高嶺の花5話ネタバレあらすじ&感想 もも誕生秘話は市松の嘘?!風間と結婚決まるも波乱は続く

Pocket

石原さとみさん主演ドラマ『高嶺の花』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

もも(石原さとみ)が母と運転手・高井雄一(升毅)の間にできた子供であることが明らかになりました。しかし、そんな自身の出生の秘密を知る由もないももは、結婚することにより月島家から出て女性として幸せになることを望み、風間直人(峯田和伸)とついに一夜を共に・・・

月島流次期家元をめぐる争いと相まって、ももと風間の運命は翻弄されていくことになりそうです。

以下、ドラマ『高嶺の花』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『高嶺の花』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

月島流次期家元との結婚を企む新興流派の宇都宮龍一(千葉雄大)のことを想うようになった月島なな(芳根京子)は、宇都宮を手に入れるため、自分にも次期家元になるチャンスが欲しいと父・月島市松(小日向文世)に願い出ました。市松はそれを許し、家元の有力候補であるもも(石原さとみ)のことを憎むことで切磋琢磨するよう、ななに命じました。このことにより、姉妹仲は徐々に険悪なものへと変わっていきます。ももは市松のような人間になりたくないことから、家元をななに譲ると宣言しますが、市松はそれを許しません。

市松に命じられ、風間直人(峯田和伸)のことを調べていた月島家の運転手・高井雄一(升毅)は、奇遇にも風間がももの母親と同じ画家のモネを好きであることを知りました。報告を受けた市松は『辛いか?苦しいか?すぐ近くにいる娘に父親だと名乗れないことが・・・』と高井に尋ね、高井は『私の罰ですから』と答えます。どうやら、ももは亡くなった母親と高井との間にできた子供のようです。

そんな自身の出生に関する秘密など知る由もなく、風間の実直な性格にどんどん惹かれていくもも。風間はももが月島家の長女であることを知り、2人はついに一夜を共にしたのでした。

さらに詳しいドラマ『高嶺の花』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『高嶺の花』第1〜4話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第5話の視聴率

ドラマ『高嶺の花』第4話の視聴率は9.2%でした。今期は初回から途中大きく視聴率を落とすドラマが少ない傾向があり、ドラマ『高嶺の花』も再び視聴率が上がってきました。

平均視聴率12%代のドラマ『義母と娘のブルース』がトップ、11%代にドラマ『ハゲタカ』、ドラマ『グッドドクター』、10%代にドラマ『絶対零度』、ドラマ『この世界の片隅に』、9%代にドラマ『サバイバルウェディング』、ドラマ『高嶺の花』が続き、接戦となっています。

ドラマ『高嶺の花』第5話の視聴率は、引き続き9%前後と予想します。実際のドラマ『高嶺の花』第5話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『高嶺の花』第5話の視聴率は、8.2%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
11.1% 9.6% 8.2% 9.2%
第5話 第6話 第7話 第8話
8.2%

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『高嶺の花』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

結ばれた2人

月島もも(石原さとみ)と風間直人(峯田和伸)は一つのベッドで目を覚ました。ももが風間を抱きしめ、『おはよう』と言い、風間も『おはよう』と返す。

その後、2人は朝食を共にする。『私の正体知ってもビビらなかった。何?鈍感力?』と尋ねるももに、家柄とかそういうものではなく、『違うものが見えてるんですよね?高い場所に咲いてるから。摘んではいけないものです』と返す。『でもぷーさんが摘んだ。いーけないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろ』ももが茶化し、風間は笑った。

高い場所にある花を摘もうとし、足を踏み外した末に気を失ったらしいひきこもり中学生・堀江宗太(舘秀々輝)。宗太はとある小屋で目を覚ました。『おはよう。崖っぷちに咲いている花に近寄っちゃいけないよ。高嶺の花って言うんだ。人の手に摘まれたくないんだね』小屋の主・坂東(博多華丸)が宗太に話しかける。『イルカさんって呼んでくれ。バンドウイルカさん』と坂東は笑った。

宇都宮龍一(千葉雄大)と密会する月島ルリ子(戸田菜穂)は『どのくらいまとめられます?ななさんの指名票です』と尋ねられ、夫・月島市松(小日向文世)への裏切りを示唆された。『そんなこと・・・』自分にはできないというルリ子を、宇都宮は掴み、プールに投げ落とす。突然、なな(芳根京子)がプールに現れたからだ。危うくニアミスしたななとルリ子だったが、なながルリ子の存在に気づくことはなかった。

スナック喫茶ママ・今村佳代子(笛木優子)の店を訪れたももは、風間と結ばれたことを報告。今まで正体を隠していたことを謝った。商店街の皆は快くももを受け入れてくれたのだった。

ももの自宅。ももはななに風間のことを紹介しようとしている。すると、ななも宇都宮のことをももに紹介しようとしていて、ももの自宅に呼んでいることが明らかになる。やがて、風間と宇都宮がやってきた。ももはななと宇都宮が交際していることを初めて知り、ななもももと風間が交際していることを初めて知ったのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

破門になったもも

別の日、風間を高井雄一(升毅)が迎えに来た。皇室関係者であっても家元は上座に座ること、目線を家元よりも高くしてはいけないことなどの注意を風間は車中で受ける。

風間が月島家に到着した。『ようこそ、いらっしゃいませ』ルリ子が頭を下げ、ももとななも頭を下げた。『お座りください』市松が声をかけ、自己紹介をする。『娘から話を伺いました。荒川で自転車店を経営されているとか。わざわざご挨拶に来ていただけるとは、娘と結婚を考えられているということですか?』市松が尋ねると、ももは前提というよりも、早々に籍を入れるつもりだと答えた。

『月島家の籍に入ってもらえると考えてよいかな?』という市松に、風間は祖父の代から続く自転車屋を潰したくないため、それはできかねると答えた。『性懲りも無く、月島の名を捨てるのか?』とももに尋ねる市松。ももはそうだと認め、『月島ななを次の家元にお願いします』と頭を下げる。『それはお前が決めることじゃない』という市松にももは『いえ、私たち夫婦が決めることです』と返した。そうなれば、月島家を破門せざるを得ないという市松に、ももはそれは覚悟していると答えるのだった。

宇都宮のもとを尋ねたももは、月島を破門になったことを明かした。『次の家元はなな一択。ななを泣かせたら、あんたも泣かすよ。それと月島市松を舐めないほうがいいよ。ななを守ってあげて』とももは宇都宮にお願いした。

その頃、次の家元をななにしてくれるよう、ルリ子は市松に声を荒げていた。『ひどいわ!私のことを愛していないのね!?』というルリ子のことを市松は突き飛ばす。『宇都宮さんとななはお付き合いしています!』というルリ子の言葉を聞いた市松は驚き、『なんと愚かな女だ・・・』と罵るのだった。

風間の自転車屋。高井が風間にももとの結婚をやめさせようとしている。破談になり、心に傷を負ったもも。『だから君との結婚という馬鹿な逃避をしようとしているんだ。君はもも様に愛されていない』高井はそう言い、もし風間が金銭的な解決を望んでいるようならば手切れ金を支払ってもいいと申し出るのだった。

『申し訳ありませんでした!お嬢様!』ももは元婚約者・古池拓真(三浦貴大)の妻・古池真由美(西原亜希)に謝罪された。拓真は携帯を置いたまま、家に帰ってきていないらしい。ももは拓真が現れれば、家に帰るよう伝えることを真由美に約束した。

その頃、拓真は月島家にいた。市松の頭部を殴りつけた拓真は『あんたがいけないんだ。あんたが・・・』とつぶやく。頭部から流血し、市松はその場に倒れた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第5話のあらすじ(ネタバレ)後編

ももの出生の秘密

ななは自分が次期家元となった暁には、婿養子に入った宇都宮に家元を譲渡してもいいと切り出した。『私はそれでも構わない。その代わり・・・』というなな。察した宇都宮は『それはもう約束したよ、君のお姉さんと。全力で君を守ると』と言い、ななは喜び、宇都宮に抱きつくのだった。

市松の病室。市松は今回の件を内密に示談にするよう、高井に命じる。市松は家族には風呂場で倒れ、怪我をしたということにするらしい。連絡を受けた際、ななと一緒にいた宇都宮も駆けつけたが、病室からは締め出されてしまった。帰り際、宇都宮はちょうど駆けつけたももと出会い、その普段とは違う出で立ちについて触れる。『あっちの私よ』と答えるももに聞こえないよう、宇都宮は『今の俺もあっちの俺だ』とつぶやくのだった。

風間は宗太のことを心配していた。宗太からイルカさんという人物と知り合いになったと報告を受けた風間は、樹海の真ん中で会ったイルカがどんな人物なのか?宗太に危害を加えないのか?心配し、電話をかけてみた。

すると、イルカが電話に出た。今、宗太は絵を描いているらしい。かつて美術の教師をしていたとイルカは語り、風間はイルカの人となりを判断するため、お互い顔を見せあわないか?と提案。テレビ電話モードに切り替える。無理していい人そうな表情を取り繕うイルカの顔を見た風間はこの人なら大丈夫だと確信するのだった。

市松の病室。ベッドの傍らにはももがいる。ももだけが市松の怪我に関する真相を知らされた。『ごめんなさい。まさか拓真が・・・』とももが言うと、市松は因果応報なため、拓真のことを責めるつもりはないと答えた。ただの1人の父親ならば、ももの結婚も祝福できただろうと市松は言う。『断腸の思いでお前と彼の結婚を壊した。お前の母親との約束だからな』という市松に、ももは『え?』と表情を変える。

その頃、高井は風間とともに商店街のスナック喫茶で飲んでいた。高井は出産時に問題が起き、母体かももかの選択に迫られたことを風間に明かす。また、高井はももがとてもなく強い一面を持つ反面、もろい一面を持っていると続ける。『だから君には無理だと言ってしまった。言葉が過ぎてしまったが、やはりももさんを受け止めることは無理だろうと・・・』という高井。すると、話を聞いいていた佳代子が『本当にそうかな?』と割って入った。高井の話は男の理屈で、ふさわしい、ふさわしくないの話ではなく、ももと風間は結構お似合いだと佳代子は言うのだった。

市松の病室でも、市松がももに出生の秘密を明かしていた。『あなたは家元であり、この子は月島を継ぐ子なんだからと。自分の命と引き換えでも生む価値があると・・・』そう母親は言い、どうしてもももを産ませてくれと市松にかつて懇願した。そんな母親の思いがあったからこそ、拓真との結婚を許すことはできなかったと市松は明かした。

衝撃の告白にももは大粒の涙を流す。『わかったから、もう。もう1人の自分を引っ張り出せばいのね?方法はわかってる。罪悪感なのね』というももに、市松は『すまない』と言う。『いいのよ、それが私の宿命なんでしょう?』『お前の母親が望んだ』ももの涙は止まらなくなった。
 


<スポンサーリンク>

 

風間のプロポーズ

その頃、ななはたくさんの弟子を前にし、ルリ子から『ここにいる皆さんはあなたが家元になるのを後押ししてくださるの』と説明を受けた。『こんなことをしてまで・・・』と怖気付くななにルリ子は『お母様はもう覚悟を決めたの』と告げる。弟子たちは一斉に『なな様を次のお家元に!』と言い、頭を下げた。

ももの前に拓真が現れた。真由美のもとへ帰るよう、諭すももに、拓真は声を荒げる。『嫌だ!あの女は僕をはめたんだぞ!あんな女のとこになんか帰らない!離婚する。僕を愛して欲しい』拓真はももを抱きしめ、ももは苦悩の表情を浮かべながらも、拓真の背中に手を回すのだった。

翌朝、風間が目を覚ますと、台所でももが朝食の用意をしていた。ご機嫌なももを目の当たりにした風間は、母・節子の『朝に上機嫌な女なんて前の晩、亭主に抱かれたしかないねえ。普通にしてたらばれそうだから、ごまかしてるのよ。嘘と裏切りを』という言葉を思い出した。

『ごめんね、プーさん。戸惑ったでしょ?!』結婚の話もしないうちに月島の家に連れて行ったことを、ももは謝罪した。『どうしてなんでも合わせてくれるの?スピード早すぎて、実感ない?』と風間に尋ねるもも。

風間は確かに現実感はないと答え、『景気が良かった頃のじいちゃんからばあちゃん。ばあちゃんから父さん、父さんから母さん、母さんから俺』と言いながら、風間家に代々受け継がれた婚約指輪を差し出した。『俺から私?』と尋ねるもも。『サイズは後で直します』という風間。ももは大喜びで、指輪を自分の指にはめ、光にかざしてみるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第5話の感想

ドラマ『高嶺の花』第5話が終了しました。ももの出生の秘密が明らかになり、ももが再び家元を目指すことを決意した第5話となりました。

ももの出産時に問題が起き、母体を選ぶか、生まれてくるももを選ぶかの究極の選択に迫られたももの母と市松。母体、妻を選択したいという市松でしたが、ももの母の次期家元となる娘を命に代えてでも産みたいという強い希望があり、そんななかももが生まれてきたことが明らかになりました。

しかし、ももが市松とその妻との間の子供ではなく、運転手・高井の娘であることは前話で描かれていることから、女性であるももの母親がももが高井の子供であることを知らなかったという状況はまずないと考えてよいでしょう。

お腹のなかにいる子供が、家元で夫である市松の子供ではないことを知りながら、月島の跡取りを命に代えてまで産みたいと果たして希望するでしょうか??もちろん、お腹に命を宿した以上、母性がそうさせたという線もなきにしもあらずですが、市松の話は少々出来すぎているように感じますね。

このエピソードを知ったせいで、風間と結婚し普通の幸せを手に入れようとしていたももの運命が、また大きく狂っていくことになりそうですね。

また、風間との結婚を急ぐももが、拓真のことを受け入れるような描写も気になりました。母・節子の言葉から、風間はももが拓真と接触した(おそらく寝た)ことには気づいているようです。それでも、そんなももをまるごと受け入れようとする風間ですが、風間を裏切っているという罪悪感にももは耐えられるのでしょうか?破局の火種となりそうな予感です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第6話のあらすじ

自らが母の命と引き換えにこの世に誕生したという経緯を知ったももは、再び家元への道を目指し始めました。しかし、ももは満足のいく作品を創ることができなくなっていました。

そんななか、ももと風間の結婚話は進んでいきます。佳代子が営むスナック喫茶で、商店街の人たちを集め、婚約パーティーを開いたももと風間は、その晩ともに役所を訪れ、婚姻届を提出。あとは式を挙げるだけの状態となります。

しかし、そんな愛する人との結婚を間近に控えたももが元婚約者・拓真を自宅に匿っていることに気づいたなな。心配したなながこの事実を風間に告げますが、風間の口からは意外な答えが返ってくるのでした。

そして、ももと風間はいよいよ結婚式の日を迎えます。

ドラマ『高嶺の花』第6話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『高嶺の花』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

義母と娘のブルース5話ネタバレあらすじ&感想 奇跡起こらず?退院した良一に悲しみの影

グッドドクター5話ネタバレあらすじ&感想 現れた湊の暴力父!蘇る過去,湊ピンチの予感

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る