サバイバルウェディング3話ネタバレあらすじ&感想 宇佐美が見せた男気が憎い!格をあげたさやか

Pocket

波瑠さん主演ドラマ『サバイバルウェディング』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)の『自分を愛せ』という言葉が響き、セフレ同然の関係となっている元婚約者・石橋和也(風間俊介)との関係を断ち切ったさやか(波瑠)。

いよいよ柏木祐一(吉沢亮)との新しい恋に向けて、始動です。

以下、ドラマ『サバイバルウェディング』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『サバイバルウェディング』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第3話の簡単なあらすじ(ネタバレ

婚約者・石橋和也(風間俊介)に再び興味を持ってもらえることに成功したものの、編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)の『大切にされたかったら、身体を許すな』という言いつけを破ってしまい、セフレ同然の関係に陥ってしまった黒木さやか(波瑠)

そんな関係に甘んじていたさやかに、『いかなる時も自分にだけは愛を注がないといけない』と告げた宇佐美。和也との関係を断ち切ることを決意したさやかに、宇佐美は身辺整理をすることを勧めました。

同期・三浦多香子(高橋メアリージュン)の助けも借り、さやかは和也の忘れ物や思い出の品、連絡先や和也と撮った写真も全て削除。

柏木祐一(吉沢亮)とは業務的なメールを交わす程度の関係に留まってはいましたが、メールの中の『次回』という言葉に、さやかは未来を感じ明るい気持ちになるのでした。

一方の和也は、さやかを完全に捨ててしまうのは惜しい様子。今カノ・藤井カオリ(石田ニコル)にさやかとの思い出のマグカップを捨てられてしまいそうになりますが、和也は『それは捨てないで』と制するのでした。

さらに詳しいドラマ『サバイバルウェディング』第3話までのネタバレあらすじはこちら

ドラマ『サバイバルウェディング』第1〜2話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第3話の視聴率

ドラマ『サバイバルウェディング』第2話の視聴率は10.8%となりました。今期第2話終了時点でのトップは11%代を記録しているドラマ『義母と娘のブルース』ドラマ『ハゲタカ』。次点の10%代にドラマ『サバイバルウェディング』・ドラマ『グッドドクター』・ドラマ『この世界の片隅に』が並んでいる状況です。

ドラマ『サバイバルウェディング』第3話の視聴率は、10%前後と予想します。実際のドラマ『サバイバルウェディング』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『サバイバルウェディング』第3話の視聴率は、7.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
10.4% 10.8% 7.6%
第5話 第6話 第7話 第8話

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『サバイバルウェディング』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

コーチの戦略

婚活企画に使用するイラストレイターを探す黒木さやか(波瑠)。『素敵なイラストはあるんですけど、なかなかこれだっていうのがなくて・・・・』そう漏らすさやかに、riz編集部の中島鉄男(前野朋哉)が提案したのはかつて人気だったイラストレーター・439(よさく)だった。

大ヒットした作品のグッズの権利争いに嫌気がさし、現在は第一線を退いている439だったが、バー・クリフのマスター(荒川良々)が439と知り合いだということがわかる。さやかは、クリフを訪れ、気の進まない様子のマスターを説得。『439さんの絵は、私にとって人生変えちゃうくらいのものなんです!よろしくおねがいします!』とさやかは頭を下げる。マスターは『あのね・・・』と何か切り出したそうな表情を見せるが、さやかは気がつかない。

やがて、rizの最新号が出来上がった。さやかのコラムは見事439のイラストで飾られている。さやかはコラムの初回を祝い、編集部の皆で乾杯した。

嬉しさいっぱいのさやかだったが、コラムの初回が発売されたということは同時にあと5回で結婚しなければ、クビということになる・・・焦ったさやかは婚活本を購入。そこには、結婚氷河期の今、結婚のためには条件を下げるべきだと書いてあった。

『お前が結婚相手に求めるものは何だ?』と宇佐美博人(伊勢谷友介)から尋ねられ、さやかは第一に安定をあげる。『あと外見がさわやかで、私のこと好きになってくれて、浮気をしない人です・・・妥協したほうがいいでしょうか?』と急に消極的になるさやか。宇佐美はさやかがあげた条件は、すべて滑り止めに該当すると言い、『どうしてお前は俺レベルの男を狙っていこうと考えないんだ?1ミリたりとも妥協するな』と嘆いた。

『次はどうするんですか?』というさやかに、宇佐美は『コーチの戦略だ!』と答える。かつて老舗のビジネスバッグメーカーだったコーチ。市場のカジュアル化に伴い、売り上げが低迷したコーチは、徹底的に市場調査。5〜8万円の価格帯のバッグを提供しているブランドがないことに気づき、そこへポジショニングを変更した。

加えて、コーチは消費者への調査も重ね、ニーズに合った商品を提供。今日のコーチへと成長を遂げたのだった。

さやかにとっての消費者は、男性。男性受けするファッションから変えることを宇佐美は提案し、さやかは宇佐美と一緒に買い物に行くことになる。
 


<スポンサーリンク>

 

ラストチャンス

某セレクトショップ。宇佐美が選んだ服は、どれもさやかの好きな服のタイプではなかった。『私は男のために服を着てるんじゃないんです!自分のために来てるんです!』と反論してみるさやか。しかし、宇佐美は許さない。さやかは男受けが良さそうなワンピースを数着買うことに。

ショップからの帰り道、宇佐美は男受けのためには足、デコルテを出すことが大切だという。自分の身体に自信がないというさやかに、出せば自然となんとかしようという気が湧いてくる上に男性の視線も集められ、一石二鳥だという。『己の欠点を隠すものに成功はない!』と力説する宇佐美に、さやかは『編集長だって、おでこのシワ隠すためにいつも前髪作ってるじゃないですか!』と反論。宇佐美は言い返せない・・・

最近、仕事がうまくいっていない石橋和也(風間俊介)。『何かあった?』同僚からさやかとうまくいっていないことを勘づかれた和也は、『パーっと行こうぜ!』ととある人気デザイナーのレセプションパーティーに誘われるのだった。

宇佐美に乗せられて買った愛され系ワンピだったが、さやかは打ち合わせに来て行く気にはなれない。いつもの服装で向かった川村製薬との打ち合わせだったが、広報部・栗原美里(奈緒)は愛され系ワンピで登場。やられたと感じるさやか。

美里はさやかが提案した広告のコピーに納得がいかない様子。柏木祐一(吉沢亮)がちょうど中間の着地点を提案してくれたため、難航しようとしていた打ち合わせは、すんなりまとまった。

『ていうことは、黒木さんがうちにお仕事でくるのは、来週の月曜で最後なんですね?』自分と祐一はこれからも仕事で会う機会はあるが、さやかだけが最後なことが寂しいと美里は嫌味ったらしく言うのだった。

さやかと柏木が会えるのはあと1回。『1回あれば十分だ!ちょっと来い!』さやかは宇佐美に呼び出された。

母親からの留守電を聞く祐一。今夜のパーティーに祐一の父親も参加することを母親は伝え、『今夜のパーティー来てね』というメッセージが留守電には入っていた。留守電を聞き終わった祐一は、大きなため息をひとつ漏らすのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

さやか、パーティーへ

『お前はまだそんな格好をしてるのか?!』宇佐美セレクトの服を全く着ていないことを、さやかは叱られ、ドレスや靴などを手渡された。『あとは頼んだぞ!』多香子や杉優子(須藤理彩)たちの手によって、さやかは変身させられることになる。

見事に変身したさやかを連れ、宇佐美は人気デザイナーのレセプションパーティーに出かけるのだった。

パーティー会場に入るなり、多くの人たちが宇佐美に話しかける。宇佐美はかなり顔が広いようだ。(今日はパーティーなんだし、楽しも♪)さやかはバイキングの料理を取りまくる。『ボスはお酒1滴も飲めないから、絶対忘れちゃダメだよ!』さやかは、多香子からそう言われたことを思い出し、宇佐美にウーロン茶を進めるのだった。

会場には柏木の父親・柏木惣一(生瀬勝久)も来ていた。惣一は大企業・柏木コーポレーションの社長。祐一は御曹司だったのだ。

そのことに気づいた宇佐美は、祐一が今日この会場に来ているはずだとさやかに伝え、今日のこの晴れ姿を祐一に見せろと命じた。さやかが祐一を探し、会場を歩いていると、さやかは藤井カオリ(石田ニコル)といちゃつく和也を見つけてしまう・・・

『どうだ?見つかったか?』うつむくさやかのもとに、宇佐美がやってきた。『あいつ、調子乗ってんな〜!』宇佐美は和也に敵意をむき出しにした。『もういいだろう?早く忘れろよ!』という宇佐美に、『でも気になっちゃうんです。編集長、いつも自信満々に言ってますけど、モテるんですか?!』というさやか。『そこで見てろ!』宇佐美はちょうど1人になった和也の彼女・カオリに近づき始める。

『赤いドレスがとてもお似合いです!』という宇佐美に笑顔を見せたカオリ。しかし、カオリが飲んでいたシャンパンに関するウンチクが始まり、カオリはあからさまに退屈そうな表情を見せた。

そこに和也が帰ってきた。宇佐美は嫌味ったらしく和也の着ているお手頃価格のスーツを褒め、自分の高級スーツをアピール。すると、和也が宇佐美がウーロン茶を飲んでいることに気づき、反撃する。『もしかして飲めないんですか?あんなに語ってたのに!』

和也に煽られ、宇佐美が酒を煽り、倒れてしまった。さやかは宇佐美を抱え、外へ・・・(ダメだ、もう倒れる!)ちょうどその時、和也がやってきて、タクシーに宇佐美を乗せてくれた。

『会いたかった。2人きりになれるところに行って、話さないか?』と迫る和也。しかし、さやかは『行かない!』と和也を拒否した。そこにカオリが『この人、誰?』とやってくる。『前の彼女だけど?』と答える和也。『この人が・・・』カオリは値踏みするような視線でさやかを見た後、『行こう』と和也を連れ、去っていった。
 


<スポンサーリンク>

 

さやかが掴んだチャンス

宇佐美のマンションの前まで、宇佐美を送り届けたさやか。『きょうはありがとうございました。私なんかをこんな格好にさせてくれて・・・でも、結局何の結果も出せなくてすいません』頭を下げるさやか。しかし、宇佐美は『そうか?今日のお前、誰にも負けてなかったぞ?』という。マンション前のベンチで眠ろうとする宇佐美を1人残し、さやかは帰っていく。

さやかが帰った後、宇佐美は高級マンションの前のベンチから立ち上がり、安アパートが立ち並ぶ一角へ消えていくのだった。

川村製薬での最後の打ち合わせの日。さやかが到着すると、祐一の先輩・谷原貴弘(山根和馬)が上司らしき人物と電話で話している。『柏木のおかげでばっちりですよ!親の力、ハンパないっす!』

そこに祐一がやってきた。宇佐美から勧められたワンピースを着ているさやかに、祐一は『雰囲気変わりました?』と気づいてくれた。

やがて、打ち合わせが始まり、広報課長・永瀬義徳(野間口徹)が2つのコピーを目の前にし、どちらかを選ぶ。ひとつはさやかが出したもの、もうひとつは美里が出したもの。永瀬はさやかが出したコピーを選んだのだった。

『黒木さんて、この後時間あります?よかったら、ランチでもいきませんか?』打ち合わせの後、さやかは祐一に誘われ、『いいですね、ぜひ!』と笑顔で答えるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第3話の感想

ドラマ『サバイバルウェディング』第3話が終了しました。身につける服により、自分に自信を持てることにさやかが気づき、見事祐一からの誘いを受けた第3話となりました。

8万円弱もの出費をするも、自分に自信がないため、なかなかデコルテや足を出したワンピースを着ることができないさやか。そんなさやかに気づいた宇佐美が、強硬策に出ましたね。

華やかに着飾った姿を祐一に見てもらうことはできませんでしたが、ドレスはさやかの鎧となりました。身につけているものにふさわしい扱いを受け、知らず知らずのうちに自信を回復したさやかは華やかなパーティー会場でうろたえることもなく、和也からの誘いも見事に跳ね除けました。

さやかに身を持って、いろいろなことを教えてくれた宇佐美ですが、本当に部下思いな上司です。高級マンションに住んでいる風に見せかけて、実は安アパートに住んでいることが示唆されましたが、そんな宇佐美のギャップのある一面が出てくることに、これからも期待したいです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第4話のあらすじ

仕事で会う最後の日に、祐一にランチに誘われ、有頂天のさやか。しかし、そのランチは祐一とさやかの個人的なものではなく、ライバル・美里も誘われた3人でのランチでした・・・

自分をめぐり、女どおしのバトルが繰り広げられていることには全く気付いていない様子の祐一。美里からの売り言葉を買ってしまったかたちで、さやかは自分の年齢を27歳だと偽ってしまうのでした。

しかし、現実ではさやかの30歳の誕生日はもう目前。タイムリミットまで4ヶ月を切ったさやかに、あるブランドが過去にとった戦略になぞらえ、宇佐美は自らアプローチを仕掛けていくことを指示。さやかは多香子たちと連日の合コンに出かけまくることを決意します。

すると、なんとあるひとつの合コンで、さやかは祐一と再会することに。神様がくれたビッグチャンス到来!と思ったのもつかの間、さやかの年齢詐称の事実が露呈してしまうことになるのでした。

そして、迎えた30歳の誕生日。さやかのそばには誰もおらず、仕事でもミスをしてしまったさやかは落ち込むばかり。そこへ、まるで試されるかのように、和也からの甘い誘惑がやってくるのでした。

ドラマ『サバイバルウェディング』第4話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

透明なゆりかご2話ネタバレあらすじ&感想 我が子捨てる少女の母性,様々な母性のかたち

限界団地 最終回ネタバレあらすじ&感想 寺内排除!団地マン2世の江理子が衝撃の結末に

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る