サバイバルウェディング1話ネタバレあらすじ&感想 脱安い女!エルメスばりに高い女になるためには?

Pocket

波瑠さん主演ドラマ『サバイバルウェディング』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

寿退職したものの婚約者に捨てられ、職も男も失った黒木さやか(波瑠)。

そんなどん底のさやかの新しい上司はナルシストの超変人!自称恋愛マスターの編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)が教える婚活術を使って、さやかは半年以内に結婚することができるのか?マーケティングを利用した婚活術に注目です。

以下、ドラマ『サバイバルウェディング』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『サバイバルウェディング』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第1話の見どころ(ネタバレ

ドラマ『サバイバルウェディング』の1番の見どころは、何と言っても編集長・宇佐美(伊勢谷友介)が教えるマーケティングを利用した婚活術。高価でもどんどん売れるエルメスやルイヴィトンなどのブランドが売れる仕組みを婚活に利用し、売れずに捨てられてしまったさやか(波瑠)を、男性がこぞって『ぜひ、買いたい!』と思うような高い女性に導いていきます。

ブランドの戦略や、世の中の売れる仕組みに関する豆知識は、どれも思わず納得するようなものばかり。一聴の価値があること、間違いなしです。

また、編集長・宇佐美の教えに従い、婚活を進めるさやかの進捗状況はもちろん、もうひとつの見どころとして特筆したいのが、さやかと宇佐美の関係性です。ナルシストで強引なながらも、徐々に出てくる宇佐美の人としての魅力に、まさかの展開もあり得るかも??ですね。漫才ばりの2人の掛け合いにも注目です!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第1話の視聴率

ドラマ『サバイバルウェディング』の同じ枠で前期に放送されたのは、菜々緒さん主演ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』で、その平均視聴率は8.24%となり、同期にゴールデンタイムで放送された連続ドラマの中では中の下くらいの視聴率を取っていた感じになります。

ドラマ全体の視聴率が低下する中、同枠の視聴率はかなり長い間8〜9%代を記録し続けていて、まずまず良好。視聴率が取りやすい枠であると言えるでしょう。

ドラマ『サバイバルウェディング』第1話の視聴率は、期待を込めて10%前後と予想します。実際のドラマ『サバイバルウェディング』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『サバイバルウェディング』第1話の視聴率は、10.4%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
10.4%
第5話 第6話 第7話 第8話

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『サバイバルウェディング』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

突然の婚約破棄

2018年、3月。6月20日の30歳の誕生日に結婚式を挙げることになった黒木さやか(波瑠)は7年間勤めた出版社を退職。同僚たちの拍手に送られ、さやかは会社を後にした。

その晩、婚約者・石橋和也(風間俊介)のベッドで眠っていたさやかの手に、あるものの感触が・・・さやかがそれを布団の外へ引きずり出してみると、それはピンクの紐パンだった・・・

『これ、私のパンツじゃないんだけど・・・』そう切り出したさやか。すると、和也はそれはさやかへのサプライズプレゼントだと言い訳する。『嘘つけ!!私たち結婚するんだよ?!分かってる!?』そうさやかが和也に迫ると、和也は『ごめん・・・実は俺・・・結婚できない』と切り出したのだった。

『和也さん、結婚したいって言ったよね?!』そうさやかが声を荒げると、結婚を勝手に進めていったのはさやかだと和也は反論。『結婚、結婚って重いんだよ。さやかと一緒にいると、辛いんだよ』さやかは別れを切り出されてしまうのだった。

翌朝。目覚めたはるかは時計を確認。遅刻したと慌てるが、会社を辞めたことに気づき、呆然とする。直後、カード明細を確認したさやかは、オーダーメイドドレスや独身最後の旅行にかさんだ出費を認識した。『これ、かなりヤバイ状況なんじゃないの・・・?』と我に帰る。

ちょうど上司から引き継ぎに関する連絡があったため、さやかは会社に赴き、退職を取り止めたいとお願いした。しかし、上司は『それは難しいな・・・』と渋い顔。さやかの後任の新人がすでに職場には出勤していたのだ。『どんな仕事でもしますから!!』さやかは上司に迫った。

『riz編集部なら戻れるかもしれないぞ?』rizは会社で1番の人気雑誌。30代の女性をターゲットにしたライフスタイル誌だ。そんなrizの編集長が宇佐美博人(伊勢谷友介)。宇佐美にさやかのことを話したところ、宇佐美が面倒を見ても良いと言っていたらしい。

海外勤務経験もある宇佐美が、編集長に着いた途端、rizの売り上げは急上昇。年齢は40そこそこだが、非常にできる男だと説明する上司。上司に伴われて、さやかはrizの編集部を訪れた。『黒木、頑張れよ!』上司は帰っていった。

『お前さ、ひとつ聞いていい?』宇佐美は会うなり、さやかが持っているマークジェイコブスのトートバッグになぜ猿のマスコットをつけているのか?と尋ねる。『いや、ちょっと・・・』なんとなくだとはとても言えない雰囲気に、さやかは言葉を濁す。

宇佐美は自分が出した条件を飲めるなら、rizで雇ってもいいと切り出した。宇佐美の条件、それは半年以内に結婚すること。『結婚できなきゃクビ!』と宇佐美はさやかに突きつけた。
 


<スポンサーリンク>

 

さやかの奮闘

『おっしゃってる意味がわからないんですけど・・・』というさやかに、来月号からrizで婚活特集を始めると宇佐美は説明。rizは婚活特集をすると売れるらしい。『お前は本当の婚活とは何か?読者に伝えるんだ』と宇佐美はさやかに説明した。(デリカシーがなさ過ぎる・・・)そう感じたさやかは『仕事のために結婚するなんて嫌です!』と反論。『そうか、お疲れさん』宇佐美はオフィスのドアを開け、さやかに帰るよう促した。

以前の雑誌でやっていたような、B級グルメを担当させてほしいとさやかがすがると、宇佐美は『お前みたいなB級女に務まるか!』と言う。『お前がなぜ男から捨てられたのか、教えてやろうか?それはお前が安いからだ』宇佐美はさやかの市場価値が低いと指摘。『お前の男は、お前に結婚という代償を払う価値がないと判断したんだ』と宇佐美は言い、『女としての価値なんていくらでも上がる!』と説明した。

さやかがまだ和也のことをが忘れられないことを明かすと、宇佐美は和也と復縁して結婚すればいいという。『とりあえず2週間、電話もメールも無視しとけ』とアドバイスするのだった。

rizの編集部で、さやかは同期の三浦多香子(高橋メアリージュン)と再会した。さやかが男に振られ、婚活特集にチャレンジすることは、昨日すでに宇佐美が部会にて発表済み。編集部の皆が事情を知ってると多香子は説明した。さらに多香子は『これから1ヶ月間、好きなだけさやかに仕事振っていいって!校了前だから助かるわ』と言う。宇佐美がそう皆に伝えていたため、さやかは編集部の社員・バイトからも雑用を押し付けられるのだった。

(久しぶり。元気か?)さやかに1週間ぶりに和也からメールが来た。速攻返信をしようとするさやかが振り向くと、そこには目を光らせる宇佐美の姿が・・・『さあ、仕事仕事!』さやかはスマホを置き、仕事に励む振りをするのだった。

rizがタイアップを務めるアウトドア商品の展示会で、さやかは人気タレント・ケイタに出会った。ケイタと親しい様子の宇佐美。そこへ、さやかが注文したボリューム満点がっつり中華弁当に対して、クレームが入る。rizの弁当はおしゃれでヘルシー、インスタ映えが基本なのだ。『お前それ買い取りな』さやかは段ボール箱いっぱいの弁当を押し付けられた。

(式場キャンセルしておいたから)再びさやかに和也からのメールが届く。さやかが振り返ると、再び宇佐美がさやかのことを監視している姿が目に入った。

直後、しろくまの着ぐるみが弁当を欲しそうに眺めていることに気づいたさやか。『お弁当、欲しいの?』とさやかが尋ねると、うなづくしろくま。さやかはしろくまに弁当をひとつ手渡すのだった。

クライアントからクレームが入り、校了まで2日という段階でデニム特集の差し替えが決まった。急に慌ただしくなる編集部。できあがったゲラを持ったさやかが、クライアントへ。OKが出たため、さやかは引き続き印刷所へ走る。

その途中、和也から着信があった。出るべきか、出ないべきか、悩むさやかだったが、宇佐美の『2週間無視しておけ』という言葉を思い出し、さやかは電話を取らずに印刷所へ走っていくのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第1話のあらすじ(ネタバレ)後編

宇佐美の新たな戦略

バー・クリフで、さやかの歓迎会が開かれた。『うちの編集長、変わってるでしょ?』先輩の杉優子(須藤理彩)が切り出した。そのうち慣れるという優子は、宇佐美が全く酒が飲めないため、今日は来ていないと説明した。

『今日でちょうど2週間なんですよ』本当にこのまま宇佐美の言う通りに婚活して、うまくいくのか・・・さやかが愚痴を漏らしていると、マスター(荒川良々)が『鳴ってる』とさやかのスマホが鳴っていることを指摘。(会って、話したいことがある)と和也からメールが届いていた。

翌日、和也から連絡があったことをさやかは宇佐美に報告した。『ここで失敗すると取り返しがつかないぞ』とあくまで宇佐美は慎重な姿勢を崩さない。

『いいか、男が喜ぶことをするんじゃなくて、男の脳が喜ぶことをするんだ』宇佐美は次和也と会うときは、吊橋理論を応用すると告げた。つまりは、和也のことを不安にさせる揺さぶりをかけるということらしい。

さらに宇佐美は自分の着ているグッチのスーツが24万円で、さやかが着ているカーディガンが7000円くらいだと推測。人間には値札が付いていなため、人はその人間に付属するもので価値をはかろうとすると説明する。『本当にうまくいくんでしょうか・・・?』不安げなさやかに、宇佐美は『余裕だ!』と笑顔を見せた。

和也との待ち合わせの当日。さやかが和也と会うのは30分。さらに競争意欲を煽るような魅力的な男性に、さやかが狙われている状態であることを和也に認識させ、さやかの価値を上げる、というのが宇佐美の作戦だ。相手の男性役を、宇佐美と仲のいい人気タレント・ケイタにお願いすることになる。

和也が待ち合わせ場所に現れた。さやかはスマホのタイマーを30分にセットした。

カフェに移動したさやかは、近況を多少脚色し、自分が必要とされている人間だというアピールをした。『2人で最初に行ったエスニック料理、覚えてる?』と和也が切り出す。高校時代からずっと憧れていた和也と東京で再会し、初めてデートで行った思い出の場所だ。『予約したんだ。今から行かないか?』そう誘われ、さやかは行きたい気持ちでいっぱいになるが、残り時間はあと5分・・・
 


<スポンサーリンク>

 

さらなる駆け引き

『ごめん、申し訳ないんだけど今日は帰る』そうさやかは泣く泣く切り出した。『なんていうか、予定があって・・・』さやかは知り合いと待ち合わせしていると明かす。

待ち合わせ場所まで、和也と一緒に歩いたさやか。『じゃあ俺行くよ』和也は去っていくが、そこにはどこにもケイタの姿は見当たらない・・・『間違っても絶対にお前から引きとめたりするなよ』と宇佐美から念をおされていたさやかだったが、さやかは思わず和也を引き止めてしまった。

『結婚のこと、勝手に進めたのは間違ってた。ごめんなさい』そう頭を下げたさやかに、和也も『さやかの気持ち、考えないで、ごめん』と謝る。(やっぱり私は和也が好きなんだ。変な駆け引きなんかしないで、気持ちをぶつけた方がいい!)そう思ったさやかが『やっぱり私たちさ・・・』と切り出した時、宇佐美がポルシェに乗って現れた。『ヨッ!』額のあたりから、人差し指と中指2本をさやかに向かって差し出す宇佐美。呆気にとられた和也を1人残し、ポルシェはさやかと宇佐美を乗せ、走り去った。

さやかと宇佐美は、さやかオススメのもつ鍋屋へ。『次にお前がやることは、安売りしないことだ!』さやかが自分のものだと確認するため、和也が必ず身体を求めてくると宇佐美は説明。そこで身体を許せば、せっかく高めた価値が下がってしまうことから、宇佐美はさやかに身体を許さないよう、命じるのだった。

riz編集部が入っているビルのエントランスで、さやかとすれ違った広告代理店に勤務する柏木祐一(吉沢亮)。祐一はこの間展示会で弁当をもらったのが、さやかであることに気づく。しろくまの着ぐるみの中には、祐一が入っていたのだ。

さやかが帰宅すると、マンションの前で和也が待っていた。『あの男誰?』上司だと説明するさやか。和也は強引にさやかに抱きつき、さやかの唇を奪うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第1話の感想

ドラマ『サバイバルウェディング』第1話が終了しました。彼氏も仕事も失ったどん底のさやかが、宇佐美に拾われ、サバイバルウェディングに挑戦することになった第1話でした。

伊勢谷友介さん演じる宇佐美がかなりのナイスキャラ!でした。あの髪型がなければ、かなりのいい男なのですが、そこがまた宇佐美というキャラクターに魅力を加えていますね。

人々が高いお金を払ってでも手に入れる価値があると思うエルメスやヴィトンなどのハイブランドが、ブランド価値を高めた戦略、逆に下げてしまった戦略(ライセンス契約でブランド価値を下げたブランドは、イブサンローランですね)が描かれ、それに則った婚活術が新鮮で、1時間があっという間でした。

これから宇佐美の言う通り、婚活を進めるさやかの行方が非常に楽しみです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』第2話のあらすじ

大切にされたかったら、和也に身体を許してはいけないという宇佐美からの言いつけを破り、和也と再び関係を持ってしまったさやか。そのせいか、あの晩以来、和也からの連絡は途絶えてしまうのでした。

そんな中、さやかの担当になったタイアップ広告の件で、広告代理店に勤める祐一と仕事をすることになったさやか。年下で爽やかな祐一は、さやかの超タイプ。さやかは胸をときめかせますが、クライアントの愛され系女子・美里(奈緒)も祐一のことを狙っている様子。さやかは美里と祐一を巡って、火花を散らすことになるのでした。

別れても好きな和也と、新たに現れた恋の予感、どちらを取るのか?宇佐美が新たな戦略を、さやかに授けるのでした。

ドラマ『サバイバルウェディング』第2話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サバイバルウェディング ネタバレを結末まで!3人の男性,選んだのは?!宇佐美流婚活術もまとめてみた

限界団地6話ネタバレあらすじ&感想 団地マン穂乃花が恐怖!寺内の正体を知った江理子

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る