正義のセ6話ネタバレあらすじ&感想 親友が被疑者の弁護人!正しいのはどちら?ではなく真実はひとつ

Pocket

吉高由里子さん主演ドラマ『正義のセ』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第6話では凜々子(吉高由里子)の親友で、検事とは敵対する立場である被疑者の弁護士・美咲役で倉科カナさんが登場。オレオレ詐欺の被疑者の大学生をめぐり、罪を追求する立場と被疑者を守る立場に分かれて争うことになっていきます。

他人にでさえ感情移入しやすい凛々子が、敵対する立場に登場した親友の存在により、心乱される事態となっていきそうです。

以下、ドラマ『正義のセ』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『正義のセ』第6話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第6話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

臨床病理学教授・高嶋敦史(原田龍二)助手・三宅香織(佐藤めぐみ)転落死するという事件が起こりました。高嶋と香織は不倫関係にあり、痴情のもつれによる殺人の線が浮上しますが、高嶋は不毛な未来を苦にした香織の自殺だと主張。犯行時刻、高嶋には医療機器メーカー社員・茂木康彦(木下隆行)と一緒に銭湯にいたというアリバイがありました。

その後、高嶋と茂木の間に贈収賄疑惑があり、そのことを知った香織を口封じのため殺害したという可能性が高くなってきました。支部長命令により、検事・竹村凛々子(吉高由里子)検事・大塚仁志(三浦翔平)との共同捜査を行うことに。

茂木が贈収賄疑惑の件で、高嶋のアリバイ工作に加担したと推測した2人の検事と2人の事務官の捜査の結果、莫大な量の銭湯の入場チケットの中から、高嶋の指紋がついた半券を探し出すことに成功。高嶋のアリバイが崩れます。

高嶋を凛々子が、茂木を大塚が、それぞれ同時に取り調べを行い、それぞれに揺さぶりをかけた結果、まず茂木が贈収賄と虚偽のアリバイ証言をしたことを認めました。続けて、高嶋も香織殺害の罪を認めたのでした。

共同捜査の途中、酔いつぶれた凛々子は眠ってしまい、大塚に起こされました。寝ぼけて、大塚のことを元恋人の優希(大野拓朗)だと勘違いした凛々子は大塚にキス・・・事務官・相原勉(安田顕)もその瞬間を目撃してしまいますが、キスをした本人である凛々子はこのことを知らされないままなのでした。

更に詳しいドラマ『正義のセ』第6話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『正義のセ』第1話〜第5話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第6話の視聴率

ドラマ『正義のセ』第5話の視聴率は9.1%でした。引き続き、今期トップ2のドラマ『未解決の女』、ドラマ『ブラックペアン』の平均視聴率2桁台に続き、ドラマ『正義のセ』は平均視聴率9.97%で第3位となっていて、1%以上の差を隔てて、その下に第4位のドラマ『コンフィデンスマンJP』が控えている感じになっています。

ドラマ『正義のセ』第6話の視聴率は、引き続き9%代と予想します。実際のドラマ『正義のセ』第6話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『正義のセ』第6話の視聴率は10.5%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
11.0% 9.9% 10.3% 9.4%
第5話 第6話 第7話 第8話
9.1% 10.5%
第9話 最終回

それでは、ドラマ『正義のセ』第6話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第6話のあらすじ(ネタバレ)前編

親友との再会とオレオレ詐欺

同期のユキの結婚披露宴に出席した検事・竹村凜々子(吉高由里子)。凛々子はそこで、検事で凛々子の同期・神蔵守(笠原秀幸)と再会する。凛々子が彼氏と別れたことを聞くと、神蔵は凛々子を口説こうと必死。神蔵は司法修習で凛々子に一目惚れして以来、ずっと凛々子の追っかけをしているのだ。『この際、神蔵で手を打ったら?!』と同期の女友達に言われ、凛々子は『いや・・・』と微妙な表情。

『凛々子!』そこに凛々子の同期・田代美咲(倉科カナ)が現れた。凛々子と美咲は親友で、美咲は現在弁護士となっていた。

披露宴後、美咲を実家に連れてきた凛々子。学生時代からよく遊びに来ていた美咲のことを、凛々子の家族も皆笑顔で迎える。

家族が寝静まったあと、2人で飲む凛々子と美咲。『どう?検事の仕事は?』という美咲に、凛々子は『小姑みたいな事務官にチクチク言われながらなんとかやってるよ』と答える。『私たち、本当に検事と弁護士になったよね』凛々子はしみじみ嬉しそうな表情を見せた。『進路は違うけど、お互い正義の味方になろうね!』と誓い合って、1年半。検事と弁護士という違う道を選んだ2人は再会を喜び合うのだった。

『彼氏とかいないの?』と美咲に尋ねられた凛々子の頭に浮かんだのは、なぜか検事・大塚仁志(三浦翔平)とのキス・・・凛々子は戸惑うのだった。

翌日、凛々子は事務官・相原勉(安田顕)に『私変なんです!昨日妙なタイミングで大塚さんの顔が浮かんだんですよ!』と打ち明けた。『キスですか?だってしてましたから』という相原。凛々子は共同捜査で飲みに行った際に、寝ぼけてキスをしていたことを相原から聞かされた。むこうははっきりと覚えていると言われた凛々子は『どうしよう・・・』と頭を悩ませるのだった。

気持ちを切り替え、凛々子は今日の担当の資料に向かった。今日、凛々子が担当することになるのは、オレオレ詐欺の受け子となった大学生・浅田謙人(岡山天音)。息子を騙り、200万円を無心する電話を受けたとある老人。電話を切ったあと、オレオレ詐欺では?と気づいた老人が警察に相談し、金を受け取りに来た浅田が詐欺未遂で現行犯逮捕されたという事件だった。

やがて、浅田がやってきた。凛々子が取り調べを始める。しかし、浅田はオレオレ詐欺とは知らなかったと主張。ただの割のいいバイトだと思っていたと明かした。

『いいバイトあるんだけど、やってみない?』大学の近くのファミレスで勉強中、書類を受け取ってくるだけで3万円のバイト代が手に入るバイトがあると話しかけられたと浅田は語る。相手は30代くらいの男性。佐藤と名乗っていて、連絡は相手から来るのみで、佐藤の連絡先を浅田は知らないと説明。『詐欺とは知らずにやったこととはいえ、心から反省してます・・・』と浅田は申し訳なさそうに頭を下げた。
 


<スポンサーリンク>

 

浅田の本性

『浅田の言ってることは本当なんですかね?』取り調べを終えた凛々子は険しい顔でつぶやいた。末端の人間は上層部の人間のことをよく知らないということは実際によくあることだと検事・徳永太一(塚地武雅)が漏らす。『ひどいですね・・・』凛々子は顔をしかめた。

そこに突然美咲が現れた。美咲は浅田の担当の弁護士だった。『浅田さんを釈放していただきたいと思って来ました』と切り出した美咲は、浅田は詐欺に利用されただけに過ぎないと主張。しかし、凛々子は騙されてやっただけかは、捜査をしてみなければわからないと説明する。『浅田さんもある意味被害者と言える、そう思いません?』とごり押しする美咲に、凛々子は『まだその確証はありません!』と反論。『弁護人としての立場はわかるけど・・・ごめん』凛々子が頭をさげると、美咲は『わかりました!』と半分キレ気味に地検を出て行った。

『浅田の逮捕された時の所持品なんですが、ちょっと気になるものがありまして・・・』相原は、自分と同じく鉄道オタクらしい浅田が10万円くらいの価値のあるプレミア切符を持っていたことに驚いていた。凛々子はなぜ大学生の浅田がそのような高価なものを持っていたのかが、引っかかる。2人は浅田の自宅に行ってみることにした。

浅田の自宅はレアな鉄道グッズであふれていた。『マニアだったら喉から手が出るほど欲しいものばかりですよ!』相原は総額80万円を超える価値のあるものばかりだといい、浅田がオレオレ詐欺に常習的に加担している可能性が出てきた。

その後、2人は浅田の大学へ。1年の時の浅田の成績は良好で、落としている単位もなかった。

2人は浅田が取っていた授業へ。ちょうど授業が終わったばかりだ。すると教授は『今日も出席してますよ』と語る。『え?この生徒ですが・・・』凛々子は写真を差し出すが、教授は生徒数が多いため、顔は把握していないと語る。凛々子と相原が理解できない状況に困惑していると、2人を背後から伺っている1人の学生がいることに気づいた。凛々子が振り向くと、逃げていく学生。凛々子は学生を追いかけ、『ちょっと話を聞きたいんですけど!』と捕まえた。

『あなたが浅田さんの代わりに出席していたんですか?』山川という学生はそうだと認めた。『1学期分前払いで2万くれるって言ったんで、小遣い稼ぎのつもりで・・・』と明かす山川。

『浅田は全然普通の学生じゃありませんでしたね?』凛々子は浅田の正体を美咲に教えてやりたいと憤慨した様子。しかし、相原は捜査状況を外部に漏らすことは厳禁だと釘を刺した。話を聞いていた支部長・梅宮(寺脇康文)は、検事と弁護士、どちらが正しいかは簡単には言えないが、『これだけは言える。真実はひとつだけ!』というのだった。

梅宮の言葉を聞いた凛々子は、美咲も美咲で弁護人である浅田の無実を信じ、弁護士としてやるべきことをやっているだけに過ぎないのだと気づく。凛々子は自分も検事として、浅田の行動の裏側を徹底的に追求することを改めて誓うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第6話のあらすじ(ネタバレ)後編

美咲が知った真相

同期の友人に呼び出され、飲み会に出かけた凛々子。すると、その席に美咲が現れた。2人の間に険悪な空気が流れる。『凛々子は検事になって、ますます頭が固くなっちゃったみたいだけどね!』という美咲に、検事として、適切な判断をしたまでだと反論する凛々子。『もし彼が常習的に詐欺をやっていたら、とんでもないことになるんじゃない?』という凛々子に美咲も『もしやってなかったらどうするの!?』と食いついた。

帰宅した凛々子は、家族に美咲と現在敵対する関係にあることを話して聞かせた。『2人とも似た者通しだからな・・・ぶつかることもある。だけど、分かり合えることもあるんじゃないか?』という父・浩市(生瀬勝久)。凛々子は学生時代、美咲と机を並べて、2人で必死に勉強したことを思い出した。

留置所の浅田は、接見に訪れた美咲に『まだ釈放してもらえないんですか?』とすがりついていた。浅田の普段の真面目な態度を証言してくれる友人はいないかと美咲に尋ねられ、浅田は同じクラスの小林の名前を挙げた。『早くここから出してください。先生だけが頼りなんです!』そう美咲に泣きついた直後、浅田は座った目つきで爪を噛んだ。

先日、凛々子と相原が大学にて話を聞いた山川という学生から電話がかかってきた。『浅田くんがオレオレ詐欺で逮捕されたって噂が広がってるんですけど・・・』

この事件は公にはされていない。どうやら、大学内部から出た噂らしい。凛々子と相原がネット上の掲示板を確認すると、そこには同じクラスの小林も怪しいという書き込みがあった。凛々子と相原は、この小林に話を聞きに行ってみることにする。

小林の元を尋ねた美咲。小林は『あいつはきっと何も知らずにやってしまったんだと思います』と語り、証言を約束してくれた。

美咲との話を終えた小林は、直後誰かに電話をかけた。『今浅田の弁護士が来て、いろいろ聞かれました。はい、大丈夫です。浅田もまだ何もしゃべってないようです。皆にも伝えておきます』そう語る小林の背後で、通話内容を聞いてしまった美咲。美咲は小林を追い始める。
 


<スポンサーリンク>

 

再び交わされた約束

その頃。凛々子と相原もまた、小林を尋ね、大学に来ていた。さっき弁護士も小林に会いに来ていたと事務員から聞いた凛々子は美咲に電話。すると、美咲は『私、間違ってたかもしれない・・・私は大丈夫だから』と言い、電話を切ってしまった。

凛々子は美咲が危ない橋を渡っていると本能的に察知する。『美咲が私大丈夫だからって言う時、いっつも大丈夫じゃないんです!』と相原に告げ、2人は美咲を追いかけ始めた。

その頃、美咲は大学構内のある部屋にいた。小林や他の学生たちが『弁護士来たってヤバくね?』などと、自分たちの罪も露わになるのでは?と心配している。美咲はその様子をスマホで撮影し始めた。

『とにかく、小宮山さんの指示があるまで待つんだ!』と仲間たちに言い聞かせる小林。その時、美咲が物音をさせてしまい、小林に見つかってしまう。『何か撮ってたんですか?携帯見せろって言ってんだよ!』美咲は携帯を小林に取り上げられてしまった。

そこに凛々子と相原が駆けつけた。『携帯!』と言う美咲。相原が小林をねじ伏せ、携帯を取り返した。

地検に浅田を呼び出した凛々子。学生たちが全てを認め、上層部の人間である小宮山については現在警察が逮捕状を取り、捜索中だと凛々子は語る。

最初に小宮山から声をかけられたのは浅田。浅田は大学の友人を詐欺に引き入れ、やがてグループとして詐欺行為を繰り返すようになっていた。

『僕、退学になりますよね?』それではまともな就職ができない、人生が台無しだとと声を荒げる浅田に、凛々子は『ここにきてまだ被害者のつもりですか?!』と制す。『あなただって他人の人生を台無しにしたんです!』という凛々子の言葉に、浅田は観念し、謝罪の言葉を述べた。『ちゃんと罪を償えば、あなたの人生は終わりではありません。検事や弁護士はその手助けをするためにいるんですよ』と微笑む相原。

引き続き、起訴された浅田の弁護士を続けることにした美咲は『久しぶりに思い出したよ、あの約束』と言う。美咲は立ち上がり、凛々子に手を差し伸べた。凛々子も立ち、美咲の手を握る。『立場は違っても、これからもずっと正義の味方でいようね?』と2人は笑顔で約束した。

『この間は、私、大塚さんに失礼なことして申し訳ありませんでした!』出勤してきた大塚に謝罪した凛々子。『失礼なことってなんですか?』検事・徳永や他の事務官たちが尋ねる。『私、とんでもないことを・・・!』と言う凛々子。『とんでもないこと?』梅宮も食いついてきた。相原が機転を利かせ、美味しい大福があると皆の気をそらした。

『私、酔って寝ぼけて、キスを・・・』と大塚に告げる凛々子の口を手で封じた大塚。『その話ならもういい!今後一切口にするな!』と大塚は言うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第6話の感想

ドラマ『正義のセ』第6話が終了しました。凛々子が親友・美咲と対立する立場で事件を担当、2人の協力で真相にたどり着いた第6話となりました。

お互い立場が違うため、その職務を全うしようと思えば思うほど、対立するのが検事と弁護士です。最初は美咲との関係や、やりにくさに頭を悩ませていた様子の凛々子ですが、『真実は一つ』という支部長・梅宮の言葉を聞いてからは、お互い職務を全うするだけだといい意味で開き直ることができました。

そして、最終的に、被疑者である浅田がオレオレ詐欺常習者であったことが発覚しましたが、起訴され今後裁判にかけられる浅田のことを引き続き弁護し続けていこうと決めた美咲の信念も晴れ晴れしいものがありました。

検事・大塚とのキス騒動も第6話にて一旦は落ちついたようですが、今後この話が再燃し、広がっていくことにも期待したいです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第7話のあらすじ

第7話にて、凛々子が担当することになるのは、とある保育園で保育士が目を離した隙に園児が大怪我を負った事件。被害届を出したのは、怪我をした園児・宏尚(佐藤令旺)の父親である小峰雄一(近藤公園)。今回の怪我に対する園側の説明に納得がいかないこと、普段から宏尚が怪我をして園から帰ってくることが多かったことが、被害届を提出した経緯でした。

いつもは事件にのめり込み過ぎる凛々子を制するのが相原でしたが、今回、のめり込むのは相原の方でした。バツイチ子持ちで子供と離れて暮らしている相原は、子供が関係する事件は見過ごせない様子。園側の宏尚への虐待の可能性もあると熱くなるのでした。

保育園に話を聞きに向かった凛々子と相原に、園長・瀬川弥生(朝加真由美)は園児が怪我をしたことには深く反省しながらも、園側の過失はないと主張。園児1人1人の行動を保育士が常に監視できるわけでもないことを理解できる凛々子は、園側の言い分にも理があると考え、頭を悩ませます。

そんななか、凛々子の実家に忘れ物を届けに来たことがきっかけで、凛々子の家族にもてなされることになった相原。相原は自分に幼い娘がいること、近々会う約束になっていることを明かし、普段は見せない穏やかな父親の顔を見せるのでした。

その翌日、宏尚の話から意外な事実が明らかになります。園児の怪我の背後にあった真相とは、果たして・・・?!

ドラマ『正義のセ』第7話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

花のち晴れ5話ネタバレあらすじ&感想“付き合ってください”音の告白!天馬と正真正銘のカップルに

モンテクリスト伯5話ネタバレあらすじ&感想 殺人鬼だった入間妻!すみれは真海の正体に気づいている?!

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る