ブラックペアン最終回ネタバレあらすじ&感想 渡海の勘違いと一郎,佐伯のすれ違いが生んだ悲劇が切ない

Pocket

二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

自らの命がかかったオペをも、自らがのし上がるための足がかりとした外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)。外科医・渡海征司郎(二宮和也)を利用したつもりの佐伯でしたが、佐伯への復讐を企てる渡海は、そんな佐伯の一歩先を行っていたようです。

全ては父親が味わった屈辱を晴らし、復讐を遂げるため・・・今夜、ついに渡海の復讐が完結。佐伯のブラックペアンの真相が解き明かされます。

以下、ドラマ『ブラックペアン』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ブラックペアン』最終回がまだ・・・という方はご注意ください。

なお、記事末にはドラマ『ブラックペアン』が最終回を迎えた後に、新たにスタートする新ドラマの情報を記載していますので、ぜひチェックしてみてください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』最終回までの簡単なあらすじ(ネタバレ

外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)が倒れ、心臓に病を患っていることが明らかになりました。復讐を遂げるため、まだ佐伯に死んでもらっては困る外科医・渡海征司郎(二宮和也)が自ら執刀を申し出ますが、佐伯は拒否。佐伯はカエサルでの手術を希望しました。

しかし、カエサルのデータは帝華大の外科教授・西崎啓介(市川猿之助)が持ち去ってしまっていたため、東城大には十分なデータがなく、来る佐伯のオペに向けて、研修医・世良雅志(竹内涼真)は情報を求め奔走。そんななか、高階権太(小泉孝太郎)を切り別の医師に論文を書かせた西崎は、日本外科ジャーナル次号への掲載が確定し、佐伯を上回るインパクトファクターを得ることが確実となるのでした。

そんななか、渡海の父・一郎が東城大にて犯したミスが明らかになります。一郎がオペを担当した飯沼の体内にペアンが置き忘れられるという医療過誤が発生し、一郎は東城大病院を追われていました。そんな過去があるにもかからず、息子である渡海を自らの医局で面倒を見ている佐伯に対する、恩を仇で返す渡海の数々の行為に外科教授・黒崎誠一郎(橋本さとし)が激怒し、渡海は佐伯のオペが終了するまでの間、自宅謹慎を言い渡されてしまいました。

世良の熱意に心動かされた日本外科ジャーナル編集長・池永英人(加藤浩次)の手によりもたらされた海外の論文をもとに、佐伯のオペが執刀医・高階で始まりました。しかし、想定外の事態が発生し、オペの続行が不可能になってしまいます。

そんなピンチを救ったのが渡海でした。東城大に潜り込んだ渡海は別室にてカエサルを遠隔操作。佐伯のオペを無事成功させました。

こうして、佐伯の命は助かり、佐伯はカエサルの遠隔操作にて行われた自身のオペの内容を高階に論文としてまとめ上げさせました。この論文は西崎が発表した論文と同じ号に掲載されることになり、それを見た西崎は愕然とします。

命も助かり、インパクトファクターも手に入れ、満足そうな表情の佐伯の前に現れた渡海。佐伯は渡海の口から、信じられない一言を聞くことになるのでした。

さらに詳しいドラマ『ブラックペアン』最終回までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『ブラックペアン』第1話〜第9話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』最終回の視聴率

ドラマ『ブラックペアン』第9話の視聴率は16.2%という結果になり、これまでの平均視聴率は13.75%に上がりました。すでに最終回を迎えているドラマ『未解決の女』の平均視聴率13.02%との差をさらに広げ、今期平均視聴率トップを独走中です。

ドラマ『ブラックペアン』最終回の視聴率は、さらに上昇し17%前後と予想します。実際のドラマ『ブラックペアン』最終回の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ブラックペアン』最終回の視聴率は、18.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
13.7% 12.4% 12.1% 13.1%
第5話 第6話 第7話 第8話
13.4% 13.0% 13.0% 16.6%
第9話 最終回
16.2% 18.6%

それでは、ドラマ『ブラックペアン』最終回ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』最終回のあらすじ(ネタバレ)前編

復讐へのリーチ

『ちなみに教授の心臓、まだ完治してませんから』飯沼達次の居場所を明かさない外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)に外科医・渡海征司郎(二宮和也)が、そう明かした。渡海はあえて佐伯の心臓に大動脈乖離を残していたのだ。『一刻も早い再手術をお勧めします。ま、それができるのは私しかいないですけど』そう渡海は言い、改めて飯沼の居所を尋ねるが、『メスで患者を脅すのか?』と佐伯は明かさない。日本外科学会の理事長選はあと3日後に迫っていることから、佐伯はそれまでは再手術を受けることはないと伝え、渡海に主治医として東京で行われる理事会への同行を依頼したのだった。

佐伯の留守を預かる責任者を高階権太(小泉孝太郎)が務めることになった。『前に言っていた言葉の意味を教えてもらえませんか?』高階は以前渡海が佐伯のことを信じるなと言っていた意味を尋ねるが、渡海は『あいつは死神だぞ?』とだけ言い、去っていった。

東城大病院に極秘入院している飯沼の容体が急変した。しかし、看護師・花房美和(葵わかな)は飯沼の件について、口止めをされている。花房が佐伯と看護師長・藤原真琴(神野三鈴)にそのことを告げると、佐伯は『私が処置する!』とベッドから立ち上がる。『理事会に行けなくなりますよ?!』藤原が止め、藤原と花房が極秘に処置に向かう。すると、飯沼の病室に、高階の姿があった。

処置はしたものの、手術が必要だという高階は『患者のデータを見せてください』と申し出るが、藤原は、飯沼は特別扱いの患者のため、教授命令でそれはできないと断るのだった。

その頃、研修医・世良雅志(竹内涼真)は渡海の実家を訪れていた。渡海の母・渡海春江(倍賞美津子)に今は亡き父・一郎の部屋に案内され世良は、その膨大な資料の数に圧倒された。一郎は相当に研究熱心な医者だったらしい。

『どんな時代になろうと、人は人、医者は医者だ。お前はそのままで構わん。普通の医者になれ』かつて父・一郎が告げた言葉を思い出していた渡海は『地獄に落とすか・・・』と不敵な笑みを浮かべるのだった。

佐伯の理事長選に向けての決起会が開かれた。その席で、自分に酒を注ぎに来た世良に、佐伯は小声で『渡海を見張れ。これは教授命令だ』とそっと告げる。その直後、佐伯が倒れた。

その場で処置を進める渡海は、佐伯に向かってそっと『今はまだ生かしておいてやる。お前の地獄はまだ先だ』と呟く。直後、ホテルの部屋で眠った渡海を見届けた世良は、居眠りをしてしまうのだった。

翌朝、理事長選当日。世良がベッドの渡海を『そろそろですよ?』と揺り起こすと、そこに渡海はいなかった。慌てた世良は佐伯のそのことを報告。佐伯は『黒崎(橋本さとし)を呼んでくれ!頼みたいことがある!』と伝える。その頃、渡海は飯沼の病室にいた。
 


<スポンサーリンク>

 

最終局面を迎えた復讐

『あなたここで心臓の手術しましたよね?執刀したのは佐伯先生だった。違いますか?』そう飯沼に切り出した渡海。飯沼は『それが何だ?』と認めた。すると、突然飯沼の容体が急変した。

駆けつけた高階に『この患者の体内にはペアンが入っている』と告げた渡海。信じられない高階に、佐伯からの連絡を受けた藤原から電話がかかってきた。渡海のことを報告しようとする高階に、渡海が『俺を信じろ』と低い声で言う。迷った末に、高階は渡海のことを報告しなかった。

『見せてやる』電話を切った高階に、渡海はその場で飯沼の胸部を撮影したレントゲン写真を見せた。そこには、ペアンが確かに写り込んでいた。『嘘だろ?本当にペアンが・・・』驚愕する高階に、渡海は『俺の親父はこの医療過誤をなすりつけられた』と明かし、今日全てに決着をつけてやると宣言するのだった。

理事会に参加中の佐伯に、黒崎が『ご指示された件、用意できました』と耳打ちする。

渡海たちが飯沼のオペを勝手に始めようとしていることに気づいた藤原が、オペ室に駆けつけた。『人を呼びますよ!?』と声を荒げる藤原の前に、治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)が立ちふさがる。何よりも医療過誤を許せない木下に、渡海が事情を明かし、味方に引き込んだのだ。『どうぞ。佐伯先生が残したペアンが公になりますね?邪魔はさせません!』木下は藤原の前から退かなかった。

そして、いよいよ高階、渡海、看護師・猫田麻里(趣里)による飯沼のペアン摘出手術が始まった。『見えた。見えてきたぞ・・・やっと会えたな』ペアンに向かってそう呟く渡海。長年、心臓の奥に残されていたことにより、ペアンと組織の癒着が激しい。『じゃ、外してくよ?』渡海がペアンに手を伸ばしたその時、飯沼の体内から出血が始まった。

その頃、東京の理事会では、外科教授・西崎啓介(市川猿之助)が拍手喝采のうちに発表を終え、休憩ののちに佐伯の発表が始まる予定となる。

『やめろ!それを外すな!』オペ室に、突然佐伯の声が響き渡った。『佐伯先生、どうしてここに?!』理事会に参加しているはずの佐伯が突然現れ、驚く藤原。佐伯は黒崎に呼ばせたドクターヘリにて駆けつけたらしい。理事会での発表は、佐伯の代理として黒崎が務めることになった。

『そのペアンを外すな!』と声を荒げる佐伯に、渡海は『見てろよ、親父!まず俺に詫びろ!そして親父に詫びろ!親父が全てを失ったペアンで、今度はお前が全てを失うんだよ!!』と言い返す。『やめろ!!』佐伯の制止を無視し、渡海がペアンを飯沼から取り出した。『さよなら、佐伯清剛』

すると、突然飯沼からこれまでとは比べものにならない量の血が溢れ出した。『縫っても縫っても、出血が止まらない!!』高階、渡海の手をもっても、飯沼の出血を止めることはできない・・・『地獄の扉を開けたな?!退け!渡海!私が処置をする』佐伯が名乗りをあげた。

手術着に着替えた佐伯がオペ室へ入ってきた。『渡海、聞け』佐伯があの日のことを明かし始めた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』最終回のあらすじ(ネタバレ)後編

明かされたブラックペアンの真相

あの日、近くで起こった事故のため、オペ室は満室、人手不足の状態で、容体が急変した飯沼のオペを担当した佐伯。佐伯はあえてペアンを残したまま、手術を終えた。ペアンを残すことでしか、佐伯は飯沼の命をつなぐことができなかった。

その直後、アフリカに仕事で旅立った佐伯。しかし、佐伯の留守中に飯沼が容体の急変にて運ばれ、レントゲンを撮影した一郎が飯沼の体内にペアンが取り残されていることに気づいたのだった。一郎から電報を受け取ったアフリカの佐伯は、(飯沼のペアンを取り出すな。私を信じてください)とだけ電報を返す。一郎は佐伯のことを信じ、このことを内密にしていたが、たまたま黒崎が飯沼のレントゲン写真を手にする一郎の姿を目撃したことから、医局に医療過誤だという誤解が広まった。

その時、すでに死期が近いことを知っていた一郎は、何も語らずに東城大を去った。後ほど、佐伯は『人を救え。飯沼さんを救え。君にすべてを託す』という手紙を一郎から受け取る。以来、飯沼を救うという一郎との約束を守るため、医師をやめることはできなかったと佐伯は明かした。

『私はお前の父親に生かされたのだ』という佐伯に、渡海は『すべて自分の責任だって言ってくれたら、親父はあんな気持ちのまま死ななかった』と悲しそうに告げる。『言って、患者が助かるならそうした!この患者は決して誰にも治せない。だから言わなかったんだ。この患者だけは死んでも守る!』そう佐伯は声を荒げ、飯沼のオペを進めるのだった。

さらに佐伯は、ブラックペアンこそが、医者は完璧ではないという自分への戒めだと続ける。『ブラックペアンを使う時がきた時、それは私が外科医をやめる時だ』そう佐伯は言い、『ブラックペアンを』と手を差し出す。『はい』藤原が佐伯にブラックペアンを差し出した。『さらば、渡海一郎』そう佐伯は言い、ブラックペアンを飯沼の体内に深く埋めた。『医者は完璧ではない。まだまだ我々にはできないことがあるんだ』渡海に向かって、佐伯は静かにそう言った。

オペを終えた佐伯はブラックペアンが特殊なカーボン製で、火葬されれば一緒に燃えて灰になることを明かした。『閉胸しろ。これは教授命令だ』ブラックペアンを胸に残したまま、飯沼の胸が閉じられた。『ブラックペアンは役目を終えた。私もだ。これからは・・・』そう佐伯は言いかけ、突然倒れた。

その頃、理事会では『実は昨晩、佐伯教授と少し話をしました』と日本外科ジャーナル編集長・池永英人(加藤浩次)が佐伯と交わした会話の様子を、壇上で話し始めた。

滞在先のホテルの一室にて、『私の命はもう私1人の命ではないんです』と池永に切り出した佐伯は、ある人から託され、自分が身を持って学んできたことを示さなければならないと言う。外科医の腕にも最新の医療にも限界がある。だからこそ、決しておごることなく互いに補い合い、高め合うことが必要だと続ける佐伯。

東城大では、佐伯の緊急オペが始まるが、渡海はどこかへ消えてしまったまま。予想外の真相を知り、渡海は中庭で呆然としたまま、かつて一郎から言われた『そのままでいい。普通でいい。医者は患者のことだけを考えて、救え』という言葉を思い出していた。直後、渡海は留守電に世良からのメッセージが残されていることに気づく。佐伯が倒れたこと、意識を失う直前に佐伯が『渡海・・・そのままでいい。普通でいい。医者は患者のことだけを考えて、救え。ただ、人を救え。お前にすべてを託す』と最後の声を振り絞るように言っていたことを世良はメッセージに残していた。

オペ室では、佐伯のオペが行われているが、心肺停止状態に陥り、どうしようもできない状況となっていた。その時、オペ室に渡海が現れる。佐伯の心肺停止から5分経過したときのことだった。

渡海は佐伯の心臓に電気ショックを与える。『こういう時の声効くぞ。声かけてやれ』という渡海の指示を受け、スタッフ皆が佐伯に必死で声をかけた。『佐伯先生!!』『佐伯教授!』渡海も『戻ってこい、戻ってこい』とつぶやきながら、電気ショックを続ける。すると、佐伯の心臓が再び動き始めた。

その頃、理事長選の開票が始まり、佐伯と西崎が同票となっていた。『最後の一票です。・・・・東城大、佐伯教授!』佐伯の当選が確定したのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

それぞれのその後

病室にて、意識を取り戻した佐伯は、目の前にいる渡海に『どうして助けた?お前を東城大へ引き入れたのは、せめてもの罪滅ぼしのつもりだった』と語り始めた。最初は罪滅ぼしのためだったものの、自分を恨むことで腕を磨き続ける渡海の成長を、もっと見ていたいという気持ちが大きくなっていったと佐伯は明かす。自分は渡海が望むように死んでもよかったと佐伯は言った。

すると、渡海が佐伯に告げる。『そのままでいい。普通でいい。医者は患者のことだけ考えろ。救え、ただ人を救え・・・俺の尊敬する医者の言葉です』渡海は一礼し、そのまま病室を出て行く。1人残された佐伯は涙を堪えることができなかった。

渡海が廊下に出ると、世良がいた。『出て行くつもりですか?』大学病院というものは誰かが責任をとらなければならないという渡海。『じゃあ、僕はどうなるんですか?!』渡海に借りを返せていない、出て行かないでほしいと頭を下げる世良。

『わかったよ・・・とりあえず腹減った。米炊いてこいよ』渡海が指示を出し、世良は『はい!』と嬉しそうに仮眠室へ走っていく。そんな世良の後ろ姿を見送りながら、渡海は『じゃあな。お前はいい医者になれ』とつぶやき、どこかへ去っていった。

その後・・・

理事長に就任した佐伯は、必要な組織改革を行った後、理事長の椅子を他へあっさり譲り、より多くの命を救うため、現在は後継者の育成に力を注いでいる。

帝華大の西崎は相変わらず理事長の椅子を狙い、インパクトファクターの獲得に血なまこになっていた。

そして、渡海はあのまま東城大を去り、行方知れずとなっていた。仮眠室にて、渡海が突然消えてしまったことをまだ根に持っている世良に、木下が渡海が手に入れた金を医療過誤に苦しむ人たちのために寄付していたことを明かした。さらに、木下は最近匿名で団体に1000万円の寄付があったことを話す。それを聞いた世良は、渡海の『1000万円でもみ消してやるよ』というセリフを思い出すのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』最終回の感想

ドラマ『ブラックペアン』最終回が終了しました。佐伯への渡海の復讐が最終局面を迎える中、予想外の真相が明らかにされた最終回となりました。

自らが犯した医療過誤を父・一郎になすりつけたと思われていた佐伯ですが、その背後には渡海が思いもよらなかった経緯が隠されていました。本来ならば、出血を止めた後に、ペアンを外し、終了となる手術ですが、佐伯はそのペアンを外せなかった。つまり、佐伯にはペアンを残すことでしか飯沼の命を救えなかったというのが真相だったようです。

佐伯と深い信頼関係で結ばれていた一郎は、佐伯がペアンを患者の体内に残したことに対して、佐伯なりの理由があると察し、自ら病院を去りました。以来、一郎から託された飯沼の命、患者の命を救うため、真相を明らかにせずに医者を続けてきた佐伯・・・裏切った、裏切られたという簡単な話ではなく、その背後には2人の医者の深い決意があったのですね。

その真相を知った時、渡海は父の言葉通り、医者として患者・佐伯の命を救うという選択をしました。結果、蓋を開けてみれば、誰も悪者はおらず、一郎も佐伯も、そして渡海も医者として目指す方向は一緒だったという結末だっただけに、行き違いや誤解で長年3人がそれぞれ苦しみ続けてきたと思うと、切ない気持ちでいっぱいになります。

しかし、最終的には、一郎の志を受け継ぎ、渡海もどこか別の病院で、『1000万円でもみ消してやるよ』を続けていることが示唆されたラストになりました。かつては深い溝があった渡海と佐伯、それぞれがそれぞれの道で、しかし同じ方向を目指し、日々歩いているラストが印象的でした。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』最終回のあとに始まるドラマは?

ドラマ『ブラックペアン』最終回の後に同枠でスタートするのは、松本穂香さん・主演ドラマ『この世界の片隅に』です。

ドラマ『この世界の片隅に』のあらすじ

ドラマ『この世界の片隅に』の舞台は、太平洋戦争真っ最中の広島・呉。主人公・すず(松本穂香)が北條周作(松坂桃李)と結婚し、北條家に嫁いでくるところから物語は始まります。

なんでもない毎日の中に小さな幸せを見つけるすずと周作でしたが、そんな2人と家族の幸せな生活に戦争の暗い影が忍び寄ります。身近な人が1人、また1人と戦場に送られていき、やがて普通の暮らしを送ることもままならないほど困窮していく物資不足のなか、懸命に生きるヒロインとその家族の姿を描く感動作となっています。

ドラマ『この世界の片隅に』のキャスト

主人公・すず役に松本穂香さん。その夫役に松坂桃李さん。すずの幼なじみ役として、村上虹郎さん。そのほかに二階堂ふみさん、尾野真千子さん、田口トモロヲさんらなどが出演予定です。

新ドラマ『この世界の片隅に』の舞台は昭和19年の広島ということで、そういった時代設定を意識した演出、セリフ、セットなども楽しみですね。

新ドラマ『この世界の片隅に』第1話スタートの日程は未発表ですが、おそらく7月第3週か第4週あたりのスタートとなると思われます。楽しみに待ちたいと思います!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』の他にも!話題の夏ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る