限界団地1話ネタバレあらすじ&感想 平成版冬彦さんに鳥肌!狂気の隣人,寺内の正体とは

Pocket

佐野史郎さん主演ドラマ『限界団地』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

大人の土ドラ『限界団地』がいよいよスタートします。ユースケ・サンタマリアさん主演『火の粉』、田中麗奈さん主演『真昼の悪魔』に続く新たな心理サスペンス作ということで、注目が集まっています。

以下、ドラマ『限界団地』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『限界団地』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第1話の見どころ(ネタバレ

ドラマ『限界団地』の物語は、60を過ぎた老人・寺内誠司(佐野史郎)があやめ町団地に引っ越してきたところから始まります。

竹内は孫娘・穂乃花(渡邊詩)父親・寺内仁(山谷初男)の3人家族。穂乃花は1年半前に亡くなった寺内の息子夫婦の娘で、現在は竹内が引き取り、育てています。穂乃花に加え、寺内は身体の自由がきかなくなった80歳を超える実の父親の介護をもしていて、60を過ぎ、老老介護に孫娘の養育という二足のわらじを履く寺内は、立派な祖父兼息子として周囲から尊敬の眼差しで見られることになりますが、そんな寺内には隠された本性があったのです・・・

物語の大きな鍵を握るのは、寺内が息子夫婦を亡くした1年半前の自宅の火災でしょう。ドラマ『限界団地』には、その際亡くなった寺内の息子の妻の母親・菊池史代(朝加真由美)が登場。あの火災が事故ではなく、竹内の企んだ殺人であると主張します。

また、あやめ町団地では、寺内が現れてからというもの、不幸な出来事が多発。第1話から起こり始める、それらの出来事の犯人が寺内なのか?というポイントも、第1話の大きな見どころとなってきそうです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第1話の視聴率

ドラマ『限界団地』の前クールに同枠で放送されたのは、新川優愛さん主演ドラマ『いつまでも白い羽で、その視聴率は2〜3%代となり、遅い時間帯の放送であるこの枠のドラマの視聴率としてはごく平均的な視聴率となりました。

過去同枠で記録された高視聴率は概ね5%代後半の視聴率となっていることから、4%代で健闘、5%代では大健闘と言える状況です。

ドラマ『限界団地』第1話の視聴率は、初回ということで注目が集まり、4%代と予想します。実際のドラマ『限界団地』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『限界団地』第1話の視聴率は3.8%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
3.8%
第5話 第6話 第7話 最終回

それでは、ドラマ『限界団地』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

新しい隣人

孫・穂乃花(渡邊詩)を抱え、立ちすくむ寺内誠司(佐野史郎)。その目前では一軒の家が炎上していた。

1年後。あやめ町団地。穂乃花を連れた寺内が、隣の桜井江理子(足立梨花)宅に引っ越しの挨拶に来た。『こんにちは、初めまして。隣に越してきた寺内と申します。このニュータウンあやめ町で新たな人生をスタートさせます!』と寺内は力強く語り、『お近づきのしるしに、ドアノブカバーです』とピンクのギンガムチェク地に縁がレースで飾られた昔ながらのドアノブカバーを差し出す。自らが作ったと笑顔で語る寺内。寺内の趣味は手芸のようだ。

桜井家の長男、颯斗(前田虎徹)も穂乃家と同じ6歳。あやめ町小学校の1年生で、穂乃花と同じクラスだった。そのことを知り、喜ぶ竹内。

幼い頃、あやめ町団地に住んでいた寺内は、早速団地の住人1人1人の趣味などの情報を手帳に書き記していた。

翌朝、団地の敷地内で太極拳をする寺内に挨拶をした江理子と夫の高志(迫田孝也)。すると、そこに寺内の息子の妻の母親である菊池史代(朝加真由美)が現れた。『ここがあなたの新たな住処っていうわけ?なんとか言いなさいよ!この人殺し!!』と寺内に食らいつく史代は、このまま寺内のことを野放しにしていれば、死んだ娘が浮かばれないと不穏なことを言う。寺内は冷静に『また病院を抜け出してきたんですか?』と尋ねた。すると突然、史代が吐血し、病院に運ばれていったのだった。

燃えるゴミの日にもかかわらず、粗大ごみを出した老人・松本に、注意した清掃当番の江理子。しかし江理子は松本から『木なんだから燃えるだろう!?』と怒鳴られてしまう。松本はそのまま棚をごみとして出し、行ってしまった。仕方なく江理子が粗大ゴミシールを購入し、粗大ゴミとして再度出すことになる。

そこに寺内が父親の仁(山谷初男)を抱え、戻ってきた。引っ越しの間だけ、施設にショートステイをお願いしていたと語る寺内。寺内は穂乃花を育てながら、父親の介護もしているらしい。

仁を連れて、散歩中の寺内は、かつて団地で暮らしていた際の知り合いである与田に出会う。話し相手がいなくて寂しいと語る与田に、寺内はお裾分けに行くがてら、話し相手になると笑顔で語るのだった。

『おじいちゃんがソース貸してくださいって』穂乃花が桜井家にソースを借りに来た。穂乃花が帰った後、高志は『コンビニ行けよ・・・』とつぶやき、『あの子の両親どうしたんだろう?』と寺内の息子夫婦がなぜ亡くなったのか?不審がるのだった。

やる気のない自治会長・金田哲平(山崎樹範)のもとを寺内が訪れた。『なぜ回覧板がないんですか?』今はインターネットがあるという金田に、寺内は回覧板の重要性を熱弁。しかし、居合わせた住人からは階段を上り下りして回覧板を持っていくのが面倒などの反対意見が溢れ出た。寺内は不満げな表情を浮かべる。

団地の敷地内で、寺内が松本が出した棚を斧で滅多打ちにしていた。『寺内さん・・・?』江理子が恐る恐る近づくと、寺内は粗大ごみを燃えるゴミにしていると笑顔で語り、『もう粗大ごみシールを買わなくていいですよ!』と言うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

団地再生に奔走する寺内

穂乃花がクラスメイトのタケシを叩き、怒った母親が寺内の自宅に殴り込んできた。『あの、お母さんいらっしゃらないんですか?!』自分が育てているという寺内。すると母親は『この団地の子は、落ち着かない子が多いんです。ストレスが溜まってるんじゃないですか?ご両親もいらっしゃらないみたいだし、こんなところで子育てなんて・・・』と、部屋の中を見下したような態度で眺める。母親が帰った後、タケシに団地暮らしをバカにされたとはいえ、どんな理由があっても人を叩いてはいけないと寺内は穂乃花を諭すのだった。

寺内は孤独死を防ぐため、団地の1人暮らしの老人向けに、持病や連絡先などの情報をカードに記入し提供するよう、呼びかけ始めた。最初は気が進まない様子だった松本たちも、寺内の熱意に動かされたのか、カードを受け取る。

あやめ町団地には、ゴミ屋敷化している部屋があった。その部屋の住人は東加代子(江波杏子)という老人だった。加代子の部屋をなんとかしてほしいと住人から頼まれた清掃当番の江理子が加代子の自宅を訪れると、そこには寺内の姿があった。加代子と寺内はかつて団地で暮らしていた頃の知り合いであることから、寺内は加代子の問題解決も手助けしてくれるらしい。『僕でできることがあったら、言ってください!』と笑顔で江理子に語る寺内のことを、江理子は頼もしく思うのだった。

『このあいだの女性、大丈夫ですか?どうして寺内さんにあんなことを・・・』と切り出した江理子。寺内は『私の息子夫婦は1年前に火事で亡くなりました』と明かし、火事の原因が息子のタバコの火の不始末で、自分が駆けつけたときには穂乃花だけが救助されており、息子夫婦は眠ったまま亡くなったようだと続ける。

『この棟、ほとんど誰も住んでないんですけど、2階に出るって・・・』帰り道、江理子は通りかかった棟の前で、その棟の2階の部屋に幽霊が出るという噂を寺内に話して聞かせた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第1話のあらすじ(ネタバレ)後編

立て続けに起こった孤独死

学校から、誰かに手紙を書き、返事をもらってくるという宿題が出た穂乃花。穂乃花は松本に手紙を書き、自宅へ持って行った。しかし、松本は『・・・あやめ町団地は好きですか?好きなわけねえだろう?!』と声を荒げ、こんなごみ溜めみたいな団地からは今すぐ出て行ったほうがいいと穂乃花を追い返したのだった。

肩を落とし、松本の棟から出てきた穂乃花の様子を伺っていた寺内。『穂乃花、他の人に書く・・・』そう悲しそうにつぶやく穂乃花。寺内の表情が変わった。

帰り道、寺内がゴミ捨て場を通りかかると、寺内が自作し、老人たちに配った緊急カードが無記入のまま捨てられていた。驚いた寺内がゴミ捨て場を探すと、他にも捨てられたカードが何枚も出てきた。

与田の自宅に、シチューをお裾分けしに訪れた寺内。寺内は与田から、記入済みの緊急カードを受け取った。与田は未だに妻に先立たれたショックから立ち直れない様子。『エツコに会いたい・・・・』泣き崩れる与田のことを、寺内は冷たい目で見下すのだった。

『こんばんは!』その晩、松本の自宅を笑顔の寺内が訪れた。

翌朝、史代が突然桜井宅へ走り込んできた。『お願いがあるんです。これあげますから・・・』札束を差し出した史代は『あの男が娘たちを殺したの!穂乃花を1人占めするために・・・』と語り始める。『あの男は異常者なの!あれは愛情じゃない。依存なの!』

史代は末期がんで死期が近いことを明かし、自分に力を貸してほしいと頼む。高志が『お帰りください!』と声を荒げると、史代は舌打ちし、去って行った。

史代が現れたことを寺内に報告したほうがいいという江理子だったが、高志は関わり合いにならないほうが良いと助言。江理子はしぶしぶ従うのだった。

松本の部屋から、ずっと水道を流す音が聞こえていると住人の麻生千恵(鈴樹志保)とチャン・リンリン(川添野愛)から報告を受けた金田。金田は麻生たちと松本の自宅へ様子を見に行くことに。『松本さん・・・?』玄関のドアは開いていた。中に入った瞬間、異臭が鼻につく。

やがて、水道の流れる音が絶え間なく聞こえる浴室を開けた3人。そこには血まみれの松本の姿があった。

同じ頃、与田のもとを自治会費を徴収するために訪れた江理子。江理子は与田が首吊り自殺をし、息絶えているところを目撃してしまうのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

町内で起きた不審火

身寄りのなかった2人の葬式は、団地の会議室で簡素に執り行われた。風呂場で転倒したらしい松本は死後1週間経っていた。それぞれ個人が家族と連絡を取り合うようにすればいいと、今回の孤独死を問題視しないやる気のない住人たち。すると、寺内が声を荒げた。

『この団地を住みよい場所にするために、僕たちが動かなくてどうするんですか?!住人どおしのつながりは結束を生みます!結束はこの団地への愛情を生みます!団地とは一団の土地なんです!一致団結しましょうよ!?』寺内に心を動かされた住人たちは、口々に『私、協力する!』『俺は寺内さんについていくよ!』と声を上げた。

寺内の自宅に、初回覧板を持って、江理子が現れた。与田と松本の死を悲しむ江理子のことを、寺内は『2人が死んだおかげで、皆さんが変わったんですから!』と励ました。

『穂乃花、学校行きたくない・・・』穂乃花が寺内に切り出した。その原因を、寺内はわかっている。怪我をさせたタケシとその母親宛に穂乃花が書いた学校の宿題の手紙を、タケシの母親から突き返されたからだ。手紙に叩いたことの謝罪の言葉と今度団地に遊びに来てほしい旨を綴った穂乃花。それをタケシの母親は『うちの子、怪我させて遊びに来いなんてふざけんじゃないわよ!ほんと非常識なんだから!!』と突き返した。穂乃花と一緒に手紙をタケシの自宅まで届けに来た寺内は、その一部始終を見ていた。

その夜、近所をマラソンする竹内の姿があった。あたりには、消防車のサイレンが鳴り響いている。大きな炎に包まれていたのは、タケシの自宅だった・・・

マラソンを終えた竹内は、かつて江理子から幽霊が出るらしいと聞いた部屋に吸い込まれていったのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第1話の感想

ドラマ『限界団地』第1話が終了しました。衰退の一途をたどるあやめ町団地に越してきた寺内がとにかく不気味な第1話でした。

第1話では、団地に住む2人の老人が不審な死を遂げ、そしてタケシの自宅に火事が起こりました。松本とタケシの母親は手紙の件で、寺内の最愛の孫娘である穂乃花を傷つけたことから、寺内の逆鱗に触れたことは間違いなさそうです。

そして、過去ばかりを懐かしみ、これから未来を変えていこうとする力に欠けていた与田・・・与田は寺内が掲げるあやめ町団地再生の足手まといになると判断されたのでしょうか?与田の死因は自殺ですが、亡き妻を懐かしみ、涙を流す与田のことを見ていた寺内の冷たい目からして、与田の自殺にも寺内が絡んでいる線が濃厚です。

2人を殺害することにより、住民が一致団結することも、寺内のシナリオだったのでしょうか??『2人が死んだおかげ』と表現した竹内の言葉がかなり不気味でした・・・

そして、第1話ラストで、幽霊が出ると噂の幽霊部屋に入っていった寺内ですが、部屋に昔を思わせるようなお面が飾ってあったことから、あそこは寺内の秘密基地のような部屋だと推測します。寺内はあの部屋で、団地に暮らし、幸せだった少年時代を懐古しているのではないでしょうか??冬彦さんがちょうど木馬に乗って遊んでいる感じを想像します・・・

それにしても、ドラマ『火の粉』と同じく、自分のすぐ身近なところに善人の皮を被った狂人がいるという設定は非常に恐ろしいものがありますね・・・佐野史郎さんの足踏みミシンを一心不乱に操る目つきもすごかったです。今後の熱演&怪演に期待です!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『限界団地』第2話のあらすじ

あやめ町団地を良くしていこうと、積極的にゴミ拾いなどに関わる寺内の姿を目の当たりにするにつれ、隣人の江理子(足立梨花)は次第に寺内に心を開いていくようになっていました。その一方、夫の高志は、寺内が息子夫婦を殺したという史代の言葉や、寺内の孫娘・穂乃花との間に問題があったクラスメイトの自宅が火事になるなどの出来事から、寺内に対する警戒を強めるのでした。

そして、あやめ町団地では、新たに2人の住人の問題行動が話題となることに。1人目の住人は、小学校のPTA会長でもある江理子のママ友。寺内は彼女が配達員と不倫関係にあり、団地内で不貞が行われていることに気づきます。

そして、2人目の住人は、自治会長・金田の隣人、八十島花子(阿南敦子)。花子はカラオケを趣味としていて、その騒音が金田を悩ませていました。

2人の住人の問題行動に対して、寺内が動き始めます・・・

ドラマ『限界団地』第2話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『この世界の片隅に』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『サバイバルウェディング』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『グッドドクター』原作韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』原作コミック結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『限界団地』の他にも!話題の夏ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る