絶対零度8話ネタバレ(2018)あらすじ&感想 桜木存命で井沢の敵?味方?黒幕は公安なのか

Pocket

沢村一樹さん主演ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

井沢範人(沢村一樹)の家族、桜木泉(上戸彩)が殺害された事件が繋がっていることは示唆されました。井沢はその黒幕が共通するある『組織』であることを確信しているようです。

第8話では、山内(横山裕)の前に桜木の元上司・長嶋秀夫(北大路欣也)が現われます。さらなる新事実が明らかになってきそうな予感です。

以下、ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

新たに危険人物として割り出されたのは、新谷啓一(小柳友)という実体のつかめない麻薬密売組織との関わりの疑いがある男性。組織のボスが喜多野という人物であることはわかっているものの、それ以上のことはわからないため、手がかりである新谷から喜多野へたどり着き、組織の壊滅を狙いたい刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)。ミハンの実用化を望み、自ら命を絶った田村薫(平田満)の遺志を叶えるため、ミハンチームは動き始めました。

チームの潜入捜査の結果、新谷が組織を裏切り、構成員の名簿と引き換えに金を要求していること、また新谷がその妻・涼子(青野楓)と喜多野を殺害しようとしていることが発覚します。また、新谷の上階に住む少年・ユキオ(山城琉飛)が母親から虐待を受けていること、離婚した父親らしき男性がユキオを気にかけ、よく会いに来ていることがわかってきます。

新谷と喜多野が接触する情報を掴んだミハンチームは現場に駆けつけますが、そこに喜多野の姿はありませんでした。妻・涼子が新谷を裏切り、名簿はすでに喜多野の手に渡ろうとしているようです。PCに保存された名簿を守る指紋認証システムの指紋はユキオの指紋で、ユキオに度々会いに来ていた男性が、ユキオの父親ではなく、喜多野本人であることが明らかになります。

喜多野とユキオのもとに駆けつけた南彦太郎(柄本時生)井沢範人(沢村一樹)の手により、ユキオの命は守られ、喜多野を逮捕することができたのでした。

その後、桜木のメモを調べていた井沢は、井沢の妻に身に危険が迫っていることを知らせようとした元同僚が井沢の自宅に電話をかけ、その翌日にシンガポールで遺体となって見つかっていること、そのさらに翌日に井沢の家族が殺害される事件が起きていることを知り、桜木の死と自らの家族の事件が繋がっていることを確信しました。

仮出所してきた家族を殺害した実行犯・宇佐美(奥野瑛太)の前に現れた井沢は、『妻と子供は組織の報復としてお前に殺された。誰に頼まれた?』と迫るのでした。

さらに詳しいドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第1〜7話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話の視聴率

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第7話の視聴率は、10.3%となり、平均視聴率は10.54%となりました。

視聴率10%代をキープしているドラマ『絶対零度』が、9%代に降下してきたドラマ『ハゲタカ』と入れ替わり、今期平均視聴率第3位に浮上しています(第1位ドラマ『義母と娘のブルース』、第2位ドラマ『グッドドクター』の順位は変わらず)

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話の視聴率は、引き続き10%代と予想します。実際のドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話の視聴率は、10.0%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
10.4% 9.6% 10.8% 11.7%
第5話 第6話 第7話 第8話
10.4% 10.6% 10.3% 10.0%

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

危険人物は美人花嫁

今回の危険人物は市役所職員・砂田繭美(白石麻衣)。先月、違法に拳銃を手に入れていることから、危険人物として割り出された。『今まで見た女性の中で1番美人ですよ・・・』と漏らす南彦太郎(柄本時生)。しかし、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)は繭美が整形美人であることを明かし、『ちなみに、これが彼女のもとの顔です』と別の画像を提示。しかし、繭美はもとの顔も美人で、恋人との結婚式を1週間後に控えていることから、もとから美人な繭美がなぜ整形を受けたのか、また幸せの絶頂でなぜ殺人を企てているのか、小田切唯(本田翼)は疑問を漏らすのだった。

繭美の働く市役所を年の差カップルを装った井沢範人(沢村一樹)と小田切が訪れた。婚姻届を忘れた設定の井沢のことを、小田切が窓口で叱りとばす。繭美が喧嘩の間に入ったことがきっかけで、小田切は繭美と仲良くなることに成功した。

南は繭美が整形を受けた整形外科へ。繭美が手術を受けたのが、2年前の9月であることがわかる。井沢は繭美が整形を受けた頃の近辺を探れば、なんらかのヒントがあると推測。探ることになった。

市役所から帰宅する繭美の背後に、男の影が迫る。怯えた繭美は駆け足で自宅に駆け込んだ。

繭美の婚約者が神谷統一郎(入江甚儀)という慶徳大学の教務課で働く男性で、その父親は慶徳大学の理事長・竜太郎(羽場裕一)であることがわかる。繭美から誘われ、小田切と井沢は竜太郎の自宅で食事に呼ばれることになった。

息子を溺愛する竜太郎は、2人の結婚に大賛成の様子。『2人の結婚は、私の人生最高の日になるに違いない』と笑う竜太郎に、繭美は『お父様にとって、忘れられない1日にしてあげたいです』と笑顔で答えた。

一方、加瀬と名を偽った山内徹(横山裕)は結婚相談所を介して、お世辞にも美人とは言えない麻生ミスズという女性と喫茶店で会っていた。『もしかして砂田繭美さんとお友達ですか?』山内が切り出すと、そうだとミスズは答え、『あのことがあってから連絡しづらくて・・・』とこ言葉を濁す。『あ、加瀬さんのところにも来ました?あの男』と続けるミスズ。どうやら、繭美が恋人を亡くし、その後不審な男が繭美のことを探っているようだ。
 


<スポンサーリンク>

 

繭美の悲しい過去

再び、神谷家。竜太郎は統一郎に次期理事長を任せたいようだが、統一郎にはその気はない様子。『神谷家の人間だぞ?替えのきかない人間になってもらわないと!』という竜太郎。繭美が『心臓・・・替えのきかない人間って、例えば心臓かなって』と意味深な言葉を漏らした。

すると、そこへ窓ガラスが割れる音が響いた。一同が隣室へ行ってみると、窓ガラスが割れていて、紙切れが巻かれた石ころが部屋の中に転がっていた。小田切が紙切れを確認すると、そこには(地獄に堕ちろ、ゲス女)と書かれている。統一郎が繭美がしばらく前からストーカーに付け狙われていることを明かした。

山内がオフィスに戻ると、桜木の元上司・長嶋秀夫(北大路欣也)が山内のことを訪ねてきていた。元部下をただ懐かしんだ訪問でないことは、明らかだった。

『まだ気に病んでいるのか?』桜木のことを話題に出した長嶋。『桜木が亀なら、お前はうさぎ。後先感気ずに突っ走れ!』と長嶋は励ます。『確かお前の今の上司は井沢範人と言ったな?』と長嶋は尋ねた。

山内が桜木のことを調べていると、小田切が戻ってきた。『亡くなった人にできることってさ、何なんだろうね・・・?』という小田切に、山内は『真実を明らかにする。俺にはそれしかできない』と答える。小田切は差し入れを置き、帰って行った。その頃、井沢は長嶋からバーに呼び出されていた。

東堂に資料をまとめて持って行った南は、遅れたことを詫び『来客があったもので』と報告。長嶋が来ていたことを知り、東堂は表情を変えるのだった。

繭美の元恋人・高瀬コウタが整形をうける1年前に事故で亡くなり、心臓を臓器提供をしていることがわかった。また、同じ時期に統一郎が心臓移植手術を受けていることもわかる。『もしかして彼女の元恋人の心臓は今神谷さんに・・・?』と井沢は推測する。

繭美が神谷家の前で何者かに襲われ、拉致されたことが監視カメラの映像からわかった。『今山内さんたちが追ってます!映像送りますね!』南から映像を送ってもらった井沢は、映像を確認し、『この男・・・?』とつぶやくのだった。

拉致された繭美は『もう一度やり直そう!』と男から復縁を迫られていた。そこへ山内と小田切が駆けつける。繭美は無事救い出された。

繭美を拉致したのが、慶徳大学病院の元心臓外科部長・都築で、繭美とは不倫関係にあったことがわかった。繭美は都築が外科部長に昇進したその日に、都築が賄賂を受け取ったという事実を週刊誌にリークし、明るみに出るように仕組んだらしい。

繭美が拉致され、明日の式は延期しようと統一郎が言い始めた。しかし、繭美は『明日がいいの!』と明日式を挙げることにこだわるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編

仕組まれた移植手術

『彼女の恋人の死は、やはり仕組まれたものだった』井沢がメンバーに語り始めた。3年前、生まれつき心臓に病を持っていた統一郎はますます弱り、唯一の助かる可能性が移植手術だった。しかし、ドナーがなかなか現れない。『ドナーが必要なんだ』そう都築に打ち明け、次期外科部長のポストを空けていることを告げ、ドナーを作れとほのめかした竜太郎。

ちょうどその時、病院に事故を起こした繭美の元恋人・コウタが搬送されてきた。都築は脳死を誘発しているかのように見えたという病院関係者からの証言も取れたことから、コウタの脳死が仕組まれていたものだった可能性が高まる。

このことを知った繭美は竜太郎と都築に迫った。しかし、全く取り合ってもらえなかったため、繭美は復讐を計画し、改めて2人に近づくことを決意する。整形したのは、一度コウタの彼女として割れた顔を隠すため・・・

以上のことから、井沢は繭美が竜太郎への復讐として、竜太郎が最も愛している統一郎の命を奪うつもりなのでは?と推測していた。明日にこだわった理由は、明日がコウタの命日だったからだった。

そして、翌日。繭美と統一郎の式が教会で始まった。(奪ってやる・・・あんたの1番大切なものを)そう決意した繭美は、別人になりすまし、竜太郎の最も大切な存在である統一郎に近づいた。バージンロードを歩く繭美に、これまでの辛い記憶が蘇る。

バージンロードを歩き、統一郎のもとまで到達した繭美が拳銃を構えた。『ごめんなさい・・・』南が招待客を逃し、井沢たちが繭美の前に立ちふさがる。『あなたは私からコウタを奪った。だから、私もあなたの1番大事なものを奪うの、今ここで!』そう竜太郎に宣言し、改めて統一郎に拳銃を構えなおした繭美。『まさか、君は・・・』察した統一郎が、井沢たちの前に進み出る。

『ごめんね、繭美。僕が生きてることで・・・本当にごめん』そう統一郎は言い、悲しげに笑顔を浮かべる。『そんな顔で笑わないで!!』繭美は引き金を引いた。しかし、弾は出なかった。
 


<スポンサーリンク>

 

新展開

先日、自宅を訪れた際に弾は抜いておいたという井沢。『繭美、大丈夫だよ。僕が叶えるから』そう統一郎は言うと、突然吐血。倒れてしまった。『この匂い・・・毒物だ!』井沢が叫び、統一郎は搬送される。

『統一郎さんはすべて知っていたんです』と切り出す井沢。統一郎は興信所に調べさせ、自分が繭美の元恋人の心臓を移植されていること、それが父親に仕組まれているものだったこと、繭美が顔を変え、おそらく復讐のために自分に近づいてきていることを知っていた。しかし、統一郎はすべてを承知の上で、繭美にプロポーズしていた。『コウタさんからもらった命をあなただけに使う。すべて承知の上で、あなたと結婚するって決めたんです』と井沢は繭美に説明する。『あなたは復讐だけのために生きてきた。でも、もう気付いているんでしょう?あなたには新たな生きる意味があるってことを』そう井沢に言われ、繭美は統一郎が自分の中で、大切な存在となっていることに改めて気づいた。『お願い!彼を死なせないで!何でもします。罪も償います!だから、お願い』と繭美は悲痛な叫びをあげた。

統一郎の意識が戻ったことがわかった。竜太郎と、繭美はすでに逮捕されている。繭美と統一郎の行先を案じるチームに、井沢は『ひとつだけ確かなことがある。彼女の復讐の炎は消えた』と言う。『いつか・・・幸せになってほしいです』小田切はそう言い、南と連れ立って帰って行った。

井沢と2人きりになった山内は、『あの夜、何を話してたんですか?長嶋さんと』と尋ねてみるが、井沢は『山内君の昔の失敗談をね、たくさん!』とはぐらかす。山内も諦め帰って行った。

1人になった井沢は、あの夜、長嶋と交わした会話を思い出していた。『公安の元エースが、今は資料課の室長か・・・仕事はどうなんだ?』そう長嶋に尋ねられ、データ入力ばかりだが、気楽でいいと答えた井沢。すると、長嶋は『違うよ、もうひとつの仕事の方だ』と意味深に微笑を浮かべた。

廊下で、東堂は長嶋に話しかけられた。『どうか桜木が追いかけていた真相を解明してやってください!』そう長嶋に頭を下げられ、東堂はできる限りのことはすると答え、去っていく。

直後、長嶋は誰かに電話をかけた。『お前の読みは正しかったよ。資料課は表向きの部署に過ぎない。これからどうするつもりだ、亀?』
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話の感想

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話が終了しました。元恋人を失った悲しい花嫁の復讐劇が描かれ、桜木が生きていることがほのめかされた第8話となりました。

長嶋と井沢のバーでのやり取りから、井沢がミハンチームのリーダー以外の仕事を現在遂行中であることが示唆されました。自分の家族を実行犯である宇佐美に殺害するよう仕向けた組織のことを探っていることを言っているのか?それとも井沢がミハンとは別の組織に属していて、その組織からの任務のことを言っているのか?どちらにしろ、井沢が陰で何かを進めていることは明らかなようです。

また、桜木を亀に、山内をうさぎに例えた長嶋が、第8話ラストで電話をしていた相手は桜木なのでしょう。桜木に頼まれ、長嶋はミハンを探っていたということになるようです。井沢が元公安ということから、桜木が追っているのは、公安の闇なのかもしれません。井沢と桜木は同じ敵を追っている味方同士なのか?それとも桜木が追っている組織に、井沢が属していて敵同士となるのか?ますます目が離せなくなってきました。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第9話のあらすじ

着々と成果を上げているミハンチーム。いよいよ警察上層部で、その実用化に向けた動きが現れていくようです。

そんな中、新たに危険人物として割り出されたのは警察の人間でした。それは、警護課に所属するSPの石塚辰也(高橋努)。井沢にも面識がある人物です。

早速、石塚の近辺を張り始めたミハンチーム。すると、石塚の周辺の映像には桜木によく似た人物が写り込んでいました。桜木は生きているのか?桜木は石塚の周辺を張り、何を追求しようとしているのか?井沢は石塚がこれから起こす犯罪を食い止めることが、桜木の謎やその先の真実につながっているのでは?と推測するのでした。

石塚の自宅に山内とともに潜入した井沢は、石塚が国家公安委員長・滝本健三(山田明郷)の情報を集めていることを知ります。やはり、公安絡みの案件のようですね。

ドラマ『絶対零度(2018)〜未然犯罪潜入捜査〜』第9話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『絶対零度』の他にも!話題の夏ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • はむはむ
    • 2018年 8月 28日

    亀=桜木泉が生きていた事にびっくり。

    別人の遺体と知っていてわざと桜木泉の遺体として
    処理したのか、日本の警察内部に桜木泉の協力者が居て
    警察のデータベースの情報を書き換えたぽいですね。

    てっきり上戸彩が主役を蹴ったから腹いせに次回作や
    劇場版があった時に主役に戻れないようにドラマ内で
    死んだ事にしたと思っていたら、ラストへ向けた伏線
    だったとか久々にドラマを見て来週の内容にワクワク
    しました。
    面白いドラマは数あれどワクワクするのは少ないですから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る