あなたには帰る家がある9話ネタバレあらすじ&感想 慎吾,太郎の子じゃない?!茄子田家の秘密とは

Pocket

中谷美紀さん主演ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

夫婦ではなくなったものの、娘の両親として麗奈(桜田ひより)のピンチに立ち向かった真弓(中谷美紀)と秀明(玉木宏)。しかし、綾子(木村多江)が浮上させた同棲疑惑により、秀明は上がった株を落とすのでした。

第9話にて開かれる真弓・秀明・綾子・太郎(ユースケ・サンタマリア)の四者面談にて、4人の今後が明確化していきそうな気配です。

以下、ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

密かに想いを寄せていた茄子田慎吾(萩原利久)の母・綾子(木村多江)父・佐藤秀明(玉木宏)が不倫、結果綾子が自宅に押しかけるという修羅場の末、両親が離婚したということを親友の楓に打ち明けた麗奈(桜田ひより)。しかし、楓がついうっかり漏らしてしまったことが原因で、この事実が陸上部内に知れ渡ることになり、麗奈は陰口を叩かれるようになってしまいました。

父に浮気され、離婚となった母・真弓(中谷美紀)のことを気遣う麗奈は、そんな自らの苦境を真弓には知られないよう、強がっていましたが、ついに限界を迎え、麗奈は学校を辞めたいと言い始めます。

娘に起きていたことを全く知らなかった真弓は自分自身を母親失格だと責め、シングルマザーとなったが故に、子供の問題に1人で立ち向かわなければならないことに心細さを抱えていました。

そんな中、娘の異変を察した秀明。父のことを拒絶する麗奈でしたが、娘を愛する気持ちから秀明はどんなに拒絶されても、麗奈に食い下がります。父として麗奈ことを一生応援し続けたい、そんな父の強い気持ちと応援を受け、麗奈は再び前を向いて歩き出す決意を固め、楓と仲直りするのでした。

娘のピンチに立ち向かってくれた秀明のことを、真弓が見直したのもつかの間。秀明の忘れ物をアパートに届けに行った真弓は、アパートの部屋から綾子が出てきて、秀明のことを『おかえり』と迎えている現場を目撃してしまいます。実はこれは綾子の企みで、事前に盗み出したアパートの鍵を使い、秀明の留守中に勝手に上がり込んでいただけなのですが、真弓はすっかり勘違い。駆けつけた太郎(ユースケ・サンタマリア)もまた、その現場を目撃することになるのでした。

更に詳しいドラマ『あなたには帰る家がある』第9話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『あなたには帰る家がある』第1話〜第8話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話の視聴率

ドラマ『あなたには帰る家がある』第8話の視聴率は7.7%という結果になりました。これでドラマ『あなたには帰る家がある』の平均視聴率は8.24%となり、それでも全体の中では真ん中から少し下あたりの位置付けとなっています。平均視聴率5%代〜6%代が頻出した前期と違い、今期はドラマ全体の視聴率が上がってきている傾向にあるようです。

ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話の視聴率は、最終回に向け上昇し8%代後半と予想します。実際のドラマ『あなたには帰る家がある』第9話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話の視聴率は8.2%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.3% 8.1% 9.1% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
8.0% 7.9% 9.0% 7.7%

 

第9話 第10話 最終回
8.2%

それでは、ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

真弓に到来したモテ期

真弓(中谷美紀)が届け物を元夫・秀明(玉木宏)のもとへ届けいくと、秀明のアパートから茄子田綾子(木村多江)が出てきた。気分を害した真弓は途端に態度を豹変させ、『すっごく迷惑だから、住所変更しといて!』と届け物を押し付け、とんぼ返り。

『お似合いだよね?乙女ぶりっ子おばさんと流され型男で』カレーショップこまちにて、真弓は秀明が綾子とヨリを戻していたことを愛川由紀(笛木優子)に愚痴る。『別れた旦那が誰と付き合おうと勝手だしね!』と口では言う真弓だったが、明らかに腹を立てていた。そんな真弓に、愛川は『そろそろ彼でも見つけたら?』と言い、真弓はその気になるのだった。

その途端、真弓にモテ期が到来したのか、真弓は会社にてバツイチのイケメン上司や、可愛い年下男子に食事に誘われたり、優しくされるのだった。

すると、間近に控えている真弓の誕生日ディナーの予約の件で、レストランから確認の電話がかかってきた。離婚する前に、家族3人で予約したものだ。真弓は人数を2人に、名前も旧姓に変更したのだった。

真弓が会社の外に出ると、秀明が待ち伏せしていた。綾子と同棲しているのではないことを弁明しようとする秀明だったが、真弓は『バツイチになるとモテるって言うけど、本当だね?』と自分にもいい人がいるような素振りを見せる。秀明に弁明する隙すら与えず、真弓は去っていく。

真弓の後を追った秀明は、真弓が茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と会っているのを目撃。『嘘だろ・・・』とつぶやいた。

喫茶店に入った2人。太郎は秀明のことを訴えようと思っているということを真弓に切り出した。そうなれば、秀明が養育費を払えなくなる恐れがあるため、真弓に困るだろう?と尋ねる太郎。しかし、真弓は『勝手にどうぞ。うちは関係ないんで!もう他人なんで!』と言い切るのだった。

秀明が帰宅すると、またもや綾子が部屋の前で待っていた。綾子は4時間以上待っていたらしい。『こういうの困ります!誤解されたくないので』と秀明は強く言い、部屋の中へ。肌寒い中、待っていた綾子がくしゃみをするが、秀明は気を強く持ち、ドアを閉めた。

ウィークリーマンションに帰宅した綾子は、こまちのインスタから、今度店の10周年記念イベントがあることを知る。真弓は写真に三浦圭介(駿河太郎)と一緒に写っている真弓を拡大し、見つめるのだった。

誕生日を迎えた真弓は42歳になった。今日はこまちのイベントの日だが、慎吾(萩原利久)から誘われた麗奈(桜田ひより)は、店へは行かないと言う。真弓は1人でこまちに向かうことにした。
 


<スポンサーリンク>

 

恐怖の四者面談

10周年イベントは大勢の人で賑わっていた。三浦は後で渡そうと、密かに真弓に誕生日プレゼントを用意していた。

すると、秀明がやってきた。続けて、たくさんの手作り惣菜を携えた綾子が現れる。秀明が綾子の登場にうろたえていると、太郎までもが現れた。『久しぶりだな、佐藤。飲もうよ?』

その頃、麗奈は慎吾と一緒にいた。『慎吾くん、彼女いるの?』思い切って切り出した麗奈。『・・・いない。お前は?』『・・・いない』笑顔で答える麗奈。

『カレーに合うと思って、コブサラダと、ローストビーフと、ロメインレタスと・・・』綾子が弁当箱を並べ始めた。人の店で手製の料理を並べる綾子の神経を、真弓は疑う・・・

綾子はおまけに三浦に差し入れだと桃のムースを差し出した。この桃は真弓が秀明に届けに行ったものだ。『この人の親戚から、美味しい桃をいただいて・・・』と綾子はドヤ顔で真弓の方を見た。

太郎から誘われ、真弓も腰を下ろし、4人でテーブルを囲むことになる。『今日わね、確認しに来たの。私たち、もう付き合ってもいいわよね?』と綾子が切り出す。今でも秀明が真弓に怯え、ビクビクしていると言葉を続ける綾子。別れたのに自分と秀明のことについて、真弓が怒ることはおかしいのではないかと綾子は語る。『私は手放さない!太郎さんに打たれても、私にはこの人しかいない覚悟でここにいるの。私たちのこと、許してくれるわよね!?』と綾子が迫り、真弓は『どうぞ!』と怒って席を立った。『知らないみたいだから、教えてあげるけどね?旬の桃っていうのはね、冷やしてそのままかぶりつくのが一番!絶対その方が美味しいから!』真弓は綾子に声を荒げ、ゴミを捨ててくると店を出て行く。秀明が追っていった。

『綾子さんとは何もないんだって!!』真弓に弁明した秀明。しかし、真弓は『あっそ!どうでもいい!』と話を聞かない。『なんで別れてまでこんな喧嘩しないといけないのよ!!他人なのに!!』と声を荒げる真弓に、秀明は『関係なくない!!』と反論。真弓がどんな男と付き合うのかも気になると秀明は本心を明かした。

『まさかさ・・・茄子田太郎と付き合ってる・・・?』恐る恐る切り出した秀明。『はぁ〜〜〜!?何がどうなったらそうなる?!』真弓が否定し、秀明は安心し、笑い始めた。今日が真弓の誕生日であることを覚えていた秀明は、レストンランのディナーに自分も行きたいと言い始めた。『俺も行っていい?奢るから!!』悪い気がしない真弓は、応じるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話のあらすじ(ネタバレ)後編

倒れた綾子の母

店内の綾子は、離婚したい意思は変わりないこと、生活が落ち着けば、慎吾を迎えに行くことを太郎に伝えた。『このあいだ言ってわね?お前の過去も消せるのかって。もしあなたが余計なことを秀明さんに吹き込んだら、あなたのことを軽蔑してしまうでしょうね?人として、心の底から』と綾子は太郎に釘を刺し、席を立った。

その頃。茄子田家には、綾子の栃木の実家から、綾子の母が危篤状態になったという電話が入っていた。電話を受けた太郎の母は、ちょうど帰ってきた慎吾に『あんたのお母さんの実家から。あんたも一緒についていけば良かったのに』と嫌味ったらしく笑うのだった。

母から連絡を受けた太郎が、綾子の母が危篤であることを綾子に店の前で伝え、今から一緒に栃木に向かうことを伝える。しかし、綾子はその場に居合わせた秀明に『栃木の母が倒れたの。送って行ってくれない?』と迫る。『俺が?!』戸惑う秀明。『おい!!』と太郎が綾子を一喝。しかし、綾子は『あなたとなら行かない!』と言い張り、秀明の腕にしがみつく。見かねた真弓が『行ってあげたら?緊急事態みたいだし』と切り出し、綾子は秀明と2人で栃木に向かうことになった。

残された太郎に、真弓は『いいから、飲みましょう!』ともう一度店に戻るよう、促すが、太郎は『邪魔して悪かったな・・・』と力なくつぶやき、去っていった。

『真弓さん、もう俺にしなよ?』パーティーが終わった後、三浦と2人きりになった真弓は、突然背後から抱きしめられた。『飲み過ぎ!!今日はもう帰るね』真弓はそそくさと帰っていく。

慎吾とのデートから帰宅した麗奈が、慎吾に(今家?)とLINEすると、慎吾からは(今日、家帰らないかも)と返信があった。

栃木の病院。綾子が駆けつけるが、すでに母は亡くなった後だった。『遅かったね。お母さん、ダメだった。親不孝だね、最後まで』と綾子は姉らしい女性に言われてしまう。『誰?』という姉の子供に、綾子の姉は『遠い親戚』と答えるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

太郎と心通わせた真弓

病院から戻ってきた綾子を、車で迎えた秀明。『昼間はごめんなさい・・・嫌いになってくれていいから、今夜だけは一緒にいてくれない?どこにも帰れないの・・・1人にしないで』綾子は泣き崩れた。しかし、秀明は『お母さんのこと、残念でした。でも僕、今あなたを見ても、何の情も湧いてません。僕が今考えてるのは、あなたのことじゃない』と冷静に語るのだった。

帰宅した真弓は、麗奈とレストランへ向かおうとするが、麗奈は家にいなかった。麗奈はどうやら慎吾の元へ行ってしまったらしい。一度は店をキャンセルした真弓だったが、ふと思い立ち、太郎の家の近所へ。海辺で釣りをしていた太郎を誘い、予約していたレストランを太郎と一緒に訪れた。

こうして、真弓は誕生日のディナーを太郎と一緒に食べることになった。『もし俺が悪かったなら、どうすれば俺は変われる?どうすれば、綾子は戻ってくる?』と切り出した太郎。真弓は『終わったんですよ?茄子田先生』と告げ、人生100年のこの時代、自分にも太郎にももっとふさわしい人がいると説明した。『この歳で?』という太郎に、『いけますよ!よく見たら、顔は可愛げのある感じに見えないこともないですし・・・昭和だけど、ある意味芯は通ってて、誠実?』とお世辞を言う真弓。『何か一つくらいないんですか?!』と真弓に促され、太郎は散々真弓の短所をあげつらった挙句、『真弓は・・・嘘がない!』と褒めた。

やがて、真弓のバースデーケーキが登場。太郎は人目も気にせず、大声で真弓へのバースデーソングを歌い、真弓は思わず腹の底から笑ってしまう。すると、真弓はふと、自分が探し求めているパートナーの条件を太郎が備えていることに気づく。(あれ?今の私に必要なパートナー・・・浮気しなくて、誠実で、そばにいると思わず笑顔になれて・・・)『それでも先生が年取って誰もいなくて、寂しかったら、私が縁側でお茶くらいいれてあげますよ』と真弓は笑顔で言い、2人のそんな様子を栃木からレストランに駆けつけた秀明が目撃していた。

探し回った挙句、慎吾のことを見つけた麗奈。慎吾は『俺、もうぶっ壊れそうだ!』と言いながら、涙を流していた。慎吾のそんな様子を目の当たりにし、思わず泣いてしまう麗奈。すると、慎吾は麗奈の顔を見つめ、『うち、普通じゃないって言っただろ?うちの秘密、知りたい?』と言うのだった。

ウィークリーマンションのキッチンに1人立つ綾子。スマホの画面の真弓の顔を見つめている。湧き上がる感情をぶつけるように、綾子は桃にかぶりつく。果汁が滴り落ちるのにも構わず、綾子は真弓の顔を凝視しながら、桃をむしゃぶり続けるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話の感想

ドラマ『あなたには帰る家がある』第9話が終了しました。相変わらずの綾子と秀明が何かと騒がしいなか、真弓が同じ浮気された者どおしである太郎と心を通わせた第9話となりました。

一度結婚し、麗奈という娘もいる以上、パートナーに求めるものは父としての器でも、稼ぎでもない。ただ、自分だけのことを見てくれて、他愛もないことで笑えたらそれでいい、そんなことを考えていた真弓でしたが、まさにそんな真弓の理想の彼氏像にぴったりな人物が近くにいましたね。

綾子にあれだけのことをされながら、綾子のことを許し、未だに帰ってきてほしいと願っている太郎は、真弓の言う通り、『ある意味』誠実で、一途です。また、独自の理論を他人に強要する悪い癖はありますが、全てにおいて流され、頼りない秀明にうんざりしてきた真弓にとっては、『ある意味』新鮮で、自分の意思を持った男性に見えるかもしれません。最初は嫌な奴という印象しかなかった太郎ですが、綾子が出て行ってからは強硬策に出るわけでもなく、どうすれば綾子が戻ってきてくれるか?考えながら、綾子の帰りを待っているというしおらしさぶり。意外といい奴なのかもしれません。

そして、第9話では以前からも出ていた茄子田家が普通の家ではないという点が、クローズアップされました。太郎の母の慎吾への態度は、可愛い孫に対する態度とは到底思えないことから、慎吾は太郎とは血の繋がっていない子供なのかもしれません。それが、太郎の言う綾子の過去なのでしょうか?

また、綾子は実家からもかなり嫌われていることが第9話で明らかになりました。実の姉から、あの言われよう、『親不孝だね、最後まで』という姉のセリフが、かつても綾子が親不孝だったことを示唆していますが、綾子には親戚中から嫌われてしまうレベルの過去があるとみて、間違いなさそうです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話のあらすじ

真弓が誕生日ディナーを太郎と一緒に楽しんでいたところを目撃してしまった秀明は、ますます2人の仲が気になることに。三浦にその旨を相談しますが、三浦はない!との一言。秀明が安心したのもつかの間、真弓が太郎と2人でこまちに連れ立って現れ、仲よさげな2人の様子を目の当たりにした秀明と三浦は激しく動揺するのでした。

そんななか、麗奈が学校を無断欠席し、慎吾と共に綾子の実家がある栃木に向かっていることが発覚します。2人のことを心配する真弓と秀明、太郎と綾子は2人を追い、栃木に向かうことになるのでした。

栃木では綾子の母の葬儀の真っ最中。綾子が葬儀に慎吾を連れてきたと勘違いした綾子の姉・咲子が激怒します。思わず間に入る真弓でしたが、いよいよ茄子田家の秘密が明らかになるようですね。鍵はやはり、慎吾のようです。

ドラマ『あなたには帰る家がある』第10話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』の他にも!話題の春ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る