ブラックペアン3話ネタバレあらすじ&感想“西崎を切れ”佐伯の誘惑に高階は?!裏切りの予感

Pocket

二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

スナイプ手術でなかなか思ったような結果が出せない高階権太(小泉孝太郎)。第3話で入院していくる政治家の息子というVIP患者を前に、今度こそはと意気込む高階でしたが、心臓の構造上その患者はスナイプ手術には不適合・・・

仕方がないと諦めようとした高階に、またしても外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)がGOサインを出します。果たして、佐伯の真意とは・・・?!

以下、ドラマ『ブラックペアン』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ブラックペアン』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

緊急搬送されてきた心臓に病を抱える小山兼人(島田洋七)の緊急手術にて、外科医・渡海征司郎(二宮和也)から縫合を命じられた研修医・世良雅志(竹内涼真)。人一倍、糸結びの練習を重ねていた世良でしたが、ミスを犯し、小山は大出血。渡海から『人1人殺したな?』と言われ、大きなショックを受けた世良は研修先の変更希望届を提出しようとしていました。

外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)の手術を希望した小山でしたが、人気外科医・佐伯には手術待ち患者が非常に多く、小山の順番が回ってくるのはまだまだ先。高階権太(小泉孝太郎)が小山にスナイプ手術を行いたいと申し出、佐伯は許可。しかし、高階以外の外科医が執刀すること、高階は手術室に立ち入り禁止というのが、佐伯の条件でした。

入念な準備の末、小山のスナイプ手術が執刀医・外科医・関川文則(今野浩喜)の手により始まりました。しかし、左利きだった関川が人口弁の置換直前、スナイプを利き手に持ち替えたことが原因で、人口弁が心臓内に脱落してしまうという緊急事態が発生。別室で手術を見守っていた高階は佐伯が出した条件があるため、手術室へは入れません。そこに手術室から世良が駆けつけ、高階を説得。高階は佐伯との約束よりも、患者の命を優先しました。

手術室に駆けつけた高階でしたが、関川のミスをどうすることもできません。そこに駆けつけたのは渡海。高階の辞職と退職金1000万円と引き換えに、渡海は驚異的なスピードでミスをリカバリー。当初予定されていた手術内容までをもこなし、小山の手術を無事に成功させます。

病院を出て行こうとしていた高階でしたが、世良は病院を辞めないことを宣言。今回、自らのクビを賭け、ピンチを渡海に助けてもらった高階でしたが、事前に行っていた世良の辞職をかけた渡海との賭けには勝利。勝負は引き分けとなったのでした。

さらに詳しいドラマ『ブラックペアン』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『ブラックペアン』第1話〜第2話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第3話の視聴率

ドラマ『ブラックペアン』第2話の視聴率は12.4%という結果になりました。引き続き、ドラマ『未解決の女』(第1話・第2話平均視聴率13.87%)に続き、第2位の視聴率(平均視聴率13.05%)をキープしています。

ドラマ『ブラックペアン』第3話の視聴率は引き続き12%代と予想します。実際のドラマ『ブラックペアン』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ブラックペアン』第3話の視聴率は12.1%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
13.7% 12.4% 12.1%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『ブラックペアン』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

追い詰められた高階

『どういうことだろうな?高階。次、結果が出せなかったら、スナイプは君の手を離れることになるよ?』日本外科学会理事長選に向けてインパクトファクターが欲しい外科教授・西崎啓介(市川猿之助)から、迫られた新人講師・高階権太(小泉孝太郎)。高階は2回のスナイプ手術でミスを犯していて、西崎は未だにスナイプ手術に関する有効な論文を発表できていない。

後がなくなった高階。そんななか、治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)の紹介で、東城大学医学部付属病院に厚生労働省の次期事務次官候補である田村浩司(依田司)の息子・田村隼人(髙地優吾)が入院してくる。何としてでもスナイプ手術を成功させなければいけない高階はピリピリし、周囲には緊迫した雰囲気が漂っていた。

もともと佐伯式を論文で発表し、佐伯式の論文だけで77ポイントのインパクトファクターを獲得している外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)。一方の西崎は研究主体の論文を数多く発表しているがそのインパクトファクターは71ポイントで、佐伯には劣っていた。スナイプ手術の論文を発表できれば、佐伯を超えるインパクトファクターが獲得できる上に、医学界への大きな貢献になると考えている高階は、その旨を研修医・世良雅志(竹内涼真)に語った。それに共感した世良は、ぜひ協力させてもらいたいと申し出たのだった。

しかし、その翌日。隼人が肥大型心筋症を患っており、心臓内が複雑な構造になっていてスナイプ手術に適合しないことがわかった。自分の技術ではできないと泣く泣く手術を諦めた高階。しかし、佐伯は外科医・渡海征司郎(二宮和也)にスナイプ手術を命じた。執刀医が渡海、助手に高階が入ることになった。

渡海にスナイプの扱い方を教えようとする高階だったが、渡海は応じない。結局、渡海は1度もスナイプを触らないまま、手術の日を迎えた。

手術の日。オペ室に入った渡海は、隼人の心臓の動きを一瞬確認したのち、突然『やめた』と一言。オペ室を出て行った。『やめたってどういうことです?!ちゃんと説明してください』と高階が食いつくと、渡海は『心尖部の筋肉、見たのかよ?』と言い捨てる。その後、精密検査にて、隼人の心臓の底の筋肉が異常に厚く、あのままスナイプ手術を行っていれば大惨事になっていたことがわかる。少しでも心筋に触れると、死に至る可能性があるのだ。高階は一瞬の判断で、それを見抜いた渡海に驚きが隠せない。
 


<スポンサーリンク>

 

佐伯の誘惑

しかし、西崎はスナイプ手術の続行を求めた。『本当に隼人さんの手術はスナイプで行えるんでしょうか・・・?』不安を隠せない世良。高階は3Dプリンターにて、隼人の心臓を完全に再現し、世良と共にスナイプ操作の練習を重ねることになる。試行錯誤を繰り返した結果、唯一のルートを見つけることに成功したのだった。しかし、高階は『今回の手術で唯一想定できないのが・・・執刀医だ・・・』としぶい表情。

音大生の隼人は直近にコンクールを控えており、だからこそ回復が早きスナイプ手術を望んでいる。家族は手術はまだなのかと執刀医である渡海に迫った。しかし、渡海はこれまでのスナイプ手術で起こった事態を説明。『三度目の正直という言葉もあるくらいだから、三度目は成功するかもしれない。しかし、二度あることは三度あるという言葉もある』と率直に言い切った。動揺を見せる隼人と家族たち。

高階は『患者がスナイプ手術を取りやめたらどうするつもりです!?』と渡海に食いついた。渡海は事実を説明しただけだと表情を変えない。そんな渡海に、高階は苦労の末見つけた隼人の心臓のルートのデータが入ったファイルを渡海に渡した。しかし、渡海はそのファイルをゴミ箱へ・・・『今何をした?!』高階が声を荒げる。『捨てた』と答える渡海。『ふざけるな!自分がしたことがわかってるのか?』と言う高階に、渡海は『必要ないだろう?こっちはルート決めてるんだから』と反論する。高階と世良が苦労の末に見つけた唯一のルートを、渡海は検証なしに見つけていた。『逆に言うと、それ以外ルートないんですけど』と言う渡海。『私から言わせればあなたは医者ではない。ただの手術職人だ』という高階に、渡海は『そんなに褒められたら、照れちゃうよ』と答え、去っていくのだった。

そんななか、高階は佐伯に呼び出された。『君も大変だな?西崎教授はスナイプをただの道具としか考えていない。追い詰められてるんじゃないか?高階くん、うちに来ないか?』と誘う佐伯。『私ごと、スナイプを引き抜くということですか?』と高階が確認すると、佐伯は東城大学医学部付属病院にて、スナイプ論文を高階の名前で発表し、その末尾に自分の名前を書けばいいと言う。それは、西崎を切れという誘いだった。

直後、医局に戻った高階は論文の末尾にすでに打ち込まれている西崎の名前を消し、迷うような表情を見せた。

佐伯は佐伯式で手術えを行う予定の担当患者・楠木秀雄(田崎真也)の様子をチェックしたのち、東京へ。日本外科ジャーナルのパーティーに出席する。日本外科ジャーナル編集長・池永英人(加藤浩次)が佐伯を迎えた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

命運を賭けた手術

その頃。隼人のスナイプ手術が渡海の手により、始まった。渡海が心尖部28ミリの角度から、まるで精密機械のようにスナイプを挿入する。世良は渡海の技術を改めて目の当たりにし、目を見開いた。『すごい・・・』高階も驚きが隠せない。

その時、楠木に心タンポナーデが起き、ショック状態となった。看護師・花房美和(葵わかな)が東京の佐伯に指示を仰ぎたいと電話するが、佐伯はパーティーにて壇上での挨拶中。

楠木は緊急手術が必要となる。隼人の手術中の手術室にて楠木の容体変化の一報を受けた世良が『どうしますか!?渡海先生!』と声を荒げる。高階が『ダメだ!』とスナイプ手術の続行を求めた。渡海は『俺の身体はひとつ。だから助けられる命も1つだ。ならどっち助ける?あ、いや、どっち殺す?』と鋭い目で尋ねた。

手術室に沈黙が流れる。『そんなこと決められませんよ!』という世良。すると、渡海は『俺なら両方助ける』と言った。渡海の指示により、楠木が隣の手術室に入ることになった。

『あっち行くつもりですか!?』声を荒げる高階。渡海は楠木の手術を行っている間、高階に手術の続行を命じた。しかし、高階は何も答えない。『このなかに医者はいないのか?あ?このなかにお医者さんはいませんか?!』と渡海が声を荒げる。高階が『わかりました』と震える声で答えた。

高階に手術を変わった渡海が楠木の手術室に入ってきた。通常、胸の真ん中から開く手術だが、なぜか渡海は胸の左側から胸を開く。

隼人に不整脈が起こった。脈の乱れにより、ますます心筋に触れずにスナイプを操ることが難しくなる。高階が、慎重にスナイプを挿入し続ける。

楠木のバイパス手術が終了した。続いて、佐伯式での手術に移る。しかし、渡海は慌ただしく佐伯式の準備に入るスタッフに『待て』と制した。
 


<スポンサーリンク>

 

背後にあった佐伯の思惑

隼人の血圧が下がったまま、回復しない。高階は手術を諦めようとしていた。『自分の技量の限界は自分が一番分かっている・・・』という高階。その時、渡海が入ってきた。『こっちは俺がやるから、あっちはお前がやれ。スナイプ使え。向こうの患者、左側開けといたから、そのまま心尖部にスナイプ突っ込め』という渡海。『そんなこと検証したことも・・・』と躊躇する高階に渡海は『やれ!執刀医の命令だ』と指示。高階は『わかりました』と手術室を出て行った。

こうして、楠木の手術室に高階が入る。スナイプによる僧帽弁の置換手術が始まり、隣の手術室では隼人のスナイプ手術を渡海が続行する。

両方の手術室で、患者の僧帽弁にスナイプが到達。高階と、渡海がトリガーを引く。『完了』と2人が言い、スナイプ手術が同時進行で成功した。

東京の佐伯は、渡海と高階が同時進行でスナイプ手術を成功させたという一報を受けた。『そうか・・・』微笑を浮かべならが、佐伯はつぶやいた。

西崎の研究施設に厚生労働省の次期事務次官候補である田村が直接訪れ、感謝を述べた。『よくやった!高階』という西崎。高階は『近いうちに必ず論文を完成させてみせます。西崎教授のために』と伝えたのだった。

楠木が病院の裏口から退院していった。なぜ裏口からなのか?楠木は実は外科ジャーナルの前編集長だったのだ。そんな楠木が、西崎の病院ではなく、佐伯のいる病院に入院したと知れれば、日本外科学会理事長選の公平性が欠けると騒がれるかもしれないと高階に語る佐伯。高階は『まさか、あの時渡海先生が2人とも助けてた理由は・・・』と気づいた。すると、佐伯は『君の論文が掲載されるかどうかは、その末尾にある名前で決まるということだ。西崎教授か、私か・・・』と怪しげに微笑んだのだった。

看護師・花房が仮眠室にて、1枚のレントゲンを見つけた。そこにはペアンがくっきりと写し出されている。『ペアン・・・!?これって・・・』と目を見開き、花房はつぶやく。

その頃。2件のスナイプ手術を成功させた渡海は、その謝礼として治験コーディネーターの木下から札束が入っているらしい紙袋を受け取っていた。直後、煙草の煙をくゆらせる渡海の眼には、複雑な感情が浮かんでいたのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第3話の感想

ドラマ『ブラックペアン』第3話が終了しました。二件のスナイプ手術が同時進行で成功した第3話でした。

西崎のために、スナイプ手術を成功させた高階。しかし、その背後には想像を超える佐伯の黒い野望がありました。

厚生労働省の次期事務次官候補の息子というVIP患者の手術を、スナイプにより成功させた高階でしたが、実は同時入院していた楠木の方が日本外科医理事長選には重要な人物でした。西崎のインパクトファクターアップに貢献するスナイプ手術にOKを出したかのように見た佐伯が、実は背後でさらに大きな得を取ろうとしていたことが発覚し、佐伯の黒い野心がまざまざと描かれた第3話となりました。

また、そんな佐伯はインパクトファクター獲得に有利になる日本外科ジャーナル前編集長の手術を成功させるという得だけでは満足せず、ライバルの腹心である高階をも懐に抱え込もうとしているようです。高階の西崎への忠誠心は強いものですが、自らの目指す論文発表、医学界への貢献の実現が誰につくかで変わってくるとなると、高階も心変わりする可能性は十分ありますね。

また、その手腕で次々に神がかり的に手術を成功させ、金銭を受け取っている渡海ですが、その眼は暗く、沈んでいます。佐伯に大きく貢献する手先となっている渡海の本心がどこにあるのか?第3話ラストで、看護師・花房がレントゲン写真を発見したことから、いよいよその核心に触れられそうな気がします。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第4話のあらすじ

スナイプ手術が立て続けに成功したことにより、東城大にてスナイプを大量導入することが決定しました。高階は順調に論文を完成させていきますが、佐伯に西崎を切り、自分の懐に入るよう、誘われたことで、高階は論文の末尾に西崎と佐伯、どちらの名前を記すのか、頭を悩ませていました。

そんななか、高階は帝華大時代に手術を執刀した僧帽弁閉鎖不全の子供の患者を東城大に転院させ、スナイプ手術を行おうと計画。血液が固まりにくい症状もあるため、出血を伴う手術は厳禁です。佐伯は執刀医に渡海を指名しますが、なぜかいままで佐伯の言いなりだった渡海が今回は猛反発。執刀医を断るとともに、突如スナイプ大量導入に方針を大きく変えた佐伯を猛烈に非難します。激怒した佐伯に、渡海は今後行われる手術に一切関わらないよう、命じられてしまうのでした。

突如、佐伯に反発した渡海の本心や渡海の技術なしでの難しい手術の行方が気になりますね。ドラマ『ブラックペアン』第4話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る