ブラックペアン8話ネタバレあらすじ&感想 佐伯倒れる!渡海,ペアン残された患者発見か

Pocket

二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)に医師として大きな問題があることに気づいたらしい帝華大の外科教授・西崎啓介(市川猿之助)。佐伯のことを恨んでいる外科医・渡海征司郎(二宮和也)が、2人の権力争いを利用し、佐伯への復讐を遂げようとしている可能性が浮上してきました。

佐伯の抱える問題、渡海の父・一郎との因縁がいよいよ明らかになってきそうです。

以下、ドラマ『ブラックペアン』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ブラックペアン』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

母親のオペを執刀した責任を問われ、減俸処分となった外科医・渡海征司郎(二宮和也)外科教授・西崎啓介(市川猿之助)に引き抜かれ、帝華大へ移っていきました。

そんななか、一刻も早く手術支援ロボット・カエサルの実用化に漕ぎつけたい厚労省の役人・富沢雅之(福澤朗)が東城大を訪れ、入院中の山本祥子(相武紗季)がカエサルの治験に打ってつけであることを語り、治験を依頼。なぜ外部の人間である富沢とその背後にいる西崎が、東城大の患者のことを知っているのか?が話題となり、情報漏洩させた犯人は帝華大へ移っていった渡海だろうという結論に、東城大医局では至るのでした。

祥子の病室に治験の説明をしに訪れた治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)は唖然とします。木下には、かつて看護師として働いていた頃、入ったオペにて執刀医が起こした医療過誤を自分のせいにされ、病院を追われた過去があり、祥子はその際の先輩看護師でした。自分のことを守ってくれなかった祥子に、木下は強い恨みを抱いていたのです。

しかし、祥子の過去の過ちへの後悔を知ったこと、医師として目の前の患者を救うだけだという渡海の医療従事者としての強い思いに触れた木下は、祥子のことを許そうとし始めます。祥子のオペでは、治験を優先するあまり、オペ途中で見つかった血栓をそのままにオペを終了させようとする流れが起こりますが、『今の会話を全て患者様にお伝えしてもいいですか?!』という木下の一声により、祥子の命を完全に救うことに成功します。

こうして、祥子と木下は和解。渡海が帝華大内部にて収集した証拠により、情報漏洩の犯人が病院長・守屋信明(志垣太郎)であることも発覚します。事実を明るみ出さない条件として、渡海は再び東城大へ戻って来ることになったのでした。

渡海が帝華大にてしてきたことは、情報漏洩の犯人探しだけではなかったようです。外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)の医師としての問題を知った西崎は、そのことを日本外科ジャーナル編集長・池永英人(加藤浩次)に報告し、2人は真相究明に向けて、乗り出すことになったのでした。

さらに詳しいドラマ『ブラックペアン』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『ブラックペアン』第1話〜第7話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第8話の視聴率

ドラマ『ブラックペアン』第7話の視聴率は13.0%という結果になり、これまでの平均視聴率は12.97%になりました。現段階での今期平均視聴率トップは、ドラマ『未解決の女』の13.02%となっていますが、ドラマ『未解決の女』がすでに第8回にて最終回を迎えてしまっているため、今後の視聴率次第でドラマ『ブラックペアン』が今期第1位の座に返り咲きそうな気配です。

ドラマ『ブラックペアン』第8話の視聴率は、引き続き13%代と予想します。実際のドラマ『ブラックペアン』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ブラックペアン』第8話の視聴率は16.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
13.7% 12.4% 12.1% 13.1%
第5話 第6話 第7話 第8話
13.4% 13.0% 13.0% 16.6%
第9話 最終回

それでは、ドラマ『ブラックペアン』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

渡海の黒い思惑

日本外科ジャーナル編集長・池永英人(加藤浩次)と帝華大の外科教授・西崎啓介(市川猿之助)が、東城大の外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)のもとを訪れた。近々、行われる日本外科学会にて、カエサルのお披露目をしたいというのだ。

しかし、カエサルは現在東城大にある。西崎は、東城大にて帝華大主導でカエサルのオペを行いたいと主張。それならば、西崎自身が執刀すればいいと佐伯は提案した。『ご自身では難しいということでしたら、いままで通りに東城大に・・・』という佐伯の言葉を受けて立つように、西崎は応じる。

教授室を後にした池永は、西崎が執刀しオペを成功させれば、株も上がり、次期外科学会理事長の座は間違いないと語る。しかし、西崎の表情は険しい。『だが、失敗すれば、すべてが水の泡だ・・・』と西崎は強い表情でつぶやいた。

いつも通り、見事な手際でオペを進める佐伯に異変が起こった。わずかに手が震えたのか、手術用具を取り落としてしまったのだ。『すいません!私のミスです!』自分が手渡すタイミングが遅かったと看護師長・藤原真琴(神野三鈴)がフォローし、オペは無事終了するが、オペ室を出た佐伯は疲労の色が隠せない。佐伯の足元はふらついていた。

そんななか、今度東城大にて行われる日本外科学会のお披露目にて行われるカエサルの手術の、東城大選抜チームが決定される。東城大からは外科医・渡海征司郎(二宮和也)・研修医・世良雅志(竹内涼真)・高階権太(小泉孝太郎)・看護師・猫田麻里(趣里)が帝華大との合同チームに入ることになった。

合同チームでは、今日も手術のシュミレーションが行われている。渡海が鮮やかな手さばきを見せ、帝華大の外科医を圧倒した。西崎から技術を褒められた渡海は『まあ、この調子で本番もお願いします』と愛想なく言い捨て、さっさと出ていく。『帝華大主導のお披露目会だ。君たちはただ見ているだけか?』西崎は残された帝華大の医師たちの尻を叩くのだった。

渡海を追った西崎は、この間渡海が帝華大へ移ってきた際に、PCにて飯沼達次という名前の患者を調べた履歴が残っていたと切り出した。しかし、帝華大の患者には飯沼という患者はいなかった。西崎はなぜ渡海が飯沼という名の患者を調べていたのか?尋ねるが、渡海はシラを切る。

また、西崎は今回やけに協力的な渡海の態度が気になっている様子。渡海が実力を出せば出すほど、西崎が優勢になり、結果佐伯が負けることになると西崎は渡海に語った。すると、渡海は『だから手伝ってやろうって言ってんじゃないですか?一緒に頑張りましょうね?西崎大先生』と笑い、去っていく。2人の会話を世良が聞いていた。

最近、病院を留守にすることが増えた佐伯。大事な合同オペを間近に控えているというのに、今日も佐伯は打ち合わせを早々に終わらせ、どこかへ出かけていく。そんな佐伯の姿を、渡海が伺っていた。
 


<スポンサーリンク>

 

佐伯の病

世良も、最近佐伯が病院を空けることが多くなったことを気にしていた。渡海はそんな世良に『確認してこいよ。教授がどこに行ってるか?後追って』と迫る。世良は看護師・花房美和(葵わかな)を誘い、佐伯の後を追ってみることにした。

西崎は渡海が本番にて態度を豹変させ、足を引っ張るのではないかと推測していた。その旨を聞いた高階は、渡海に近づき、なぜ今回だけ協力的なのかを尋ねる。渡海は佐伯が気に入らないことから、『今回だけは手を組んでやるよ』と答えた。『あなたの信念がわからない!』という高階に、渡海は『俺に信念なんかねえよ。信じるのは自分だけだ』と言うのだった。

東城大に小林というまだ若い特別待遇の患者が入院してきた。小林は数ヶ月待ちの佐伯のオペを繰り上げで受けることになったらしい。そんな小林が患う僧帽弁閉鎖症のオペの難易度が低いことから、高階は今度のお披露目にぴったりだということに気づいた。高階がそのことを西崎に報告すると、西崎は佐伯から小林を奪ってこいと命令するのだった。

佐伯の後を追った世良と花房は、とある病院にたどり着いた。『どこか悪いのかな?』つぶやく世良。

帰ってきた世良はそのことを報告。『この間のオペ、僕には一瞬教授のメスが震えたように見えたんですが・・・教授、どこか悪いんですかね?』と漏らす。すると、渡海は『心臓だろう?』と答える。高階は2人の会話を偶然聞いてしまった。

佐伯が心臓を患っているらしいことを、花房に報告した世良。『花房さんさ、前にペアンが写ってるレントゲン写真見たって言ってなかったっけ?』世良はそのレントゲン写真が佐伯のものではないかと推測していた。2人はデータを調べてみることに。

患者のデータを確認した花房は、佐伯のデータが全くないことを世良に報告。すると、世良は帝華大にて立ち聞きした西崎と渡海の会話を思い出し、飯沼という患者の名前で調べるよう、花房に依頼した。

花房が飯沼という名前でデータを調べようとしていると、突然看護師・猫田麻里(趣里)が現れ、何をしているのか?と花房を咎める。『何を調べてるのか知らないけど、もし渡海先生の邪魔をするなら、あなたを潰すことになるわ』と猫田は花房に告げた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第8話のあらすじ(ネタバレ)後篇

暗躍する渡海

病院の廊下にて、佐伯に話かけた渡海。渡海は、検査の結果、小林の症状が緊急性が低いこと、それにもかかわらずなぜ小林が優遇されるのか?と疑問に思っていることを佐伯に切り出した。しかし、佐伯は知り合いに頼まれたからだと話をはぐらかした。

佐伯は合同チームの調子を渡海に尋ね、渡海は順調だと答える。佐伯は『いくらカエサルが優れた機械でも、最後はやはり人だ。勝つのは人だよ』と渡海に告げるのだった。

そして迎えた日本外科学会にてのお披露目の日。多くの関係者が東城大へ集まってきた。しかし、佐伯の姿がどこにも見えない。佐伯にはオペの前に挨拶が控えている。

病院には佐伯が通う桜病院の院長の姿があった。小林は理事長の息子で、今日のお披露目にてオペを受ける患者が、急遽小林に変更されたことが発覚する。『なぜだ!?どういうことだ!』オペ室へ小林を連れていく医師たちに声をかけた高階。すると、高階は逆に『佐伯教授のオペが決まっていた患者です。それを横取りするなんて!』と外科医・関川文則(今野浩喜)たちから声を荒げられた。手引きをしたのは自分ではないと反論する高階。すると渡海が自分が手引きしたのだと明かした。

オペに際して、西崎は佐伯が心臓に病を抱えていることを大勢の招待客の前で突然発表。そもそも小林も佐伯の患者であったが、佐伯が病を抱えていることから、『教授はとても執刀できるような状況ではありません』と自分が変わったのだと西崎は説明した。

また、西崎は突然高階・渡海・世良・猫田たち東城大チームを手術から外すと発表。渡海たちは出ていくしかない状況に。

オペ室の外で、高階は『あの患者のことも、佐伯教授の身体のことも全てしゃべったんですね?どうしてですか?』と渡海に尋ねた。『すべては佐伯清剛を倒すためだ』と答える渡海。渡海は全ては人だという佐伯の言葉を思い出していた。

こうして、帝華大によるカエサルのお披露目が始まるが、その様子はもたついている。これまでカエサルは東城大にて実績を積んできたため、あちらの医師チームにはそもそも経験がないのだ。高階が危惧した通り、ミスが起こり、患者の出血が止まらなくなった。

『腕のない医者は死んだほうがいい。だから言っただろう?俺がいれば、大丈夫だって』渡海たち、東城大チームがオペ室へ入ってきた。『あんたの失敗、もみ消してやるよ・・・』渡海は西崎に凄む。
 


<スポンサーリンク>

 

倒れた佐伯

『邪魔』渡海が帝華大の医師に代わり、止血を行おうとした時、突然オペ室に佐伯が入ってきた。『渡海、変われと言ってるんだ。邪魔』佐伯に言われ、渡海は後ろへ退いた。

佐伯によるオペが始まった。相変わらず鮮やかな手さばきで、佐伯は患者の出血を止め、その後僧帽弁手術に移る。『ブラックペアン』佐伯が指示を出し、ブラックペアンを受け取り、オペは無事終了した。

たくさんの客が見守る講堂で、感激に震える外科教授・黒崎誠一郎(橋本さとし)が『これが、東城大が誇る佐伯教授のオペです!!』と声高らかに言い、講堂は大きな拍手に包まれた。

オペ室。オペを終えた佐伯は、背後で見ていた渡海に近づき、『私が負けるとでも思ったか?これが私だ。ブラックペアンで!』と力強く語り、オペ室を出ていく。取り残された西崎は『私は負けていない。助手がアームの位置を間違えただけだ・・・お前ら全員クビだ!』とその場にいた帝華大チームに声を荒げる。その様子を見ていた高階は『人捨てるあなたに、人を救う価値はない』と不快そうにつぶやくのだった。

オペ室を出た佐伯は、東城大の医師たちに大きな拍手をもって、出迎えられた。笑顔で拍手に答える佐伯だったが、突然佐伯は倒れてしまう・・・

『これでようやくわかってきました』その頃。息子の手術が無事終了し、安堵する桜病院の院長に話しかけた渡海。桜病院の院長に、症状がさほど重くない息子の手術を、佐伯にお願いできるほどの貸しがあることに渡海は気づいたらしい。渡海は佐伯に頼まれ、桜病院がある患者を匿っているのではないかと推測していた。『東城大には知られたくない患者がいる。だから今日もそこへ足を運び、ギリギリまで症状を見ていた。症状はなんだ?歳はいくつだ?名前は?・・・言えよ!?』桜病院の院長に迫る渡海。渡海に胸元を掴まれ、院長は『飯沼達次・・・』と苦しそうに明かした。

そこに花房が駆けつける。『渡海先生!佐伯先生が!!』花房の言葉を聞いた渡海は『いったか・・・』と怪しく微笑むのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第8話の感想

ドラマ『ブラックペアン』第8話が終了しました。佐伯と西崎の激しい権力争いを利用するように、佐伯への復讐を密かに進める渡海の姿が描かれた第8話となりました。

日本外科学会にてのお披露目にて、一気に株をあげようと企んでいた西崎、そしてそんな西崎と佐伯の権力争いにて、佐伯を敗北させることを企んでいた渡海ですが、そこは佐伯が1枚上手だったようです。結局、カエサルのお披露目は佐伯の1人勝ちで幕を閉じました。

そして、第8話では渡海が探している飯沼という患者の存在が登場しました。佐伯も心臓の具合を悪くしていることから、これまでに度々登場しているペアンが体内に取り残された患者が佐伯ではないか?と推測した世良でしたが、世良の推測は外れたようです。おそらく、体内にペアンが取り残されている患者こそが飯沼で、だからこそ佐伯は飯沼の存在を隠し、他病院でこそこそ経過を診るとというやり方をしているのだと推測します。

渡海が飯沼を探しているのは、父・一郎の復讐のためであることは間違いなさそうなことから、この飯沼という患者とその体内に取り残されたペアンを巡って、佐伯と一郎の因縁が生まれた可能性が非常に高いですね。

第8話の渡海の行動にて、渡海が間違いなく自分を陥れようとしていることは、佐伯にもわかっていることから、目的達成の前に、佐伯の手により渡海が排除されてしまうという展開もあるかもしれませんね。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第9話のあらすじ

佐伯が倒れ、検査の結果、佐伯が心臓に病を抱えていることが発覚しました。かなり難しいオペになることから、東城大内で佐伯の命を救えるのは渡海しかいないという状況に・・・

その頃、渡海は桜病院に乗り込み、飯沼という患者を探していました。しかし、桜病院にはすでに飯沼の姿はなく、渡海は飯沼の居所を聞き出すため、佐伯の命を救う決意を世良に語るのでした。

しかし、当の佐伯は渡海のオペを受けること拒否。佐伯はカエサルでの手術を希望します。西崎がこれまでに重ねたカエサルの治験のデータ全てを持ち去ったため、東城大のスタッフたちは手探りの中、佐伯のオペの準備を進めることになるのでした。

ドラマ『ブラックペアン』第9話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』の他にも!話題の春ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

限界団地2話ネタバレあらすじ&感想 寺内の狙いは江理子だった!狂人に見初められる恐怖

コンフィデンスマンJP最終回ネタバレあらすじ&感想 ダー子らの本名,過去は本物!?トリッキーなラストに

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る