ブラックペアン4話ネタバレあらすじ&感想 佐伯利用した策士高階をさらに利用する渡海の黒い魂胆

Pocket

二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)がその黒い本性を現してきました。第4話では、そんな佐伯に外科医・渡海征司郎(二宮和也)が激しく反発。謎に包まれていた両者の心情が深く描かれそうです。

以下、ドラマ『ブラックペアン』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ブラックペアン』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

東城大学医学部付属病院の外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)と、日本外科学会理事長選を争う帝華大学病院の外科教授・西崎啓介(市川猿之助)は理事長選の決め手となるインパクトファクターにおいて、佐伯に負けていることで焦っていました。その差はわずか6ポイントで、理事長選までにスナイプ手術に関する論文を発表し、インパクトファクターでなんとか佐伯に勝りたい西崎ですが、西崎の弟子・高階権太(小泉孝太郎)は2回のスナイプ手術でミスを犯し、未だに論文を完成させられずにいました。

西崎から圧力をかけられ、なんとかスナイプ手術を成功させたいと焦る高階でしたが、送られてきた患者、厚生労働省の次期事務次官候補である田村浩司(依田司)の息子・田村隼人(髙地優吾)の心臓に合併症があり、スナイプ手術に不適合であることが発覚。かなり難易度の高くなる手術になることから、自分にはその腕がないと泣く泣く諦めようとした高階に、佐伯は外科医・渡海征司郎(二宮和也)にスナイプを使って手術をさせることを決定したのでした。

渡海と高階が隼人のオペ中、佐伯式で近々手術を受ける予定だった患者・楠木秀雄(田崎真也)に急な容体の変化が起こり、緊急手術が必要になります。あいにく佐伯は日本外科ジャーナル主催のパーティーに出席していて、不在。技術を持った医師が渡海しかいないため、隼人か楠木か、どちらかの命を捨てなければならない状況に陥ります。

しかし、渡海は両方の命を救うことを選択。楠木の手術を行う間のスナイプ操作を高階に任せ、楠木の危機を救った渡海。隼人の病室に戻ってきた渡海は後を引き継ぎ、今度は楠木のオペをスナイプで行うよう、高階に命令。こうして、スナイプ手術が同時進行で成功します。

実は渡海が2人の患者の命を救った背後には、佐伯の理事長選が大きく関係していたことが明らかになります。楠木は元日本外科ジャーナル編集長で、佐伯が最も助けたいのは楠木の方だったのです。

背後にあった佐伯の野望に驚きの色を隠せない高階に、佐伯は西崎を切り、自分の元に来ないか?と誘惑するのでした。

さらに詳しいドラマ『ブラックペアン』第4話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『ブラックペアン』第1話〜第3話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第4話の視聴率

ドラマ『ブラックペアン』第3話の視聴率は12.1%という結果になりました。今期視聴率第1位、第2位を争う、ドラマ『未解決の女』との平均視聴率の差が、0.8%差から0.2%に狭まってきました。第4話の視聴率次第では一気に今期視聴率第1位の座に躍り出ることも可能です。

ドラマ『ブラックペアン』第4話の視聴率は引き続き12%代と予想します。実際のドラマ『ブラックペアン』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ブラックペアン』第4話の視聴率は13.1%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
13.7% 12.4% 12.1% 13.1%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『ブラックペアン』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

渡海の佐伯への反抗

看護師・花房美和(葵わかな)は仮眠室にて、外科医・渡海征司郎(二宮和也)のものと推測されるレントゲン写真に、ペアンが写り込んでいるのを見つけてしまった。看護師長・藤原真琴(神野三鈴)が現れたため、花房はそっとレントゲン写真をもとの茶封筒に戻したのだった。

日本外科ジャーナル編集長・池永英人(加藤浩次)が、外科教授・西崎啓介(市川猿之助)に電話で告げた。『このままでは西崎教授の名前で論文を掲載することはできませんよ』外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)が元編集長である楠木秀雄(田崎真也)の命を救い、強い後ろ盾を得たためだ。しかし、西崎は『ご心配なく。もう手立ては打ってありますよ』と余裕の表情で語った。

カンファレンスにて、新人講師・高階権太(小泉孝太郎)が新しい患者・島野小春について医師たちに説明する。小春は血液が凝固しにくい病を抱えている上に、輸血困難なアレルギーを持っている。そのため、開胸が必要な佐伯式は不可能だ。

なぜこのような困難な患者を、佐伯は病院に受け入れたのか?その背後には、高階と佐伯の取引があった。

今から少し前。高階は帝華大学病院時代に担当していた小春の受け入れを求め、佐伯に直談判。『ここにもう1枚カルテのコピーがあります』高階が差し出したのは、楠木の妻のカルテだった。実は楠木の妻は肝臓ガンを抱えていて、現在帝華大学病院で化学治療中。佐伯が強い後ろ盾を得たのと同様に、西崎もまた強い後ろ盾を得ていた。このことから、自分の論文の末尾には、西崎と佐伯、両方の名前を書ける状況に自分はあると高階は佐伯に取引を持ちかける。

『いいだろう!ただし・・・わかるね?』高階を見つめる佐伯。高階は『論文の件はお約束いたします』と笑顔で答えた。

再び、カンファレンス。小春のスナイプ手術の執刀医に、佐伯が指名したのは渡海だった。しかし、渡海は『お断りします』と拒否。どうしてもやれというならば、佐伯式を用いるべきだと渡海は主張する。渡海は最近スナイプに肩入れしている佐伯の姿勢を批判。『佐伯式ではできなくて、スナイプではできるというその判断、負けですよね?使えないんだったらくださいよ。ブラックペアン』と挑戦的に、渡海は佐伯を見据える。佐伯は『お前がそこまで俺を、ブラックペアンをコケにするとはな。もうお前は必要ない。出て行きなさい』と、渡海のIDカードを取り上げ、捨てた。『教授命令でしたら』と渡海は言い、自らのIDカードを踏みつけ、その場から出て行くのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

駆け引き

小春の手術の成功率は5%以下にも満たない状況。『論文を完成させる前に、この子だけは何としてでも助けなきゃいけないんだ』と高階は使命感に燃えていた。高階は1週間後に迫った手術のため、検証とシュミレーションを重ね、その熱心さは研修医・世良雅志(竹内涼真)たちを驚かせるのだった。

入院患者の高齢者に急性心不全が起こり、スナイプでの緊急手術が始まった。しかし、患者の僧帽弁に菌の塊が付着していて、スナイプ手術を行えば、菌を全身に拡散させてしまうことが明らかになる。そのため、スナイプ手術は不可能。佐伯式を行うしかない状況となった。『呼びましょう!渡海先生しかいません!』世良が声を上げた。

花房が仮眠室で寝ている渡海を呼びに行く。しかし、渡海は佐伯から手術を禁じられていると動かない。オペ室の世良も内線にて説得に挑むが、渡海が応じることはなかった。

手術室。患者の僧帽弁に付着した菌が今にも剥がれ落ちそうな状況となっていて、一刻も早く佐伯式を行わなければならない状況。渡海が来ないため、混乱状態の手術室に佐伯が現れた。瞬く間に佐伯は佐伯式での手術を終了させた。それを目の当たりにした世良は(すごい・・・この人はやっぱり神様だ。それに比べて、あの人は・・・)と仮眠室の渡海のことを思わずにはいられないのだった。

『あそこまで佐伯教授の指示に従うなら、小春ちゃんの手術もやってほしかったよ』オペの終了後、世良が花房に漏らした。渡海の腕ならば、小春のスナイプ手術を成功せることができると思うと言う世良に、花房は『だからじゃないですか?』と、渡海が自分が手術を成功させる確信を持っていたからこそ、あえて佐伯の命令に従わなかったのではないかと答えるのだった。

仮眠室の渡海に、渡海の母・渡海春江(倍賞美津子)から電話がかかってきた。『佐伯先生にお米、あんたのところに送っておいた』親子共々、お世話になっているのだからと言い、渡海には反論の余地を与えずに電話を切る春江。

西崎は日本外科ジャーナル編集長・池永に電話し、小春のオペが終わり次第、高階が論文を発表する旨を伝えた。『でも、難しい手術なんでしょう?』もし、失敗した暁には論文発表者である高階が、責任を問われる事態になりかねないことを心配する池永。しかし、西崎は『失敗した時は論文から高階の名前を消すまでですよ』と笑顔で答えた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第4話のあらすじ(ネタバレ)後編

それぞれの思惑

高階の前に、渡海が現れた。『もう論文は書き終わっているんだろう?』ならば、こんな困難なオペをする必要はないと言う渡海。高階は、小春が生まれた頃から僧帽弁を患い、苦しんでいる姿を見続けてきたこと、そもそもスナイプを国内に導入したことも小春のためであることを語り始める。そのために、教授に媚びへつらい、何でもやってきたと高階は苦しそうに明かした。

『私は30回、あの子を殺した。私の技術では無理なんだ!』30回シュミレーションを繰り返し、30回失敗したことを高階は明かす。『渡海先生、このスナイプで助けてください!』高階は頭を下げた。

しかし、渡海は『長い言い訳。じゃあ殺せよ。お前も死ね。そもそもそのスナイプじゃ不可能なんだよ』と冷たく言い捨てる。『いくら腕があったって、切れないメスじゃオペはできないんだよ』と渡海は、スナイプの設計図を差し出した。スナイプの弱点は、その大きなサイズにあると渡海は語り始める。『血管を傷つけないためには、血管の中を通ればいいだろう?』渡海はカテーテルを使っての手術を提案。しかし高階は、太もも付近から入れたカテーテルは、僧帽弁に到達することはないと反論した。

渡海は『だから、そのカテーテルにスナイプつければいいだろう?』と面倒くさそうに言う。小春の心臓を隔てる壁に、小さな穴があることを見逃していなかった渡海は、その穴にカテーテルを通し、僧帽弁に到達できると説明したのだった。

しかし、それは依然難易度の高い手術に変わりはなかった。高階はその方法で、渡海に小春の手術を執刀して欲しいと依頼。しかし、渡海は『無理なんだわ。俺は今、オペをするなって言われてるから』と意味深に笑う。察した高階が『・・・そういうことですか。あなたは最初から自分が執刀するつもりだったんですね?』と言った。

直後、高階は『渡海先生を現場に戻していただけないでしょうか?』と佐伯に直談判。佐伯が応じ、高階と渡海とで、小春のオペをすることに決まった。
 


<スポンサーリンク>

 

裏切られたのは・・・?

そして迎えた小春の手術の日。カテーテルの先に、スナイプの人工弁装着システムを装着した新スナイプにて、手術が行われる。やがて、渡海が操るカテーテルが小春の右心房に到達。この後、中核の小さな穴が一番広がるタイミングを見計らい、隣の左心房を経て、僧帽弁に到達する必要がある。少しでもずれれば、心臓に異常が起こってしまうことは必須。

小春の心臓の動きを見守る高階が、渡海に指示を出す。『まだだ。まだだ。・・・今だ!!』その瞬間、渡海が中核を突破。僧帽弁に無事至り、人口僧帽弁を置換することに成功した。『渡海先生、ありがとうございました!』高階は手術室を出て行く渡海に礼を言い、中核の穴をふさぐ手術に移るのだった。

渡海が手術室の外に出ると、佐伯の姿があった。東城大学医学部付属病院は次のステージへの移行期を迎えていると佐伯は説明。佐伯は余計な心配をせずに、自分を支えるよう、渡海に命じ、渡海は何も言わないまま、去っていく。

『この度はありがとうございました!』小春の手術が無事成功したことで、佐伯に礼を言う高階。佐伯は自分と高階が手を組めば、必ず未来の医学界に貢献できると説明。『私を信じろ。論文、楽しみにしてるよ』と語りかけた。

『どうしてあなたは佐伯教授だけには従うんですか?』高階が渡海に話しかけた。渡海は何も答えない。高階は、今回の謝礼についてはいくらでも支払うと渡海に告げる。渡海は『貸しといてやるよ。あんたにはいずれ、金じゃないものを払ってもらう』と意味深なことを言う。

『信じるな。佐伯清剛を信じるな』佐伯は自分の身に危険が及べば、自らの保身のために仲間を裏切るような人間だと、渡海は高階に忠告。『それがたとえ、長年の盟友であってもだ』と渡海は加えた。

高階の論文が発表された。佐伯、西崎、ともに煩わしそうにページをめくり、一刻も早く、論文の末尾に誰の名前が記されているのかを確認しようとする。論文の末尾に書かれていたのは、佐伯と西崎、2人の名前だった。佐伯は怒りに震えながら、高階を呼び出す。すると現れた高階は『申し訳有りませんが、ご理解ください。私への処遇はどういうものであれ、お受けします』と冷静に言い、教授室を出てく。佐伯は論文をデスクに叩きつけた。

『すべて当初の計画通りですか?さすがですね』廊下にて、高階にそう話しかけた治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)。

今からしばらく前のこと。西崎は小春の手術は論文発表を控えている今この時期にやるべきではないと、高階を諭していた。しかし、佐伯ならば、出世欲にかられ、小春の手術にgoサインを出すかもしれないと西崎は言う。『向こうの提案に乗ったふりをしてやりなさい。利用するだけ利用しろ』と西崎は高階に言う。

論文の末尾に名前を記すことを条件に小春を佐伯に受け入れさせることは、最初から西崎と高階の間で示し合わされたことだった。『これでインパクトファクターは、私と西崎教授のものだ。これで東城大に用はない』と高階は言い、高階は意気揚々と去っていく。

その頃、仮眠室にて高階が発表した論文の末尾を確認した渡海は、こみ上げる笑いを抑えることができないのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第4話の感想

ドラマ『ブラックペアン』第4話が終了しました。西崎と佐伯との間で揺れていたように見えた高階が、佐伯の出世欲を利用し、帝華大時代からずっと助けたいと思っていた小春の命を救うとともに、佐伯を裏切った第4話となりました。

西崎と佐伯の日本外科学会理事長選を巡る争いなどどうでもいい高階。高階が今回スナイプを東城大に持ち込んだのは、すべて小春を救うためだと思われます。いくら医師の技術不足を補ってくれる存在のスナイプとはいえ、小春の病状では手術が簡単ではなく、帝華大で行うとしても、技術もなければ、西崎のgoサインも出ないことも、高階にとっては最初から想定内だったのでしょう。

そこで考えたのが、恩師・西崎と佐伯の権力争いを利用して、小春を助ける案。もともとこの案も発案したのは西崎ですが、それも西崎がライバルの佐伯を蹴落としたい気持ちからそう言うことを高階は見越していたような気がします。西崎の意向に沿うことで、帝華大へはいつでも戻れる状況、小春が助かれば東城大には用はないという、一直線に見えた高階が意外に策士だったことが第4話でわかりましたね。

そして、渡海は高階の作戦を察していたのでしょう。最初に佐伯に手術の執刀を命じられた時に断らずに、渡海がすんなり小春の手術を成功させていれば、佐伯と高階のこれほどの駆け引きが行われなかったことから、渡海がいっぺんは断った理由は、最後の最後に裏切られた佐伯の姿が見たかったからの可能性が高いですね。

また、一度渋ったのちに応じることで、高階に貸しを作り、後々回収することが渡海の本当の目的と言えそうです。

渡海は佐伯に非常に強い嫌悪感があり、それがたとえ盟友でも佐伯が自らの保身のために平気で裏切るという第4話のセリフから、過去佐伯と渡海の父の間にあった裏切りが原因になっている気配です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第5話のあらすじ

佐伯と西崎、どちらを選ぶのか?という選択において、西崎を選んだ高階。本来の目的である小春の手術成功と論文発表を達成した高階は、東城大を去る準備を進めていました。

そんななか、渡海が今回の論文でも発表されている小春のスナイプ手術が、実は完全に成功とは言えず、論文の撤回もあり得る状況だと主張し始めます。どうやら、小春の身体にはスナイプ手術により、新たな問題が発生しているようです。

検査の結果、渡海の言う通り、小春の身体にスナイプ手術の弊害が発生していることが発覚。西崎と高階は青ざめます。形勢逆転の気配ですね。高階は開胸手術ができない小春に、内視鏡下手術支援ロボット・ダーウィンでの手術を提案するのでした。

ドラマ『ブラックペアン』第5話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る