義母と娘のブルース4話ネタバレあらすじ&感想 胃ガンの良一とのリレーを決意した亜希子の覚悟

Pocket

綾瀬はるかさん主演ドラマ『義母と娘のブルース』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

来年の話をすることさえもためらうほど、良一(竹野内豊)の余命がわずかであることが示唆されました。

そんななか、第3話では良一と亜希子(綾瀬はるか)が結婚した理由にスポットが当たります。夫婦の間に交わされた約束に注目が集まります。

以下、ドラマ『義母と娘のブルース』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『義母と娘のブルース』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『義母と娘のブルース』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

専業主婦となり、初めてみゆき(横溝菜帆)の小学校のPTAの集まりに参加した岩木亜希子(綾瀬はるか)。運動会の係決めにおいて、仕事の必要性や効率性に疑問を感じた亜希子はキャリウーマン時代に培った話術でPTA役員たちを猛攻撃。役員の母親に恨みを買ったせいで、母親たちは子供をみゆきのお家会に行かせないようにしたため、みゆきが悲しい思いをすることに・・・

親の問題を子供の付き合いに持ち込む卑怯なやり方が許せない亜希子は、PTAを廃止に追い込もうと署名活動を始めます。それがさらに PTA役員の怒りを買い、売り言葉に買い言葉で亜希子は今年の運動会を1人で成立させると宣言してしまいます。

仕事の経験を生かし、亜希子は入念な準備をした末に運動会当日を迎えますが、やはり運動会は亜希子1人の力では回りませんでした。困っている亜希子の姿を見た他の母親たちが協力を申し出てくれたおかげで、運動会は無事に終了。PTAの必要性を実感した亜希子はPTA役員の母親たちと和解しました。

みゆきを応援する暇もなかったことを悔やむ亜希子に、良一(竹野内豊)『来年』という言葉を口にしますが、途中で言葉に詰まってしまいます。その後、良一は病院を訪れるのでした。

さらに詳しいドラマ『義母と娘のブルース』第4話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『義母と娘のブルース』第1〜3話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『義母と娘のブルース』第4話の視聴率

ドラマ『義母と娘のブルース』第3話の視聴率は12.4%でした。第3話までの平均視聴率は11.73%となり、第2話までの平均視聴率が11.61%のドラマ『ハゲタカ』と僅差でトップを争っているかたちとなります。

ドラマ『義母と娘のブルース』第4話の視聴率は、引き続き12%代と予想します。実際のドラマ『義母と娘のブルース』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『義母と娘のブルース』第4話の視聴率は、12.2%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
11.5% 11.3% 12.4% 12.2%
第5話 第6話 第7話 第8話

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『義母と娘のブルース』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『義母と娘のブルース』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

みゆきが抱いた疑惑

2009年、7月。主治医・小松 (林泰文)の提案する治療法を宮本良一(竹野内豊)は断った。宮本愛(奥山佳恵)が闘病の末に、どんどん弱っていく姿を目の当たりにしたことで、みゆき(横溝菜帆)に辛い思いをさせたことから、良一はぽっくり逝くと決めていると笑うのだった。

病院からの帰り道、良一はママ友の夜の営みについて相談を受けている岩木亜希子(綾瀬はるか)を偶然見かけた。亜希子は夜の営みのことを、ダブルワークか接待か何かと勘違いしているらしい。『昔とった杵柄で申し訳ないのですが、それは・・・私の得意分野かと』と語り始めた亜希子は、『そういうときは穴を探すことが必要かと思います!そういうときには必ず穴があるはずです』と語り始める。穴は限られているため、ないと思うと答えるママ友に、亜希子は『そういう穴に攻め込むには、なんらかのツール、つまり道具が必要なこともあるかと!』と続け、現場を見させてもらい、提案させてもらうことも可能だと提案。ママ友たちは『来るの!?亜希子さんが?!』と笑い転げた。

良一から真相を聞かされ、『とんでもないセクハラ提案をしてしまいました!』猛省している亜希子の前に、下山不動産の下山和子(麻生祐未)が現れた。以前、亜希子が購入をほのめかしていた億ションを、亜希子が購入しないのなら他の購入者を探して欲しいというのだ。

その日、帰宅したみゆきは神妙な面持ちで『パパと亜希子さんは、偽装結婚ってやつなの?』と切り出した。『なんで結婚指輪してないの?!』迫るみゆきに、指輪が苦手なのでいらないと自分が言ったと亜希子が答える。『じゃあ、なんで一緒に寝てないの?!』とさらに迫るみゆきに、亜希子は自分の歯ぎしりがひどいためだとごまかした。

『じゃあ2人が初めて会ったとこはどこ?どうして付き合うことになったの?』と尋ねるみゆきに、亜希子と良一は答えることができなかった。正確にフィードバックするために、記憶を整理する時間が欲しいと亜希子は言い、みゆきの林間学校明けに回答することを約束したのだった。

みゆきが寝た後、ヨンリオ社のキザキザズのキャラ弁を作るため、ひたすら海苔をハサミで切り続ける亜希子。亜希子は手を止め、みゆきへの回答の件について切り出す。恋愛の末に結婚したと言えば、それは同時に良一の愛への愛情が亜希子に移ったということになる。『本当にそれでいいんでしょうか・・・?』亜希子は考えながら、つぶやいた。

転職を繰り返し、リサイクル業を始めた麦田章(佐藤健)に友井智善(川村陽介)が『お前さ、そろそろ家帰れば?』と切り出す。これだけクビになるということは、家に帰れということだという友井。しかし、麦田は『うるさいって!』と聞かないのだった。

林間学校へ出発するみゆきを見送った亜希子は、この間運動会でやり合ったPTA会長から『昨日、偽装結婚とか聞かれなかった?』と話しかけられた。昨日、PTA会長の娘・アンナの家に遊びに行ったみゆき。みゆきはそこで初めて夫婦が一緒に寝るものだということを知り、友達に偽装結婚なのではないかとからかわれたのだという。
 


<スポンサーリンク>

 

初デート

その日、亜希子は光友金属株式会社を訪れ、下山に頼まれた億ションの購入者を探し回っていた。しかし、なにせ金額が高い・・・なかなか買いたいという人間は現れない。

やがて、昼時となった。『みゆきちゃん、もうお弁当見ましたかね・・・?』とつぶやく亜希子。その頃、林間学校のみゆきはお弁当を開けていた。そこにはヨンリオ社の株価チャートが描かれていた・・・『何それ!?』クラスメイトに笑われたみゆきだったが、やってきた教師がそれは株価チャートで、お母さんは大変だったと思うとフォロー。その場は一転し、みゆきは『すごいね!』と友達から声をかけられることになる。

下山不動産を亜希子が訪れると、良一と良一の部下・猪本寧々(真凛)の姿があった。亜希子に興味を抱いていた猪本が、亜希子見たさに内覧を申し込んだらしい。皆で億ションの内覧に出かけることとなる。

マンションに到着した猪本は、その広さに大興奮。猪本の夫はベンチャー企業勤めで、最近大金が入ったらしい。良一が猪本の夫との馴れ初めを尋ね、猪本が語り始める。中学時代の同級生だった猪本と夫。その後、偶然すぎる再会が重なり、交際するようになったことを猪本は明かした。『それは奇跡だったんだよ!』という良一。亜希子は何やら神妙そうな面持ちを浮かべる。

猪本と別れた良一は、猪本のような馴れ初めであれば、みゆきも納得するだろうと亜希子に語る。『外で一杯やりながら考えません?僕たち、デートしたこともないですし・・・』と良一が亜希子を誘った。

こうして、2人はレストランへ。ボトルを入れた良一に、『ボトル大丈夫なのですか?』と良一の身体を心配する亜希子。良一は食事制限はないと答えた。

そして、話題は本題へ。良一は、プレゼンで出会ったことにしては?と切り出す。『私の記憶が確かならば、その前にお会いしてるんですよね・・・』プレゼンの1年前の花見で、良一が場所取りをしているところを見かけたことを、亜希子は明かした。『この人はいい年をして、一体なにをやらされているのだろうかと・・・』そう思ったことを、亜希子は正直に明かし、良一は噴き出すのだった。

『亜希子さん、ひょっとしてお花見で変な芸してませんでしたか?』良一が切り出す。亜希子は花見で穴を掘らせ、『これが本当の土下座です!』と穴に頭を突っ込み土下座をしていた。

花見で会ったのちに、プレゼンで再会。食事に行く関係となり、なんとなく交際に発展したということにしようかと提案する良一。『そこから何をきっかけに恋愛関係に発展すればよいのでしょうか?』恋愛に疎い亜希子は想像ができない様子。参考までに、元妻の愛とはどのように恋愛に発展したのか?亜希子が良一に尋ねた。

良一と愛が知り合ったのは合コンだった。頼むものが全てにおいてかぶり、運命を感じたことを良一が明かす。しかし、亜希子と良一は愛と良一のように似ているところはほとんどない。『じゃあ逆にしませんか?』という良一。『しっかりしてて、この人ならいい母親になってくれるかなって・・・』という良一に、『それ、あの時行ったことと全く一緒ですね』という亜希子。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『義母と娘のブルース』第4話のあらすじ(ネタバレ)後編

良一と亜希子のリレー

『僕と結婚してくれませんか?!』亜希子と道で偶然出会った良一は、突然切り出した。良一は小学生の娘がいること、胃がんを患い、余命わずかなこと、自分の死後、娘を育ててくれる人を探していることを伝える。なぜ自分なのか?と尋ねる亜希子に、良一は『僕の知ってる女性の中で1番頼りになりそうだからです!』と答えたのだった。

なぜ突拍子もないプロポーズを受けてくれたのか?良一が今度は亜希子に尋ねる。亜希子は『私は人恋しかったんだと思います』と答えた。良一からのプロポーズの前夜、お気に入りの漫画を読んでいた亜希子は、漫画が作者急遽のため、未完となっていることに気づいた。このことを誰かに話したいと思った亜希子だったが、亜希子は仕事に関係ないくだらない会話をできる人間が、自分には誰1人いないことに気づく。

『強さ、ではいかがでしょうか?私がプロポーズをお受けした理由です』と亜希子は切り出す。病を患い、余命わずかという苦境の中にあっっても、そんな辛さを周囲には全く見せずにいる良一の強さに惚れたということにしてみてかどうか?と亜希子が言い、話がまとまった。

帰り道。亜希子は自分と良一の関係はリレーだと表現した。『でもそれでいいんだと思うんです』みゆきが巣立つ頃になれば、良一が愛していたのは愛だけで、自分は良一が手渡したバトンを受け取る者として名乗りを上げたのだということを正直に話そうと思うと亜希子は語った。

『手つなぎませんか?』良一が切り出した。ためらう亜希子に、良一はみゆきから見て、普通の夫婦に見えるための練習だと言い、亜希子は応じた。

手をつないで歩く亜希子と良一。『亜希子さんは時々信じられない勘違いをしますよね?』この間の井戸端会議の話を楽しそうにする良一。『良一さんは意外と人が悪いですよね?』あの時、途中で止めてくれなかった良一を意地悪だという亜希子。良一は笑い、『行きましょう?』と亜希子の手を引き、歩いていくのだった。

帰宅した良一は、突然の体調不良に襲われた。『大丈夫ですか?』尋ねる亜希子に、『ちょっと飲みすぎちゃって・・・』と良一は逃げるように自室へ・・・

『話が途中になってしまったので、お弁当の写真送っておきました。感想をお伺いしたいので、入っても良いですか?』水を手にした亜希子が、良一の寝室の扉越しに呼びかける。携帯を確認し、株価チャートの写真を見た良一は、自分の娘のためにここまでやってくれる亜希子に対して、ふと熱い感情が込み上げ、涙する。

『最高です!亜希子さん!!』良一は部屋のドアを開け、亜希子を抱きしめた。『やっぱり具合良くないのですか?』と心配する亜希子に、良一は『・・・はい。ちょっと』と認める。亜希子は優しく良一の背中をさすり始めた。
 


<スポンサーリンク>

 

起こった奇跡と倒れた良一

翌日。再び病院を訪れた良一。その頃、林間学校から戻ってきたみゆきに、亜希子は『お話があるのですが・・・』と切り出した。

その晩、みゆきが眠った後、良一が帰宅し、2人の馴れ初めの話はうまくいったのか?と尋ねる。みゆきはもうその話には興味をなくしていたようだと亜希子は答えた。

『今日、病院に行ってきました。夏休みが終わったら、入院することにしました』きつい治療はしないつもりだったと語る良一。『やっぱり頑張ってみようと思って。亜希子さんには随分迷惑をかけてしまうことになると思うんですが、いいですか?』そう尋ねる良一に、亜希子は『良一さんと結婚してひとつ学んだことがあります』と切り出す。『奇跡は・・・割とよく起こります』という亜希子に、良一は『はい!』と答えるのだった。

お弁当を作る亜希子に、『先行ってますよ?』と良一が言い、みゆきを連れ、出かけていく。お弁当を作り終わった亜希子が表に出ると、ちょうど走ってきたトラックに老人がひかれそうになってしまう。しかし、間一髪、老人が転倒したため、トラックとの接触は免れた。

『大丈夫ですか?』走り寄る亜希子。『滑ってしまって・・・こいつのおかげで・・・』老人は路上にたまたま落ちていた1枚の紙を手に取る。それは下山が購入者を探している億ションのビラだった。

会社でマンションの購入者を探すためにコピーしたのは亜希子。コピー機がその後不具合を起こし、リサイクル業を開業した麦田が引き取って帰る途中、路上に落としたものだった。『奇跡・・・』亜希子はそう呟き、老人が身につけているものに目を走らせる。靴、腕時計、どれも高価なものばかりだった。

『下山さん!この方がマンションをご検討くださると!』老人をおんぶし、下山不動産に連れて行った亜希子。その頃、公園でみゆきと補助なしの自転車に乗る練習をしている良一の携帯に(今しがた奇跡が起きました!着いたらお話します)と亜希子からメールが来る。

その後、亜希子が公園に到着した。亜希子が見守る中、良一の手を離れ、自転車を1人で漕ぎ始めたみゆき。転倒したみゆきが『パパ、いまちゃんと乗れてたよね!?』と振り返る。『パパ・・・?』良一はみゆきの背後で倒れていた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『義母と娘のブルース』第4話の感想

ドラマ『義母と娘のブルース』第4話が終了しました。亜希子と良一の結婚の真相が明らかになり、良一の病状が悪化した第4話となりました。

病を患っている良一が、みゆきの面倒を見てもらいたいという理由で亜希子と結婚した可能性が高いことは、これまでの展開で想像ができましたが、どうしてもわからなかったのが、亜希子がこの結婚にて得るメリット。その亜希子が良一と結婚した理由が、第4話にて描かれました。

母親に先立たれ、その半生を仕事に捧げたため、天涯孤独の身となっていた亜希子。ライバル社で働いていて、たまに顔を会わせる、いつも呑気で悩みがなさそうな良一が、実は死期を間近に控え、1人娘の先行きを案じているといたという事実を知り、亜希子の心は大きく動いたのだと思います。

自分が持っていないものを持っていて、それがあるからこそ驚愕の強さを見せる良一。そんな良一の強さのもととなるみゆきを、良一からバトンとして受け取ってみたい、亜希子はそんな気持ちになったのかもしれませんね。

また、第4話では2人の距離が一歩近づきました。治療をしないと決めていた良一が、もっと生きていたくなった理由のひとつに、亜希子の存在があることは間違いなく、結婚から恋愛が始まる逆パターンもありうる気もするのですが・・・果たして、奇跡は起こるのでしょうか?
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『義母と娘のブルース』第5話のあらすじ

良一が倒れ、父の病の存在をみゆきに隠せない段階に来てしまいました。亜希子はみゆきに衝撃の事実を伝えます。

良一の入院中、会社に迷惑をかけることを詫びに、良一の会社を訪れた亜希子は、良一の上司・笠原から、良一が担当していた競合プレゼンを代わりに亜希子が引き受けて欲しいと依頼され、応じることに、この話を聞いた良一は、自分は代えがきく人間なのだとショックを受け、心にもない言葉で亜希子を傷つけてしまうのでした。

自身の発言を反省した良一は、治療に専念することを改めて決意。みゆきも、亜希子もただただ奇跡が起こることを信じて、良一をささえます。

そして迎えた競合プレゼンの日。その日は、良一の検査結果が出る日でした。

ドラマ『義母と娘のブルース』第5話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

健康で文化的な最低限度の生活3話ネタバレあらすじ&感想 えみるの誠心誠意が響いた欣也

高嶺の花4話ネタバレあらすじ&感想 もも,不倫の子供で家元の血筋なし!?市松の愛憎が恐怖

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る