限界団地5話ネタバレあらすじ&感想 寺内の新たな闇発覚!現実逃避の末の団地マンが悲しい

Pocket

佐野史郎さん主演ドラマ『限界団地』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

寺内誠司(佐野史郎)が少年時代に東加代子(江波杏子)の夫を殺害していたこと、その事実を知っている仁(山谷初男)が、寺内と2人だけの秘密という約束を破り、寺内の正体を密かに明らかにしようと動いていたことが発覚しました。

そのことをめぐり、第5話で人生最後の親子喧嘩を繰り広げることになる寺内親子。親子喧嘩の果てに待っているのは、死なのか?また、寺内が抹殺したはずの穂乃花(渡邊詩)の母親に示唆された生存の可能性も気になるところです。

以下、ドラマ『限界団地』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『限界団地』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

寺内誠司(佐野史郎)の隣人・桜井江理子(足立梨花)のポストに、東加代子(江波杏子)の自宅に寺内が殺した白骨化遺体が隠してあるという内容の手紙が入りました。

また、菊池史代(朝加真由美)に金で雇われた自治会長・金田哲平(山崎樹範)は寺内の自宅を盗聴開始。寺内の行動を監視するようになります。寺内が加代子の自宅に何か隠しているのではないか?と推測した金田は、ゴミ屋敷化している加代子の自宅を、団地の住人で片付けることを提案。寺内は東の部屋の革製のトランクを幽霊部屋へ移動させるのでした。

手紙が届いたことにより、寺内のことが気になり始めた江理子を誘い、幽霊部屋に侵入した金田。そこには新しいスーツケースと古い革製のトランクが・・・置かれたスーツケースを開けようとした瞬間、寺内が現れました。この部屋は穂乃花(渡邊詩)の成人後に用意した住居で、寺内は近々訪れる穂乃花の7歳の誕生日パーティーをこの部屋でサプライズで開こうとしていたと説明。スーツケースの中には穂乃花へのプレゼントが入っていたのです。

しかし、古い革製のトランクには、人骨が入っていました。それは加代子の夫のもの。少年時代に、加代子と本を借りる仲になった寺内は、加代子が夫から暴力を受けていることを知り、夫を殺害してしまったのでした。自らの人生に決着をつける覚悟を決めた加代子に依頼され、寺内は加代子を海に沈めました。

団地に帰ってきた寺内は加代子は施設に入ることになったと皆に説明。父・仁(山谷初男)の足が不自由なのは嘘だったことを知ります。加代子の夫を息子が殺害したことを知っていた仁は、最近の寺内の行動を警戒し、江理子に知らせようと手紙を送っていたことが発覚するのでした。

更に詳しいドラマ『限界団地』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『限界団地』第1話〜第4話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第5話の視聴率

ドラマ『限界団地』第4話の視聴率は2.6%でした。遅い時間帯に放送されるこの枠のドラマの視聴率としては、平均的なものになってきましたが、まだまだ比較的良い印象です。

ドラマ『限界団地』第5話の視聴率は、3%前後と予想します。実際のドラマ『限界団地』第5話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

第1話 第2話 第3話 第4話
3.8% 2.3% 3.3% 2.6%
第5話 第6話 第7話 最終回

それでは、ドラマ『限界団地』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

団地に現れた偽霊媒師

『あのことは誰にも言わないって言っただろう?!』父・仁(山谷初男)にそう迫った寺内誠司(佐野史郎)。仁は『お前がまたやったからだよ!自分の息子を・・・』と言う。仁は手紙を送ることで寺内を止めようとしていた。

『僕はこの団地を夢の故郷にするって誓ったんだ!その僕を父さんは否定するのか?!』そう寺内がベッドに突っ伏した隙を狙い、寺内の頭部を殴打した仁。仁は逃げ出すが、階段で転倒。自宅に連れ戻されてしまった。

『今からでも遅くない。警察に行くんだ』と自白を勧める仁だったが、寺内は聞かない。『団地の文集をまた書くんだよ』と切り出し、仁にも作文を書いて欲しいと言い始めた。『僕と父さんの大切な出来事があるんだよ。覚えてるよね?』それを書いてくれるならば、警察へ出頭するという寺内。『もしダメなら・・・次は誰にしようかな?父さんのせいで誰かが死ぬよ?楽しみだね、父さん』と寺内は仁を脅迫し、不敵な笑みを浮かべるのだった。

あやめ町団地に怪しげな霊媒師が現れ始めた。年寄りの1人暮らしを狙っては、祈祷をあげ、謝礼をもらって回っているらしい。

『お約束したものです』団地の集会所にて、自治会長・金田哲平(山崎樹範)に催促された金、500万円を手渡した寺内。金田はそそくさと金を受け取った。『お仕事を探すお手伝いをしましょうか?』と寺内は現在無職の金田に切り出し、『夢は何ですか?』と尋ねる。『・・・探偵』子供の頃から探偵になるのが夢だったという金田に、寺内は金田を応援する気を見せる。自分が調査費用を支払うため、チャン・リンリン(川添野愛)が受けているストーカー被害について調べて欲しいと依頼するのだった。

寺内の自宅を訪れた桜井江理子(足立梨花)。江理子は穂乃花(渡邊詩)がこの間、穂乃花の母親を見たような素振りを見せていたことを報告した。『幽霊で思い出したことがあるんですけど、気になることがあって・・・』と江理子はさらに語る。江理子は最近団地内に現れている霊媒師が年寄りをターゲットとし、祈祷代をせしめて回っていることを寺内に報告した。

寺内は霊媒師のことを金田に報告。団地探偵として調査をしてほしいと依頼するが、金田はリンリンのストーカー調査で手がいっぱい。寺内が助手として、霊媒師について調査してくることになった。
 


<スポンサーリンク>

 

追い詰められる仁

祈祷師の自宅を寺内が訪れた。霊媒師はトイレにて、スマホをチェック。スマホ内の団地住人のデータを見て、寺内に過去多額の保険金が入ったことを確認し、やる気を出した。

『あなたは前にも団地にお住まいだったことがありますね?』『最近家族に不幸がありましたね?』霊媒師はそう言い当て、寺内と穂乃花の除霊を申し出た。『お願いします!』壺を買わされ、騙されたふりをして帰ってきた寺内は、悪徳霊媒師であることは間違いないと金田に報告した。

寺内が霊媒師の件で、江理子のもとを訪れると、江理子は先ほど仁が寺内が人殺しだと言っていたことを報告。『少し前から様子がおかしくなってしまいまして・・・』と寺内が切り出すと、江理子は簡単に騙された。江理子は寺内が介護に専念できるよう、しばらく穂乃花を預かると申し出、寺内はお願いするのだった。

リンリンのストーカーが金田の調査により、判明した。相手はバイト先の人間だったらしい。『自治会長やるじゃないか?』『こんな才能あるとはな!』団地の住人から褒められ、金田はやる気を出す。

その頃、仁は金田がかつて仕掛けた盗聴器に向かって、助けを求めていた。『自治会長さん、聞こえているなら、何とかしてくれ!このままではあんたの命も危ないんだ!俺も殺されてしまう!』たまたま受信機のスイッチを入れた金田は、仁の叫びを聞き、恐怖に震えるのだった。

作文を完成させた仁が読み上げると、寺内は『次の世代に残す団地の文集だよ?こんな内容では載せられない!もっと思い出深いことがあるだろう!?』と原稿を破り捨てた。その後も、寺内は仁の作文に駄目出しを続ける。その傍ら、寺内は甲斐甲斐しく仁に手作りの食事を食べさせ、マッサージをする。しかし、仁はその後も寺内が満足のいくような作文を書けなかった。『違う!違うだろ!!父さんにとっての団地はこんなものなのか?!』声を荒げる寺内。

すると、その時、金田が寺内の自宅へ入ってくる。てっきり自分のことを助けに来てくれたと思い込み、金田にすがりついた仁だったが、金田はすでに寺内から金をもらい、寺内の懐に抱えられている。『父さんのことを助けに来る人は誰もいないよ』寺内はここから抜け出したかったら、ちゃんとした作文を書いてくれと言うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第5話のあらすじ(ネタバレ)後編

団地のヒーロー、団地マン

金田の霊媒師に関する調査結果が出た。霊媒師は団地の住人から数百万円以上の金を騙し取り、団地の外では依頼者に除霊と称した性的虐待も行っているらしい。『ヤバいですよ。もっと被害者が出ますよ?』と金田に告げられ、寺内は怒りに震えるのだった。

その頃、穂乃花を預かっている江理子は『ママ』と確かに母親の幽霊が見えているような穂乃花の素振りを度々目撃するのだった。

仁が新たな作文を仕上げた。『私の息子は団地のヒーローでした』幼い頃、ウルトラマンに憧れていた寺内に、ヒーローのお面を作ってあげた仁。寺内は団地マンというヒーローに扮し、団地の平和を守る為、団地内を走り回った。仁の作文の朗読を聴き終わった寺内は満足そうな表情を浮かべた。

『加代子(江波杏子)さんの旦那さんを僕が殺した時、なんで守ってくれたの?』と尋ねる寺内に、家族を守る為だと答えた仁。寺内は家族を守り、結果団地を守ってくれた仁に感謝の言葉を述べた。

団地が自分の居場所で、自分は幸せだという寺内に、仁は『違う。お前はどこにも居場所はないんだ』と突然切り出す。『ミサ子さんにはボーイフレンドがいた。同じ大学の教授だ。幸せな家族だと思ってるのはお前だけだ』仁は寺内の亡き妻が不倫をしていたという衝撃の事実を突きつけた。

『黙れ!!』寺内が叫ぶ。仁は『誠司、一緒に死のう』というが、寺内は穂乃花が結婚し、一緒にバージンロードを歩くまでは死ねないと断固拒否。団地の平和を守る団地マンの自分を、誰も止めることはできないと宣言し、部屋から走り出て行った。隣の部屋では、目を覚ました穂乃花がすべてを聞いていた。

霊媒師の前に、突然団地マンのお面をかぶった寺内が現れた。怯え、逃走する霊媒師を追い詰めた寺内。『団地マンは団地の平和を守るのだ!喰らえ、団地ビーム!!』

翌朝、目を覚ました仁はベッドサイドに団地マンのお面が置かれていることに気づく。お面は血まみれだった・・・
 


<スポンサーリンク>

 

精神崩壊した仁

金田の自宅を寺内が訪れた。霊媒師のことを切り出し、『もうあの人が団地の住人に接触することはありません』という寺内に、『どういうことですか?』と怯える金田。『団地の住人の情報を流していましたね?』霊媒師に情報を流していたのは金田だった。霊媒師は金田の元仕事仲間で、霊媒師が逮捕されると芋づる式に自分が逮捕されることから、金田は寺内に霊媒師を抹殺させる為、霊媒師が性的虐待をしたなどの嘘情報を流していた。

しかし真相が明らかになっても、寺内は怒らなかった。『いくらでも僕を利用してください。自治会長にとって、僕が必要なんですよね?』

かつてリンリンが寺内の自宅を訪れ、仁の面倒を見た際に、仁がお礼としてバッグに入れてくれたお金に、(SOS)の文字があることにリンリンが気づいた。そこには、寺内が人殺しで詳細は金田が知っているということが記されていた。

このことを受け、団地の住人が寺内に疑惑を抱き始める。相談された金田は『みんなよくそんなこと言えるな!?寺内さんは団地の救世主だぞ!』と寺内をかばうのだった。

寺内が帰宅すると、仁が口を開き、呆けたような表情を浮かべたまま、空中を凝視していた。『父さん、もう騙されないよ?』という寺内だったが、仁は毒を飲ませようとしても、口を閉じない。寺内は仁が演技をしているのではないことを察し、愕然とした。どうやら、仁は血まみれのお面を見て、ショックのあまり本当に精神が病んでしまったらしい。

直後、仁を車椅子に乗せ、散歩に出かけた団地マン姿の寺内。寺内は『父さん、僕をもっと叱ってよ・・・!』と涙し、仁を施設に入れることを決意したのだった。

団地の敷地内でかつての知り合いに会った江理子。『二宮先輩?!』と驚く江理子に、二宮(郭智博)は『綺麗になったね』と告げ、金田の元へ。二宮は団地を管理する会社で働く人物だった。金田に『このあやめ町団地は取り壊されることになりました』と告げる二宮。耐震基準を満たしていないことから、あやめ町団地は取り壊しが決まったらしい。それを偶然聞いていた寺内は『・・・取り壊し・・・?』と呆然とする。

直後、団地の敷地内で二宮と颯斗(前田虎徹)がキャッチボールをする様子を目撃した寺内。江理子も楽しそうで、3人は本当の親子のように見えた。寺内はそんな3人の幸せそうな様子を目の当たりにし、目の前のフェンスを掴み、憎々しげに揺さぶり続ける。そんな寺内を、背後から穂乃花が見ていた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第5話の感想

ドラマ『限界団地』第5話が終了しました。団地の平和を守るという口実を作り、次々と人を殺める息子に心を痛めた仁の精神が崩壊してしまった第5話となりました。

第5話での、寺内と仁のやり取りから、実は寺内がかなり不幸な人生を生きて来た人間であることが発覚しました。愛し合い、共に幸せな家庭を築いたという認識であった妻からは、実は不倫されていて、息子夫婦からも嫌われていた寺内。おそらく寺内も自分が不幸で、誰からも愛されていないという事実を薄々感じていたのでしょう。しかし、それを認めることは寺内にとってはとても辛いこと。寺内は、自分が愛され、必要とされている人間であると思い込み、そう思い込み続けるために、誰かから必要とされ、愛されている自分を演じ続けていると推測されます。

そして、第4話にて、死んだはずの母親の姿が見えているような素振りがあった穂乃花ですが、あれは母親が生きているということではなく、穂乃花が霊的なものを持っている少女だということのようです。穂乃花が寺内の本性を知ってしまったことが、物語の結末に大きく影響してきそうですね。寺内が今までの行いの罰として、自分が本当に愛する者から拒絶されてしまう、愛する者を失ってしまう、愛する者から抹殺されてしまうなどの展開もあり得るかもしれません・・・

第5話では、団地マンの描写がとても良かったと思います。最近、オドロドオドロしい展開続きだったので、ジャージ姿にキッチン用ゴム手袋をした団地マンにはホッコリしてしまいました。こんなに怖いのに、なぜか憎めないコミカルさがある寺内です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第6話のあらすじ

あやめ町団地が取り壊しとなり、寺内は早速住人の反対署名を集め始めます。また、寺内は江理子と親しげな様子の二宮を目の敵にし始めます。

そんなある日、穂乃花が見えない両親に話しかけるような素振りをした直後、一言も話さなくなるという事件が勃発。動揺した寺内に、江理子を母親と認識すれば、穂乃花も元に戻るだろうと説得され、江理子は寺内の自宅で穂乃花の母親役を引き受けることになるのでした。

いよいよ、江理子が寺内の正体と目的に気づいてしまうことになりそうですね。しかし、かなりのサイコパスであるにもかかわらず、寺内に訪れるピンチの予感に少し心配してしまうあたりは、佐野史郎さんが引き出した寺内というキャラクターの魅力のせいなのでしょうね。

ドラマ『限界団地』第6話を楽しみにしたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『限界団地』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る