花のち晴れ8話ネタバレあらすじ&感想 晴とめぐみ,正式交際!友人になった音と晴にざわつく天馬

Pocket

杉崎花さん主演、ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

神楽木家の跡取りとしてふさわしい姿を、常に父・巌(滝藤賢一)から求められ、自分らしくいることを許されなかった晴(平野紫耀)。そんな晴の背中を押したのは、やはり音(杉咲花)の言葉でした。

これからは良き友人として関わっていくことを決めた晴と音ですが、同時開催されことになっためぐみ(飯豊まりえ)の誕生パーティーと江戸川家と馳家の話し合いが、4人の気持ちを混乱させていくようです。

以下、ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

幼少期から神楽木家の跡取りとして、常に完璧であることを求められ育った神楽木晴(平野紫耀)。幼い頃、バイオリンの発表会にて、緊張のあまり壇上で戻してしまった晴は、その日以来父・巌(滝藤賢一)に見放されたと感じ、父の信頼を取り戻すため頑張ってきました。

道明寺司に憧れ、道明寺になろうとしたのもその生い立ちから。庶民狩りを始めたきっかえは、以前、英徳学園を牛耳っていた迷惑生徒を追い出した際、その行動を生徒たちから讃えられ、認められたと感じたからでした。

こうして、自分以外の何者かになろうと必死な晴のことを、評価してくれるようになったのか、父・巌の態度が軟化してきました。しかし、その背後にあったのは大手ホテルチェーンの令嬢である西留めぐみ(飯豊まりえ)と政略結婚。いまだに父に全く評価されていないことを思い知った晴は、激しく落ち込むのでした。

傷ついた晴は、道明寺家を訪れ、メイド頭・タマ(佐々木すみ江)や秘書・西田(デビット伊東)から、道明寺もかつては完璧ではなかったこと、そんな道明寺を変えたのが1人の女性との出会いであったことを聞きました。また、江戸川音(杉咲花)の『らしくいてね!完璧になろうともがいてる、それが神楽木の良さだと思うから!』という言葉にも心動かされた晴は、庶民狩りをやめることを決意。英徳学園の再生には、自分らしく関わっていくことを決意します。

生まれ変わった晴の姿を目の当たりにした音の心にも変化が現れました。音は、天馬から誘われていた桃乃園学園への転入を保留にしたのでした。

更に詳しいドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第1話〜第7話のネタバレあらすじと感想
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話の視聴率

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第7話の視聴率は7.5%となりました。ドラマ『ブラックペアン』・ドラマ『未解決の女』・ドラマ『正義のセ』・ドラマ『コンフィデンスマンJP』に引き続き、第5位の平均視聴率をキープしています。

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話の視聴率は8%代と予想します。実際のドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話の視聴率は9.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.4% 7.9% 9.6% 9.0%
第5話 第6話 第7話 第8話
8.7% 8.3% 7.5% 9.6%
第9話 最終回

それでは、ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

友達になった音と晴

『桃乃園には転入できません!・・・今のままでは・・・』馳天馬(中川大志)にそう明かした江戸川音(杉咲花)。親の会社が倒産したことから、本当の自分を隠し、コソコソ生きていきた音。しかし、音は『もう自分らしく生きることから逃げたくない!』と明かし、英徳学園のことを心から好きになり、天馬と肩を並べて堂々と歩けるようになってから、転入してきたいと告げ、天馬は応じる。その会話を近衞仁(嘉島陸)が聞いていた。

『あいつとは終わったんだよ。俺も前に進まないとな・・・』神楽木晴(平野紫耀)はそう呟き、西留めぐみ(飯豊まりえ)のことを彼女(仮)にすることに応じる。大喜びのめぐみ。『西留さんのこと大切にしろよ。お前たちが英徳の最後の希望だ』そう語る平海斗(濱田龍臣)は、晴が庶民狩りをやめ、メッキが剥がれた今、晴とめぐみのカップルだけが英徳再生を可能にする希望だというのだった。

音が転入を取りやめたことを問題視する継母・利恵(高岡早紀)。『天馬さんを散々振り回して。婚約者にふさわしいのか、考えさせてもらうわ』利恵はと音への不快感をあらわにする。

音に返されて以来、晴のお守りとなった金の豚のチャームをポケットに入れ、晴が登校すると、学園の看板の前に人だかりができている。そこには赤いスプレーで、『英徳に未来はない』と書かれていた。『これ神楽木のせいだろ?』『さっさと転校すればよかった!』などの晴への批判的な声が上がる中、突然音が『そこ、どいてください!!』と声をあげ、前に進み出た。

バケツを手にした音は落書きを消し始める。めぐみも掃除道具を手に現れ、皆で落書きを消し始めた。音の姿を見た晴は驚き、(あいつ、桃乃園に行ったはずなのに・・・もしかして俺のために?)と思い上がってしまう。

庶民狩りをやめ、新しく生まれ変わった晴を目の当たりにし、自分も自分らしく変わる必要があると感じたことを明かす音。晴も『俺、西留の彼氏(仮)になった』と報告。いつか音と天馬を超えるカップルになって見せると晴は宣言、手を差し出す。『友達として、これからもよろしく!』『友達として!』2人は握手を交わした。

防犯カメラの映像を解析した結果、英徳の看板に落書きした犯人が特徴的なブレスレットをしていることがわかった。C5はこの画像を学園の生徒全員にメールし、情報を乞うが、生徒たちからは結局他人頼みかという失望の声があがるのだった。

『聞きましたか?英徳の事件』と切り出した近衛。そんな危険な学校に音を通わせておいて、大丈夫なのか?と近衛は天馬の不安を煽る。音には嫌われるかもしれないという恐怖から、自分の気持ちを抑えてしまうと明かす天馬に、近衛は『もっとワガママになってもいいと思いますよ!』と言うのだった。

『西留さんと付き合い始めたそうだな?』父・巌(滝藤賢一)から呼び出された晴は、そう確認された。現在、めぐみの親のホテルチェーンとの提携を進めていることを、巌は明かし、『中途半端なことはするな。完璧な人間しかいらない』と晴に告げるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

複雑化する四角関係

『明日の放課後何してる?明日デートしたいなって!』天馬から電話がかかってきた。『明日?すご〜い!!』亜里沙(木南晴夏)に映画のチケットをもらったことから、自分も天馬のことを誘おうと思っていたと喜ぶ音。天馬も2人が同じことを考えていたことを嬉しいと語り、笑顔になるのだった。

『6月2日って私の誕生日なんだ!パーティーをしようと思って、ここで!』めぐみが、自分のモデル仲間や英徳の生徒を誘い、英徳学園で自分の誕生日パーティーを開こうと思っていることを、晴に告げた。ずっと晴や英徳学園のために自分が何かできないか考えていたと語るめぐみは、パーティーを英徳学園で開けば、英徳学園の生徒がまとまると思うと嬉しそうに語る。晴はそんなめぐみの気遣いに感動し、礼を言うのだった。

パーティーの招待状を持って、めぐみと晴が映画館にやってきた。英徳学園で初めてできた友達である音には、1番最初に渡したかったと語るめぐみから、音は招待状を受け取る。『せっかくだから、私たちも観て行こうっか?』めぐみが言い出し、4人で映画を観ることになる。

天馬・音・晴・めぐみの順番で、横一列に座った4人。上映中、映画に夢中な音と晴に対し、両端の天馬とめぐみは、隣同士の音と晴の様子が気になるらしく、何度も目が合うのだった。

映画の後、4人はかき氷屋へ。初めてメロンのかき氷を口にした晴は『悪くねえな・・・』と一言。自らの舌が緑色に染まっていることに気づいた晴は『毒か・!毒なのか?!』と大慌て。『毒かもね?』とからかう音。2人はちゃんと友達になれていることに安堵する。

その一方、楽しそうにじゃれ合う2人に気が気でない様子のめぐみと天馬。めぐみは悲しそうに『言ったのに。ちゃんと捕まえといてって』とつぶやくのだった。

帰宅後、天馬は馳家・江戸川家の両家の話し合いが、めぐみの誕生日パーティーの日に決まったことを両親から明かされた。その日は友人の誕生日パーティーがあると切り出した天馬だったが、両家にとって大切な話し合いの場だと諭され、天馬はそれ以上何も言えないのだった。

音の自宅を天馬が訪れた。『6月2日は西留さんの誕生パーティーはお断りして、僕の両親と食事をして欲しいんだ』天馬は切り出し、親を説得できなかったことを詫びた。

『音、誕生日パーティー来れなくなったんだって』音から連絡を受けためぐみが、晴に報告。『あいつが先約を断るなんて、らしくねえな』そう晴は呟き、めぐみにパーティー用のケーキを味見して欲しいと差し出されるが、心ここに在らず・・・『今誰のこと考えてる?』めぐみはそう悲しそうに言うと、執事の小林にでも味見してもらうと部屋を出て行く。

『何中途半端なことしてんだ?俺・・・』我に返った晴はめぐみを追った。『西留、仕切らせてくれ。俺が最高の誕生日にして見せる!』と晴は宣言するのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編

パーティーに届いた脅迫状

宣言通り、めぐみのパーティーを明日に控え、晴は会場の準備に余念がない。そこへ、音が現れ、参加できないことを詫び、『頑張ってね!』と去っていく。そんな音を呼び止めた晴。『やっぱりお前、顔変だな?何かあったんだろう?全部話せよ。友達なんだろう?俺たち』と切り出した。

全てを晴に打ち明けた音。『つまり、お前は明日の食事会で馳の親父にジャッジされる。だから浮かない顔してるのか・・・江戸川、お前本当にしょうもねえな!』晴は音に、逃げずに自分を貫けとアドバイス。また、晴は明日めぐみが誕生日ケーキのろうそくを吹き消した後、正式に付き合ってくれと告白する予定であることを報告した。『西留に中途半端なことしねえって決めたんだ。だから、お前もダセエことすんな!』という晴に、音も笑顔になった。

音の自宅に、めぐみと真矢愛莉(今田美桜)、亜里沙が集まった。明日のパーティーで、晴に野菜炒めを振舞いたいめぐみが、作り方を教えて欲しいと言ってきたのだ。そこへ亜里沙がたこ焼きパーティーをしようと言い始め、愛莉も呼ばれたというわけだ。

女子たちが楽しくタコパをする中、晴たちもプールサイドで集まっていた。好きな女性のタイプの話になり、海斗は自分の心とペースを乱さない女性なら誰でもいいという。『俺より強い女』と答えた栄美杉丸(中田圭祐)は、『もしかして愛莉?!』と突っ込まれ、『俺より強くて、性格がいい女!』と慌てて訂正するのだった。

『お前、本当にめぐりんのことが好きか?江戸川に恋してる時と顔が違う!』杉丸から突っ込まれた晴。すると、晴は確かに音の時とは違うが、そういう恋の形もあるんじゃないかと思うに至ったと語る。『生意気!』と全員から言われ、晴はプールに突き落とされるのだった。

翌日。会場を見ためぐみは『スゴ〜イ!!』と大喜び。その頃、天馬との約束のレストランへ向かうために、母・由紀恵(菊池桃子)と待ち合わせの約束中の音は、ちゃんとした格好ではなく、等身大の自分をわかってもらえる服装で行きたいと告げていたのだった。

その後、音は野菜炒めを作る際、涙に悩まされていためぐみのために、母が社員旅行の際に持って行こうとしていたゴーグルを届けた。すると、めぐみは急遽パーティーを中止しろとの脅迫状が届いたことを明かす。何としてでもパーティーを成功させ、英徳学園をひとつにまとめたいめぐみの強い希望もあり、パーティーは続行されることになったらしい。

母との待ち合わせ場所に到着した音は、街頭に設置された大型テレビにて、宣伝されていためぐみのパーティー会場の様子を目にした。すると、そこには、英徳学園の看板に落書きした犯人がしていたものと、同じブレスレットをはめた人間が映り込んでいる。気づいた音は、母を先にレストランへ行かせ、英徳学園へ向かうのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ピンチを救い合う音と晴

パーティー会場。誕生日ケーキが登場し、めぐみがろうそくを吹き消そうとケーキに近寄った瞬間、ブレスレットをした人物が爆破ボタンをポケットから取り出した。『神楽木!めぐりん、逃げて!!』音が駆けつける。ケーキが爆発するが、晴がめぐみのことをかばったため、ことなきを得た。犯人が逃走し、C5が追う。会場では、めぐみがサプライズ演出だと説明することで、なんとかパーティーを続行することができたのだった。

C5が犯人を捕まえ、犯人は逮捕された。『食事会はどうした?』尋ねる晴に、音は『勝手なことした私をみんなが許すわけないよ』とつぶやくのだった。

その頃、レストランでは食事がすべて済み、お開きの流れとなっていた。なんとかもう少し、待って欲しいと両親にすがる天馬に、父親は『言ったはずだ。今日の食事会だけで、すべてを判断すると』と席を立つ。すると、そこに音を連れた晴が現れた。

『音さんが遅れたのは、全部俺のせいです!』学園のピンチを音が救ってくれたと説明する晴に、利恵が『一体何なのかしら?あなたと音さんの関係って』と迫る。晴は音のことを大事な友人だと明かし、音がかねてから天馬が自分に気を使っているのではないかと不安に思っていたことを明かした。誰よりも天馬のことを愛している音。音の行動すべては天馬を笑顔にするためだと晴は語る。『だから今日の食事会も江戸川さんは大切にしていました。本当に江戸川さんは悪くないんです!許してやってください!』晴と音は頭を下げた。

『音ちゃんの気持ちは十分わかったからさ!』天馬の父が音に頭を上げさせる。『音ちゃんも素敵な友達を持ったね』という父。天馬の表情は険しい。

去っていく晴に『お幸せに!』と伝えた音。晴は『お前も!』と言うのだった。

晴が会場に戻ると、誰もいなくなった会場でめぐみが1人泣きながら野菜炒めを作っていた。晴はそんなめぐみを抱きしめ、『1人にして悪かった。誕生日おめでとう、めぐみ』と言い、めぐみはうれし涙を流すのだった。

『天馬くん、今日はごめん』そう切り出した音もまた、天馬に抱きしめられるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話の感想

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第8話が終了しました。音と晴が友人として付き合っていくことを決め、その通りにお互いを助け合った第8話となりました。

音に振られ、自分のことを想ってくれるめぐみにちゃんと向き合うことを決めた晴。中途半端なことはしないと、サプライズ告白を決めた晴の男気がかなりかっこよかったですね!

想定外の事件が起こったことで、残念ながらサプライズ告白は流れてしまいましたが、最後の最後はきちんと彼女(仮)の(仮)が取れた際に呼ぶと約束していた名前の呼び捨てで、正式に付き合うことになった晴とめぐみ。お互いが相手のことを思いやれる2人は、それはそれでナイスカップルになれそうです。

晴がめぐみを、天馬が音を抱きしめるシーンでラストとなった第8話でしたが、印章的だったのは、晴と天馬の表情が全く違っていたこと。それは、やはりそれぞれの心模様の違いが現れたのだと思います。めぐみに向かい合うことを決めた晴が、前向きな気持ちであることに対して、天馬は不安で仕方ないようですね。音のピンチに、晴が一役買ったことも、天馬にとってはかなり複雑だったようです。晴が語ったことはすべて天馬が知らなかった音の事実。そんな音の深い部分まで分かり合えているらしい晴に、天馬が嫉妬しないわけがありません。お互いが友人として良かれと思ってやっていることですが、天馬がかなりかわいそうでした・・・
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第9話のあらすじ

晴が音と天馬の婚約破棄のピンチを救い、また晴もめぐみという彼女が正式にでき、ひと段落ついたのもつかの間。音が何者かに襲われるという事件が勃発。偶然通りかかった近衛たちに救われ、ことなきを得た音。普段、音の近くにいる晴に、襲われたことを報告すべきだと天馬が音の身を案じる一方、音はめぐみとの初デートに向けて意気込む晴に水を差したくない気持ちから、なかなか言い出せずにいるのでした。

そんな中、音は自分を襲わせた黒幕の正体に気づきます。そのことを天馬に報告する音でしたが、天馬は半信半疑で・・・信じてもらえない音は大きなショックを受けるのでした。

しかし、そのことを知った晴は激怒。好きな音のいうことを信じてやれない天馬に掴みかかり、一騒動となるようですが、またまた天馬が自信喪失する結末が訪れそうな予感です・・・

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第9話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る