あなたには帰る家がある5話ネタバレあらすじ&感想“嘘だろ…”妻信じていた太郎が切なすぎる

Pocket

中谷美紀さん主演ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

別れを切り出されながらも、なおも佐藤家につきまとう茄子田綾子(木村多江)に『二度とうちの家族に近づかないで!』宣言した佐藤真弓(中谷美紀)。

しかし、時間差で始まったのは妻と秀明(玉木宏)との関係に気づいた茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)の復讐・・・茄子田家との縁はまだまだ切れそうにありません・・・

以下、ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)の妻である綾子(木村多江)との不倫を夫・佐藤秀明(玉木宏)からあっさり認められてしまった妻の真弓(中谷美紀)。99%黒だとわかってはいながらも、残り1%で夫のことを信じていたかった真弓は大きなショックを受けます。

父の浮気で両親が離婚した真弓は、父の非は理解してるものの、子供心ながらに父の不在を寂しく思う少女期を過ごしてきました。そんな過去から、娘・麗奈(桜田ひより)のことを考えると、秀明と離婚するつもりは真弓にはありませんでした。

そんななか、太郎は様々な要因から妻の浮気、そして浮気相手の正体に気づきつつありました。

綾子に別れを切り出しに行く秀明を尾行した真弓は、秀明が綾子にきちんと別れを切り出したことを確認。気持ちは収まらないながらも、一区切りついたと安堵したのもつかの間、真弓の不在中の職場に綾子が現れ、メンチカツを差し入れ・・・綾子のアピールに激怒した真弓は自宅へ殴り込みますが、綾子は秀明に寂しい思いをさせている真弓が悪いと批判。真弓への謝罪は全くありません。真弓は『二度とうちの家族に近づかないで!』と綾子に宣言したのでした。

更に詳しいドラマ『あなたには帰る家がある』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『あなたには帰る家がある』第1話〜第4話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話の視聴率

ドラマ『あなたには帰る家がある』第4話の視聴率は6.5%という結果になりました。放送がGW真っ只中となったため、リアルタイムで観た視聴者が少なかったことが視聴率下降の一因かもしれません。

ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話の視聴率は、少し回復し7%前後と予想します。実際のドラマ『あなたには帰る家がある』第5話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話の視聴率は8.0%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.3% 8.1% 9.1% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
8.0%
第9話 最終回

それでは、ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

疑う太郎

茄子田家から出てきた佐藤真弓(中谷美紀)を、ちょうど帰ってきた茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)が目撃した。『真弓ちゃん来てたのか?』と尋ねる太郎に、綾子(木村多江)は『具合悪くして寝てたら、お見舞いに来てくださって・・・』と誤魔化したのだった。

佐藤家。綾子が職場にメンチカツを持って、宣戦布告しに来たことを秀明(玉木宏)に打ち明けた真弓。『あの女、相当やばいよ!』という真弓。綾子がそんなことをするわけがないと思っている秀明は(話盛ってない?)と疑問を抱く。

また、真弓は綾子の家に乗り込んだところ、謝罪の言葉は一切なく、それどころか挑発的な態度だったことを報告。秀明には綾子がそんなことを言う女性だとは信じられない。

その晩、太郎は1人布団の中でこれまでの綾子と秀明、真弓の怪しげな言動を思い起こしていた。『浮気される方にも原因がある』と浮気された真弓に告げた自分の言葉を、まるで自分も該当するように繰り返して見せた真弓・・・太郎は思わず飛び起き、隣で眠っている綾子の姿をマジマジと見た。

翌日。太郎は綾子が大切にしているピクニックセットの皿を割った。『ごめんな、大事にしてたものなんだろう?』と綾子を気遣う太郎だったが、その表情は冷たかった。

『本当あいつ女見る目ない!』職場で真弓は愛川由紀(船木優子)に愚痴り、娘・麗奈(桜田ひより)が最近自分たち夫婦の異変に気づき始めていることを報告。愛川は『娘さんのこと考えたら、許して水に流すってことか』とつぶやき、夫とやり直そうとしている真弓を応援すると笑った。

秀明の職場。携帯への綾子からの着信を秀明が無視していると、職場の電話に直接電話がかかってきた。『ちょっとだけ会えませんか?近くまで来てるの』という綾子に、秀明は『本日はですね、ちょっと会議が・・・・』と激しく狼狽。『もう全て夫に話した方がいいかなって・・・』と思いつめた様子の綾子。秀明は仕方なく会うことにした。

公園に停めた車内で綾子に会った秀明。太郎に秀明との仲を気づかれたのではないかと綾子は思い悩んでいた。『今、旦那さんに知られることはよくないんじゃないかな・・・家も建て直すところだし』という秀明に、綾子は『家なんか建て直したくない!』と家を建て直せばますます自分はあの家から逃げられなくなると涙した。
 


<スポンサーリンク>

 

太郎の反撃

秀明が職場に戻ると、モデルルームに太郎と真弓の姿が・・・『今日は俺、謝りに来たんだよ。俺に失礼があったのかなって』秀明から森永桃(高橋メアリージュン)に担当が変わった理由は自分がきつく言い過ぎたせいかもしれないと太郎は切り出し、『申し訳ない!』と秀明に謝罪。真弓にも協力をお願いしたのだという。引き続き、秀明に自分の担当をしてほしいと太郎が申し出、同席していた竹田邦彦(藤本敏史)は笑顔で引き受けた。

その後、太郎に誘われ蕎麦を食べに出た真弓と秀明。そば屋のテレビが芸能人のW不倫について報じており、記者会見を開いた男性芸能人が涙していた。『自業自得だろう?人の嫁盗んで置いて、何泣いてんだか』と言い捨てる太郎。その場の空気が凍りつく。『刑罰の重さっていうのは、盗んだものの価値で決まるんだ。人の嫁ってやつの値段はいくらだろうな?』と続ける太郎。秀明は何も言えない。『命に値するって思う奴もいるだろうな?』と太郎は秀明の表情を探りながら、尋ねてきた。また、太郎は麗奈の話題を出す。『そういえばお嬢さんいたよな?かわいいよな、あの子。純粋で』

帰り道、三浦圭介(駿河太郎)の店に寄った真弓は秀明に『パパ、殺されるかもね?』と言う。秀明はともかく、麗奈に何かあったら、と心配する真弓。秀明は今日綾子に会ってしまったことを打ち明け、家族のことは自分が守ると宣言したのだった。

その晩、家族で楽しい食卓を囲んだ真弓は、ソファーで寝させていた秀明に『ベッドで寝れば?』と声をかけた。頭を下げ、ベッドに入ってくる秀明。(ダメだ、背中がイライラする・・・早すぎた)と考える真弓。(ここで挑んでみるという選択肢はあるのだろうか・・・)と考える秀明。真弓はたまらず『トイレ』とベッドを出た。

(一度壊れたものが何もなかったかのように戻ることはあるのだろうか?)1人リビングで考えていた真弓は、今朝不注意から割ってしまった家族写真が入っていた写真たてを修復し始めた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話のあらすじ(ネタバレ)後編

茄子田夫婦の脅威

翌朝。写真立てが修復されているのを見つけた秀明。職場で社員割引で温泉旅行に行けるという話を聞きつけ、罪滅ぼしのために、秀明は家族で旅行に行くことにした。

太郎はスケージュール帳を確認していた。そこには綾子が夜の誘いを断った日には『綾子、夜×』、綾子が秀明と始めて一線を越えた日で帰宅が遅くなった日には『綾子、体調悪く夜帰る』と書き込まれている。その日は4月13日だった。その他、秀明が家の相談で自宅を訪れた日もすべて記入されていた。

太郎は綾子が体調が悪くなり、スーパーで休ませてもらっていたと言い訳をした4月13日に本当にスーパーで休ませてもらっていたのかを確認するため、スーパーへ。しかし、スーパー従業員はそんな事実はなかったと話した。

太郎の家の本契約の日。秀明と森永が契約書を携え、茄子田家へ。太郎は契約書に判を押そうとする手をふと止め、『ところでお前、4月13日、何してた?』と綾子に切り出した。『思い出したら、お伝えしますね』と答える綾子。席を立とうとした慎吾(萩原利久)を太郎が呼び止める。『慎吾、見とけ。父さん、お前らのために家を建てるぞ!』そういい、太郎は契約書に判を押した。

麗奈のSNS投稿をチェックしていた慎吾のスマホを偶然見てしまった綾子。SNS上で、麗奈は週末に家族旅行で茨城に行くと報告していた。綾子が慎吾のスマホを取り、『あら、これ麗奈ちゃん?連絡取ってるの?』と嬉しそうに言う。すると、慎吾は『もうそういうの、やめたら?』と切り出した。『そういうのって?』とぼける綾子。綾子は太郎に、佐藤家が週末家族旅行に行く予定にしているらしいと報告した。

週末。訪れた悪縁切りの神社にて、麗奈がおみくじを引くと大吉だった。『待ち人来る』という文字から麗奈が目を上げた瞬間、目の前に慎吾の姿が・・・後から太郎と綾子も現れる。麗奈も秀明も真弓も、驚きが隠せない。

『ほう、奇遇だな』と切り出す太郎。綾子も素知らぬ顔で、真弓に一礼する。

その後、宿に着いた真弓たち。なんと宿泊先も茄子田家と一緒だった。夕飯を一緒に食べようとはしゃぐ麗奈を、真弓はなだめ、早々に寝かせてしまった。

その晩、麗奈が寝た後、真弓たちは茄子田家が現れた原因が、麗奈のSNSであることに気づく。その後、真弓が風呂へ行くと、綾子が入ってきた。『ここにね、キスしてくれたの。このホクロが好きって言ってくれた』綾子が秀明との思い出を突然語り始める。『何度も言ってくれたの。愛してるって』真弓は目を潤ませながら、『無駄ですよ。何言ったって』と言い、風呂を出た。

その頃、ロビーに1人の太郎は麗奈のSNS投稿を見ていた。麗奈が投稿した家族旅行での楽しい一コマの中の笑顔の秀明を無言で見つめる太郎・・・
 


<スポンサーリンク>

 

真相を知った太郎

翌朝。真弓は早起きして早朝ランニング。すると、その途中、太郎に出会ってしまった。『朝からよく走るな?何をそんなに振り切りたいの?何でわざわざ来たのかって思ってんだろう?』と言い、座っていた石段から立ち上がる太郎。『ぶっ壊してやりに来たんだよ』麗奈の前で、秀明に綾子と寝たのか聞いてやろうと思って、と太郎は語る。

『理不尽だよな・・・』信じていた方は辛い気持ちをし、裏切った方を許さなければいけないことの理不尽さを太郎は語り始めた。『そんな男が大事な娘の父親でいいのか?本当は今でも腸煮えくり返ってんだろう?あんたの大事に守ってきたものぶっ壊したのは誰だ?綾子でも、俺でもない。あんたの敵は・・・自分の旦那だろう?』太郎は真弓に迫った。

自分の誤解ならば、自分の目を見て『うちの家庭は円満です』と言ってほしいという太郎。真弓は『うちの家庭は・・・』と言葉を詰まらせた。『あんたの旦那は、俺の妻と寝たのか?』娘の前で聞かれたくなければ、今答えろという太郎。『それは・・・』真弓はうつむき、流れる涙を抑えることができない。『それが答えなのか?・・・嘘だろう・・・』太郎はそう呆然と呟くと、急に歩き始めた。

『どこまで言っちゃったんだろう・・・』秀明が真弓を探して、ホテルの外に浴衣のまま出ると、『おはよう、いい天気。やっと2人になれたね?』と綾子が話しかけてきた。ちょうどそこに太郎と真弓が帰ってくる。秀明に一直線に迫る太郎。秀明は思わず手を顔の前に、防御姿勢をとった。

太郎はそんな秀明と綾子を見比べ、ハッとしたような表情を見せ、タクシーに乗り込み、行ってしまった。

綾子と慎吾が帰宅した。しかし、太郎はまだ帰ってきていなかった。

麗奈が旅行先で気になっている人と偶然会えたと、友人と話しながら下校している。やがて、友人と別れた麗奈の前に綾子が現れた。『時間ある?お茶しない?』
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話の感想

ドラマ『あなたには帰る家がある』第5話が終了しました。太郎が自分の妻・綾子と秀明との関係に気づいた第5話となりました。

粘着質で封建的な性格、横柄な態度と嫌なところもたくさんある太郎ですが、第5話以前、夫の浮気で困っていると明かした真弓のために、家族BBQを企画し秀明に釘をさしてくれるなど根っからの悪人ではないところも描かれています。綾子への執着や威圧的な態度も愛しているからこそ。それで許されるとはいいませんが、太郎は実はあの4人の中では1番純粋で傷つきやすい性格なのかもしれません。

人の妻を寝とった秀明へ罰を与えに来たと話していた太郎でしたが、真弓の無言の涙から真相を察した太郎は、呆然とした表情、『嘘だろう?』と言いました。疑いながらも、綾子のことを心の奥底では信じていたと推測されます。その後、怒りから秀明の元へ直行した太郎でしたが、おびえる秀明の背後に控えていた愛する綾子の姿を確認すると、何もできませんでしたね。太郎がとてもかわいそうになりました。

一方の妻・綾子は儚げな外見の裏に、相当図太い神経を持ち合わせている様子。自分1人ならまだしも、夫と子供も一緒の旅行先での真弓への挑発、秀明へのアプローチ、普通の神経でできるものではありませんね。

また、慎吾の『そういうの、やめたら?』発言も気になります。以前、BBQに行った際に、自分の家庭は普通ではないという麗奈への慎吾の言葉がありましたが、綾子は精神を少し病んでいるのかもしれません。綾子からはさらなる衝撃事実が発覚しそうな予感です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』第6話のあらすじ

下校途中に綾子と会ったことを麗奈から聞いた真弓。真弓は佐藤家に再び殴り込みますが、綾子は不在。海辺で隠れるように佇んでいたのは、太郎でした。

真弓は家族をまもりたいという自分の気持ちを太郎に伝え、自分たち家族に危害を加えるようなことはしないでほしいと懇願。しかし、同時にそんな錯乱状態に陥ってしまうほど傷ついた太郎の気持ちが、真弓には痛いほど理解できるのでした。

今回の騒動の原因を作った秀明は、迫り来る茄子田家の恐怖に、なんとか立ち向かおうと、自分の本心を全く理解していない様子の綾子に接触。家族を捨ててでも秀明と一緒になりたいという綾子に『あなたを愛していません』と土下座で宣言します。綾子は去っていきますが・・・

翌朝、静かな朝を迎えた佐藤家に突然乗り込んできたのは、綾子でした。綾子は勝手に家に上がり込み、麗奈に『秀明さんと私は愛し合ってるの。これからママと呼んで』と口走ります。やはり、綾子は普通の状態だとは到底思えませんね・・・そこに、真弓を追ってきた太郎も現れ、修羅場となってしまうのでした。

ドラマ『あなたには帰る家がある』第6話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る