シグナル4話ネタバレあらすじ&感想 救えなかった命,大山とみどりの思い出の品が決定的な証拠に!

Pocket

坂口健太郎さん主演、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

1997年にいる刑事・大山剛志(北村一輝)に情報をもたらしたことにより、過去を変え、被害者の命を救うことに成功した2018年にいる三枝健人(坂口健太郎)。

大山を使って、続く犠牲者の命を救おうとする健人ですが、そこには予想だにしなかった過去を変えた代償があるようです。

以下、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

1997年に起きた連続女性殺害事件を捜査中の長期未解決事件捜査班・三枝健人(坂口健太郎)。健人は1997年にいると思われる刑事・大山剛志(北村一輝)と無線で繋がった際、大山に犠牲者と現場を伝えたことがきっかえで、大山が5人目の犠牲者の命を救うことに成功しました。しかし、その後犯人を単独追跡した大山は事件とは無関係な大学生を誤認逮捕してしまい、謹慎処分となってしまいます。

その後2018年では、健人たち長期未解決事件捜査班が、被害者女性全員が同じ98番の路線バスを使っていたことに気づきました。1997年で大山に追われ、路線バスに飛び乗った犯人が、口封じのためにその際同乗していた女性たちを狙った可能性が高まります。

そんな中、2018年の世界で、当時98番線バスの運転手をしていた田中修一(モロ師岡)が働くバス会社の同僚・八代英子(真瀬樹里)が、連続女性殺害事件と同様の手口で殺害されます。長期未解決事件捜査班が再捜査を始めたことが原因だと考えた管理官・中本慎之助(渡部篤郎)により、長期未解決事件捜査班はこの事件からおろされてしまうことに・・・

行き詰まった健人は1997年にいる大山と交信し、7番目の犠牲者を救おうと考えます。7番目の犠牲者は、大山と親交があるラーメン店店員・北野みどり(佐久間由衣)でした。

健人からの情報を受け、みどりのもとへ急ぐ大山。みどりには犯人の手が迫っていました。

更に詳しいドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第1話〜第3話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話の視聴率

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第3話の視聴率は8.3%という結果になりました。過去の同枠で放送されたドラマの第3話時点の視聴率と比較すると、この8.3%という数字は高い視聴率となり、今期は健闘していると言えるでしょう。

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話の視聴率は、引き続き8%代と予想します。実際のドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話の視聴率は7.9%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.7% 8.4% 8.3% 7.9%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

浮かび上がった真犯人

連続女性殺害事件の次の犠牲者は北野みどり(佐久間由衣)。『大沢6丁目の路地で殺されます』三枝健人(坂口健太郎)から、そう告げられた刑事・大山剛志(北村一輝)はみどりを探して、奔走。その頃、健人はホワイトボードの前で、過去が変わる瞬間を待ち構えていた。

現場付近に駆けつけた大山の耳に、みどりの悲鳴が聞こえてきた。

2018年。警察署で朝を迎えた健人。しかし、過去はまだ変わっていなかった。解剖医・安西理香(青野楓)から面白い情報を聞いてきたという桜井美咲(吉瀬美智子)。過去の事件は犠牲者の生前に手足が縛られている。しかし、今回起きた犯行は、犠牲者の死後縛られたもの。犯人は別人だが、関連性は極めて高いと推測される。

『でしたら、これが役に立つかもしれません』という鑑識・小島慎也(池田鉄洋)。小島は現場を追い出される前に、殺害された八代英子(真瀬樹里)の部屋の床に落ちていたグラスから、指紋を採取していた。

健人と桜井は、バス運転手・田中修一(モロ師岡)が重要な鍵を握っているとして、田中の行方を捜すことになった。山田勉(木村祐一)は現場付近の防犯カメラの映像をあたることに。

バス会社を訪れた健人は、女性社員から田中の話を聞く。『息子さんに不幸があったのよ』当時、20歳くらいだった田中の息子に不幸があり、それをきっかけとして田中は退職したらしい。

山田が現場付近の防犯カメラに田中が写っていることに気づいた。グラスからは、八代以外のもう1人の人間の指紋が出ている。これが田中の指紋なのか・・・田中がかつて交通事故を起こしていることから、交通課がとった指紋と照合することになった。

田中の自宅を訪れた桜井。隣人は『病院じゃないですか?』と言う。田中は入院している息子にいつも付き添っているらしい。現場から出た指紋が田中のものと一致した。桜井は田中を確保しに、病院に向かう。連絡を受けた山田も病院に向かうことになる。

過去の事件があった時、バスの運行記録から田中のアリバイはほぼある状態だ。その頃、健人はバス会社の同僚から、かつての田中の様子を聞いていた。息子が心配だということで、当時自らが運行する98番線のバスに、よく息子を同乗させていたと同僚は語った。『田中さん、よく言ってたな。俺は息子のためなら、なんでもするって・・・』
 


<スポンサーリンク>

 

変えられなかった過去

いち早く、桜井が病院に到着した。病室の田中の息子は眠っている。そこに、健人から電話がかかってきた。『八代英子を殺したのは田中です。でも過去の連続殺人事件の犯人は息子のヒトシです!』『え?』次の瞬間、桜井の背後から、田中の息子・ヒトシが襲い掛かった。すぐに健人たちが駆けつけたため、桜井は無事だったが、襲い掛かった理由は桜井が銃を持っていたため、びっくりしただけだと主張するヒトシ。

その時、小島から電話がかかってきた。『さっき田中が城西署に自首してきました。全部自分がやったと言っているそうです』

過去の事件の犯人として田中を逮捕したことを、明日記者会見で発表するという刑事・岩田一夫(甲本雅裕)に、署に戻った桜井が過去の事件の犯人は息子の方だと食いついた。『証拠がないと誰も信じないだろう?!』と岩田は声を荒げ、去っていく。

車内で健人は1人無線機を握りしめていた。やがて23時23分になり、無線機がつながる。『大山刑事、聞こえますか?』健人の呼びかけに、大山が『聞こえてます』と答えた。

『北野みどりさんは無事でしたか?』と尋ねる健人に、大山は『そこは2018年なんですよね?犯人は捕まったんですか?!』と尋ねる。どうやら、みどりを救うことはできなかったらしい。資料が豊富な2018年と違い、1997年はそうではないと言う大山。大山はバスの運転手・田中が怪しいと言い、『探してくださいよ!!』と涙する。

あの日。みどりの悲鳴を聞いた大山が駆けつけた時、みどりはすでに変わり果てた姿となっていた。これまでと同じように、息絶えたみどりの手足は縛られている。泣き崩れる大山。

『昨日まで生きてたんですよ?!夢ができたって、笑ってたんですよ!俺がぶっ殺しますよ!!』という大山のことを、健人はそんなことをしたら大山までもが犯罪者となってしまうと制した。『八代英子が何かを知ってます。訪ねてください!』と健人は訴えるが、無線は途切れてしまった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話のあらすじ(ネタバレ)後編

見つかった証拠

『八代英子は田中ヒトシが真犯人だという証拠を握っていた。だから、父親に殺されたんです。どっか別の場所に隠してるはずなんです』と長期未解決事件捜査班のメンバーに伝える健人。健人は八代の部屋の室内を思い起こし、その中に城西銀行のテッシュがあったことを思い出した。『城西銀行だ・・・』健人はつぶやき、席を立つ。

城西地域女性連続殺害事件の犯人が逮捕されたと記者会見中の管理官・中本慎之助(渡部篤郎)に、岩田が耳打ちする。中本は壇上から降り、やってきた桜井に『覚悟はいいな?』と耳打ちする。中本と代わった桜井は、決定的な新証拠が見つかったと発表した。

その頃、健人が田中の取り調べを行っていた。『田中さん、あなたは自分の息子が連続殺人事件の犯人だって知ってたんですね?だから息子をかばって嘘をついた』大山に追われたヒトシが田中の運転するバスに飛び乗ったあの日。田中は、誰も乗せていないと大山に嘘をついた。それに気づいたのが、八代だった。『ヒトシくん、乗ってましたよね?どこから乗ったんですか?』と八代は田中のことを疑う素振りを見せた。

別の日。路地にて、田中に偶然出くわした八代。何かを伺っている様子の田中に、『何してるんですか?』と尋ねる八代。何もしていないと田中は逃げていった。田中の視線の先には、みどりの変わり果てた姿があった。八代はそこで拾った、みどりとヒトシのDNAが付着した髪留めを隠し持っていて、それをネタに田中を揺すっていた。実際、八代の口座には複数回の田中からの入金が確認された。

取調室の田中は、『ヒトシは十分罰を受けた!あの事故のせいでな!』と健人に訴える。1997年にて、田中の自宅を訪ねた大山は、そこでヒトシと遭遇。ヒトシを追跡した。ヒトシはとあるビルの屋上へ逃走。そこで大山ともみ合いになる。『どうして殺した!!答えろ!!』ヒトシに馬乗りになって、暴行を加える大山を田中は材木で背後から殴った。『この子は無実だ!あのバス停では、誰も乗せていない!』

『じゃあ、仕方ねえな。証拠もなくて証人もいないなら、俺が終わらせてやる』そう言い、大山が立ち上がり、逃げようとしたヒトシがビルの屋上から転落しそうになる。ヒトシの手を大山が捉えるが、ヒトシは『あんたには、捕まらない・・・』と苦しそうに言葉を絞り出し、大山の手を払った。ヒトシはそのまま、ビルから転落。事故後、後遺症が残り、ヒトシは身体が不自由になった。
 


<スポンサーリンク>

 

失われた未来

大山は、ヒトシを自首させろと田中に掛け合い続けた。田中は大山がヒトシを逮捕できないのは、証拠がないからだと推測。あの子は十分罰を受けたと、大山の言葉に従うことはなかった。『大山という刑事が、ヒトシをあんな目に遭わせたんだ!』と声を荒げる田中に、健人は大山はそれ以後ヒトシが起こす犯行を防いだのだと伝える。

『あなたの息子が殺されていたとしたら、それでも何もかも忘れて平穏な暮らしができますか!?』そう健人は言い、ヒトシが殺害した女性の写真を1枚ずつ、田中の目の前に並べ始めた。小さな子供がいる女性、1ヶ月後に結婚式を控えた女性、資格を取り新しい人生を歩みだそうとしていた女性、ヒトシはそれらの女性の未来を奪ったのだ。『それぞれの人生や家族があったんだ!これを見ても、何も感じませんか!?冷たい地面の上で、恐怖に震えながら亡くなったんです。そのことを絶対に忘れてはいけません!』と健人が言うと、田中は泣き崩れ、地面に突っ伏した。

田中が息子の犯行を証言したことから、ヒトシは連続殺害事件の真犯人として逮捕された。

みどりに線香をあげにラーメン屋店主の自宅を訪れた健人。店主は『あの髪留めは、みどりの面倒を見てくれてた刑事さんがみどりの誕生日に買ってくれたものなんだ。確か、大山って言ったかな』とつぶやいた。

1997年。みどりを守れなかったことを謝罪しに、ラーメン店を訪れた大山。店主は大山にみどりが用意していた映画のチケットを差し出す。元気がない大山を励ますため、笑える映画を一緒に観るのだと、みどりが楽しみにしていたと店主は語った。

『大山刑事。犯人を逮捕しました』無線にて、健人が大山に告げる。『あなたと北野みどりさんが残してくれた証拠です』という健人に、大山は『それは・・・?!』と尋ねる。健人は1997年の解析技術では証拠にはならないと告げ、犯人逮捕は大山のおかげだと礼を言った。また、大山も『教えてくれてありがとうございました』と頭をさげる。無線は切れた。

大山はみどりが買ったチケットを使い、映画を1人で観た。観客の笑い声が響くコメディ映画が上映されている館内で、大山は1人みどりとの思い出を思い出し、涙を流すのだった。

『犯行現場を見たの、今回が初めてじゃないの?』健人のことを気遣う桜井に、健人は『初めてじゃありません』と答える。健人の脳裏に、かつて目の前で手首を切り、命を絶った兄・加藤亮太(神尾楓珠)の姿が蘇った。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話の感想

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第4話が終了しました。連続女性殺害事件の真犯人を逮捕し、事件を解決できたにもかかわらず、結末がとても切ない第4話でした。

過去を変え、5人目の犠牲者の命を救った健人と大山。しかし、大山と親しくしていたみどりの命を救うことはできませんでした。

もともと、狙われることになっていたみどりでしたが、5人目の犠牲者を大山が救わず、真犯人と鉢合わせ、追跡するということがなければ、みどりへの犯行はもう少し遅くなっていたようです。もし、健人が教えた情報がみどりのものだったら、大山はみどりのことを救うことができたのかもしれません。健人と大山が、良かれと思って変えた過去が、必ずしも100%良いもの現実にはならなかったというところが切ないですね・・・

ものすごく雰囲気のあるドラマで、見終わった後はしんみりとしてしまいます。まだ明らかにされていない、大山の謎や健人の過去がそういう雰囲気を漂わせるのでしょうか?見応えのあるドラマです。

健人と大山は、第1話〜第4話で過去と現在がつながることにより、2つの事件を解決してきましたが、第5話からはまた新しい事件にて、繋がっていく様子。そろそろ、大山の謎に健人が踏み込んでいくということで、物語が一気に佳境に入ってきそうですね。

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第5話のあらすじ

健人が、現在の世界で大山を探し始めました。健人がまず向かったのは、かつて同僚だった岩田の元でした。しかし、岩田からもたらされた情報は、大山がかつて収賄で懲戒免職になったというショックな事実・・・健人が調べてみると、大山の収賄を裏付ける証拠が実際にあり、懲戒免職後以降、大山の行方が知れなくなっていることがわかります。

しかし、大山が失踪したという日が、かつて健人が大山と無線でつながり、銃声で途切れた日であることが健人に引っかかります。なおも、大山へ近づこうとする自らの動向を、ある人物に監視されているということに健人は気づきません。

そして、1998年の大山は連続窃盗事件を追っていました。高級住宅街で立て続けに3件発生し、20年後の現在も未解決のままのこの事件、犯人を逮捕したい大山は情報を健人に求めます。

しかし、健人は拒否。健人の中で、過去を変えることは危険という認識が芽生え始めているようです。

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』第5話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る