健康で文化的な最低限度の生活8話ネタバレあらすじ&感想 生活保護で酒浸り,アルコール依存との戦い

Pocket

吉岡里帆さん主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第8話から、義経えみる(吉岡里帆)が向き合うことになるのはアルコール依存。えみるがアルコール依存に陥った受給者を立ち直らせ、やがて社会復帰ができるまでに回復を手助けしていくことになります。

半田明伸(井浦新)も、ケースワーカーとしての最も困難な作業と評するアルコール依存に、えみるはどう向き合うのか?注目が集まります。

以下、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

栗橋千奈(川栄李奈)が担当する生活保護受給者・中林吉徳(池田鉄洋)は1年前、同居する姉を亡くして以来、失職中。栗橋の就労指導も聞かずに、ハローワークへも行かない中林に、栗橋はこれ以上指示に従わないのであれば、生活保護を打ち切らざるを得ないことを伝える指示書を発行しました。

そんななか、栗橋の不在中に役所を訪ねてきた中林と言葉を交わす機会を持った義経えみる(吉岡里帆)。中林が文字が反転したり、歪んで見えたりする発達障害のひとつ識字障害を持っていることをえみるから伝えられた栗橋は、担当者の自分が聞き出せなかった重要事項をえみるが聞き出したことに内心ショックを隠せません。上司からも注意を受けてしまいます。

しかし、その後栗橋は識字障害について猛勉強。病院で識字障害という診断を受け、障害者手帳を発行して貰えば、障害に理解のある職場で働きやすくなると考え、次々と物事を進めていきます。しかし、栗橋のペースに心が付いていかない中林。障害者認定されて良かった、障害者手帳もまもなく発行されると『障害者』という言葉を多用することにより、中林の心を傷つけてしまうのでした。

結局、栗橋は中林の担当を上司から変えられてしまうことになりましたが、栗橋の中林のことを思う気持ちは本物でした。栗橋がハローワークを訪れ、自分のことを職員に頼んでいる様子を目撃した中林は心を打たれ、栗橋の姿をかつて自分の1番の味方だった亡き姉に重ね、字の勉強を始める決意を固めました。

その後、中林は無事障害に理解のある職場に、就職することができたのでした。

さらに詳しいドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第1〜7話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話の視聴率

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第7話の視聴率は5.3%で、平均視聴率は5.73%となりました。

視聴率は振るいませんが、Yahoo!テレビの視聴者による評価では引き続き3点越えの3,20点を獲得。ドラマを観なければ、普段知る機会がないケースワーカーの仕事や、生活保護の実態について考える良い機会だと考えている視聴者も多いようです。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話の視聴率は、引き続き5%代と予想します。実際のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話の視聴率は、5.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.6% 5.5% 5.8% 5.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
4.8% 4.9% 5.3% 5.6%

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

アルコール依存症との戦い

ゴミ屋敷化したアパートの一室で、酒を黙々と煽る赤嶺岳人(音尾琢真)。赤嶺は突然苦しみ始め、病院に緊急搬送された。

義経えみる(吉岡里帆)はケースワーカー2年前を迎え、ますます仕事にやりがいを感じていた。そこへ、1ヶ月前にえみるの担当地区に転居してきた赤嶺が入院したとの連絡が入る。

病院に到着したえみるは、看護師から急性膵炎で運ばれた赤嶺が病院で大暴れしたこと、本人は覚えていないことが説明された。『原因はお酒の飲み過ぎですね』という看護師。

赤嶺の病室を訪れたえみるは、自分は病気ではないと主張。『ちゃんと治して、就職に向けて、また頑張ってもらわないと!』そういうえみるの言うことをその場は聞いたものの、数日後、赤嶺は無断で病院を退院してしまった。『このまま飲み続ければ、死んでしまいますよ?』という看護師の言葉を聞き、えみるは赤嶺の自宅を訪れた。

『あ、義経ちゃん、ちぃ〜す!』酒瓶が溢れる部屋で、赤嶺は懲りずにまた酒を飲んでいた。『昔は俺にも家族がいて、頑張ってたんだけどね・・・これ、俺の娘!超かわいいっしょ!』赤嶺はそう言い、家族写真を差し出した。元ホストだった赤嶺は結婚を機に、昼の仕事に転職。しかし、そこの社長が金を持ってとんづらし、以降人生が転落していったと赤嶺は語った。

娘のためにも禁酒をして欲しいとえみるは迫る。『あんた似てんだよね、目元が。娘に』赤嶺はそう言い、娘に怒られているような気がしたと語り、『娘に誓って、酒はやめるよ!』とえみるに約束してくれた。

しかし、その約束はすぐに破られることとなった。赤嶺の大家から、えみるの元へ連絡があり、赤嶺が酒を飲み暴れ、隣人の迷惑になっているというのだ。

早速、えみると七条竜一(山田裕貴)は赤嶺の自宅へ。赤嶺はまた酒を飲んでいて、酔っ払っていた。『何こいつ?俺の娘に手を出すな!』酔っ払った赤嶺が暴れ始めたため、えみると七条はひとまず退散し、日を改めることにしたのだった。

翌日から、えみるは赤嶺が患っていると思われるアルコール依存症について、猛勉強を始める。すると、そのことに気づいた指導係・半田明伸(井浦新)が、えみるに紹介したい人がいると切り出した。

後日、えみるは半田に紹介された金森という女性とともに、断酒を目指す人たちが集まる断酒会を訪れた。『最初は仕事帰りの一杯のつもりでした・・・』『妻に酒を取り上げられた時、初めて暴力を振るいました』アルコール依存症を患った人々が、告白を始めた。衝撃的な言葉の数々に、えみるの顔はひきつる。

やがて、金森が立ち上がり、告白を始める。『お酒を買うお金が足りなくなって、旦那のお財布からお金を抜き取って、お酒を買いました・お酒を飲みたいという衝動が抑えられませんでした。それが旦那にバレてから、10歳の息子のお年玉からお金を抜きました』そう語る金森。

断酒会からの帰り道、金森は『その人に伝えてあげて。お酒やめたくなったら、いつでもおいで。1人で戦っても勝てないよって』とえみるに伝えるのだった。

『断酒会、行ってくれるでしょうか・・・・?』不安を漏らすえみるに、『断酒に対するきっかけを唯一与えてあげられるのは、義経さんだけなんです。アルコール依存症と向き合うのは、本当に大変なことなんです。その覚悟はありますか?』と問いかける半田。まずはアルコール依存症の正しい知識を赤嶺に伝え、介入のチャンスを伺うことになった。
 


<スポンサーリンク>

 

石橋の告白

後日、えみるが赤嶺の自宅を訪れると、応答がない。玄関ドアの郵便受けの間からえみるが覗いてみると、部屋の中で赤嶺が倒れているのを見つけた。えみるが通報し、病院へ搬送される赤嶺。このことをえみるが半田に報告すると、半田は『早速きましたね、介入のチャンスが。ここから治療につなげるんです!』と言う。えみるは『はい!』と力強く答えるのだった。

『アルコール依存症ですね』赤嶺は搬送先の精神科にて、あっさりアルコール依存症と診断された。えみるがアルコール依存症は治ることを伝え、一緒に治療を頑張ろうと呼びかける。えみるはアルコール専門病院に転院してもらう了承を、赤嶺から得ることに成功したのだった。

夜の繁華街を歩く、阿久沢正男(遠藤憲一)の娘・麻里(阿部純子)。『もうすぐ着く』麻里はとあるクラブでホステスとして働いていた。

後日、赤嶺はアルコール専門病院に転院した。しかし、赤嶺は自分はアルコール依存症であることを納得していない様子。転院はえみるに言われ、しぶしぶ応じただけだと言う。まだまだ道のりは長いようだ。

赤嶺の件に奮闘しているえみるに、先輩ケースワーカー・石橋五郎(内場勝則)が声をかけた。『ちょっとよろしい?』えみるは石橋とともに、休憩室でプリンを食べることに。『私もかつてアルコール依存症の人を担当したことがありましてね・・・』と石橋は語り始めた。当時、若かった石橋は体当たりで、アルコール依存症と向き合った。『けど、死んでしまいました。アパートのトイレで・・・未だに思い出すんですよ。なんか方法はなかったんかなって。飲んで死ぬか、飲まずに生きるか。あの時、どうしたら良かったのかな・・・結局、彼らはその2択なんですわ』石橋はそう語り、以来、自分の心を保つため、受給者に感情移入することをやめたと明かす。『けど、義経さんなら、できるんちゃいますか?』えみるならば、そんな人たちを救ってあげられる気がする・・・石橋はそう語り、休憩室を出て行った。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編

急ぎ過ぎた赤嶺

3ヶ月後。アルコール専門病院でお酒を一切飲まずに、赤嶺は退院を迎えた。それと同時に、えみると同期たち、半田が加勢に駆けつけ、赤嶺の部屋を大掃除することになる。

片付けの途中、えみるは娘が描いたらしい家族の絵を見つける。えみるは、かつて赤嶺が見せてくれた家族写真とともに、絵を部屋に飾ったのだった。

こうして赤嶺の部屋は見違えるように綺麗になった。『俺、心を入れ替えて頑張りますよ!そして、いつか娘に・・・』赤嶺はえみるたちケースワーカーに頭をさげるのだった。

続けて、えみるは赤嶺とともに断酒会を訪れ、説明を受ける。『今、酒をやめたい気持ちはある?』代表者にそう尋ねられた赤嶺は、今は酒は飲みたくなく、むしろ早く働きたい気持ちでいっぱいだと語る。代表者は『そういう人ほど、また100%飲んじゃうんだよ』と断言。赤嶺はムッとしたように声を荒げる。『はあ?じゃあ言わせてもらうけど、自助グループとかなんの役に立つんだよ!?』赤嶺はそういうと、席を立ってしまう。

『なんであんな風に言っちゃうんですか?』赤嶺のことを咎めるえみるに、赤嶺は自分は断酒より就労活動を急ぎたいと語る。『自立を支援するのが、ケースワーカーの仕事じゃないの?!』と赤嶺はえみるに声を荒げた。

赤嶺は早速アルバイトを始めた。しかし、赤嶺が見つけてきたバイトは居酒屋のホール・・・酒がそばにある環境を心配するえみるだったが、赤嶺は自分は娘を会うため、頑張っているし、自助グループにも通っていると言う。係長・京極大輝(田中圭)もそのことを心配していた。

ある夜、バイトに出た赤嶺は客が残した酒を流しに流しながら、それをじっと見つめている自分に気づいてしまうのだった。

『パパ、起きて!』赤嶺は娘・ミヤに起こされ、目を覚ます。妻のユミコが朝食の準備をしていた。『また飲んだでしょ?』というユミコ。飲んでいないと赤嶺が答えると、ユミコは『覚えてないんだ・・・最低』と言い、こちらを向いた。ユミコの顔面には青あざが・・・『パパ、嫌い。ママを傷つけないで』ミヤがそう言い、赤嶺は目を覚ます。どうやら、うなされていたようだ。

赤嶺が最近自助グループに来ていないとの連絡が、えみるに入った。えみるが自宅へ行ってみるが、いつ行っても自宅は留守のまま・・・『失踪か・・・』京極はそう言い、次の生活保護の支給日までに窓口に取りに現れなければ、失踪したとみなし、保護を打ち切る判断を下すのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

再スタート

後日、えみるは警察官を伴い、大家に赤嶺の部屋の鍵を開けてもらった。『え・・・・』部屋は酒瓶であふれていて、えみるは大きなショックを受ける。『また福祉の金でこんなに飲んで・・・呆れるね』大家が言い捨てた。

(信じられない・・・)あれだけ多くの人に支えてもらいながら、また酒を飲んでしまった赤嶺のことが信じられないえみる。えみるがそんなことを考えながら、役所へ向かって自転車で帰っていると、川岸に赤嶺がいることを発見した。

『赤嶺さん!』えみるから逃走し、赤嶺は川の中へ。近づくえみるを赤嶺が突き飛ばし、えみるはずぶ濡れになった。『俺ダメな人間なんっすよ!どうせ義経さんも、俺のことクズって思ってるんでしょ?!』そう声を荒げる赤嶺。娘との再会もできるはずがない、自分には酒以外何もないと自暴自棄になる赤嶺の手を、えみるは優しく握りしめた。

『私は赤嶺さんのこと信じてましたよ。それは生きて欲しいと思ってるからです。生きることを諦めて欲しくないからです!』そう涙を流すえみるを、『泣けば済むと思って・・・』と突き放す赤嶺。『そうですか、もう知りません』えみるは去っていこうとする。

『義経さん!・・・もう一度、やり直してみます!』えみるの背中に赤嶺がそう叫んだ。

『飲んじゃったの?わかるよ、俺も同じだから』自助グループの代表はあっさりそう言い、だからこそまた1からやり直せるのだと、赤嶺を受け入れてくれた。

赤嶺はバイト先にアルコール依存症であることを明かし、治療に専念するため、やめさせてほしいと切り出す。赤嶺はまた自助グループに通い、アルコール依存症に向き合うことになった。えみるは、まだまだ先が長いことを知っている。しかし、それがどんなに長い道のりでも、えみるは義経にずっと寄り添っていこうと決意していたのだった。

阿久沢の携帯に電話がかかってきた。『え・・・麻里が・・・?!』麻里が勤めているクラブで、倒れたという連絡が阿久沢に入ったのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話の感想

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第8話の感想は現在更新中です。今しばらくお待ち下さい。

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第9話のあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第9話のあらすじは現在更新中です。今しばらくお待ち下さい。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る