高嶺の花3話ネタバレあらすじ&感想 心の傷見せた風間にキス!自分の庭に花を咲かせる第1歩

Pocket

石原さとみさん主演ドラマ『高嶺の花』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

恋とまではまだ行かないまでも、人の良い風間直人(峯田和伸)に心を開き始めた月島もも(石原さとみ)。

しかし、ももの心の傷となっている破談が、ハニートラップによるものだった可能性が急浮上。前に進もうとするももの心をさらに乱していく展開となっていきそうです。

以下、ドラマ『高嶺の花』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『高嶺の花』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

名家の月島家の娘・もも(石原さとみ)と政略結婚することで、華道の世界で上に昇って行こうと企む新興流派の宇都宮龍一(千葉雄大)。しかし、後妻の月島ルリ子(戸田菜穂)は自分と血がつながるなな(芳根京子)を家元にしたいと企んでおり、ももではなくななと結婚して欲しいと宇都宮に要求します。宇都宮は口止めのために、ルリ子と身体の関係を持ち、ルリ子と手を組む約束を交わしたのでした。

元婚約者・古池拓真(三浦貴大)を忘れたい一心で、ももは人として好感を持つようになった風間直人(峯田和伸)に、交際してみないか?という提案を持ちかけますが、風間から断られてしまいます。風間は誰でもいいという理由で選ばれた自分と付き合っても、ももが幸せになれないことをわかっている様子。

そんななか、拓真がももの前に現れ、妻を愛していないこと、ももとの関係を続けたいことを明かします。ももの心は揺れますが、拓真はやがて父親になる身。ももは泣く泣く、拓真を拒絶するのでした。

自宅で妻・古池真由美(西原亜希)の卒業アルバムに挟まれていたあるハガキを偶然発見した拓真。それは月島流の催しへの案内状で、宛名は月島流師範代、古池真由美様となっていて、真由美が月島流の人間であったことが発覚するのでした。

商店街の近所にある神社のお祭りに出向いたももは、風間から『忘れさせてって言いましたよね?元の彼氏のこと。割と、簡単です』と切り出されます。風間はももと付き合う気になってくれたのでしょうか・・・?

さらに詳しいドラマ『高嶺の花』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『高嶺の花』第1〜2話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第3話の視聴率

ドラマ『高嶺の花』第2話の視聴率は9.6%でした。最高レベルが11%代でスタートした今期の連続ドラマの初回。第2話を迎え、先頭組(ドラマ『義母と娘のブルース』)が11%代キープ、次点(ドラマ『この世界の片隅に』・ドラマ『サバイバルウェディング』・ドラマ『グッドドクター』)が10%代、さらにその次点(ドラマ『高嶺の花』・ドラマ『絶対零度』)が9%代という結果になっています。

第2話にて、早くも5%代を記録してしまっているドラマもあることを考えると、ドラマ『高嶺の花』はまだまだ今後上がっていける可能性があるレベルにいます。

ドラマ『高嶺の花』第3話の視聴率は、引き続き9%代と予想します。実際のドラマ『高嶺の花』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

ドラマ『高嶺の花』第3話の視聴率は、8.2%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
11.1% 9.6% 8.2%
第5話 第6話 第7話 第8話

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『高嶺の花』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

ももの女心

商店街の肉屋を一緒に訪れた月島もも(石原さとみ)と風間直人(峯田和伸)。2人は表で仲良く並んで名物のコロッケを食べた。そこに肉屋店主・原田太郎(吉田ウーロン太)が出てきて、数年間妻が口をきいてくれない悩みを打ち明け、娘・原田秋保(高橋ひかる)がいつものようにコスプレ姿で、くまのぬいぐるみを持って現れる。

『くまのぬいぐるみって私も持ってた』懐かしそうに語るもも。しかし、大人になった今となっては、そのぬいぐるみをどうしたのかもさえ忘れていた。『女子って冷たい・・・』風間は子供の頃はくまのぬいぐるみを抱いて寝ていた女子が、大人になりイケメンに鞍替えしてしまう冷酷さを嘆いたのだった。

『親父が死んで、母さんは泣いてばかりだった・・・』スナック喫茶ママ・今村佳代子(笛木優子)の店で、風間が語り始めた。父親の生前は文句ばかり言っていた節子(十朱幸代)だったが、父親の死後、節子は父親との馴れ初めをいつも嬉しそうに風間に話して聞かせた。それ前も聞いた・・・と思っても、風間は辛抱強く、節子の話を聞いていたと明かす。

『ぷーさんね、言ってくれたの!』祭の夜に、『忘れさせって、言いましたよね?元の彼氏のこと。割と簡単です』と風間が言ってくれたことをももが嬉しそうに明かした。『痛〜い失恋を忘れる方法があるみたいですよ!みなさん、参考にしましょう!』そうももが言うと、風間が前に進み出て、ホワイトボードに円を描く。その円が別れの痛み。円をさらに円で囲み、『それをこうやって、チョコでくるむんです』という風間は、チョコドーナツのような絵を描いた。『つまり忘れる必要はないんです!』無理に忘れずに、それを良い思い出として残せばいいという風間。

それは逃げではないか?という佳代子。しかし、風間は『避難だよ、一時避難』と反論。風間は、ももと元婚約者・吉池拓真(三浦貴大)の出会いから、別れに至るまでの思い出話を聞いてあげることで、ももを癒そうと考えていた。ラブラブの頃の思い出話も話してしまうかもしれないというもも。『スイートチョコね!チュッチュ!』そうももは言い、笑った後、突然態度を豹変。『はぁ!?』と激怒し、水を風間の顔にかけ、帰って行った。

『・・・なんで怒ったの・・・・?』風間を始め、同席していた原田やタクシー運転手・田村幸平(袴田吉彦)ら、男性陣は呆気にとられた顔を見せた。

雑誌の取材を受けるもも。そばで見守っていたなな(芳根京子)は、宇都宮龍一(千葉雄大)が来ていることに気づき、表情を変えた。早速、宇都宮はももに近づき、自己紹介をする。『生粋のお嬢様ですね!』宇都宮はももをやたらと褒め、『もしよろしければ、連絡先を交換していただけたらいいのですが・・・』と切り出す。ななが止めるのも聞かずに、ももは快諾した。
 


<スポンサーリンク>

 

ももの本意

風間は自転車屋の前で、くまのぬいぐるみを洗濯していた。スナック喫茶でのやり取りを聞いたらしい秋保が『男って鈍いっていうか、デリカシーないっていうか・・・』と切り出した。

嫉妬してしまうことから、好意のある男性・女性の元彼・元カノの話を聞きたい人間はいないはず。それなのに、風間がももの元彼の話を聞いてあげると申し出たことから、ももは風間が自分に全く気がないのだと感じ、怒ったのだと秋保は語る。それはつまり、裏を返せば、ももが風間に気があるということになると秋保は説明するが、風間は全くピンとこない様子。

ももの前に、拓真が現れた。拓真は『調べてくれ!』と紙袋をももに差し出した。

自宅に入ったももは、紙袋に入っていた筒を取り出し、中から1枚の紙を取り出した。そこには、拓真の妻・古池真由美(西原亜希)が月島流の師範代であることが書かれている。『どういうこと・・・・?』ももは表情を変えた。

宇都宮の華道ショーを訪れたなな。しかし、急遽宇都宮は登壇しなくなったとスタッフから説明があった。観客たちの間から、ため息が漏れる。

やがて、ショーが終わった後、ななは迷子らしい少女を膝に乗せた宇都宮を見かける。母親がやってきて、宇都宮は『よかったね、ママが見つかった』と笑顔で迷子を母親の元へ返したのだった。

駅前のスナック『花』。指名が入り続けているにもかかわらず、ももは客につかず離れたところで1人でやけ酒をあおっている。そこへ、風間がやってきた。すでに、ももは相当飲んでいる様子。

『その節はデリカシーのないこと言って・・・あなたを好きだったら嫉妬で聞くの無理っしょって・・・』秋保からそう聞いたことを明かし、風間は『一緒に行きませんか?』とももを植物園へデートに誘う。

しかし、ももはもういいと適当に話を濁し、『あんたの物語は?あんたの物語はないの?』と迫る。自分のことは話さずに、他人の話を聞いてあげるという風間の発言が上からに感じ、ももは気に食わない。『てめえの庭に花も咲かせもしない奴が・・・』とももは言い、酔いつぶれてしまった。

翌朝。風間の自転車屋の軒先に吊るしたくまのぬいぐるみは、まだ乾いていなかった。その頃、ももは自宅で二日酔いの中、目を覚ます。部屋にはなながいた。

『昨日、エントランスに拓真が・・・』ももはそう切り出し、それを渡されたと免状を指す。『吉池さんの奥さん・・・?』驚くななに、ももは『誰かが拓真に彼女を差し向けたのかもしれない』と言うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

破談に追い込んだ犯人

ホテルにて、月島ルリ子(戸田菜穂)と密会した宇都宮は、先日ももと接触したことを明かした。『約束が違う。ななを家元にしてくれるって約束したはずよ!』と声を荒げるルリ子に、宇都宮は『あんた何もわかっていないみたいだから、わからせてやるよ!』と迫る。

現在、自分と寝たという弱みを握られているのは、ルリ子の方。『食うか食われるかだろうが!あなたは俺のスパイになったんですよ?二度と意見なんてしないでほしいですね。この俺に』宇都宮はそう言い、ルリ子をベッドに押し倒した。

自転車で1人旅中のひきこもり中学生・堀江宗太(舘秀々輝)は、自転車で転倒。自転車はパンクしてしまった。宗太はバスに乗って、帰宅しようと試みる。そのことを知った風間から(元の生活に戻るのかい?)というメールが来た。悩んだ挙句、宗太はやってきたバスに乗らなかった。(大丈夫だ、まだ冒険は始まったばかりだよ。自分の庭に種を蒔こう。いつか綺麗な花が咲くように)風間から、またメールが来る。『馬鹿野郎・・・・!』宗太はそう呟き、自転車に戻ると、パンクを修理し始めた。

直後、くまのぬいぐるみを取り込んだ風間は、『他人の庭、他人の物語か・・・』とつぶやいた。

実家の華道の練習部屋を訪れたももとなな。その部屋には大きな鏡があり、ももはそこで小さい頃から後ろ生けの練習をしていた。

拓真にハニートラップを仕掛けたのは、母ではないとななは切り出す。ななは、ルリ子がももの結婚を喜んでいたと語る。『それに・・・そんなことしてくれる女の人いない』また、ななは女性にそのような人生をかけたことで、言う事を聞かせられる人間はいないという。『いるじゃない。華道をやる人に。師範、師範代クラスなら、それこそ盲目的に言う事を聞かせられる人が・・・』とももは静かに言う。

直後、ももは父・月島市松(小日向文世)に『壊したのね?私の結婚』と迫った。

拓真が月島家に婿入りしてもいいと言っていたにもかかわらず、吉池家に嫁入りしようとしていたもも。市松は、ももが華道家としての自信を喪失し、逃げようとしていたことを察していた。『愛してるんだ、お前の才能を』と続ける市松は、才能ある華道家なら色恋に溺れるなという。『嫌だよ!』と反論するももに、後ろ生けをするもう1人の自分とともに2人ぼっちで生きていくことが、芸術家としてのももの宿命だと市松は語った。

『家元になんか絶対ならない!』と声を荒げるももに、『なれないだろう?今のままじゃ。いずれ絶対感謝する』と市松は言い、涙のももは逃げるように部屋を出て行った。
 


<スポンサーリンク>

 

風間の物語

スナック喫茶。自分の物語が何かわからないと漏らす風間に、佳代子が『私わかるよ、ぷーさんが自分の物語いらないっておもちゃった理由。・・・お父さんでしょう?』と言った。

バーの宇都宮の前に、ななが現れた。『お気の毒だけど、姉はこないわ』かわいそうだから代役で来てあげたというななに、宇都宮は『言っただろう。君も美人だけど、お姉さまの方がタイプだ』と言い、去っていこうとする。しかし、宇都宮は『かわいそうだから1杯だけ付き合ってやっていい』と戻って来た。

『どうしてそんなに意地悪するの?』というななに、家元と結婚するのが自分の運命だと答える宇都宮。『私が家元になったら、それが運命になるのね?・・・あなたの』ななは突然座ったような目つきで、そう確認するのだった。

運転手の高井雄一(升毅)が、市松に頼まれ、美しく若い師範代をリストアップしたことをももに明かした。吉池にも責任があるような言い方をする高井に、ももはそうは思わないと拓真をかばう。『私を解雇してください!』頭をさげる高井に、『甘えないで!見届けてもらうから。この顛末を。私が今以上に苦しむことになっても、私のそばで!』とももは声を荒げた。

帰宅したももは洗面台の鏡が歪み、自分の顔が歪んで見えることに驚き、取り乱す。『誰か、助けて!!』床に座り込み、涙目のももの目に、風間がくれた植物園のチケットが目に入った。

こうして、ももは風間と2人で植物園へ行くことに。これだけ、花が似合わない人間もいないと風間に悪口を言うもも。『傷ついた?』とももが尋ねると、風間は『中学2年の時以来、傷ついたことはないんです。親父が死んだ日です』と父との思い出を語り始めた。

普通の自転車屋の親父だった風間の父。父に認められたくて、風間は勉強を頑張った。『プーさんみたいな人だったの?』『俺は・・・違う。傷ついて、憎んだんです。この世界の不条理に、大好きだった父さんを突然奪われて。なんで俺の父さんなんだ。もっと世の中、悪い奴たくさんいるじゃないかって・・・俺の物語はそこで終わったんです・・・』風間は号泣し、語り終えた。

『ごめんなさい。男なのに泣いて』と謝る風間。ももは『ねえ知ってる?クマのぬいぐるみが、なんであんなに汚れてるか?私たち女子のよだれで・・・』と言い、風間に口付ける。ももは風間を抱きしめ、背中をさするのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第3話の感想

ドラマ『高嶺の花』第3話が終了しました。破談に追い込んだものがももの父・市松の、異様な親としての期待であることが発覚し、ももと風間の距離がさらに近づいた第3話となりました。

風間の母・節子が死別した父親との思い出を楽しそうに語っていたことから、元彼との思い出も良い思い出として取っておくという失恋から立ち直る方法を考えついた風間ですが、女心はそこまで単純ではないですね。節子が亡き父との思い出を楽しそうに語ったのは、今もなお恋愛が節子の中で現在進行中だからで、完全に終わった恋愛の良い思い出を楽しそうに語る女性はなかなかいないと思います。女性としては、恋の思い出を楽しく語れるのは、現在進行中の恋のみでしょう。

元彼の思い出話を聞いてあげると行った風間に激怒したもも。その理由は風間に気があるからだと推測した秋保ですが、それよりもももの心の中にあったのは、風間が自分の懐を出さずに、一方的にももの話を聞こうとしていたことにあるような気がします。

そしてそれを受け、第3話ラストで、風間が触れたくない自分の物語をももに話しました。父を尊敬し、生きる指針としていた風間はそんな父を失い、以来生きる目標を失ってしまったのでしょうか。父が亡くなったことから、もう父を目指すこともできず、父を亡くしたことで逆に人間的に弱い自分に直面することになったことが、風間の自信のなさに直結しているのかもしれませんね。

そんな心の傷があったからこそ、風間は自分の庭に花を咲かせることをせずに、他人の庭に花を咲かせるため、誰かのために生きる人間になったのでしょう。それは一見、とてもいい人のように見えますが、自分の人生を生きられていない、逃げということにもなります。

自分の人生を生きることにはとても勇気がいり、今回風間が勇気を出して、ももに語った過去が、風間が自分の庭に種を蒔こうとしている姿にも思えました。

また、第3話で描かれたももは、常に主役であることを求められ、普通の幸せを許されない可哀想なお姫様。対する風間は、これまで人生の主役になることを諦めてきた永遠の脇役。対照的な2人だからこそ、惹かれ合い、自分が持っていない世界で生きてきた相手に学ぶものがあるような気がします。

↓ドラマ『高嶺の花』第4話のあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『高嶺の花』第4話のあらすじ

宇都宮に恋をしてしまったななは、宇都宮を振り向かせるために、家元を目指す決意を固めたようです。ななは市松に、自分にも家元になるチャンスが欲しいと直談判。長年、ももに抱えてきたコンプレックスを市松にぶちまけるのでした。

そんななか、ももは風間を恋の相手として意識するようになっていました。しかし、一方の風間はキス以来、挙動不審になってしまい、ももと目を合わせることもできません。

そんな風間を助けようと、肉屋の原田とタクシー運転手の田村は、風間を伴い、スナック『花』へ。2人に2度目のキスをさせようと煽りますが、風間は店から飛び出して行ってしまいます。風間のことを追いかけたももは、再び風間にキスをするのでした。

ドラマ『高嶺の花』第4話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『高嶺の花』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る