健康で文化的な最低限度の生活3話ネタバレあらすじ&感想 えみるの誠心誠意が響いた欣也

Pocket

吉岡里帆さん主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

アルバイト収入を申告していなかったばかりに、これまでに働いた分60万円をすべて役所に返還しなければならない状態に陥った生活保護受給世帯の高校生・欣也(吉村界人)。

高校生には到底納得できないと思われるこの事態を、ケースワーカー・義経えみる(吉岡里帆)はいかにして納得させるのか?果たして、不正受給分を欣也から徴収することはできるのでしょうか??

以下、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

義経えみる(吉岡里帆)の担当する日下部家はシングルマザーの聡美(江口のりこ)がパートで家計を支える生活保護受給世帯。聡美は、高校生の欣也(吉村界人)中学生のリナを育てながら、実父の介護に明け暮れる日々を送っています。

ある日のこと、課税調査の結果を受け取ったえみるは、日下部家の長男・欣也に未申告のアルバイト収入があることを知ります。生活保護世帯は世帯すべての収入を申告する義務があります。それを果たしていなかった日下部家は生活保護費の不正受給をしていたということになり、欣也には今までのアルバイト代60万円を役所に返還してもらう必要が出てきたのです。

しかし、そんな決まりは『知らなかった』の一点張りの欣也は到底納得できません。バイト代はすべて使ってしまっていて、手元には残っていませんでした。

荒れていた中学時代を経て、音楽という夢を見つけた欣也はバンド活動をすることで徐々に更生への道を歩んでいましたが、今回の件で再び人生を打ち砕かれた気持ちに・・・『馬鹿で貧乏な人間は、夢見るなってことか!?』欣也は大切にしていたギターをえみるの前で床に叩きつけ、壊してしまうのでした。

さらに詳しいドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第1〜2話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話の視聴率

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第2話の視聴率は5.5%でした。

今期ゴールデンタイムに放送中の10個のドラマのうち、第2話視聴率のトップが、ドラマ『義母と娘のブルース』の11.3%ワーストがドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の5.5%となっています。

もともと高視聴率を獲得することには不向きな難しいテーマを扱っていることから、妥当な結果なのかもしれません。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話の視聴率は、引き続き5%代と予想します。実際のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話の視聴率は、5.8%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.6% 5.5% 5.8%
第5話 第6話 第7話 第8話

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

えみるの奮闘

東区役所。『ギターを叩き壊した?!』義経えみる(吉岡里帆)が日下部欣也(吉村界人)の件を係長・京極大輝(田中圭)に報告。『それで徴収の話はできたのか?』という京極に、今回はなんとか全額徴収を免れないか、えみるは今更ながら尋ねてみた。しかし、京極からは『利用者の感情に巻き込まれるな』と一喝されてしまう。

とあるコンビニ。おにぎりをまえに、ポケットの中の小銭を並んで数える欣也と阿久沢正男(遠藤憲一)。2人はおにぎりをひとつずつ買い、コンビニの前でおにぎりを食べた。

『高校生?高校生って聞くだけで、夢がありますよね?』と欣也に話しかけた阿久沢。そうでもないと欣也はそっけなく答える。阿久沢はこんないい年になって小銭を数えるような大人にはなるなと欣也に諭す。2人はおにぎりを食べ終わると、そのまま別れた。

翌日。京極が昔使っていたギターを持ってきてくれた。『係長、ありがとうございます!』頭を下げるえみるに、京極は全額徴収することを忘れないよう、念を押すのだった。

ギターを手土産に、日下部家を訪れようとしたえみるは、欣也があの日以来、帰ってきていないことを知る。とりあえず母・聡美(江口のりこ)に話をするつもりのえみるだったが、指導係・半田明伸(井浦新)は欣也には一度区役所に来てもらう必要があることを伝えた。半田は欣也に来てもらうためにも、欣也とそれなりの関係を作る必要があるというのだった。

ギターを持って現れたえみるを見るなり、『正直、音楽とかやってる場合じゃないですけどね。だって、これから毎月払っていかなくちゃならないんですよ?』と顔をしかめる聡美。役所に欣也と一緒に来て欲しいとえみるは切り出した。

帰ってきていない欣也のことを心配するえみるに、聡美は『欣也のことを心配するなら、少しでも減額される方法を考えてください』という。『だって、最初に減額されるって言ったのは、義経さんなんですからね!』と聡美は声を荒げた。

落ち込んでいるえみるを気遣った七条竜一(山田裕貴)が『たまにはみんなで飯行かない?!』と言い始めた。いつ欣也とバッタリ会ってもいいように、えみるはギターを抱えたままだ。『私、行きたいお店ある!』

えみるが皆を連れてきたのは、阿久沢が働く定食屋。『なんでこの店?あの人、この間まで利用者だった人じゃん。気使うだろ!?』という七条。しかし、栗橋千奈(川栄李奈)は『私、あんたの考え、いいと思う』とえみるにいうのだった。

楽しそうに食事をするえみるたちのことを、厨房の奥から阿久沢が嬉しそうに見ている。『なんかいいですね?そばに誰かいるっていうのはいいなと思って・・・・』阿久沢が定食屋店主・青柳円(徳永えり)に切り出した。阿久沢はえみるたちのことを見て、ちょうど同じ年頃の自分の娘のことを思い出していた様子。阿久沢と娘は長い間会っていない。
 


<スポンサーリンク>

 

荒れていく欣也

欣也が家に帰ってきた。『悪いけど、くだらないことにお金使うのやめてね?ギターとかやる暇あるんだったら・・・』欣也のことを頭ごなしに叱りつける聡美。欣也は出て行ってしまった。『お母さん、ひどいよ!!』リナも声を荒げ、出て行ってしまう。

『あ!金曜日!』定食屋からの帰り道、えみるは今夜が欣也の路上ライブの日であることを思い出す。その頃、駅前に現れた欣也はバンド仲間に、『悪い。俺もうやめるわ』と切り出し、去っていく。えみると欣也はすれ違った。

欣也はその足で昔つるんでいた不良仲間のもとへ。原付に乗り、走り出す。その様子を欣也を追いかけてきたリナが目撃していた。

東区役所。あれからえみるは欣也に会えないまま、モヤモヤした思いを抱えていた。そこへリナがやってくる。リナはえみるに5000円札を差し出した。『私が悪いんです。私、お兄ちゃんからお小遣いもらってたんです』クラスの友人がいつも高い店に通っていて、断ると仲間外れにされることから、欣也から小遣いをもらっていたことをリナは明かした。

『ごめんね、これは受け取れないんだ』えみるはお金をリナに返した。『このままじゃ私のせいで、家族がバラバラになっちゃう・・・』というリナに。えみるは『リナちゃんのせいじゃないから』と微笑みかけるのだった。

リナを見送ったえみるは、直後ギターを抱え、自転車に乗り、走り出す。えみるは町中を走り、欣也の姿を探した。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

欣也との対峙

欣也が不良仲間といるところへ、えみるが走ってきた。『いた〜〜〜!!待って〜〜〜!』欣也たちは原付に乗り、自転車のえみるを振り払おうと走り始める。『お願い、待って!!欣也くん!!』あきらめないえみるに根負けし、欣也は仲間の原付を降りた。

『これ!よかったら、使って!』えみるはギターを差し出した。しかし、欣也は音楽はもうやめたという。『だって、俺が夢見ても意味なくないですか?今回のことでわかったんですよ、マジで意味ないことに』そう言い、去ろうとする欣也に、えみるは『もう一度だけ、話聞いてもらえませんか!?お願いします!』と頭を下げた。

えみると別れた欣也は、えみるからもらった区役所を訪れる日時を記したメモをくしゃくしゃにして、ゴミ箱に捨てた。

約束の日。区役所を聡美が訪れた。その背後には、欣也の姿があった。半田の同席ももと、面会が始まる。

『今回私はいい加減な返答をして、混乱をさせてしまって申し訳ありませんでした』えみるはまず聡美に頭を下げる。『今日、来てくれて本当にありがとう』えみるは欣也にも頭を下げる。えみるは、駅前で欣也のライブを見たことを明かす。『心にグッとくるものがあって・・・音楽続けたほうがいいって思いました。だから・・・続けて欲しい』というえみる。

『では、改めてお話しさせてもらいます』半田が話し始める。えみるが欣也がサインをした確認書を差し出した。『・・・これお母さんが悪いね。あんたにちゃんと説明しないでサインさせて・・・』と聡美は言った。

半田は高校生の欣也を応援する、学費、運転免許の取得費用の支援などの制度がたくさんあることを説明。『夢を諦める必要はありません』と半田は言った。『夢をあきらめないでいい支援をしていこうと思います。ね?義経さん?』えみるも笑顔で『はい!』と答えるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

再び夢を追い始めた欣也

帰り際、えみるは欣也にギターを手渡し、欣也は受け取った。欣也が給与明細を取っていたため、それを提出してもらい、月々の返済額を決めていくことになった。

役所からの帰り道。『俺、バイト続けるから。あと、音楽も続けるから』今度はきちんと申告し、家計を支えながら、夢を追い続けることを欣也は聡美に宣言。聡美も許したのだった。

定食屋のアルバイトからの帰り道。駅前を通りかかった阿久沢は、欣也が路上ライブで歌っているところに出くわした。『音楽やってたんだ・・・』欣也のことをまぶしそうに見つめる阿久沢。歌い終わり、拍手に包まれた欣也は笑顔を浮かべるのだった。

帰宅した阿久沢は家族写真を取り出し、見つめる。翌朝、阿久沢はその家族写真を前に、筆をとった。

出勤したえみるはデスクの上の欣也からの手紙に気づく。(ギターありがとうございました。ライブ再開しました。時間あるときにまた、聴きにきてください)

阿久沢の自宅。郵便受けに手紙が投函される音を聞いた阿久沢が、確認してみると、娘からの手紙が届いていた。そこには、2年前、阿久沢の元妻が闘病の末、他界したことが綴ってあった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話の感想

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第3話が終了しました。えみるの誠心誠意が欣也に伝わったことをきっかけに、欣也の気持ちが母親の聡美に伝わった第4話となりました。

もともと決まっていることを申告しなかった欣也と、そして説明不足だった聡美に責任がある今回の問題。しかし、そのことは本人たちもよくわかっているため、正論で説明されても特に高校生の欣也は反発するばかりだと思います。

そんな欣也が少しずつでも返済しながら、再び夢を追っていこうという気持ちになれたのは、えみるのおかげですね。正直、110件ものケースを抱えている中、日下部家の問題だけにこんなにかかりきりにはなっていられないというのが実情なのでしょうが、こんな仕事に関わっているからこそ必要なのが、精神誠意だと思います。

自分たちの体力、精神を疲弊させずに、ただただマニュアル通りの不親切な対応をする、お役所仕事という言葉もある中、えみるの姿勢は見ていて、気持ちがよかったです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第4話のあらすじ

第4話でスポットが当たるのは、ケースワーカー・七条とその担当者でシングルマザーの岩佐朋美(安達祐実)です。

朋美は夫のDVが原因で離婚、生活保護を受けるようになりました。朋美は働く気は満々で、同じくシングルマザーにより育てられた七条は、朋美に母の姿を重ね、熱心に求職活動を勧めます。

早速、仕事を見つけてきた朋美の嬉しい報告に、七条が喜んだのもつかの間、朋美と突然連絡が取れなくなり、そんな朋美と偶然街中で出くわした際に、朋美は七条から逃走。朋美の真意がわからずに、七条は困惑するのでした。

このままでは朋美への生活保護の打ち切りもあり得る中、朋美の妹が生活課を訪れ、朋美の仕事が決まったという話が嘘だったことが発覚します。朋美を励まし、なるべく早く仕事を見つけようとする七条に、えみるは一抹の心配を覚えます。えみるは朋美の嘘が精神的に追い詰められたことから出たものでは?と心配していて、七条のやり方では朋美のことをさらに追い詰めることになってしまうのでは・・・とえみるは考えていたのでした。

一方、元妻が2年前に亡くなっていたことを知った阿久沢は大きなショックを受けていました。阿久沢にもまた、人生の転機が訪れるようです。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第4話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る