あなたには帰る家がある10話ネタバレあらすじ&感想 慎吾,姉の夫と綾子の子供だった!

Pocket

中谷美紀さん主演ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

相変わらずゴタゴタやっている強引な綾子(木村多江)とすぐに流される元夫・秀明(玉木宏)に、愛想をつかす真弓(中谷美紀)。そんななか、真弓はふと太郎(ユースケ・サンタマリア)の魅力に気づきます。

また、綾子が親戚中に嫌われてしまう理由となった過去に犯してしまった過ちについても、明らかになってきそうです。

以下、ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

三浦圭介(駿河太郎)が営むカレーショップこまちの10周年記念パーティーにて鉢合わせた真弓(中谷美紀)佐藤秀明(玉木宏)茄子田慎吾(萩原利久)綾子(木村多江)。なおも一方的に秀明のことを想っている綾子は、秀明との交際の許可を真弓に求めるとともに、夫・太郎に離婚の決意は揺らがないことを宣言しました。

そんななか、綾子の栃木の実家の母親が倒れ、危篤状態になったという連絡が入ります。綾子が秀明に送ってほしいとワガママを言い始め、真弓に『行ってあげたら?』と言われたこともあり、秀明は綾子と栃木へ。しかし、綾子が病院に到着した時、すでに母親は亡くなっていて、綾子は姉・咲子(森口瑤子)に『親不孝だね、最後まで』と皮肉を言われてしまいます。どうやら、綾子は親戚中から嫌われているようです。

傷心の綾子は、今夜だけでも一緒に居てほしいと秀明にすがりますが、秀明は『僕、今あなたを見ても、何の情も湧いてません。僕が今考えてるのは、あなたのことじゃない』ときっぱり拒否。秀明が考えていたのは、今日誕生日を迎えた元妻・真弓のことでした。

娘・麗奈(桜田ひより)慎吾(萩原利久)のもとへ行ってしまい、誕生日なのに1人ぼっちの真弓。真弓はふと思いつき、同じく寂しい思いをしていた太郎を誘い、離婚しなければ家族3人で楽しむはずだった誕生日ディナーを太郎とともにすることに。酷い裏切りを受けたにもかかわらず、依然妻を待つ太郎の一途な姿を目の当たりにし、真弓は自分の理想とするパートナーの条件を太郎が満たしていることに気づくのでした。そんな2人を綾子を振り切り、栃木からとんぼ返りしてきた秀明が目撃してしまいます。

その頃。家庭の事情により傷つき、涙する慎吾は『うち、普通じゃないって言っただろ?うちの秘密、知りたい?』と麗奈に切り出すのでした。

更に詳しいドラマ『あなたには帰る家がある』第10話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『あなたには帰る家がある』第1話〜第9話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話の視聴率

ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話の視聴率は8.2%という結果になり、第1話からの平均視聴率は8.23%となりました。

平均視聴率6%代が目立った前期とは打って変わり、今期はほぼすべてのドラマの視聴率が高い傾向にあります。ドラマ『あなたには帰る家がある』の平均視聴率8.23%でも、ゴールデンタイムに放送中の10個のドラマ中では第6位の視聴率となっています。

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話の視聴率は、引き続き8%代と予想します。実際のドラマ『あなたには帰る家がある』第10話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話の視聴率は、9.7%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.3% 8.1% 9.1% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
8.0% 7.9% 9.0% 7.7%

 

第9話 第10話 最終回
8.2% 9.7%

それでは、ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話のあらすじ(ネタバレ)前編

いなくなった慎吾と麗奈

カレーショップこまち。『あ〜やっちまった!どうすればいいんだよ〜!!』真弓(中谷美紀)に告白し、ふられてしまったと思っている三浦圭介(駿河太郎)は頭をかかえる。しかし、直後何事もなかったように真弓が店にやってきた。

『この間の何だったの?』と真弓に切り出され、三浦は真弓のことが昔から好きだったことを明かし、『俺と付き合ってください!』とこの間渡せなかったプレゼントを差し出した。『ありがとう。考えてみる』という前向きな答えをもらい、三浦は『ありがとうございます!!』と頭を下げるのだった。

綾子(木村多江)の実家から、綾子の母の葬儀の日取りの連絡を受けた茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)。『通夜が14日の19時、式が翌日の・・・』太郎は声に出しながら、メモした。それを廊下で慎吾(萩原利久)が立ち聞きしている。電話を終えた太郎は引き出しから綾子と撮影した写真を取り出し、見つめるのだった。

仕事で太郎の勤める中学校を訪れた真弓は、『一杯飲む?』と太郎から誘いを受けた。真弓と太郎はこまちへ。学生時代の話で盛り上がり、真弓は大笑い。(あれ、なんか楽しい・・・)真弓はふと気付き、麗奈(桜田ひより)が生まれて以来、誰かとこんな風に楽しく話したことはなかなかなかったとつぶやく。それを聞いた太郎は『そうか、そんな時間もないんだな。母親は』と慈しむような目で真弓を見る。

やがて、これまでに観た映画の中で1番の名作は何か?という話題に。『せえの、タイタニック!』真弓も太郎も同じ映画を挙げ、真弓は(何これ?このしっくりくる感じ・・・)と驚くのだった。

(明日行くことにする)その晩、麗奈は慎吾からLINEをもらった。翌朝、家を出た麗奈は学校の門の前まで来ると、腹痛がすると学校へは行かずに帰ってしまう。

真弓の元へ麗奈の担任の教師から連絡が入り、真弓は麗奈が学校を休んでいることを知った。真弓は慌てて、秀明(玉木宏)に連絡。綾子が麗奈を連れ去ったのではないかという推測に至る。

綾子のパート先を訪れた真弓は、麗奈がいなくなったことを報告。『あなたが何かしたんじゃないですか?』と真弓が尋ねると、綾子は『母親失格ね』と言い、母親の通夜へ向かうため去っていく。すると、真弓に麗奈から(ごめんね、ママ。栃木行ってくる。慎吾くんと)とLINEが入った。

『え〜?!慎吾くんと!?』真弓から、麗奈が慎吾と栃木へ向かっているという電話が、秀明に入った。すると、突然太郎が『綾子はどこだ?!』と秀明の職場に現れた。真弓から麗奈がいなくなったと報告を受け、綾子が麗奈を連れ去ったのではないかと太郎も心配していたのだ。秀明が麗奈と慎吾が栃木に向かっていることを太郎に伝えると、太郎は『行くぞ!』と秀明を職場から連れて出て行った。
 


<スポンサーリンク>

 

栃木への珍道中

(なぜ、こいつと路線バスの旅を・・・?)その頃、真弓は綾子と2人で路線バスにて栃木へ向かっていた。無言のまま田舎の停留所で降りる綾子を追いかけ、真弓も慌ててバスを降りる。真弓はバッグを車内に忘れてしまい、一文無しに・・・誰もいない停留所のベンチに座った綾子が『あなたのことが嫌い。嫌い。あなたのような女が、昔から』と切り出した。

声が大きくて、スポーツが得意で、クラスの中心にいて、女子に人気で、そんな真弓のような女子によくいじめられたと綾子は明かした。『嫌い。あんたみたいな女が』真弓もまた、男と女の前で態度が違い、平気で人のものを奪ってくる女が嫌いだと反論。『あなたもてなかったでしょう?わかるわ』という綾子。

『ああ、暑いわね。のど渇いちゃった』綾子はそう言うと、見せつけるように自販機で飲み物を買い、飲み干した。『飲む?』という綾子に、真弓は『いりません!!』と断る。『そういうところだと思うの。一緒にいても癒されない。可愛く負けてあげればいいのに』という綾子。真弓が『あなたのやり方でうまく言ったんですか?』と尋ねると、綾子は黙った。

こんな状態になっても、太郎が綾子のことを待っていると真弓が明かすが、綾子は『あれは愛じゃない』と言い切る。綾子には、太郎の様子が子供がおもちゃを取られて駄々をこねているようにしか見えないらしい。

やがて、真弓がバスを待ていないとヒッチハイクし始める。しかし、車は止まらない。自信満々にヒッチハイクして見せた綾子だったが、綾子のヒッチハイクにも車は止まらなかった。思わず吹き出す真弓。『歩けば40分で着くから!!』と綾子は言い、歩き始めた。

その頃、秀明と太郎は車で栃木に向かっていた。途中で秀明が車酔いしてしまい、太郎が秀明の背中をさする。『あ?!』太郎は道端で脱輪し、困っている若い母親と子供を見つけた。

『じゃあ、押しますよ!』太郎が車を押し、太郎は泥だらけになった。しかし、子供はただ見ていた秀明に『かっこいいお兄ちゃん、ありがとう!』と礼を言い、去っていく。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話のあらすじ(ネタバレ)後編

明かされた茄子田家の秘密

慎吾と麗奈は綾子の実家に到着した。『祖母の通夜に来てくださった方ですか?どうぞお入りください!』綾子の姉・咲子(森口瑤子)の子供から、声をかけられてしまう。『いえ・・・』慎吾は去っていき、咲子が不審そうな顔つきで、見つめていた。

真弓と綾子も実家に着いた。すると、咲子が血相を変え、裏に連れて行く。『どうしてこんなに早く来たの?人の目もあるんだからね?!』真弓が自分の娘と慎吾が来ていないかと尋ねると、咲子は驚きの表情を浮かべ、『まさか・・・連れてきたの・・・?』と言い、綾子の頰を打った。『やめてください!』真弓が止めに入り、綾子は『お邪魔しました!』と帰って行った。

綾子と真弓が道端で途方に暮れていると、太郎と秀明の車が通りかかる。やがて、4人はベンチに座っている慎吾と麗奈を見つけ出した。『何やってんだ、お前は!?人様の娘連れ出して!!』太郎が慎吾の頰を打つ。『やめて!私が勝手についてきたの!慎吾くん、帰る家がないって・・・』麗奈が止めに入った。『お前、何でそんなことを・・・』と太郎が表情を変えると、慎吾は『知らないと思ってるの!?小さい頃から婆さんに聞かされてたよ!俺が父さんの子供じゃないって』と声を荒げた。

その言葉を聞いた秀明は思わず綾子の方を振り返る。綾子は目を逸らした。『ちゃんと教えてくれよ!』慎吾に言われ、綾子は『そうよ、あなたは私とお姉ちゃんの旦那さんの間に出来た子供』と明かしたのだった。

咲子の婚約者にずっと憧れていた綾子。結婚式の直前、綾子は思いを打ち明け、2人は関係を持った。

慎吾を妊娠した綾子を、早く結婚させようと両親は見合い話を山ほど綾子の元へ持ってきた。『そのなかから1番女性に縁がなさそうな人を選んだの。家族の幸せを1番に考えてくれそうな人。それが・・・太郎さん』と綾子は語る。『父さんのこと利用したっていうこと?!』と慎吾に尋ねられ、綾子は『そうね、赤ちゃんには父親が必要だったから』と答えた。『最低だな!!』慎吾は涙ながらに叫ぶのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

真弓の決断

その後、綾子は母の通夜へ。真弓たちはホテルへ着いた。『慎吾、行くぞ!』喪服に着替えた太郎は慎吾を綾子の実家へ連れてきた。

親族一同が驚き、見守るなか、太郎は慎吾と堂々と歩き、焼香を済ませた。『この度はご愁傷様でした。うちの大事な1人息子です。茄子田慎吾です』太郎は親族にそう紹介し、遺族も頭を下げる。『帰るぞ』太郎はその様子を驚きの表情で見守っていた綾子に声をかけ、靴を履くのだった。

太郎たちがホテルに帰ってきた。すると、太郎は突然記入済みの離婚届を綾子に差し出し、『自由になれ』と言う。ロビーにいる秀明に『幸せにしてやってくれ』と伝えた太郎は、どちらと暮らすかは慎吾に任せると言い、『飲みに行ってくる』と外へ出た。

太郎を追いかけて、外に出た慎吾。慎吾は『父さんと暮らす!』と言うのだった。

太郎の後を追いかけた真弓。真弓の目の前で太郎は結婚指輪を外し、池に投げた。『笑ってくれ。俺な、綾子が初めて付き合った女だったんだ』見合いで綾子と初めて出会った時、綾子が美人すぎて、震えが止まらなかったと太郎は明かす。『その時全部聞いた。俺はそれでもいいって思った』綾子のような美人が自分のことを好きになるはずがないこと、女性は皆秀明のような男のことを好きになることを太郎は知っていた。

『綾子の子供なら、俺の子供だ。俺が育てたから、俺の息子だよ。何でみんなそんなことにこだわるんだ?・・・何でだ?俺は家族を愛してたんだよ。俺は綾子を幸せにしてやりたかっただけなんだよ・・・』太郎はそう言うと、声を上げながら泣き始める。真弓は太郎を抱きしめた。

やってきた秀明と綾子がその様子を見ていることに気づいた真弓。真弓はおもむろに立ち上がり、秀明と綾子が見ている前で、太郎の頰を両手で包み、太郎の額にキスをする。『この人はあんたにはもったいない。私が幸せにします。太郎さんと慎吾くんと、麗奈と私と、私たち4人で幸せになります』真弓はそう綾子に宣言した。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話の感想

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話が終了しました。茄子田家の秘密が明らかになると同時に、太郎の男気が明らかになり、真弓が太郎たちと幸せになる宣言をした第10話となりました。

第10話では、慎吾が言う『自分の家は普通じゃない』という言葉の意味が明らかになりました。姉の結婚式直前に姉の婚約者と関係を持った綾子。それだけでも親戚中から嫌われる要素は十分ですが、そこで妊娠した子供を綾子は産んでいました。

そうなると、綾子の姉・咲子の夫の子供でもあることから、慎吾と咲子の子供は腹違いの兄弟となり、複雑極まりない上に、慎吾が過去の不貞の生きた証拠となってしまいます。それでは実家に帰れない状態になることは致し方ありませんね・・・

また、綾子が他の男性の子供を妊娠していることを、太郎が承知で結婚していたことも明らかになりました。これはなかなかできることではありません。確かに太郎は封建的で理想の夫とは言えなかったかもしれませんが、日々太郎が家族のために仕事に行き、綾子と慎吾のことを家族として接してくれていること自体が太郎の大きな愛情だったわけです。しかし、そんな太郎の愛情は綾子に伝わることはなく、以前には一度も愛したことはなかったと太郎は綾子に言われてしまっていましたね・・・太郎と綾子の結婚の経緯を知った上で、これまでの綾子の行動を振り返ると、自分勝手過ぎて、腹が立ってきます。

第10話ラストにて、太郎と幸せになる宣言をした真弓ですが、お互いに慎吾と麗奈が淡い感情を持ち合っていることを考えると、太郎と真弓と麗奈と慎吾で暮らすことは、少し難しい気がしますが、子供抜きで考えると、太郎と真弓は両者ともに不器用だけど、お互いに嘘がないという点で幸せになれそうな気がします。

次回はいよいよ最終回、結局4人のそれぞれが帰る家はどこになるのか?楽しみです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』最終回のあらすじ

太郎を幸せにする宣言をした真弓でしたが、あれはやはり綾子を太郎の元へ戻そうという作戦だったようです。しかし、いち早く真弓の作戦を見抜いた綾子は、太郎を真弓に託し、自分は秀明と幸せになると宣言し返すのでした。

流されるまま、綾子と暮らし始めた秀明ですが、森永の告発により、秀明は左遷されてしまうことに・・・しかし、綾子にとっては左遷さえも秀明への愛を盛り上げる試練のひとつ。全く動じないのでした。

太郎が真弓に本気になってしまわないか?心配していた三浦でしたが、そんな三浦の予感が的中する気配・・・真弓は太郎に毎年家族で行っていた海に、今年は自分と真弓、子供達2人で行こうと誘われてしまいます。

週末、海辺で4人楽しく過ごしていた真弓たちの前に、綾子と秀明が現れました。女どおしの最後の戦いが始まるようです。

ドラマ『あなたには帰る家がある』最終回を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』の他にも!話題の春ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る