ブラックペアン6話ネタバレあらすじ&感想 裏切り者?恩人?佐伯への母息子異なる思惑の真相とは?!

Pocket

二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

スナイプを使った、佐伯清剛(内野聖陽)を上回るインパクトファクターの獲得に失敗した西崎啓介(市川猿之助)。西崎が次なる切り札として国産ダーウィンを出してきました。

東城病院へ入院してきた渡海(二宮和也)の母・渡海春江(倍賞美津子)をも巻き込み、両者の権力争いは激化の一途を辿ります。

以下、ドラマ『ブラックペアン』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ブラックペアン』第6話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第6話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

島野小春(稲垣来泉)のスナイプ手術を成功させた高階権太(小泉孝太郎)が論文を発表したことにより、東城大の外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)のインパクトファクターを帝華大の外科教授・西崎啓介(市川猿之助)が上回りました。

しかし、それもつかの間、小春の心臓に感染が見つかったことにより、論文が撤回される危機に陥った西崎。西崎は小春をそのまま退院させるように高階に命じますが、高階はそれができませんでした。論文は撤回され、再び西崎はインパクトファクターにおいて佐伯を下回る結果となってしまいます。高階は小春の主治医から外され、新たな主治医として外科医・渡海征司郎(二宮和也)がつくことになり、渡海は小春の治療を薬物治療に切り替えたのでした。

高階が小春の手術に帝華大にある手術支援ロボット・ダーウィンを使いたいと申し出、実績が欲しい西崎はダーウィンを専門分野とする帝華大の外科医・松岡を執刀医とすることを条件にこれに応じました。ダーウィンが東城大へ持ち込まれ、小春のオペが始まりますが、子供にダーウィンを使うのが初めてであるにもかかわらず、松岡が機械の調整を怠ったため、アームどおしが干渉してオペが進まなくなるのでした。

そこに渡海が現れ、急遽開胸手術に切り替えます。血液が凝固しにくい病と血液アレルギーがある小春に開胸手術は不可能と思われていましたが、渡海は増血剤を使い、事前に小春自身の血液をストックしていたのです。渡海は見事、小春のオペを成功させます。

こうして、ダーウィン手術を失敗させ、西崎の顔を潰した松岡はお払い箱となりました。高階を呼び出した西崎は、かねてから開発に携わっていた国産ダーウィンを東城大へ持ち込み、オペを成功させ、自らのインパクトファクター獲得のため、貢献して欲しいと依頼されたのでした。

さらに詳しいドラマ『ブラックペアン』第6話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『ブラックペアン』第1話〜第5話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第6話の視聴率

ドラマ『ブラックペアン』第5話の視聴率は13.4%という結果になりました。今期、平均視聴率トップを独走していたドラマ『未解決の女』を前回抜き、引き続き僅差でドラマ『ブラックペアン』が第1位となっています。

ドラマ『ブラックペアン』第6話の視聴率は引き続き13%代と予想します。実際のドラマ『ブラックペアン』第6話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ブラックペアン』第6話の視聴率は13.0%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
13.7% 12.4% 12.1% 13.1%
第5話 第6話 第7話 第8話
13.4% 13.0%
第9話 最終回

それでは、ドラマ『ブラックペアン』第6話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第6話のあらすじ(ネタバレ)前編

渡海父と東城大病院の因縁

『ブラックペアンの秘密はまだ守られてるようだな?・・・だが、くれぐれも慎重にな』外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)は看護師長・藤原真琴(神野三鈴)にそう伝えると、『いつものように処分しといてくれ』と藤原にペアンが写り込んだレントゲン写真が保存されているディスクを手渡すのだった。

渡海(二宮和也)の母・渡海春江(倍賞美津子)が東城大を訪れた。しかし、渡海はオペ中だったため、偶然居合わせた看護師・花房美和(葵わかな)と治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)と春江はランチに行くことに。

店にて、春江は渡海の父もまた東城大の外科医だったことを明かした。『あの人いつも言ってたわ。凡人こそがいい医者になれるんだって!写真あるけど見たい?』そう言い、バッグを探している最中、春江は突然苦しみ始めた。

春江は東城大に緊急搬送され、緊急手術を受けた。別のオペ中だった渡海が病室に駆けつけると、そこには春江の容体を心配する佐伯の姿があった。『ひとまず無事でよかった』という佐伯に、渡海は『出て行ってもらっていいですか?』と冷たく言い捨てる。

春江の病室を出た後、『春江さんがここに来るなんて・・・』と看護師長・藤原は春江が東城大病院に入院することになったことを不思議な因縁だと語る。藤原の脳裏には、過去医局にて問題を起こし、同僚たちから『どうやって責任取るつもりですか?!』などと激しく追求される一郎の姿が蘇る。佐伯は『昔のことだ。しかし、あまり詮索されることがないよう気をつけてくれ』と藤原に釘をさすのだった。

パーティーにて、厚労省の役人・富沢雅之(福澤朗)から、外科教授・西崎啓介(市川猿之助)と引き合わされた佐伯は、ダーウィンの日本版である手術支援ロボット・カエサルの説明を受けた。『両大学が手を組めば、国産ダーウィンが完成する』とおだてられ、佐伯はカエサルを東城大病院に導入することに応じたのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

渡海の思惑と春江の決意

春江の肺静脈に腫瘍の見落としがあることがわかった。開かれたカンファレンスにて、春江のオペを執刀した外科教授・黒崎誠一郎(橋本さとし)に『腫瘍が残った原因は何ですか?』と渡海が迫る。『それ要するに見落としでしょう?』となおも渡海は迫り、医療過誤で和解金2000万円を東城大に要求すると言い出した。

渡海をなだめるため、自分が再手術を執刀しようと申し出た佐伯に、渡海は『お断わりします』と一言。近親者がオペを行いミスが起こった過去があることから、東城大では近親者によるオペは禁止されている。渡海は病院側が和解金を支払うまで、春江の再手術は保留にすると決めた。

佐伯の教授室。黒崎が『自分の父親があんなことしといて!逆恨みでしょうか?』と声を荒げる。佐伯は黙ったまま、飾られているブラックペアンに目をやったのだった。

西崎から高階権太(小泉孝太郎)に電話がかかってきた。カエサルの手術実績が欲しい西崎は急いで、治験を実施するよう命じる。しかし、高階はカエサルは人への治験が初であるため、じっくりと準備を進めたいと反論。西崎は『人がなんだ?動物と同じ一研究材料だと思え』と言い、高階には後がないと脅すのだった。

直後、春江の病室を高階が訪れた。高階は『ダーウィン手術というものをご存知でしょうか?』と切り出す。医師が皆、渡海のようなずば抜けた技術を持った医師ばかりではないこと、ダーウィンの日本版であるカエサルが実用化すれば凡人の医師にも多くの命が救えるようになることを高階は春江に説明。高階の『凡人』という言葉を聞いた春江は、かつて夫が『凡人こそがいい医者になれる』と言っていた言葉を思い出す。春江はカエサルを使っての手術に応じたのだった。

その頃。東城大病院近くの工事現場で事故があり、一気に30名近くの患者が緊急搬送されてきた。外科医総出となり、オペに当たる。研修医・世良雅志(竹内涼真)は渡海のもとで研修医レベル以上の働きを見せ、同僚たちを驚かせた。

渡海は春江の病室を訪れ、春江がカエサルの手術に同意したことを知った。春江はさっき感じの良い、志が高い医師が来て、説明を受け、納得したのだと語る。『それに比べてあんたは偏屈で頑固で、どうせみんなにまた迷惑かけてるんでしょう?』という春江。

渡海は高階のもとへ直行した。『お前、やったな?』という渡海に、高階は『私は渡海先生のような腕はないが、カエサルがある。私はテクノロジーで患者を救う』と力説。渡海はそんなテクノロジーに命を預ける母のことを馬鹿呼ばわりし、『なら、失敗したら、共々死ね』と言い捨て、去っていった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第6話のあらすじ(ネタバレ)後編

春江の治験手術

佐伯の教授室。佐伯は春江がカエサルを使った治験手術に応じたという報告を黒崎から受けた。『これで君のオペのミスは帳消しになる。それでいいじゃないか?』と佐伯は言い、『いいかね、佐伯外科に手術ミスなどあってはいけないのだよ』と黒崎の耳元で囁く。黒崎は『はい』としか言えなかった。

間近に迫った治験手術に向け、カエサルの練習を重ねる高階は、春江から呼び出された。『大したことじゃないの。ひとつだけ・・・』と切り出した春江。

翌朝。渡海は母の『いつも言ってるでしょ?よく食べて、よく寝て、人様のお役に立てればいいって』という口癖を思い出しながら、朝食を食べていた。直後、春江の病室を訪れた渡海は、春江が苦しんでいる姿を発見する。

春江には腫瘍により血流障害が起きていた。春江の手術は予定より早まることになる。しかし、事故により30名弱の患者が運び込まれてきたこともあり、輸血のストック量が600ccと圧倒的に不足していた。しかし、高階は小さな穴を開けるだけのカエサル手術においては、問題ないと言い切るのだった。

高階によるカエサル手術が始まり、手術は無事成功したかのように思えた。しかし、カエサルにて小さな傷が血管についてしまったことにより、春江に輸血が必要になる。もともとRhマイナスの輸血ストックが少なかったため、血液はすぐに底をついてしまった。他の病院にストックがあることがわかるが、それが届くのは1時間半後・・・別室で手術を見守っていた佐伯は『1時間半・・・遅すぎる』とつぶやいた。

佐伯は立ち上がり、同じく見守っていた渡海に迫る。『私では嫌だと断ったんだ。だとしたら、お前がやるしかないな?』しかし、東城大病院には近親者による執刀が認められていないため、後々責任を取る必要があるという佐伯。『それでもいいなら、行け』渡海が無言で席を立った。
 


<スポンサーリンク>

 

母と子、それぞれの思惑

渡海が手術室に駆けつけた。『どけ』カエサルを退かせる渡海。しかし術式を変えたとしても、輸血量が圧倒的に足りなかった。

すると、高階が『血液ならある!』と言いだした。高階は春江と同じRhマイナスA型だったのだ。『いくらでも使ってください!』何が何でもこの手術を失敗させるわけにはいかないという高階。

早速、渡海がオペを始め、同時進行で高階から採血される。高階から採れる血液の量が限界を迎えようとしたその時、他病院から血液が届いた。こうして、春江の手術が成功した。

仮眠室の渡海の元を、世良が春江が術前に書いた同意書を持って現れた。そこには、もし自分が本当に危険な状況になった時、最後の執刀を息子にお願いしたいと但し書きがされていた。このことにより、東城大病院の規定を破った渡海は責任を問われないことになった。

春江の病室。春江は東城大病院に近親者のオペを禁じる規定があることを、花房と世良の話が偶然耳に入ったことにより、知っていた。これから東城大病院への恩返しをしていかねばならない渡海は、いまクビになってはいけないと語る春江。『私のことは最後でいいのよ』という春江の言葉を聞いた世良は、母の愛情を感じ、思わず涙するのだった。

カエサルに現状ではまだ問題点もあることを、日本外科ジャーナル編集長・池永英人(加藤浩次)に報告した西崎。しかし、西崎はそれらの問題点も春江への治験手術により、すでに分析済みだと自信満々に語った。『東城大がオペし、帝華大が分析する。いい論文が書けそうですよ?』と西崎は不敵な笑みを浮かべるのだった。

資料などの書類の引越し作業中の花房。ひとつの紙の束が床に落ち、花房はそれを拾い上げる。それはある論文で、佐伯と渡海の父・一郎の共著となっていた。

『どうして佐伯教授の執刀に反対されたんですか?』廊下にて、渡海とすれ違った高階が渡海に尋ねた。渡海は『俺は佐伯清剛という男を信じていない。あいつは、俺の親父を裏切った』と憎々しげに明かすのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第6話の感想

ドラマ『ブラックペアン』第6話が終了しました。渡海の父の過去、そして母・春江と息子・渡海の東城大病院、佐伯に対するそれぞれの思惑の違いが描かれた第6話となりました。

第6話では、いままで謎に包まれていた渡海の父・一郎の過去が明らかになってきました。看護師長・藤原の回想部分や黒崎の言葉から推測すると、一郎はかつて病院全体に迷惑をかけるようなミスをおかしてしまったようです。

そんな経緯もあり、春江は渡海には父親が迷惑をかけた分まで、病院に貢献してほしいという思いがあるのでしょう。自分が危機的な状況に陥った際に、渡海の執刀を望んだ理由は、決して自分が助かりたいからではなく、医師としての渡海に、まだまだ東城大病院で病院のために働いてほしいという願いからでした。

しかし、そんな母の思いとは裏腹に、渡海はかつての父のミスを父の責任ではないと考えているようです。佐伯が父を裏切ったという渡海の言葉から、本来は佐伯のミスであったはずの出来事を、佐伯が一郎に押し付けたという意味の可能性が高いですね。そして、それに繋がるのが、ペアンが残されたままのレントゲン写真ということになりそうです。

もしそうならば、佐伯の『いつも通り処分しておいてくれ』という言葉は、一郎との一件だけではなく、これまでに複数のミスを隠蔽しているということになりそうです。そうであれば、本当にとんでもない医師ですね・・・

もし本当に渡海のいうことが真実であれば、夫のことを勘違いし、治験手術に自ら買って出た春江が不憫ですね。渡海本人も、おそらく春江の決断に対する真意を痛いほど理解しているだけに、息子として歯がゆい気持ちでいっぱいでしょう。渡海は佐伯の裏切りに対して、どう決着をつけようとしているのか?が非常に気になる展開となってきました。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第7話のあらすじ

第7話では、出世のためには手段を選ばない西崎が渡海を帝華大へ引き抜きます。引き抜きに応じた渡海にもまた、西崎とは違った思惑がありそうですね。

そんななか、厚労省の富沢より東城大へ、カエサルの治験にぴったりだという1人の患者の治験の提案がありました。その患者・山本祥子(相武紗季)が東城大病院へ入院しているということ、病状などをなぜ厚労省の富沢が知っているのか?情報漏洩の可能性が高まります。

背後に西崎の影があることに気付きながらも、佐伯は祥子を治験者とすることに応じ、治験コーディネーターの木下が祥子に治験の説明を始めますが、そこで予想外の展開となっていくようです。

ドラマ『ブラックペアン』第7話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る