グッドドクター ネタバレあらすじ原作結末まで 湊の壮絶過去に衝撃!障害を強みに,湊の挑戦

Pocket

山崎賢人さん主演ドラマ『グッドドクター』の原作韓国ドラマ結末までのあらすじをネタバレでまとめてみました。

新ドラマ『グッドドクター』の原作は、2013年に放送された韓国ドラマ『グッドドクター』。高視聴率を記録するとともに、韓国のゴールデングローブ賞と称される百想芸術大賞にて、TV部門ドラマ作品賞も受賞した名作で、2017年にはアメリカでもドラマ化されています。

自閉症という障害を生まれ持ちながらも、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年が、小児医療の現場に飛び込み、障害や偏見と戦いながら、子供たちの命と向き合っていくという珍しい設定のドラマとなっています。

以下、山崎賢人さん主演ドラマ『グッドドクター』の原作韓国ドラマ結末までのあらすじをネタバレでまとめています。日本版ドラマ『グッドドクター』のネタバレにつながる可能性がありますので、ご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマの簡単なあらすじ(ネタバレ

※登場人物の名前はわかりやすいよう、日本版ドラマのものに置き換えて表記しています

自閉症スペクトラム障がいを抱え、生まれてきた新堂湊(山崎賢人)。湊の障害に悩む両親の言い争いが絶えない家庭に湊は育ちますが、障害を抱えた湊の1番の理解者だったのが、湊の兄でした。

湊が持つ驚異的な才能に気づいた兄に勧められ、幼い湊は小児科医を志ざします。その後、湊の兄は不幸な事故に巻き込まれた結果、命を落とすことになりますが、湊は夢を諦めませんでした。町の診療所の医師・司賀明(榎本明)との出会いもあり、やがて医師になった湊。湊は司賀の取り計らいで、研修医として司賀が院長を務める大病院に迎えられることに。夢への一歩を踏み出します。

しかし、周囲の医師ら、患者の親らからの偏見、そしてコミュニケーション能力に障害を抱えるため、うまく物事を説明できないもどかしさや誤解、湊の夢への道のりは苦難に満ち溢れていました。

加えて、病院内には採算性に欠ける小児科を廃止しようという流れがあり、現院長で湊の良き理解者である司賀を追放しようとする副院長・猪口隆之助(板尾創路)らの勢力も暗躍中。

また、自分を捨てた両親との十数年ぶりの再会といったような湊の心を大きく乱すような出来事も・・・

様々な向かい風の中、『すべての子供が大人になれますように』という一念のもと、医師として歩き出す湊。湊がサヴァン症候群の特徴である驚異的な能力を使い、子供たちの命を救っていく中、周囲の医師が、そして病院が変わり始めるのでした。

それでは、ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマのあらすじ(ネタバレ)前編

湊の辛い過去

今日は新堂湊(山崎賢人)の東郷記念病院への初出勤の日。病院に向かう途中、湊は幼い頃のことを思い出していた。

湊は新堂家の次男として、自閉症スペクトラム障がいを抱え、生まれてきた。両親は湊の障害のことで悩み、家庭には言い争いが絶えなかった。そんな家庭で育った湊の心の拠り所となっていたのが、兄の存在。湊の兄は、湊を心から可愛がり、いつも湊の世話を焼いてくれた。

兄が亡くなった日も、そうだった。近所の子供達から障害を理由に仲間はずれにされた湊。古いトンネルの先にあるものを取ってくれば、仲間に入れてやると言われ、兄は湊と一緒にトンネルへ。その最中、不幸にも崩落事故が起こり、湊と兄は生き埋め状態になってしまう。そんな2人の救助に当たったのが、当時湊たちの住む町の医者で、東郷記念病院の現院長・司賀明(榎本明)だった。湊はなんとか一命を取り留めるが、最愛の兄は亡くなってしまった。

その後、湊の両親は失踪してしまい、湊は司賀の診療所に顔を出すようになる。障害はあれど、湊は驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群だ。難解な医学書の内容や、人体が有する臓器すべてを丸暗記してしまった幼い湊に司賀は驚愕するとともに可能性を見出した。湊もまた、兄と大切に飼っていた子ウサギを死なせてしまった時、『大人になってほしかった』という強い思いを抱いたことをきっかけに、小児科医になることを志す。

やがて、兄に勧められたように、医師となった湊。湊のことを気にかけてくれている司賀の計らいで、湊は今日から東郷記念病院の小児科にて後期研修を始めようとしている。

夢への第一歩

病院へ向かう途中、湊はある事故現場に遭遇した。1人の少年が怪我をし倒れているのを発見した湊。少年の様子から湊は状態を一瞬で判断、的確に応急処置を進めていく。湊は怪我以外に、少年の心臓に異常があることを察した。湊は少年に付き添い、救急車に乗り込む。

湊と少年が運ばれた先は、偶然にも湊がお世話になる予定になっている東郷記念病院だった。『エコー!エコー!』少年の心臓に異常があることを医師に伝えたい湊だったが、障害のせいでうまく伝えることができない。

少年の手術を担当することになったのは、東郷記念病院のベテラン小児科医・高山誠司(藤木直人)だった。手術を進める高山もまた、少年の心臓の異常に気づき、さっき湊がそのことを伝えたがっていたのだと察した。手術室の外では空想の中で少年の手術をする湊の姿があった。手を細かに動かし、少年の手術のシュミレーションをする湊と手術室の中で実際に少年の手術を進める高山の手元が完全にリンクしていることには、誰も気づく由がないのだった。

こうして、司賀の口利きにより、湊は東郷記念病院の小児科を束ねる高山のもとで、研修医として働くことになる。小児科医・瀬戸夏美(上野樹里)が湊の教育係となった。しかし、高山には障害がある湊を小児科へ受け入れることに不安があった。その理由は、病院内にある小児科廃止の流れと院長・司賀への敵対勢力の存在・・・

病院の経営を圧迫し、採算が取れない小児科を廃止したいと考えている理事長・東郷美智(中村ゆり)。しかし、美智は高山と交際していることもあり、恋人と病院経営の間に板挟みになり、悩んでいる。合わせて、院長・司賀を病院から追い出したい反対勢力の副院長・猪口隆之助(板尾創路)らの脅威もあった。湊が問題を起こした場合、それが院長辞任の責任問題に発展することを高山は恐れていた。

(原作韓国ドラマでは、障害を理由に湊は医師国家試験にて不合格となっています。湊の少年への応急処置の様子を撮影した動画がネット上で話題となったため、半年間の期間限定で研修医となるという設定です)
 


<スポンサーリンク>

 

湊はロボット?!

そんな高山の不安は早速的中することになる。高山の回診に付き添っていた湊が小児科の科長・間宮啓介(戸次重幸)の患者の異常に気付いたのだ。そこには明らかな手術ミスの形跡があり、一刻も早く再手術を行う必要があった。しかし、担当医である間宮が留守中のため、どうすることもできない・・・そんな事情を理解できない湊は、患者を助けたい一心で患者を手術室へ移動。しかし、その過程で患者に発作が起こったため湊はパニックに。

別の手術を担当中だった高山がフォローに入ったおかげで、患者は命を取り止めることができた。高山は湊を激しく叱りつける。湊のしたことは患者の命を危険にさらしただけの行動だったからだ。この先、湊の面倒を小児科で見ていくことを早くも難しいと考える高山。事態の背後にある様々な事情を理解できない、人間的な感情が見出せないことから、高山は湊のことをまるでロボットみたいだと感じていた。湊のことをかばう夏美に高山は『医者として大切なものが、あいつにはない』と漏らすのだった。

孤立する湊

ある日、湊の目に肝胆膵外科にて入院中の超未熟児の姿が目に入った。超未熟児のため、手術が不可能とされ、落胆している両親に、湊は小児科ならば赤ちゃんの命を助けられると伝える。しかし、実際には小児科にとっても難しい手術で、その成功率は20%以下・・・両親をぬか喜びさせてしまった湊の発言に対し、高山が謝罪するが両親には湊への不信感が強く現れる。湊を担当から外してほしいという希望が両親から上がり、この間の一件もあり、スタッフの間でも湊への批判が高まる。湊は孤立に追い込まれていくのだった。

そんな中、赤ちゃんの容体が急変し、高山が緊急手術をすることになる。手術中、行き詰まり、万策尽きたかと思われたが、手術を見守っていた湊の常人にはない発想により、突破口が見つかり、手術は無事に成功。しかし、病院では湊の勝手な行動が問題視され、高山が責任を取り、1週間の謹慎と減俸処分に。しかし、障害がある湊には、自分の行動に問題があったこと、その責任を高山がとったことは理解が難しく、赤ちゃんの命が助かったということしか理解で来ていない様子。そんな湊に、夏美は『仲間を大切にしない人は守れない』と医師の間にも助け合いが必要なことを教えるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

夏美のピンチと湊の母親

高山の謹慎中、運ばれてきた女の子の手術を執刀した夏美。リスクの高い手術を行うことで発生する責任を取りたくない間宮が反対する中、夏美は患者の命を助けたい一心で、手術を決めた。

しかし、患者の命を救うことはできなかった。両親から激しい追求を受け、夏美は心身ともに疲弊。抜け殻のようになり、女の子の遺体が安置されている部屋の前から動こうとしない。そんな夏美のことを心配した湊は病院の食堂へ。夏美に食事を届けてほしいと食堂で働く1人の中年女性に声をかけた。

すると、その女性は湊を見るなり、愕然とした表情を浮かべる。女性は湊の母親だったのだ。しかし、湊は目の前にいる女性が自分の母親だとは気づかない。自分を捨てた母や父の記憶は湊の中で封印され、兄との良い思い出だけが湊の中で生きているからだった。

のちに湊の母親は急性胃痙攣を起こし、緊急搬送されることになる。その際、入院手続きをするため、女性のロッカーを開けた夏美は、そこにあった幼い湊と母とのツーショット写真を発見し、女性が湊の母親であることを知るのだった。

患者の葬式に参列した夏美は、両親から先日夏美に言ったひどい言葉に対しての謝罪を受けた。夏美が遺体安置所の前で、ずっと娘に付き添ってくれたことを知った両親は、謝罪するとともに、感謝の言葉を夏美に述べたのだった。

夏美の中で、自分のピンチに、そっと寄り添ってくれた湊の存在が徐々に大きくなっていた。夏美は湊がこのまま病院に残れることを、強く希望するようになる。しかし、夏美は謹慎処分明けの高山に、湊に深く関わりすぎるなと注意されてしまうのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマのあらすじ(ネタバレ)後編

初めての主治医経験

そんな中、犬と一緒に育てられるという親に受けた虐待が原因で、言葉が喋れず、野生動物化してしまった少女が小児科に入院してきた。動物が好きで、動物と意思疎通ができると信じている湊が担当医に名乗りを上げた。院長追放のため、湊に問題を起こしてほしい間宮は賛成するが、高山は反対。高山が湊へ厳しい姿勢を貫く理由は、高山の過去にあった。

高山には湊と同じように自閉症を抱える弟がいて、事故で亡くしていた。障害を抱える弟のことを守れなかったことを未だに深く悔いている高山は、同じ障害を持つ湊に挑戦をさせないことで守りたいという気持ちがあった。世間とぶつからず、避けられるなら避け、逃げられるなら逃げ、湊が平穏に生きられる道が、小児科医を目指す道以外にあると高山は考えていたのだ。

黒い思惑がある科長命令により、少女の担当医となった湊はそんなことも知らずに大喜び。自分も動物になりきり、少女と意思疎通をはかる。

そんな中、少女が病室から脱走し、少女から噛まれた怪我人が多発、少女自体も容体が悪化するという騒動が起こる。少女の病室の鍵を管理していた湊に責任がかかるが、湊は鍵はかけたと主張。院長・司賀が人並みはずれた記憶力を持つ湊が、鍵をかけ忘れることはないと信じながらも、湊だけに責任をとらせないわけにもいかず、しぶしぶ解雇を言い渡すのだった。

なぜ自分が解雇されてしまうのか、理解できないながらも、指示に従うしかない湊。湊がここからいなくなってしまうということは、言葉をしゃべれない少女にも伝わった様子。少女は涙を流した。

少女が手術を終えた翌日、少女の叔母を名乗る人物が、少女を退院させたいと病院へ押しかけてきた。叔母は少女の入院費が自分に請求されることを恐れていたのだ。しかし、少女は手術を終えたばかりなため、退院できるような状況ではない。夏美が叔母ともみ合いになっているところへ、湊が突然現れる。涙を流し、喜ぶ少女。

実は少女の病室に湊は鍵を書き忘れてはいなかった。院長を追放しようと画策する勢力である間宮が、ある医師に命令し、やらせたことだった。副院長・猪口が入室記録をチェックしたことにより、誤解が解けた湊は病院への復帰が認められたのだ。

『先生と病院にいたい?』という問いかけに対して、『うん』と初めて少女が言葉を発した。

こうして、少女はこのまま病院にいられることに。同時に、湊は夏美へのこれまでに経験したことがない感情に気づく。初めての、恋を経験した湊だった。
 


<スポンサーリンク>

 

湊が見せた著しい才能

喉に痛みを訴える少年が入院してきた。検査の結果、少年が喉に難病を抱えており、手術をすれば命は助かるものの、高音が出なくなってしまう可能性が高いことがわかる。しかし、息子に声楽をさせることに命をかけているらしい母親は、手術を拒否するのだった。

やがて、容体が悪化し、緊急手術が必要な状況に陥るが、それでも母親は手術を承諾しない。そんななか、少年が飛び降り自殺未遂を企てた。歌えなくなれば、母親を笑顔にさせることができないと悲しみ、自暴自棄になっている少年に、湊が優しく語りかける。『君がいなくなったら悲しむ人がたくさんいる』皆に嫌われながらも、自分は生きていると湊は語りかけた。少年の思いを理解した母親が手術に承諾し、手術が行われることに決まった。

少年の手術を執刀するのは夏美。夏美は助手に湊をつけたいと申し出るが、反対する高山。高山は湊を思う気持ちから、手術のない画像診断科に湊を転科させようと考えていた。転科前の最後の手術だからと夏美に頼まれ、高山は湊が助手につくことに応じたのだった。

こうして迎えた少年の喉の手術。湊が突然閃いた。湊は夏美に、少年の神経を傷つけない手術法を伝授。湊の言うとおり、手術を進めることで、少年の声を損なわずに手術を成功させることができた。このことにより、高山も湊の夢を応援せずにはいられない状況に。強かった周囲の湊への風当たりも、湊の医師としての才能を目の当たりにする連れ、軟化し、湊は徐々に認められるようになっていくのだった。

(この後も、湊はたくさんの患者と出会います。胎児に腫瘍があり、堕胎を進める夫側の家族と対立した末に離婚し産むことを決意した妊婦や、病を抱える妹のため身を粉にし働き治療費を稼ぐとともに、臓器提供を申し出る姉など、それぞれの経験の中でたくさんのことを学んでいきます。

また、何かを計画しているようなそぶりのあった副院長・猪口が海外に難病を抱えた息子がいることも明らかになります。東郷記念病院にて、高山の執刀で息子の命が救われたことをきっかけに、猪口も小児科に対しての考えを改めていくようです。)
 


<スポンサーリンク>

 

父との対峙

湊の前に、失踪していた父親が突然現れた。湊が研修医として東郷記念病院で働いていることを突き止めた父親は、息子が金持ちになっているだろうと推測し、金目当てで近づいてきたのだ。

突然現れた父の姿に、愕然とする湊。障害を持つ自分のことが原因で、父親が母親を殴る様子が湊の頭の中でフラッシュバックする・・・湊は激しいショックを受け、気絶してしまった。

湊の父が末期ガンを患っており、余命わずかであることが発覚した。父親が病院へ現れたことをきっかけに、食堂で働いていた湊の母親も、『私がお母さんよ』と名乗りを上げ、これまで湊へ寂しい思いをさせたことを謝罪。一度は拒絶するも、父に暴力を振るわれていた母親のやむおえない事情もあり、湊は次第に母親に対して心を開き始める。実際に失踪後、暴力を振るう父から逃げ出していた母親は、常に父親の陰に怯える毎日を送っていた。それでも、母親は湊のことを忘れる日はなかった。

しかし、東郷記念病院へ入院することになった父親の態度は相変わらずで、母親と湊に厳しい言葉を投げつけるのだった。障害のある弟を持っていた高山はそんな湊の父親の気持ちが、少しは理解できる気がした。『彼はこの病院の立派な医師です。大人扱いしてやれば、立派なご子息となるでしょう』と伝え、湊が父親が思っている以上の才能と可能性を持っていると言う。実際に、障害を理由に湊を困難から遠ざけようとしていた高山自身が、湊と同じ時間を過ごすことで、湊の可能性を確かに感じるようになっていた。高山はいつしか、障害を持っていた亡き弟の姿を湊に重ね、湊も亡き兄の姿を高山に重ねるようになっていた。

湊は『今でも父さんを憎んでいます。でも、死んでしまったら、悲しいです』と打ち明けた。この言葉に大きく胸を揺さぶられた父親は、自宅で最期を迎えたいと母親と一緒に病院を去っていった。去り際、父親はもう二度と母親を殴らないことを約束。『俺の法事は頼んだぞ』と湊に告げ、院長・司賀には『息子を立派に育ててくれてありがとう』と頭を下げ、父親は病院から去っていった。

兼ねてから、夏美への思いを募らせた湊は夏美に告白。弟のようにしか思えないと一度は断りながらも、湊と一緒に過ごすうちに湊の一生懸命さ、医師としての志、家族や患者を思う優しい気持ちに気づき、尊敬するようになった夏美は、湊のことを男性として意識するように。『もう弟のようには思えない』と夏美は告白し、湊と付き合うことになるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

いい医者を目指して

湊の父が亡くなってから1年後。そこには、失われた親子の時間を取り戻すかのように、母親と同居し、幸せな毎日を送る湊の姿があった。母に見送られ、東郷記念病院に出勤した湊は、後輩を指導する。かつて、自分が言われたそのままを後輩に指導する湊の様子に、スタッフの顔に笑顔が浮かぶ。

高山とともに手術室へ向かう湊が『いい医者とは何ですか?』と尋ねる。『いい医者?いい医者が何かと悩む全ての医者』高山はそう言い、笑った。

(確かにそうだ)と湊は思う。いい医者が何か?と悩む全ての医者が、同時にいい人であると湊は考える。また、自らが痛みを経験し、人の痛みをわかる人間がいい人間だということも・・・傷つくことを恐れず、日々物事にぶつかっていくことが、いい医者へつながる道であることを理解した湊は、いい医者になる決意を再度強くするのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『グッドドクター』原作結末の感想

小児医療の世界に、飛び込んできた自閉症という障害を持つ湊に最初は困惑した東郷記念病院の小児科スタッフ。しかし、湊が障害があるからこその強みを生かし、患者の命を救っていく過程や、患者のことを誰よりも考える純粋さを目の当たりにし、少しずつ変わってくる病院の姿がとても印象的でした。

また、最初はロボットのようで、医者に大切なものが欠けていると高山に評された湊自身も、様々なスタッフや患者と関わることで変わっていきましたね。医者1人で患者の命を救えるのではなく、仲間との協力や組織として動くことの大切さを湊が徐々に理解し、周囲に心を開いていく描写に胸を打たれるとともに、1人1人が皆と違うからこその強みを生かし、人と関わり社会に貢献していくことで、どんどん社会が良くなっていくのだというメッセージも感じました。

そして、東郷記念病院での経験を積んだ湊は、やがて憎い両親を許せるまでの段階に成長。自分が他とは違うことから、交際する夏美のことを配慮する描写などから、自身も障害に対しての劣等感が強かった湊が、自分のことを受け入れていくれなかった両親を許すことによって、自分の障害を受け入れることができた瞬間でもあるように感じました。

自分を受け入れ、周囲からも受け入れられた湊。日本版ドラマでは、どのように描かれるでしょうか?日本の小児外科の現状に合わせて描いていくとの記載が公式HPにあること、韓国ドラマ『グッドドクター』が、日本版と比較した時、倍の長さである20話で描かれていることから、10話前後で最終回を迎える日本版『グッドドクター』では、特に症例などに関してオリジナルのストーリーとなる可能性も高いと思われます。とはいえ、伝えたいメッセージは原作と同様であることが予想されるため、メインストーリー的な部分ではさほど変更がないのかもしれません。

障害を抱えた医師が主人公という異色のドラマとなる『グッドドクター』、ドラマの方も楽しみに観ていきたいと思います!
 


<スポンサーリンク>

 

新ドラマ『下町ロケット』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る