花のち晴れ2話ネタバレあらすじ&感想“俺,音のことが好きだ”気づいた晴,嫉妬に狂う愛莉の罠

Pocket

杉崎花さん主演、ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

井上真央さん×松本潤さん出演でドラマ化・映画化、空前の大ヒットとなった『花より男子』シリーズの完結から10年。待望の続編がついにドラマ化されます!

舞台はF4の卒業から10年後の英徳学園。再び描かれる貧富の差を超えたラブストーリーに注目です。

以下、ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

英徳学園初等部時代、当時高校生だった道明寺司(松本潤)にイジメの現場を救ってもらったことがきっかけで、道明寺に強い憧れを抱くようになった神楽木晴(平野紫耀)。その際、道明寺に『英徳を頼んだぞ』と言われたことから、晴はかつての栄光を失いつつある英徳学園を立て直そうと、C5を結成し授業料や寄付金を支払えない庶民の学生を学園から追い出す、庶民狩りを行っていました。

自分に自信がない晴は、こっそり通販で怪しげな商品を買い込み、少しでも憧れの道明寺に近づこうとしていました。晴はある日コンビニ受け取りに指定した『カリスマ性に磨きがかかる火星の石』を受け取りに来た際、店員として働いていた、英徳学園に隠れ庶民であることを隠しながら通っている江戸川音(杉咲花)と鉢合わせ。音に自分の恥ずかしい事実を公表させないため、自分に惚れさせるという計画を実行することに。

豪華なガーデンパーティーに音とバイト先の先輩・紺野亜里沙(木南晴夏)を招いた晴でしたが、庶民的な亜里沙のことを卑下する物言いが音の怒りに火をつけ、晴は惚れさせるどころか音にローストビーフの塊で顔面を打たれ、嫌われてしまうのでした。

更に詳しいドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第1話のネタバレあらすじと感想
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話の視聴率

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第1話の視聴率は7.4%となりました。初回としては低い視聴率となりますが、地方での視聴率は2桁代で、決して不発とは言えない状況のようです(静岡地区・14.3%、新潟地区・13.8%、関西地区・12.8%など)

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話の視聴率は、期待を込めて、引き続き7%代と予想します。実際のドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話の視聴率は7.9%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.4% 7.9%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

音に恋した晴

『だって、私婚約者がいるから!』江戸川音(杉咲花)が神楽木晴(平野紫耀)に大声でそう告げた時、馳天馬(中川大志)が現れた。音のことを名前で呼ぶ親しそうな天馬のことが気になってしょうがない様子の晴。しかし、突然現れた神楽木家の医療班により、晴は強制的に自宅に連れ去られてしまう。そんな晴に、音は『紺野(木南晴夏)さんのことは許したわけじゃないけど、助けてくれてありがとう』と礼を言うのだった。

天馬に送ってもらい、音が帰宅すると、母・由紀恵(菊池桃子)が月に一度、馳家から送られてくるワンピースやバッグ類を試着していた。『何をしてらっしゃるんですか・・・?』と固まる音に、気分転換がしたかったと言う由紀恵。

すると、突然コンビニの店長から、シフトに入って欲しいとの連絡が。音を襲い、晴に撃退されたバイト仲間は突然店を辞めたらしい。

翌日。晴の様子がおかしいことに気づいた真矢愛莉(今田美桜)は、平海斗(濱田龍臣)を問い詰めた。『おかしいよね?最近の晴。それって晴を脅してるっていう女のせい?』海斗は嫉妬に荒れ狂う愛莉から逃げ出したい一心で、ただ『調べておく』とだけ伝えるのだった。

『あの女、馳の幼馴染なんだと!』晴から告げられた海斗。『わざわざあんな女に惚れなくても・・・』という海斗。しかし、惚れたわけではなく、惚れさせて捨ててやるためだと晴は反論する。

英徳学園。クラスメイトのお嬢さまたちに、次世代パンケーキを食べに行こうと誘われた音。金欠のため、音は行くともいえず、しかし断ってばかりいるため返答に困ってしまう。

その直後、晴に助けてやったお礼をしろと音は迫られた。『次世代パンケーキ食べについてくるなら、許してやる!』という晴。どうやら、晴は先ほどの音とクラスメイトの会話を聞いていたらしい。半年後まで詰まっている予定が次の日曜だけは、奇跡的に空いているという晴だったが、その日音は天馬との予定があった。『じゃあ、土曜日は?』と音が尋ねると、晴は奇跡的に土曜日も空いていると偉そうに答えるのだった。

土曜日。タキシードを着て、デートに行こうとしている晴に、執事の小林がもう少しドレスダウンしたほうが良いのでは?と伝えてきた。小林の助言で、星占いのラッキーアイテムを参考にすることにした晴。
 


<スポンサーリンク>

 

音と晴のデート

こうして、待ち合わせ場所の恵比寿ガーデンプレイスの時計広場に、晴はカウボーイの格好をして現れた。次世代パンケーキの店は何時間も待つ人気店だったが、待つことが嫌だという晴は、昨日店ごと買い取ったと語り、音を驚かせる。

(どうして私に構うの・・・?)晴がパンケーキを食べなかったこと、店ごと買い取っていたことから、男1人でパンケーキ店に来にくいという理由で誘われたわけではないことに、音は気づいた。自分に脅されていることが原因に違いないと察した音は、自分にはどうしても英徳に通い続けなければならない理由があると晴に説明。すると、晴は『驚いた!まさか、お前もそうだったとはな!F4だろ!』と音もF4に憧れて、英徳に通い続けたいのだと勘違い。『ついてこい!』と晴は席を立つ。

こうして、道明寺家の前を訪れた晴と音。晴は時々、こうして憧れの道明寺家を聖地と称し、家の前を訪れているらしい。そこに、メイド頭・タマ(佐々木すみ江)が突然現れた。タマにお茶に誘われ、2人は道明寺家に入ることを許されたのだった。

道明寺家に招き入れられた晴は『やべえ!奇跡すぎる!!』と大興奮。家のあちこちで写メを撮りまくった。『俺は誓うぞ!』この神聖なる場所にふさわしいリーダーとなり、学園をもり立てていくことを熱く語る晴を目の当たりにし、心苦しくなった音。音は切り出した。『私はここにふさわしくない。私が英徳にいたい理由は全然違うから』音は、自分が英徳にいなければならない理由は、婚約者・天馬との結婚の条件だからだと明かした。

『お前、だっせえな!婚約者の馳にすがって、貧乏から脱出かよ!』ショックを受けた晴は思いに反して、憎まれ口を叩いてしまう。音は『言われなくてもわかってる。でも、そのしょうもない人生に、あなたは1ミリも関係ないでしょ?』と反論し、帰って行った。

その後、急に体調不良に襲われた晴は、道明寺家の秘書・西田(デビット伊東)に送られ、神楽木家に到着。晴は抜け殻のようになっていた。

翌日の日曜日。今日は、月に一度の音と天馬のデートの日。『じゃあ、行こうか?』贈られた服に着替えた音を、天馬が迎えに来た。

銀座のDior。ショッピング中の愛莉は、カタログに載っていたワンピースが欲しいと店員に要求。しかし、そのワンピースは売り切れていた。『なんでとっとかないのよ!』と声を荒げた愛莉は、目の前で天馬とショッピング中の音が自分が欲しいワンピースを着ていることに気づく。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話のあらすじ(ネタバレ)後編

桃乃園学園への潜入

神楽木家。晴が体調を崩していることを知った父・巌(滝藤賢一)に、晴は『自分自身の体調管理もできないとは』と見下すような表情で言われてしまう。父に愛されない寂しさが、晴の心によぎるなか、直後、海斗がやってきた。

『最悪すぎる!!』と絶叫する海斗。『お前がかかった病気はな、恋ってやつなんだよ。お前は江戸川音に恋したんだ!』海斗は晴に宣告した。晴はそんなわけがないと激しく取り乱し、混乱。『小林!これは恋じゃないよな?飯が食えなくなっても、恋じゃないよな?』と晴が執事・小林にすがりつくと、小林は、ふとした瞬間、特に落ち込んだ時、相手の顔を無意識に思い出し、会いたくなってしまうのが恋だと答えた。その言葉を聞いた晴は『よっしゃ!それじゃ恋じゃねえ!!』とベッドから飛び起きた。

1日デートを楽しんだ音と天馬は、夜景が見える高層ビルのレストランに。すると、家族連れで来ていた客の赤ちゃんが泣き始めた。そこに店員がやってくる。『馳様、VIPルームがご用意できました。そこなら静かに食事ができるかと』すると、天馬は家族を個室に案内してやって欲しいと言う。そこなら、母親も赤ちゃんも気兼ねなく食事ができると・・・音はそんな天馬を目の当たりにし、昔から困った人に手を差し伸べる天馬のことが好きだとしみじみと感じるのだった。

C5は敵地の視察のため、桃乃園学園の制服を用意し、学園へ。チャイムは生演奏。授業はVR、校舎内にネイルサロンやパーソナルジム、ゴルフクラブがあり、部活にはスカイダイビング部までがあった。それらは全て生徒会長・天馬のマニフェストで、実現率100%。生徒たちの絶大な支持の理由を、晴たちは知ったのだった。

『転校したくなるわけだ・・・』桃乃園学園のサロンにて、晴以外のC5が感心していると、『英徳の神楽木が、C5がいるぞ!!』と生徒に見つかってしまった。騒然とする学園内。晴たちの前に生徒たちが立ちはだかる。すると、そこに天馬が現れた。『やめろ!僕の客だ。失礼は許さない』

別室にて、お茶を出された晴たち。『狙いは何だ!?』と食いつく晴に、天馬は『狙いはこれ。両校の親睦を深めること』と手を差し出す。しかし、晴は『気に入らねえ。俺はお前には絶対負けない!』と天馬の差し出された手を払う。席を立った晴に、天馬は英徳学園の前でビラを撒いた生徒たちは必ず見つけ出し、注意をすると約束し、『申し訳ない』と頭を下げたのだった。

『想像以上だね?ザ・リーダーって感じでさ』天馬の紳士な態度に感心しながら、帰って来たC5。晴は天馬と自分を比較し、すっかり落ち込んでいた。
 


<スポンサーリンク>

 

近づく距離

音のコンビニ。音は店の前で体育座りをしている晴に気づく。気づけば、ここにきてしまっていた晴は、小林が、恋とは(心が沈んだ時、どうしても会いたくなってしまう)と語っていたことを思い出した。『俺じゃダメか・・・?』と音に尋ねる晴。『は?』音はなんのことだか全くわからない様子。

晴は空腹のあまり、立てない様子。今夜、自宅には父がいるため、帰りたくないという晴の言葉を聞いた亜里沙が『じゃあ、うち来る?』と言いだした。

こうして、亜里沙の自宅にやってきた音と晴。亜里沙は冷蔵庫の中のもので適当に何か作ってくれと言い、飲み物を買ってくると出て行った。誰かが料理を作るところを初めて見たという晴は、音の背後に立ち、その一挙手一投足を見守る。音が作ったタコさんウインナーに、晴は痛く感動。『すげえな!魔法かよ!?』と声を上げた。

『さっきのどういう意味?俺じゃダメかって』音が切り出した時、亜里沙が帰って来た。

出来上がった料理を、口にした晴は『うまい!!うま過ぎる!!』と感動。おかわりがしたいと立ち上がった晴だったが、足がしびれ、床に転がる。『おかわり・・・おかわり・・・』と床を這いつくばる晴の姿を見て、音も亜里沙も笑った。

帰り道。音は『あの人と自分を比べちゃってるんでしょ?絶対あんたじゃ勝てなくて、あんたじゃ足元にも及ばないくせに』と晴に告げる。音は、晴が道明寺と比べて、落ち込んでいると勘違いしている様子。

音は、自分のために無理をしている天馬のことで悩んでいると晴に打ち明けた。『昔はね、天馬くんのことが大好きだった。昔は天馬くんの前でも普通に笑えた』しかし、親の会社の倒産後は、贈られる服やご馳走される料理の値段を気にし、天馬に悪いと思ってしまうと言葉を続ける音。

『俺なら、そんな思いさせない。俺なら悩ませねえ。気を使わせたりしねえ。完璧な男になってやる!』と晴は思わず声をあげる。音は、完璧じゃなくてもいいと答えた。『完璧になろうとしている神楽木には、神楽木なりの良さがあると思うよ』という音。晴も『お前も、完璧じゃねえけど、飯はうめえ。なんせ、ウインナーでタコが作れるんだからな!』と言う。2人は笑った。

やがて、音のアパート前に到着した晴は音に『約束する。お前のことは庶民狩りはしねえから。お前は例外だ。だから・・・関わるなとか言うな。1ミリも関係ねえなんて言うな』と告げる。走って帰っていく晴の後ろ姿を見ながら、音は『変な奴』と微笑んだ。

翌朝。晴は海斗に『俺、江戸川音のことが好きだ。婚約者だろうが関係ねえ。絶対振り向かしてやる!』と宣言。

音が英徳学園に登校すると、突如あたりの学生のスマホにメール受信音が鳴り響いた。スマホに届いたメールを音が確認すると、そこには音が隠れ庶民であることを告発する内容が・・・戸惑いの表情を浮かべる音のことを、校内から愛莉が『絶対許さない・・・』と見降ろしていたのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話の感想

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第2話が終了しました。晴が音のことを好きだと実感した第2話となりました。

音の婚約者が、ライバル校の全てにおいて非の打ち所がない天馬だったことで、激しく落ち込んでしまった晴。自分が人間的に足りないということを実感していて、努力で埋めようとしている晴には、また道明寺とは違った好感が持てます。晴にそういう部分があるという点で、音が晴に心を許すようになっていくのも早く、その過程も理解できますね。

第2話では、晴の異変にいち早く気づいた愛莉の嫉妬の炎が燃え盛りました。お金持ちのお嬢様として、甘やかされ、欲しいものは全て手に入れてきた愛莉は、自分の欲しいものを他人が手に入れるという状況が我慢ならない様子。欲しかったワンピースを着ていた音のシーンも、愛莉の性格を煽る描写としてよかったと思います。

また、第2話では道明寺とつくしの待ち合わせ場所であった恵比寿ガーデンプレイスの時計広場が出てきたり、道明寺家のタマや西田が登場し、前作からのファンにも楽しめる小ネタが登場しました。第3話以降も楽しみです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第3話のあらすじ

音が隠れ庶民であることを告発する内容のメールが、英徳学園の生徒たちに一斉送信されました。メールの差出人は、おそらく愛莉でしょうが、音は晴の仕業だと思い込み、ショックを受けます。

一方の晴は、これまで容赦なく退学を宣告してきた庶民狩りの活動と、音への想いの狭間で悩むことになるのでした。

そんなこととも知らない音はなす術もなく、退学届を出す決意を固めます。しかし、生徒たちの音への嫌がらせが止むことはなく、集団リンチ状態に・・・そこに晴よりいち早く駆けつけたのは、天馬。今回の件で、音をめぐる三角関係がますます激化しそうな予感です。

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』第3話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る