはや栞が実の娘であることさえもわからないらしい。『どなたが存じ上げませんが、ご親切に』と他人行儀に栞に頭を下げた。

施設には瀧沢から傘が届いていた。『お母さん、私プレゼントもらっちゃった!男の人からプレゼントなんて、何年ぶりだろう』栞がそう目を輝かせ、傘を悦子に見せると、悦子は少女のように喜びながら『まあ、綺麗!!』と声を上げるのだった。

正式に出向の内示を受けることにした瀧沢が本店を訪れた。支店へ帰った瀧沢は、荷物整理を始める。

『お手伝いしましょうか?』秘書・篠田薫(本仮屋ユイカ)が入ってくる。『今夜、送別会しませんか?2人で』薫の誘いを瀧沢がかわしているところへ、栞から電話が入る。薫がまず電話をとり、瀧沢に代わった。

嬉々として栞と話す瀧沢を、薫がじっと見ていることに気づいた瀧沢は薫を部屋から追い出し、会話を続ける。『傘、ありがとうございました。あの、直接お会いして、お礼申しあげたいんですけど・・・』栞がためらいがちにそう切り出し、瀧沢は『もちろんです!』と返すのだった。

『どう思った?春輝?』美咲から尋ねられた真璃子。『好きで好きで仕方がないんでしょう?結婚したいんでしょう?』と尋ねる真璃子に、美咲はそうでもないと答え、結婚するには普通に好きくらいがちょうどいいとドライなことを言う。『お母さん、お父さんとのこと、いいの?』美咲は父と母の関係を心配するのだった。

翻訳家・水原聡美(八木亜希子)が真璃子の自宅を訪れた。『あ、そういえば須藤先輩が離婚したんだって』聡美が言う須藤とは、2人と瀧沢の知り合いであるパティシエ・須藤武史(岡田浩暉)のこと。須藤は今度店をオープンすることになり、レセプションパーティーがあるらしい。『美咲、先輩のこと好きだったじゃない?』そう聡美に誘われ、真璃子はパーティーに行ってみる気になった。

瀧沢の支店長としての最後の日。花束を受け取った瀧沢は、帰り道、ゴミ箱に花束を捨てた。

AD

その頃、自宅で真璃子は有名パティシエとしてHPに紹介される須藤の姿や、翻訳家として紹介される聡美が関わった本のカバーを寂しそうに眺めていた。(前までは素直に凄いと思えていたのに、今は取り残されている気持ちになる。娘が出て行ったら、私には何が残るだろう・・・)
 

 

ドラマ『黄昏流星群』第2話のあらすじ(ネタバレ)後編

親の介護に捧げた半生

そこへ、支店から送った瀧沢の荷物が宅急便で送られてきた。ダンボールを受け取った真璃子だったが、部屋に入るや否や、箱の底が抜けてしまい、荷物が散乱してしまう。真璃子は、薫が書いた『お世話になりました。篠田薫』というメッセージカードと小さな包みを見つけるのだった。

支店を後にした瀧沢は、栞と2人でギャラリー巡りをし、その後いつか瀧沢が左遷を言い渡された日に見つけた居酒屋へ。『今日銀行を辞めてきました。明日からは荻野倉庫の社員です』と瀧沢がいい、栞が嬉しそうに『じゃあ、明日からは同じ職場ですね』と言う。

『結婚はしていません』栞はそう切り出し、見栄を張りたい気持ちがあったのかもしれないと笑った。

20代で倒れた父を介護したのちに看取り、その後母が糖尿病と痴呆を発症。男性との付き合いが長くは続かなかったと栞は語った。『親の介護に30年。自分の人生半分以上使って・・・私の人生って何なんだろう』そう思って、スイスに行くことに決めたと栞は明かした。

真璃子は小さな包みを開け、中にネクタイピンが入っているのを見つける。瀧沢がこの薫という職場の女性と不倫をしていて、スイスにもこの女性と2人で行ったのではないかという疑いの気持ちが、真璃子の頭の中で膨らんでいくのだった。

瀧沢と栞が居酒屋を出ると、あたりは夕日であふれていた。『今は見てると悲しくなる。そういう時、となりに誰かいてくれたらなって思わなくはないです』という栞に、『僕でよかったらいさせてください』と瀧沢が名乗りを上げる。栞はYESと答える代わりに、満面の笑顔で微笑むのだった。
 

 

瀧沢の苦難と真相を知った妻

AD

須藤のレセプションパーティーを訪れた真璃子。会場に先についていた聡美が声をかけてきた。『御目当ての人はあっち!・・・須藤先輩!』真璃子が声をあげ、須藤が近づいてくる。『来てくれてありがとう』と須藤は真璃子の手を取った。

AD

パーティーに瀧沢が遅れてやってきた。商社で働くも、脱サラしてパティシエとなった須藤。瀧沢が須藤を褒めると、須藤は企業の中で出世の王道を歩いてきた瀧沢の方がすごいという。『銀行の支店長?すごいじゃないか?これからも王道を突き進んでくれ』須藤はそう言った。

その直後、瀧沢は話があると、真璃子を会場の脇へ連れて行った。『あのネクタイピンのこと?女の人からもらったんでしょう?篠田薫って書いてあった。その人、誰!?』真璃子が突然声を荒げる。『私、今日聡美のところに泊まるから!』

聡美の自宅。話を聞いた聡美は、『それって絶対浮気してるね!スイスにもその女と一緒に行ってたんじゃないの?』と言う。『亭主は財布って割り切ってさ、こっちはこっちで好きにすればいいのよ。恋人作るとか・・・』とう聡美の言葉に、『まさか!』と真璃子は声を上げた。

翌朝、真璃子がいない自宅から、瀧沢は出向先の荻野倉庫へ出勤していく。瀧沢は財務総務部長として、荻野倉庫へ迎えられることになっている。瀧沢は『支店長まで務められたくらいの優秀な人材ですから、ま、うちでは能力を生かしていただける仕事などないかもしれませんがね』とトゲのある紹介のされ方をし、戸惑うのだった。

昼休み。『昼ごはんなら、私が・・・!』声を上げた瀧沢だったが、社員らからは無視され、課長・川本保(礼二<中川家>)はさっさと部下を連れ、出て行ってしまった。食堂を訪れる瀧沢だったが、今日は母の具合が悪いらしく、栞はお休み。誰とも話すことなく、瀧沢は孤独に昼休みを過ごすのだった。

自宅へ帰ってきた真璃子は、テーブルの上に瀧沢の携帯が置かれていることに気づく。瀧沢が忘れて行ったのだ。携帯を覗こうとする真璃子だったが、考えを改め、真璃子は携帯を持って、若葉銀行新宿支店を訪れた。

『あの、瀧沢ですが・・・主人が携帯を忘れてしまって・・・取り次いでいただけますか?』『支店長の松井にご用でしょうか?』薫が応対する。『いえ、瀧沢です』『瀧沢支店長は、荻野倉庫に出向になりました。奥様はご存知ありませんでしたか?』呆然とする真璃子の目に、薫の社員証が目に入ってくる。真璃子はこの女性が、瀧沢にネクタイピンを送った女性なのだということを察した。
 

AD

 

ドラマ『黄昏流星群』第2話の感想

AD

ドラマ『黄昏流星群』第2話が終了しました。瀧沢と真璃子、夫婦それぞれが別の異性に心ときめかせる中、左遷の事実を妻が知った第2話となりました。

第2話では栞が両親の介護に半生を捧げてきたため、この年まで独身でいざるを得なかったという悲しい現実が描かれました。年齢が年齢なだけに、様々な問題から栞は結婚という女性としての幸せを諦めていたようです。でも、ただ、綺麗な風景を見たときに傍で同じ気持ちでいてくれる異性が欲しい、そんな小さな幸せを望む栞の気持ちはよく理解でき、頑張ってきた栞ですから、それくらいの幸せに恵まれる権利はあるように思えました。

そして、栞と同じく出向先でも仲間はずれにされる瀧沢もかわいそうでしたね。また、タイミング悪く真璃子に左遷の事実を切り出せないことにより、精神的も孤立していく結果となり、そんな瀧沢が安らぎを栞に求めてしまう気持ちもわからないではない気がします。

しかし、聡美がかなりの曲者ですね・・・聡美が煽らなければ、真璃子もあそこまで夫を疑う気持ちは起こらなかったでしょうし、瀧沢の告白を受け、精神的な支えとなれたのかもしれません。ただでさえ左遷を言い渡され精神的に参っているときに、あんな風に一方的に責められるのも辛いですね・・・

そして、第2話では娘の美咲が実は日野との結婚を、かなり打算的な考えで進めていることが明らかになりました。日野は瀧沢家からの去り際にも、かなり思わせぶりな態度で何秒間も真璃子のことを見つめていましたが、すでに日野は真璃子に好意を抱いているのでしょうか??美咲の愛を感じられないために、日野が心に寂しさを抱いているとしても、出会って数時間で真璃子に恋愛感情を抱くというのは不自然ですね。日野は実は真璃子と出会う前からずっと真璃子のことを知っていたなどの展開があれば、別ですが・・・今後、そういう展開があるのかもしれませんね。
 

 

ドラマ『黄昏流星群』第3話のあらすじ

夫が左遷されていたという事実を知った真璃子。真璃子の感情が爆発し、これまで重ねていた我慢が一気に噴出します。合わせて、結婚間近の美咲からも激しく責められる瀧沢。日野の母が特に家柄を気にするらしいのです。会社では孤立し、家では責められ、ますます瀧沢の心は寂しさでいっぱいに。昼休みに栞の姿を見られることだけが、瀧沢の楽しみになっていくのでした。

一方、聡美から離婚を考えてみてはどうかと焚きつけられ、ネットで離婚について検索してみた真璃子。真璃子はその様子を、美咲を自宅へ迎えに来た日野に目撃され、離婚を考えているということを日野に知られてしまうのでした。

ドラマ『黄昏流星群』第3話を楽しみに待ちたいと思います。
 

 

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

AD

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『黄昏流星群』の他にも!話題の秋ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です