モンテクリスト伯8話ネタバレあらすじ&感想 未蘭仮死状態になる薬服用か?真海の信一朗への配慮?

Pocket

ディーン・フジオカさん主演ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

正体を隠し、着実に復讐を遂行していくモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)。しかし、ついに真海の正体に気づき、真海を闇に葬ろうとする人物たちが現れます。

そして、最終章となる第8話からは、すみれ(山本美月)の存在や良心の呵責から、真海の心が揺さぶられる事態に。復讐を貫くのか?それとも、やめるのか?真海の行く先に注目が集まります。

以下、ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

香港の裏組織ヴァンパに属していた時に、有名俳優・ショーン・リー(ジョー ナカムラ)一家殺害のきっかけを作ってしまった俳優・南条幸男(大倉忠義)。事件の生存者であるリーの娘・エデルヴァはその後人身売買で壮絶な数年を送ったのちに、モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)に買われました。エデルヴァはマネージャー・江田愛梨(桜井ユキ)として幸男の周辺に潜り込み、真海との共通の敵である幸男に復讐を遂げようとしていました。

一方、刑事・入間公平(高橋克典)不動産会社社長・神楽清(新井浩文)は、真海が現れてからというもの、自分たちの周辺で不穏なことが相次いで起きることから、真海への不信感を募らせていました。入間は真海について調べ始めます。

そんな中、入間の妻・瑛理奈(山口紗弥加)定吉(伊武雅刀)の遺産の取り分を増やすため、入間の前妻との間の子供である未蘭(岸井ゆきの)を毒殺しようと計画していました。守尾信一朗(高杉真宙)と恋仲になりつつある未蘭を失いたくない定吉が未蘭に毒を盛り、後追い自殺をするという瑛理奈が書いたシナリオを定吉は聞かされますが、喋ることすらできない定吉にはどうしようもありません。

幸男から罪の告白を受けた妻・すみれ(山本美月)は、一緒に夫の罪を背負っていくことを決意します。真海の別荘を訪れたすみれは、真海の正体が紫門暖であることに気づいていること、幸男への復讐はやめてほしいことを訴えますが、真海により、幸男の暖への裏切りを聞かされたすみれは、幸男の行為が許せずに離婚を決意するのでした。

妻と娘を失い、加えてマスコミへヴァンパ時代の罪を暴露された幸男は失墜。全てを失った幸男に、正体を明かした愛梨は自殺を促し、一旦は去りますが、幸男の娘・明日花(鎌田英怜奈)の父を慕う様子に心動かされ、自殺を止めに幸男の元へ。しかし、不幸にも間に合わず、愛梨は宙からぶら下がった幸男の姿を発見するのでした。

更に詳しいドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第1話〜第7話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話の視聴率

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第7話の視聴率は5.9%となりました。これでドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』の平均視聴率は5.91%となり、今期ゴールデンタイムにて放送されている連続ドラマの中ではワースト1となっています。しかし、その一方、Yahoo!JAPANテレビの視聴者からの評価では4点越え(5点満点)という高評価を獲得。全ドラマ内トップの評価となっていて、視聴者からの評価と視聴率が反比例しています。

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話の視聴率は6%代と予想します。実際のドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話の視聴率は7.4%%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
5.1% 5.7% 7.1% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
5.3% 6.0% 5.9% 7.4%
最終回

それでは、ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

悪魔の計画

『どういうつもりだ!?』南条幸男(大倉忠義)の命を救った江田愛梨(桜井ユキ)に声を荒げるモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)。首をつった幸男のもとに駆けつけた愛梨は、明日花(鎌田英怜奈)のことを思い、縄を切ってしまったのだ。小切手を愛梨に渡し、愛梨のことを自由にする真海に、愛梨は『幸せにはならないんだと思います!人を不幸にしても』と訴える。真海は『私の幸せは、私が決める』と愛梨を突き放すのだった。

こうして、幸男は一命を取り留め、病院へ運ばれた。病室を訪れた真海は、幸男の点滴から毒物を注入し、殺害しようと試みた。すると、そこに駆けつけたすみれ(山本美月)。『私がやる!』真海が手を汚すくらいならば、自分が幸男の息の根を止めるというすみれ。しかし、そこに明日花が戻ってきたため、真海は出て行った。

波止場にて釣り糸を垂らしながら、真海は初めて計画通りに進まなかった復讐について、思いを巡らせていた。すると、そこに守尾信一朗(高杉真宙)が現れた。信一朗に彼女がいるのか?という話になり、信一朗の素振りから大切な人がいることに気づいた真海。その時、信一朗のスマホに着信があり、スマホを信一朗に手渡した真海は、その画面に刑事・入間公平(高橋克典)の娘・未蘭(岸井ゆきの)の名前が表示されていることに気づいた。

入間家。瑛理奈(山口紗弥加)が未蘭の命を狙っていることを知った定吉(伊武雅刀)が、未蘭にそのことを警告しようとしていた。『何か話したいみたい』そのことに気づいた未蘭。しかし、会話用のタッチパッドは瑛理奈の手により細工がされ、タッチパッドは無意味な文字の羅列を読み上げる。『もしかして、認知症?』瑛理奈は素知らぬ顔で、未蘭の前で大げさに言って見せた。

未蘭が部屋から出て行った後、瑛理奈は定吉に未蘭殺害の計画を明かす。『明日、信一朗さんが来た際に、お義父さんの眼の前で!』すると、そこへ真海が定吉の元を訪れた。投資家同士の話を2人きりでしたいと言う真海は、定吉と2人きりになった後、眼線で会話できる文字盤を差し出した。『これで会話できますよね?』定吉の目線から真海は(みらん、ころされる。あした)というメッセージを読み取った。
 


<スポンサーリンク>

 

入間と神楽の画策

その頃、神楽清(新井浩文)は入間と接触していた。地上げ屋・寺角類(渋川清彦)や幸男の件が、全て真海になりすました紫門暖による復讐だと、神楽も入間も気付き始めていた。『ククメットの手紙、あれ入間定吉さんに宛てたものですよね?警視総監になろうという時に雑音はないほうがいいんじゃないですか?』そう神楽は言い、『やられる前にやらないと。あいつをもう一度殺してください』と入間に依頼するのだった。

寺門の件で、入間に任意同行を求められた真海は、入間に案内され、ある取調室へ通された。『ファリア真海(田中泯)のことをご存知ですよね?』そう切り出した入間。入間はファリアの死亡した時期と、真海が莫大な財産を手に入れ現れた時期が一致すると語り始める。『これは、ラデルからの通知書です』入間は暖の死亡届を差し出し、これがあったから油断していたと話した。

『私たちに復讐するために戻ってきたんですよね?』と入間が尋ねると、『何か身に覚えがあるんですか?』という真海。入間は『いえ、全く。あなたは脱獄囚に過ぎない。捕まえて、ラデルに送り返しますよ?』と言い返す。真海は自分がファリアの息子であること、父同様、祖国から追われる身であることから身分を偽っていると明かし、帰って行った。

暖が帰った直後、刑事が寺門の遺体からでたDNAの検査結果を持って、入ってきた。寺門からは、安堂完治(葉山奨之)のDNAが出ていた。

留美(稲森いずみ)が安藤と、アパレルブランドを展開するための物件めぐりを楽しんでいると、入間から電話がかかってきた。『彼からすぐに離れるんだ』入間は寺門の殺害に、安藤が関わっていることが分かったと明かした。

その旨を安藤に告げた留美。安藤は『もう終わりだよ!放っておいてくれよ!』と激しく取り乱す。一緒に逃げようと、留美はあくまでも落ち着いているのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編

真海の反撃

真海の別荘。(みらん、ころされる。あした)という定吉のメッセージを記したメモを前に、頭を悩ませる真海。やがて、真海は思い立ったように立ち上がり、『出かけるぞ』と秘書・土屋慈(三浦誠己)に伝える。車に乗り込んだ時、入間が真海の指紋を採取したとやってきた。

入間は取調室で採取したらしい真海の指紋と、紫門暖の指紋が一致したと書類を差し出した。『国外逃亡の恐れがあるため、あなたの身柄を警察の監視下に置かせていただきます。復讐ごっこは終りだ。お前の負けだよ、紫門暖』入間は高らかに笑い始める。

すると、真海はかつてこの別荘で赤ちゃんが生まれ、今もまだ生きていることを語り始めた。入間の表情が変わる。『名前は安堂完治』もしも、入間が書類を差し替えてくれるのなら、このことは黙っていると真海は静かに語った。

土屋は入間の前に、銀の盆とろうそくを差し出し、入間は冷や汗を流しながら、悔しそうに書類を燃やしたのだった。

入間から、安堂完治に寺門殺害の容疑がかかっていることを聞いた神楽。『私を助けるために、安堂くんが殺してくれたの』と嬉しそうに語る留美に、神楽は『巻き込むなよ!』と激怒。すると、突然安堂に金を貸していたヤミ金業者・天野(栁俊太郎)が入ってきた。

『木島(嶋田久作)先生にあげるお金もいるでしょう?』留美は神楽を保証人にし、天野から金を借りたらしい。天野が差し出したスーツケースの金を留美は掴み取る。秘書、牛山直紀(久保田悠来)がドアを開け、留美は逃げていった。『何してんだよ!お前!』牛山に迫った神楽は、逆に殴られてしまう。しゃがみこんだ神楽の背後から、天野が神楽の頭部をスーツケースで思い切り殴った。

瑛理奈の未蘭殺害予定日。入間家へ向かう前に、かつて未蘭と約束したダボハゼを釣ろうとしていた信一朗のもとを真海が訪れた。真海は今日これから起ころうとしていることを信一朗に話して聞かせ、『あなたには、幸せになって欲しいんです』と言う。これを持っていれば助かると真海は小瓶を差し出した。

入間家では、未蘭が信一朗を迎えるための服選びに迷っている。瑛理奈は密かに毒の用意を始めていた。瑛理奈が用意したレモネードを未蘭に進め、未蘭は飲んだ。

やがて、信一朗がやってきた。すると、突然未蘭が倒れてしまう。定吉の目から涙が溢れた。
 


<スポンサーリンク>

 

未蘭に毒を盛ったのは・・・?

しかし、未蘭はまだ生きていた。瑛理奈が持ってきた水を未蘭に勧めようとした信一朗は、ふと真海が『未蘭の命を狙っている人物がいる』と持たせてくれた小瓶のことを思い出した。信一朗は、それを良く効く漢方だと説明し、未蘭に飲ませた。すると未蘭は『嘘!?もうすっきりしてきた。何これ、すごいね!』と言った途端、鼻から出血。口からも吐瀉物を流し、倒れてしまった。

病院に緊急搬送された未蘭。入間が駆けつける。しかし、未蘭は予断を許さない状態で医師からも『脳神経に損傷がみられます。助かったとしても、後遺症は残ると思ってください』と告げられてしまった。

入間の前妻、出口から検出された毒と同じ毒物が、未蘭の体内から検出されたことから、医師は『誰かが毒を盛ったんです。警察に通報してください!!』と入間に告げる。入間が迷っていると、信一朗が『俺なんです!未蘭さんに毒を飲ませたのは、俺なんです!!』と名乗り出た。『誰から渡された!?』と信一朗に掴みかかる入間に、信一朗は『真海ってやつです!!』と答えたのだった。

神楽が目を覚ますと、見知らぬ部屋に閉じ込められていた。

その頃、留美は安堂とレンタカーを借り、走り出す。

入間家。泣きはらした目の瑛理奈は、レモネードをうっかり口にしたため、寝込んでいるらしい瑛人のことを抱きしめ、『愛してる』とつぶやいた。

幸男の病室。真海から渡された毒を幸男の点滴内に混入させようとしたすみれは、突然幸男に取り押さえられた。『俺を殺したいんだよな!?行くぞ!暖ちゃんのとこに』

別荘のキッチンに立つ真海の背後に、愛梨が現れた。『自由を探しに行ったんじゃなかったのか?』という真海に、真海からもらった小切手を差し出す愛梨。『足りなかったのか?』愛梨は小切手を丸め、飲み込もうとする。『随分贅沢な朝食だな。飲み込みにくいだろう?スープ飲むか?一緒に』と優しく振り向く真海。途端に愛梨は号泣し始めた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話の感想

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』第8話が終了しました。入間と神楽が、かつてのように再び真海を闇に葬ろうと動く中、常に1枚上手の真海の手により、復讐計画が佳境を迎えた第8話となりました。

第8話では、神楽に決定的な復讐の手が伸びました。秘書の牛山も、天野も、真海のグルだったようです。かつて暖がいた独房のような部屋に閉じ込められた神楽には、これから暖が味わったのと同じ運命が待っていそうですね。

そして、じわじわと進められていた入間家崩壊計画も、いよいよ佳境に。入間家崩壊のため、真海が目覚めさせた瑛理奈が放っておいても、入間家をぐちゃぐちゃに壊してしまう予定だったのですが・・・

瑛理奈が毒を盛ったと推測されたレモネードですが、わずかにですが口にした瑛人が寝込んでいる様子からも、あれには致死量の毒物は入っていなかったと思われます。ですので、未蘭がああいう状態に陥ったのは、真海が手渡し、信一朗が未蘭に飲ませた小瓶が原因でしょう。

憎い入間の娘を真海が毒殺するために信一朗を利用したという見方もできますが、わざわざ瑛理奈を目覚めさせた経緯や定吉の(みらん、ころされる。あした)というメッセージを前に頭を悩ませていたらしい真海の描写から、あの瓶に入っていたものは毒ではなかったと推測できます。何より、真海にとって、信一朗は味方である存在。いくら復讐のためでも、信一朗が悲しむようなことは真海でもできないでしょう。

本当にそういう薬物があるのか、謎ですが、ロミオとジュリエットにて、ジュリエットがロミオと結ばれるために服用した仮死状態になる薬のようなものなのでは?と思います。思えば、2人をロミオとジュリエットに例える瑛理奈のセリフが前回ありましたね。

もし、そうなのならば、2人が結ばれることが、復讐劇の後に残された唯一の希望的な描写をされるのかもしれません。最悪、復讐相手ごと真海も命を落としてしまうという結末になるのでは?と心配になってきました・・・
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』最終回のあらすじ

真海に渡された薬を飲んだことが原因で昏睡状態に陥ってしまった未蘭。入間に促され、信一朗は入間と共に真海のもとを訪ね、どういうことなのか?詰め寄ります。そんな信一朗に、真海は死んで償うと詫びるのでした。

計画通り、未蘭をすでに亡き者にしたという認識の瑛理奈は、最終的な標的である定吉に狙いを定めます。殺害されかけた定吉でしたが、間一髪、そこに入間が帰宅。定吉は入間に、瑛理奈の正体を告げようとします。

一方、隔離された神楽には、国有地の売却の件で、政治家へのヤミ献金疑惑が浮上。自らが東京地検に追われる身になったことを知り、ショックを受ける神楽。しかし、神楽にはかつて暖が受けたような激しい拷問が待ち受けていたのでした。

そして、すみれと共に、真海のもとへ向かった幸男。愛梨から娘と一緒にいるという連絡が入ったことから、すみれをそちらに向かわせた幸男は1人、真海のもとへ向かい、対峙するのでした。

いよいよ、次週は最終回。2時間スペシャルで放送されます。第9話にあった愛梨の『人を不幸にしても幸せになれない』という言葉が真海に響くことはあるのか?それとも死んで詫びるとの言葉通り、全てを終えた後自ら命を絶ってしまうのか?

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』最終回を楽しみにしたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『モンテクリスト伯-華麗なる復讐-』の他にも!話題の春ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る