ブラックペアン9話ネタバレあらすじ&感想 佐伯のオペに仕掛け?ラスト佐伯の驚愕の表情の

Pocket

二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

外科医・渡海征司郎(二宮和也)が探していた飯沼という患者の居場所が判明しました。外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)が飯沼をわざわざ他の病院に入院させ、診ていること、飯沼が入院している病院の院長の息子が東城大病院にて特別待遇を受けていることから、その飯沼という患者こそが、体内にペアンが取り残されている患者なのではないか?という可能性が高まります。

そんななか、心臓に病を抱える佐伯には死期が近づき、佐伯への復讐を計画する渡海がどう動くのか?に注目が集まります。

以下、ドラマ『ブラックペアン』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ブラックペアン』第9話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第9話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

日本外科学会にて、手術支援ロボット・カエサルのお披露目するオペを帝華大主導で行いたいという申し出が外科教授・西崎啓介(市川猿之助)よりありました。外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)はこの申し出に応じ、カエサルがある東城大にて、帝華大と東城大の合同チームと執刀医・西崎によりオペが行われることが決まりました。

東城大から選抜されたのは外科医・渡海征司郎(二宮和也)研修医・世良雅志(竹内涼真)高階権太(小泉孝太郎)看護師・猫田麻里(趣里)。渡海が佐伯のことを恨んでいることを知らない西崎は、渡海が今回はやけに協力的であることが気になり、本番にて手のひらを返したように自分の足を引っ張るのではないかと思い始めるのでした。

そんななか、佐伯がこそこそと病院を抜け出しては、さくら病院に通っていること、さくら病院の院長の息子のオペを優遇していることに気づいた渡海。渡海は佐伯がさくら病院に大きな借りを作っていることを察するのでした。

こうして、日本外科学会でのカエサルのお披露目が始まりました。邪魔が入ることを恐れた西崎により、直前にオペから外された東城大チームでしたが、経験のない帝華大チームがミスを犯し、患者の出血が止まらない状況に陥ります。ピンチを救おうとオペ室へ入った渡海でしたが、佐伯がそれを止めました。結局、佐伯の手によりオペは成功。日本外科学会での佐伯の評価が上がっただけのオペとなり、佐伯は大きな拍手を受けることに。

オペの終了後、さくら病院の院長に迫った渡海は、佐伯がさくら病院に自らがずっと探していた飯沼という患者を匿っていることを突き止めました。その直後、渡海は佐伯が倒れたという知らせを受けるのでした。

さらに詳しいドラマ『ブラックペアン』第9話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『ブラックペアン』第1話〜第8話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第9話の視聴率

ドラマ『ブラックペアン』第8話の視聴率は16.6%という結果になり、これまでの平均視聴率は13.37%に上がりました。

これにて、今期平均視聴率トップで、すでに最終回を迎えているドラマ『未解決の女』の平均視聴率13.02%を超え、今期平均視聴率トップはドラマ『ブラックペアン』に決定したかたちとなります。

ドラマ『ブラックペアン』第9話の視聴率は、さらに上昇し17%前後と予想します。実際のドラマ『ブラックペアン』第9話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ブラックペアン』第9話の視聴率は、16.2%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
13.7% 12.4% 12.1% 13.1%
第5話 第6話 第7話 第8話
13.4% 13.0% 13.0% 16.6%
第9話 最終回
16.2%

それでは、ドラマ『ブラックペアン』第9話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

カエサル手術を希望した佐伯

外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)が倒れ、ストレッチャーに移される。『佐伯先生!佐伯先生!!』呼びかける看護師長・藤原真琴(神野三鈴)にだけ聞こえる声で、佐伯は何かを伝え、意識を失った。

検査の結果、通常心臓から出ている左冠動脈が肺動脈から出ていることがわかる。いつ心筋梗塞になるかわからない状態のため、緊急オペが必要になるが、東城大病院でこのオペができるのは、外科医・渡海征司郎(二宮和也)のみだった。

渡海を探し、さくら病院を訪れた研修医・世良雅志(竹内涼真)。やはり渡海は、さくら病院に来ていた。

『困ります!』看護師らの静止を振り切り、飯沼の病室へ向かう渡海。やがて世良が追いつき、飯沼の病室へたどり着いた2人。しかし、飯沼の姿は病室になかった。

佐伯の状態を世良に確認した渡海は『大丈夫だ、俺が助けるから。その後、俺が殺す』と言うのだった。

その頃、意識の戻った佐伯は、看護師長・藤原に『飯沼さんは?』と確認。藤原は『ご指示通り、退院させました』と報告し、佐伯は安心した表情を浮かべる。

そこに戻ってきた渡海が佐伯の病室を訪れ、オペを引き受けることを伝えるが、佐伯は『断る』と却下。カエサルでの手術を、佐伯は希望した。執刀医は外科教授・黒崎誠一郎(橋本さとし)に決まる。

佐伯には僧帽弁置換手術と冠動脈バイパス手術が必要だが、佐伯の心肺機能が低下しているために麻酔がかけられる限界は、2時間。2時間で難易度の高い2つのオペを完了させる必要がある。

それを受け、高階権太(小泉孝太郎)がカエサルを確認。『データが一つも残っていない!?』なぜかカエサルには、これまでのデータが消去されている状態なのだった。データを持って行ってしまったのは、帝華大の医師チーム・・・

渡海が佐伯の病室を訪れた。『カエサル、あれは間違いなく失敗します。このままでは理事長の椅子を失うどころか、先生は命を失う』と宣告する渡海。しかし渡海の目的が、飯沼の情報であることを察している佐伯は『人には時として、命より大事なものがあるんだ。死んでもお前には頭は下げない』と断る。渡海は『じゃあ、とりあえずここで静かに死んでいってください』と伝えるのだった。

その頃、高階はデータを貸して欲しいと帝華大学病院の外科教授・西崎啓介(市川猿之助)の元を訪れていた。高階は佐伯のオペが成功すれば、現在自分が書きかけのカエサルの論文が完成することを交換条件にデータを借りようと試みるが、すでに論文は帝華大の別の教授の手により、完成していた。

『では、私はこれまで何のために・・・?』目を見開く高階。『何のために?私のためにだ!』西崎は言い切る。『何のための研究なんですか?人の命を救うためじゃないんですか?あなたはそれでも医者か!?』高階は声を荒げるが、西崎は『はい、医者です。東城大の先生がお帰りだそうです。送ってさしあげなさい』と言うだけだった。

東城大病院に戻ってきた高階は、黒崎から執刀医を変わって欲しいと依頼された。佐伯のオペが成功し、高階が論文を完成させれば、西崎教授の手土産になることは悔しいが、佐伯の命が助かるならばそれでいいという黒崎。

高階はカエサルの論文がすでに完成していて、西崎に自分が捨てられたことを明かす。黒崎に一緒に佐伯を救って欲しいと頭を下げられ、高階は佐伯の執刀医になることに応じたのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

明かされた渡海の父のミス

こうして、1週間後の佐伯のオペに向け、世界中から症例が集められるとともに、カエサルのシュミレーションが繰り返される。しかし、難しいオペのため、高階の手でも万全とは言えず、高階は渡海にカエサルを操ってほしいと考えるように。『あいつの父親とは私も関わりがあってな・・・』黒崎はそう切り出し、自分から渡海に頼んでみるというのだった。

その頃外科医局きっての腕を持つ渡海に何とか協力してもらい、佐伯の命を助けたいと考えている世良と看護師・花房美和(葵わかな)。世良は最近佐伯と渡海の間の溝が急激に深くなっている理由は、以前花房が見つけたペアンが写り込んだレントゲン写真だと考えていた。2人は仮眠室へ入り込み、レントゲン写真を探すことに。やがて、2人は米の袋なかから、レントゲン写真が入った封筒を見つける。患者名は飯沼達次、執刀医は渡海一郎となっていた。

そこに渡海と渡海を追った黒崎が仮眠室へ入ってきた。『どうしてこれが?!』黒崎は一目見るなり、誰のものかわかったようだ。『逆恨みか・・・東城大の恥さらしの息子が!』黒崎は怒り、佐伯のオペは終わるまで、渡海を自宅謹慎を言い渡した。『出て行け!!』渡海は出て行った。

『さっきの写真のこと、ご存知なんですか?』黒崎に尋ねた世良。『入局当時の私の指導医だったのが、渡海の父親だ』黒崎は入局当時の頃の話を語り始めた。ある時、一郎が飯沼の心臓手術を担当。しかし黒崎は、オペ後、一郎がペアンが写り込んでいるレントゲン写真を見ているところを目撃。やがて、一郎が患者の体内にペアンを置き忘れるという医療過誤を犯してしまったことが明らかになった。一郎は病院を追われ、その後の処置は佐伯が行ったと語る黒崎。

しかし佐伯は一郎と元同僚だったよしみもあり、その後、医師となった一郎の息子・渡海を自分の手元に置き、面倒を見ていた。黒崎はその恩をあだで返すような動きをしている渡海のことが許せないようだ。『渡海は信用できない。オペは我々だけでやる!渡海のメスなど、必要無い!』と黒崎は声を荒げるのだった。

仮眠室に住んでいたことから、行くあての無い渡海が、世良が暮らす研修医の寮を訪れた。世良は佐伯のカエサルのオペに関わることになったことを、渡海に報告。『何か突破口があればいいんですけど・・・』とつぶやく。『じゃあ、聞きに行けよ?』渡海は日本一症例や論文が集まっているところに、聞きに行けと世良にいうのだった。
西崎の論文が日本外科ジャーナルに掲載されることが決まった。編集長・池永英人(加藤浩次)から連絡を受けた西崎が、電話を切ると、医師たちが大きな拍手でその一報を喜ぶ。『私の勝〜ち!』西崎は満面の笑みで、宣言するのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第9話のあらすじ(ネタバレ)後編

一筋の光

一方、西崎との通話を終えた池永。治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)に伴われた世良がやってきた。『カエサル手術について、世良先生からご相談があるそうです』世良は掲載前の西崎の論文を見たいと考えていたのだ。

世良は昨晩渡海に『馬鹿は馬鹿なりに、そのまま聞くしか無いんじゃ無いか?じゃあ、どうすればいいですか?って』と言われたことを思い出しながら、駄目元で『どうすればいいですか?』と池永に切り出した。

しかし、池永は仕事があると切り上げようとした。『仕事って僕には偉い人にインパクトファクター与える仕事にしか見えなくて・・・』と世良は食い下がる。気分を害した池永は『君は医者なんだろう?!』と怒鳴りつけ、席を立つ。

しかし、世良は自分なんか医者ではないと言う。『今東城大はプライドを捨てて全員で佐伯教授を救おうとしてます!目の前にある命を諦められないんです!僕も医者でありたいんです。だからどうにか、お力を貸していただけないでしょうか?!お願いします!』世良は涙ながらに、土下座した。

世良の熱意に、池永の心が動いた。『確かダーウィン手術で、佐伯教授と似たような症例を成功させた記録を見た記憶があります』と切り出した池永は、自ら特別なルートを使い、その論文を取り寄せ、世良に渡すことを約束してくれた。池永はかつて珍しい病気を発症した際、担当医が世界中から論文を取り寄せて、治療法を探してくれた結果、命が助かったことを明かす。『君の言う通り、論文は誰かの出世のためでは無い、命のためです。その橋渡しをするのが私の仕事です。成功を祈っています』と池永は語るのだった。

池永から取り寄せてもらった論文が、東城大外科医局に届いた。『こんなアプローチがあったとは・・・』『光明が見えてきましたね!』にわかに沸き立つ医局。それは、これまでの2つの手術に対し、2つの穴を開けるというプランとは違い、開ける穴は一つ、その一つの穴から僧帽弁と冠動脈にアプローチするという方法だった。
 


<スポンサーリンク>

 

降臨した悪魔

佐伯の病室。そこには、佐伯の皆の動きが見たいという希望により、外科医局の様子がわかるモニターが取り付けられている。高階がオペのプランを説明している途中で、佐伯に突然心筋梗塞が起こった。

これを受け、十分なシュミレーションも行えないまま、佐伯のオペが始まった。タイムリミットはたったの1時間となった。1時間を超えると、いつ心臓が止まってもおかしくない状態だ。

『渡海先生が来てます!』『止めろ!』病院に渡海が現れ、医師らがオペ室の前に立ちふさがった。しかし、渡海はオペ室には来なかった。なにやら渡海とやりとりしていた世良のみが、オペ室へ入って行った。

高階によるカエサル手術が進んでいるが、肝心の冠動脈が見えない。残り時間は15分となる。『これ以上、カエサルを突っ込んでも、心臓を傷つけるだけです!これ以上はもう・・・』高階がストップを出した。『教授の命が絶たれるなんて、私が認めんぞ!神様でも、悪魔でもなんでも構わん!どうか教授を助けてください!!』黒崎が天を仰ぎ、叫んだ。

『失礼します』カエサルを操っていた高階の耳に、世良がイヤホンを突っ込んだ。『どういうことだ!?』驚く高階の耳に、渡海の『こういうことだ』という声が聞こえてくる。その瞬間、高階が操っていたカエサルが、渡海が操る遠隔操作に切り替わる。

『カエサルが突っ込め無いんだったら、心臓を引っ張り出せばいいだろう?吸盤を使って、心臓を引っ張り出す』と語る渡海。高階は渡海の指示通り、吸盤を使って、佐伯の心臓を引っ張り出す作戦に切り替えた。残り時間は10分を切った。

『糸のフォロー遅えよ!』『吸引吸引!』渡海が言う通り、オペ室へ指示を出す高階。世良と高階以外の関係者は、遠隔操作で渡海がオペを執刀しているとは知る由もない。こうして、バイパス手術が時間内に完了した。

次に、渡海はカエサルによる僧帽弁置換手術を佐伯式で進めることを、高階に指示。その手際はまるで佐伯による佐伯式、そのもの・・・黒崎はふと怪しむのだった。

こうして、オペは無事完了した。オペを終えた渡海は『高階、手の方が100倍楽だわ』と言い、遠隔操作は途切れた。

黒崎と藤原が見守る中、佐伯が目を覚ました。『生き延びたか?生き延びたからには、やるべきことがある』つぶやく佐伯。
 


<スポンサーリンク>

 

佐伯の企み

その後、日本外科ジャーナルが発表された。日本外科ジャーナルをめくる西崎は、自らの論文が掲載されていることを確認。満足そうに微笑んだ。『何だこれは・・・・』しかし、その後もページをめくった西崎は、高階による論文が掲載されているのを見つける。高階の論文の末尾には、佐伯の名前があった。

顔色を変えた西崎は池永に慌てて電話する。池永は東城大病院にてまとめられた高階の論文を掲載したことを認め、『添付されていた映像が素晴らしい・・・遠隔操作による佐伯式とは』と感嘆の声を上げるとともに、西崎の論文よりもこちらの方が未来に役立つ論文だと評価した。

佐伯の病室。『渡海先生がカエサルを操ることは予想されていたのですか?』佐伯に尋ねる高階に、佐伯は『渡海は今私に死なれては困るからな』と怪しい笑みを浮かべる。

直後、佐伯の病室を渡海が訪れた。『飯沼達次はどこにいるんですか?』単刀直入に切り出す渡海。しかし、佐伯は『それは言えないな。私にはまだやることがある』と言うだけだった。

『懐かしいな〜。実は私昔この東城大に入院していたことがあるんですよ』東城大病院の特別室に、花房が1人の患者を案内した。『そうなんですね・・・』表情が固まったまま、そう言う花房の持つ患者のカルテには飯沼達次の名前があった。

再び、佐伯の病室。『言っただろう?ブラックペアンを使えるのは、世界で1人だけだ。今のお前に譲るわけにはいかない』と言葉を続ける佐伯に、渡海が反撃する。『なら、奪い取るまでだ。ちなみに、・・・・・』渡海の言葉の続きを聞いた佐伯は、打ちのめされたような表情になり、愕然とするのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第9話の感想

ドラマ『ブラックペアン』第9話が終了しました。自らの命さえも権力争いに勝つ足がかりにしてしまう佐伯の執念と、渡海の父・一郎の過去が描かれた第9話となりました。

第9話にて、外科教授・黒崎の口から、渡海の父・一郎が東城大病院にて過去犯したミスが明らかになりました。一郎がオペを執刀した患者の体内にペアンが残されていることが発覚し、東城大を追放された一郎。そんな過去がありながらも、一郎の息子・渡海の面倒をそばで見てやっている佐伯の恩を、渡海が仇で返そうとしている、黒崎はそんな風な認識でした。

しかし、これが真実ならば、渡海が佐伯に感謝することはあっても、恨むというようなことはないことから、この話は真実ではなさそうです。かつての渡海の『佐伯が父親を裏切った』というセリフから考えると、ペアンの取り忘れをしたのは一郎ではなく、佐伯・・・ということになりそうです。佐伯のが自らの医療過誤を一郎の責任だと隠蔽したということですね。

そして佐伯は、ペアンが体内に取り残された飯沼という患者を、渡海が追っているということは知っていて、東城大へ極秘入院させたようですが、気になるのは第9話ラストの渡海の言葉です。渡海の口から出た言葉は、何だったのか?佐伯の表情から察するに、とんでもないことであることは確実です。

いよいよ、次週は最終回。佐伯と西崎の権力争いの結果、そして渡海の復讐の結末まであともう少しです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』最終回の感想

オペにてカエサルを遠隔操作することで、佐伯の命を救った渡海。しかし、渡海のオペは100%完了していませんでした。なんと渡海は佐伯のオペをあえて、完了させず、とりあえず命を取り止める程度の応急措置にとどめたようです。その目的は、もちろん復讐の遂行のため・・・渡海は再手術が必要な身体である佐伯に、再手術を施す交換条件として、飯沼達次の居場所を明らかにするよう、求めます。

しかし、佐伯はこれを拒否。命より大事なものがあると外科学会に出席するため、東京へ向かうのでした。

一方、東城大では花房と藤原が極秘に入院させていた飯沼の容体が急変するようです。そして、渡海の手により、飯沼の体内に取り残されたままになっているペアンと、佐伯の使うブラックペアンに隠された真相がついに明るみにさらされることになるのでした。

ドラマ『ブラックペアン』最終回を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』の他にも!話題の春ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る