コンフィデンスマンJP4話ネタバレあらすじ&感想 映画狂の佐野史郎,映画で人生転落!

Pocket

長澤まさみさん主演、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第4話のターゲットは映画マニアの悪徳社長・俵屋勤(佐野史郎)。俵屋を騙すために繰り広げられるのが、壮大な偽の映画撮影。ダー子(長澤まさみ)の七変化も楽しみです。

以下、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

カフェにて、美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合ったボクちゃん(東出昌大)は、ユキが悪評高い美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)に心身ともに弄ばれたいう話を聞き、激怒。ダー子(長澤まさみ)リチャード(小日向文世)にその旨を訴え、次なる標的を城ヶ崎に定めました。

しかし、ピカソの贋作を城ヶ崎へ売りつける作戦が、城ヶ崎が贋作と見抜いたせいで失敗。贋作がダメなら、作家を偽ればいいと思いついたダー子の新たな作戦で、たまたまダー子がお取り寄せした卵農家の男性・山本巌を評価されないまま亡くなった画家とでっちあげることに。撮影した写真にゴッホ風のエフェクトをかけたものを、ボクちゃんやリチャードが模写。城ヶ崎はまんまと騙され、巌の生家という設定の空き家に残された遺作全てを3.5億円で買い取っていきました。

城ヶ崎が開いたオークションには、ダー子たちが招いた卵農家・山本巌の姿がありました。本人を眼の前にし、騙されたことを知った城ヶ崎。城ヶ崎は名声も失いますが、評論家としての肩書きを捨てたことにより、素直な心で美術を評価できるようになったようです。通りすがりに幼い子供が描いた絵を目にした城ヶ崎は、『いい絵だね』と微笑むのでした。

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話までの 更に詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話〜第3話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話の視聴率

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第3話の視聴率は9.1%となりました。前クール放送のドラマ『海月姫』第3話の時点で、視聴率がすでに5%代に降下していたことを考えると、今期は大健闘中と言えそうです。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話の視聴率は、8%代と予想します。実際のドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話の視聴率は9.2%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.4% 7.7% 9.1% 9.2%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

標的は映画オタク!

宮下正也(近藤公園)が俵屋フーズの工場長に昇進した3ヶ月後。宮下は会社が行っている缶詰「うなぎのカレー煮」の産地偽装の事実に気づいた。帰宅した宮下の前で、妻は『叱ってやってよ?最近嘘ばっかり。嘘ついてるとね、パパみたいな立派な大人になれないよ』と最近嘘ばかりつく息子を叱る。宮下は、息子を叱ることができなかった。

息子の手本となれないような人生は歩みたくないと宮下は意を決し、社長・俵屋勤(佐野史郎)に産地偽装の件について、直談判。しかし、俵屋は国産と外国産の品質は変わらないことが証明されている上、国産とした方が客が喜ぶのだからいいことをやっているのだと主張。俵屋は『告発する気か?!うちには親父の時代から付き合いがある怖い連中もいるんだからね。その覚悟があるならやってみろ!!』と宮下を脅すのだった。

飲屋街。道端で酔いつぶれた宮下を見つけたダー子(長澤まさみ)が、『大丈夫?』と声をかけた。宮下が落とした厚生労働大臣宛の手紙をダー子は持ち帰り、ボクちゃん(東出昌大)とリチャード(小日向文世)に見せる。そこには、俵屋フーズの鰻の産地偽装を告発する内容が綴られていた。

ダー子が調査結果をリチャードたちに報告する。俵屋は典型的なお坊ちゃん上がりの2代目の社長。社員への恫喝、セクハラは当たり前。そんな俵屋が愛してやまないのが、映画。俵屋は学生時代時は演劇部に所属していた。映画DVDが数百本を所有し、俵屋は月刊キネマ新報を購読していた。

配達員になりすましたリチャードは、俵屋の自宅ポストに届けられている月刊キネマ新報を、そっくりに作った偽物にすり替えた。その頃、アジトではダー子とボクちゃんが、今回俵屋を騙す計画に使用する映画脚本の内容を吟味していた。

すり替えられた月刊キネマ新報に掲載されていた映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソンの記事が目にとまった俵屋。俵屋はダー子たちの思惑通り、スワンソンを訪れた。このスワンソンも、もちろんダー子たちが空き店舗を改装し、用意したものだ。
 


<スポンサーリンク>

 

出資金3億円

『いらっしゃいませ』店員に扮したダー子が俵屋を出迎える。俵屋は勝新太郎が愛したカツサンドを注文。感動を隠せない様子。そこに新人映画監督に扮したボクちゃんと映画プロデューサー役のリチャードが、制作中の映画の話をしながら、入ってきた。ダー子は、2人が映画関係者であることを俵屋に耳打ちする。『長澤のスケージュールなんとか抑えたい』などとリチャードたちが語り合っているのを耳にした俵屋は、すっかり信じたようだ。

ボクちゃんとリチャードは、映画の脚本を落としたまま、出て行った。俵屋がそれを拾う。『本見なかった?!』直後、2人が慌てて入ってくる。俵屋が『落ちてました!』と差し出した。

『もしかして、読みました?』と俵屋に尋ねるボクちゃん。『最初だけ・・・私、こういうものでして』俵屋が名刺を出し、リチャードとボクちゃんも偽の名刺を差し出す。『これも何かのご縁だ。この脚本、最後まで読んでみてください!ゲストから、関係者になりませんかというお話です』とリーチャードが切り出すと、俵屋は『本当ですか?!』と嬉しそうな表情を見せ、脚本を読み始めた。

やがて、俵屋が脚本を読み終えた。『素晴らしい出来です!!』という俵屋。映画の制作費に必要なのは10億円。現在7億円集まっていて、残りの3億円を出資し、俵屋もぜひ名を連ねてみないかと誘うリチャード。しかし、俵屋は『いやいや、私なんかはとても!!』と断る。

『ヒットしたら何倍にもなって戻ってくるんでしょ?』ダー子も加勢し、かなり粘ったが、俵屋は出資を了承しなかった。

アジトに帰ったダー子たちは、俵屋が映画を好きすぎて、逆にその世界に立ち入ることを控えているのではないかということに気づく。『仲間に入れなくて、モジモジしてる子は、無理やり引っ張りこむだけよ!』ダー子は改めて決意を固めるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話のあらすじ(ネタバレ)後編

本性を現わした俵屋

リチャードは俵屋に、映画がクランクインしたことを報告。撮影の見学に誘い、うなぎのカレー煮を携えた俵屋が京都にやってきた。壮大な時代劇のセット、太刀の練習を目の当たりにし、俵屋は始終感動している様子。

大物時代劇俳優・伊吹吾郎に紹介された俵屋は、『大ファンです!!』と嬉しそうに握手を交わした。俵屋が去った後、『誰だっけ?』とマネージャーに尋ねる伊吹吾郎。そこは、鬼平犯科帳の撮影現場だった・・・

食堂にて、主演女優が急に降板し、予定されていた出資者が出資を取りやめ、映画制作を断念しなければならないかもしれないとリチャードが切り出した。しかし、それでも俵屋は食いついてこなかった。

新しい主演女優に、マギーリンという中国人女優(ダー子)が決まったことが、スワンソンを訪れた俵屋に知らされた。『主演女優は出資者と出来てしまう』という話を小耳に挟んだ俵屋は、羽田までマギーを出迎えに行くことに。

羽田。大勢の追っかけのファンの前に現れたマギー。マギーにウィンクされ、俵屋はこの上ない笑顔を浮かべる。

リチャードがアジトに嬉しそうに駆け込んでくる。『俵屋から電話があった!3億出資するそうだ!!』目線だけで落としたと大喜びのダー子。

スワンソンを出資の件で訪れた俵屋は『出資する以上、納得できる作品にしたいんです!』と切り出し、60ヶ所弱の訂正を加えた脚本を差し出す。それを受け、ボクちゃんが徹夜で脚本を修正するが、俵屋のOKはでなかった。『僕、絵コンテ書いてきたんだけどね?』俵屋は自ら描いた大量の絵コンテを差し出した。本性を現した俵屋を目の前にし、ダー子たちは俵屋のおとなしかった時代が懐かしくて仕方がない。

俵屋が映画制作にしゃしゃり出てきたことから、撮影を本当に進めなければならない状況になってしまう。俵屋フーズの社員をエキストラとして集め、大量の資金をつぎ込み、マギーが現場入りし、撮影が始まる。俵屋はすっかり監督気取りで大興奮。

さらに、俵屋は自分の出演シーンを作ってくれと言い始めた。アジトにて、俵屋に付き合ったおかげでゲッソリのリチャードとボクちゃんを前に、ダー子は『こうなれば俵屋さんの夢を叶えてあげましょうよ?徹底的に!!』と声を上げた。

こうして、武将役をもらった俵屋。お気に入りのマギーとの絡みもあり、俵屋は大満足したようだ。『さっき振り込んだよ、3億!』と俵屋はリチャードに告げた。

『あなたもセリフのある役をやってみない?』現場にエキストラとしてはいっていた工場長・宮下に、ダー子が巻物を渡した。
 


<スポンサーリンク>

 

『映画は人生を変える』

マギーが滞在中という設定のホテルの一室に、俵屋がやってきた。『今後、この世界でやっていくなら、私と仲良くなっておいたほうがいい。2人で飲もう。僕が言っている意味、わかってるよね?』という俵屋。『着替えるので、待っててください』とダー子が着替えようと席を立つと、俵屋は『君じゃない!監督!初めて会ったときから魅力的な若者だと思ってた!』と同席していたボクちゃんのことを誘う。『この部屋、使ってください!』マギーは部屋に2人を残し、退散するのだった。

映画の完成試写会。大勢の仕込みの観客に囲まれながらレッドカーペットに降り立った俵屋とダー子たち。やがて、試写会が始まった。

しかし、スクリーンに映し出されたのは、俵屋フーズ工場長・宮下の姿。『私は長年食品偽装に手を染めていました。国産と偽っていたのは、すべて外国産です』と宮下は語り始める。告発しようとした時、俵屋に脅されたこと、報復人事に遭いそうになったことを宮下は語った。観客席がざわつき始める。

宮下の告発が終わり、試写会場内が明るくなると、さっきまで俵屋の隣に座っていたダー子たちの姿はなかった。

俵屋が騙された頃に気づいた頃。宮下が去って行くダー子たちを追いかけ、『ありがとうございました!』と頭を下げた。『これからだよ!』と声をかけるリチャード。

アジトに帰ったダー子とボクちゃんはリチャードから『残念なお知らせがあります』と切り出された。今回、経費がかさんだことが原因で、俵屋から3億円を騙しとることには成功したものの、2815円の赤字となった・・・産地偽装を告発された俵屋は、その事実を大きく新聞で報じられる事態となっていた。報道を見たダー子は『俵屋さんの夢を本当に叶えてあげたってことか?』と楽しげにつぶやく。俵屋の口癖は『1本の映画は人生を変える』。自身の口癖通り、俵屋は1本の映画に大きく人生を変えられた結末となったのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話の感想

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話が終了しました。映画マニアの悪徳社長・俵屋が、映画により転落し大きく人生を変えられてしまった第4話となりました。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の面白さを支えている大きな柱のうちのひとつが、詐欺の標的となるターゲットのキャラクター性ですが、第4話でも大物俳優・佐野史郎さんが俵屋役を好演しました。映画マニアの上に、男色の気があるという一癖も二癖もある俵屋でしたが、佐野史郎さんが適役でしたね。

また、水戸黄門の格さん役で知られる俳優・伊吹吾郎さんのサプライズ出演もありました。ラストには、ダー子たちが作った偽の脚本をたまたま目にした伊吹吾郎さんが、自らが主演で映画化してしまうというオチ付きでした。

そういった小ネタも面白く観ることができ、毎回あっという間の1時間です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第5話のあらすじ

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第5話の標的となるのは、かたせ梨乃さん。かたせ梨乃さんが悪徳総合病院理事長を演じます。

虫垂炎をリチャードが発症し、入院したことから物語は始まります。もともと薄給への不満をあらわにしていたリチャードの執刀医・田淵安晴(正名僕蔵)をかたせ梨乃さん演じる病院理事長・野宮ナンシーがクビにしたことがきっかけとなり、第5話でも壮大な詐欺計画が繰り広げられることに。

もともと、開業医と玉の輿結婚し、夫の死後、病院のイメージアップにより成り上がったナンシー。病院のイメージアップの中心にいるのが、スーパードクターとして知られているナンシーの息子で外科医の新琉(永井大)でした。しかし、実はこの息子・新琉はスーパードクターとは名ばかりの三流医師。新琉が成功させたことになっている手術は、すべて他の優秀な医師が執刀したものだったのです。

中でも新琉の変わりに難易度の高い手術を執刀していたのが、今回ナンシーがクビにした田淵でした。ナンシーが田淵の変わりを至急探しているという情報を得たダー子は、ボクちゃんをエリート医師として病院に送り込むのでした。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第5話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る