ブラックペアン1話ネタバレあらすじ&感想“患者は物”オペ室の悪魔は善?悪?佐伯の医療ミスも発覚

Pocket

二宮和也さん主演ドラマ『ブラックペアン』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

日曜ドラマ『ブラックペアン』がいよいよスタートします。ドラマ化・映画化され大ヒットを記録したチームバチスタ・シリーズの作者である海堂尊著の小説『ブラックペアン1988』が原作という点や、主演の二宮和也さん初のダークヒーロー役ということで、かなり期待できそうなドラマになりそうです。

以下、ドラマ『ブラックペアン』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ブラックペアン』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第1話の見どころ(ネタバレ

ドラマ『ブラックペアン』の舞台は、外科教授である佐伯清剛(内野聖陽)が大きな力を持つ東城大学医学部付属病院。佐伯は心臓手術における世界的権威で、神の手と称されるほどの手術技術を持っています。

そんな佐伯率いる東城大学医学部付属病院の外科医局では、医師の技術こそがすべて。難易度が高い心臓手術は、技術を認められた数少ない医師にだけ任される手術となっていました。

第1話では、そんな東城大学医学部付属病院に、高階権太(小泉孝太郎)の手により、手術用最新医療器具『スナイプ』が持ち込まれます。このスナイプを使えば、医師の技術や経験に関係なく、誰でも安全に手術を行うことができると主張する高階。技術至上主義の佐伯外科医局が対立することは必須・・・ですね。

また、高階を佐伯外科医局に送り込んだ人物が、佐伯と日本外科学会理事長選を争う予定になっている帝華大学病院の外科教授・西崎啓介(市川猿之助)であるという点も気になるところ。スナイプ普及の背後に、別の思惑が潜んでいる可能性もありますね。

高階が持ち込んだスナイプが佐伯外科医局に巻き起こすことになる大きな波紋に加え、そんな波紋の中で権力に一切とらわれない孤高の外科医・渡海征司郎(二宮和也)がどう動いていくのか、という点がドラマ『ブラックペアン』第1話の大きな見どころとなりそうです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第1話の視聴率

ドラマ『ブラックペアン』の前クールに同枠で放送されたのは、松本潤さん主演ドラマ『99.9-刑事専門弁護士です。人気ドラマのシーズン2にあたり、その平均視聴率は17.63%とかなり高いものとなり、前クール放送されたドラマの中では断トツトップの視聴率を記録しています。

ドラマ『ブラックペアン』第1話の視聴率は、初回ということで注目が集まり、14%前後と予想します。実際のドラマ『ブラックペアン』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ブラックペアン』第1話の視聴率は13.7%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
13.7%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『ブラックペアン』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

オペ室の悪魔

東城大学医学部付属病院に帝華大学から、外科教授・西崎啓介(市川猿之助)と新人講師・高階権太(小泉孝太郎)がやってきた。国立の超一流大学が、地方の病院にやってくるということ自体がただならぬこと。西崎と高階は神の手と言われる外科教授・佐伯清剛(内野聖陽)の手術を見に来たのだ。東城大としては、絶対に失敗が許されない手術となる。

手術室を中継を通して見守る西崎たち。西崎が佐伯の手術道具を見たいと言い、カメラがアップで映し出す。そこには、黒いペアンが映し出された。『あれが佐伯教授のブラックペアン・・・』西崎がつぶやく。

こうして、多くの医師ら、関係者が見守る中、佐伯が手術室に入室。手術が始まった。今回、佐伯が行うのは心臓を動かしたまま行う心臓手術。手術時間が大幅に短縮できるため、患者の負担は減るが、心臓を止めて行う手術に比べると100倍難しいと言われている。

そんな最中、明日佐伯が手術予定の患者の容態に急変があり、緊急手術となった。外科医・関川文則(今野浩喜)に呼ばれ、研修医・世良雅志(竹内涼真)は第3手術室に向かう。

第3手術室で執刀するのは、佐伯の直弟子の外科医・横山。佐伯は第1手術室で手術を行いながら、モニターに映し出された第3手術室の患者の様子を見て、横山に指示を出すのだった。

第3手術室。一時的に止めた心臓を再び動かしたところ、突然心臓からおびただしい量の出血が始まる。看護師たちが輸血用の血液を運ぶために、騒がしく走る。事態に気づいた高階が、会議室を抜け出した。

高階は1人東城大学の管理室へ。たくさんのモニターに映し出される映像の中から、現在緊急事態が起こっている第3手術室の映像を見つけ、『これか・・・』とつぶやいた。

パニック中の第3手術室で、『助けられる人はあの人しかいません!』という声が上がった。『あんな男に関わったら、ろくなことにならない!!』執刀医の横山は拒否。すると、外科医・渡海征司郎(二宮和也)が第3手術室に現れた。『誰が呼んだ?!』驚きの表情の横山に、『邪魔』と渡海は一言。

『原因はモニター』と渡海は指摘。今回破裂した部分はモニターには映っていなかった。佐伯が出した指示を鵜呑みにし、問題のある箇所を見落とした執刀医に全ての責任があると渡海は告げた。『何も考えてない奴がメスを持つとこうなる。1000万円でもみ消してやるよ。辞表をかけよ。お前の退職金1000万円でもみ消してやる』という渡海。最初は拒否していた横山だったが、やがて震えながら、『助けてくれ・・・』と懇願し始めた。

こうして、渡海が執刀医を代わり、鮮やかな手腕でピンチを脱した。渡海は、佐伯しか実現し得ない手法で、手術を進めるつもりらしい。その様子を見守っていた高階は、『世界に1人が2人になる、か・・・』とつぶやいた。

その頃。第1手術室では佐伯がブラックペアンを使い、手術を無事に終わらせた。佐伯が最後にブラックペアンを使うのは、一種の儀式のようなものになっていて、ブラックペアンを使ったということは、手術が無事成功のうちに終わったということになる。

『私には到底真似できませんよ。あんな紙一重のオペなんて』そんな皮肉を残しながら、西崎は高階と帰っていく。西崎が『あんな奴に未来を負かすことはできないよ。頼むぞ、高階』と言い、高階は『はい』と答えた。

医局の横山に、渡海が手を差し出した。横山は憎々しげに持っていた紙袋を差し出す。渡海は中身を確認すると、飄々と去っていった。
 


<スポンサーリンク>

 

送り込まれた刺客

横山が移動となった。研修医・世良の指導医だった横山が移動となったため、世良の指導医は渡海となる。渡海はどうやら仮眠室に住んでいるらしい。世良は患者の引き継ぎのため、渡海の元へ。しかし、渡海は『邪魔』と一言いうと、どこかへ行ってしまった。

世良は初めて受け持った心臓に病を抱える皆川妙子(山村紅葉)のもとへ。渡海の指示により、治験扱いの新しい検査器具が導入されていた。何も聞いていなかった世良は、使い方がよくわからず、皆川に『ダメね』と駄目出しされてしまうのだった。

世良が書いたこのあいだの横山のオペの手術レポートの件で、外科准教授・黒崎誠一郎(橋本さとし)に呼び出された世良。世良が渡海が佐伯式で手術を進めたとレポートに記述していた点が問題だったのだ。佐伯式は現在世界に佐伯1人しか行うことができない手術方法。それをヒラの渡海が行ったとなると問題となるため、黒崎は渡海が佐伯式を成功させたことをなかったことにしたいらしい。『彼らは佐伯教授が執刀するために、術野を広げる作業をしていたに過ぎない』と黒崎は言い切り、世良は押し切られる。

直後、関川に渡海についての良からぬ噂を聞いた世良。関川は『今まで何人もの医者が渡海先生のせいで出て行った。患者は生かすが、医者を殺す。悪魔なんだよ、あの人は』と語った。

皆川の術前カンファレンス。執刀医は佐伯、第一助手は渡海となる。カンファレンスの終了後、東城大病院からの新任講師が紹介された。高階だった。『私の方から皆さんに紹介させてもらいたいものがあります』高階はアタッシュケースから小型の銃のようなものを出して見せた。『スナイプです』

スナイプは佐伯式に変わる手法で、スナイプを使えば、誰でも佐伯式と同等の手術が行えると語り始める。『人間には限界がある。しかし、テクノロジーは進化するんです』と言う高階。佐伯への愚弄だというヤジが飛びかい、会議室はざわついた。

佐伯が救える命は1日多くても1人。しかし、スナイプが普及すれば、もっと多くの患者の命が救えるようになる。『もう神の手は必要ないんです』と高階は佐伯に声高らかに言い切った。

突然、皆川が手術を受けたくないと言い始めた。身寄りのいない皆川は、生き延びたところで意味がないと考えたようだ。世良が説得を試みている最中、突然皆川が苦しみだした。慣れない手つきで対応しようとする世良に、現れた渡海が『邪魔』と一言。あっという間に処置が終わり、皆川の血圧は回復した。

佐伯の教授室に呼ばれ、皆川の命を救った例を言われた渡海。『あの患者を死なせていたら、東城大は終わるところだった』と佐伯は語る。佐伯は佐伯式を成功させたそうだな?と渡海に確認するが、渡海は『何のことですか?』ととぼける。佐伯は『ブラックペアンを使えるのは、世界でただ1人だ』と渡海を威嚇した。

渡海の携帯に渡海の母・渡海春江(倍賞美津子)から電話がかかってきた。『佐伯先生、お元気?お父さんも喜んでるわよ。お父さんの分も頑張って』春江はかつて一緒に働いた佐伯と渡海が一緒に働いていることを、亡き父親が喜んでいると語り、電話を切った。

看護師・花房美和(葵わかな)との会話から、皆川が毎日窓から同じ方向を見て、『ダメね』とつぶやいていることに気づいた世良。『あの枯れかけた桜がいつ咲くか、見てたんですよね?』世良が皆川に話しかけた。この近くで暮らしていたという皆川。桜は皆川が生まれた年に植えられ、毎年綺麗な花を咲かせていた。しかし、ここ最近桜は咲かない。『もう寿命なのね、お互い・・・』悲しそうな皆川に、『さっき見てきたら蕾が膨らんでました』と世良がスマホで撮影した画像を見せる。皆川は桜を見るため、手術を受けることに決めたのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第1話のあらすじ(ネタバレ)後編

命運をかけた手術

院長室。今度の皆川の手術をスナイプで行ってみたいと高階が言い始めた。東城大から日本初の術式を出すことに、病院長・守屋信明(志垣太郎)は嬉しそうな表情を見せる。『私は高階先生の申し出を受けようと思う』患者のことを最優先に考えた場合、それが妥当だと考えた佐伯が言い始めた。すると、渡海は『今回の手術で、途中で私が変わるなんて事態が起きた場合、彼に辞表をだしていただきたいのですが?』と高階のことを指す。高階は『いいですよ』と笑顔で答えた上で、成功した暁には、渡海に辞表を書いて欲しいという。『評判を聞く限り、最も迷惑な存在みたいですから』と高階は挑戦的に言った。

皆川はスナイプ手術に同意した。桜の一件以来、世良に心を開いた皆川は、スナイプ手術をすべきか否かについて、研修医の世良に確認。先輩医師らの前で世良は気まずそうに、受けた方がいいと答えた。

直後、世良と渡海は治験コーディネーター・木下香織(加藤綾子)から勉強会に誘われた。しかし、それは勉強会という名の接待だった。今度出る最新鋭のメスの件を木下から切り出された渡海は、『じゃあ何人か見繕っとくよ』と答える。『患者は物じゃないんですよ?!』と世良が食いつくと、『物だよ。腕のいい医者は何やっても許されるんだよ』と渡海は答える。『あなたみたいな医者はやめたほうがいい!!』と世良は声を荒げ、帰って行った。

世良が帰った直後、渡海は木下に『ひとつ調べて欲しいことがあるんだ』と切り出す。

こうして、迎えた皆川の手術当日。中継を受ける会議室には西崎や、日本外科ジャーナル編集長・池永英人(加藤浩次)の姿が・・・日本外科ジャーナルには論文が掲載され、その出来によりインパクトファクターというポイントが付与される。インパクトファクターは、西崎と佐伯が争っている日本外科学会理事長選にも大きな影響を及ぼすとされていて、現在佐伯が数ポイント西崎を上回っている状態だ。

皆川の手術が始まるが、第2助手の渡海の姿が見えない。渡海はある文章を外科准教授・黒崎に渡すよう看護師・猫田麻里(趣里)に告げると、どこかへ姿を消す。

スナイプが皆川の心臓の僧帽弁に到達する中、文章を読んだ黒崎が『黒崎です。手術を一旦止めていただけないでしょうか?』と言い始めた。アメリカで、スナイプの事故例が数件あり、中には死亡例があったことがわかったのだ。

すると、手術室に渡海が入ってきた。スナイプによる手術をやめ、自分と佐伯が佐伯式による手術を引き継ぐと渡海は主張。しかし、佐伯がスナイプによる手術の続行を命じた。『では、再開します』

大勢の医師や関係者が見守る中、スナイプの先を患者の心臓から取り出した高階。『これでもう終わりました。西崎教授、成功いたしました!』高階が宣言した。
 


<スポンサーリンク>

 

黒い企み

仮眠室の渡海のもとを世良が訪れた。『ひょっとしてあのスナイプの資料って、あのコーディネーターから?本当にここを出て行かれるんですか?』出て行くのはあっちだという渡海。『じきにわかるよ。もうすぐあのばあさん、死んじまうってことだよ』高階は準備を怠ったという渡海。すると、花房が、皆川が急に苦しみだしたと呼びに来た。

世良が皆川の病室に駆けつけると、そこには激しい痛みにのたうちまわる皆川の姿があった。単なる手術後の疼痛だとなだめる高階に、渡海が皆川の腹部のCTを差しだした。『動脈瘤の影?!』高階が声をあげる。『もう出血してるよ。腹の中、血の海だ。このばあさん殺したら、お前死ねよ』と渡海は言った。実は皆川の状態はアメリカのスナイプによる死亡例と全く同じだった。しかし、高階は皆川に動脈瘤があることに気づいていなかった。

手術室にて、皆川の緊急手術が始まった。しかし、予想以上の出血があり、メスを入れた瞬間、血しぶきが高階の顔面に飛ぶ。出血を止めようとする高階だったが、高階は手の震えを止めることができない。世良が『先生!!』と声をあげる。

そこに、渡海が入ってきた。『お前の退職金で助けてやる』しかし、高階は『こんなときに何を言ってるんだ!!』と拒否。『じゃあ自分でやれよ!!』渡海は声を荒げ、手術室を出て行った。高階の手の震えはまだ止まらない。

世良が渡海を追いかける。『いくら払えばいいんですか!?』世良のことを信じて手術に同意した皆川。世良は皆川を助ける義務があると、渡海に土下座した。『お前が手伝え』渡海が手術室に再び入る。

こうして、渡海が皆川の出血を止めることになった。『先生、出血の部分がわかりません!』と声を上げる世良に、渡海は『そういうときはよ、直接出しゃあいいだろうが』と皆川の心臓を取り出し、世良に持たせる。そのまま渡海は目にも止まらない早業で、皆川の出血部位を縫合し、止血して見せた。

『1億な。お前はここで一生俺のために働け』渡海はそう世良に言い、手術室を出て行った。

教授室。渡海が『動脈瘤、ご存知だったんですよね?わかった上で、高階に手術をさせた』と佐伯に確認する。すると、佐伯は『これで高階くんも少しは大人しくなるだろう』と認めた。『よくやった渡海。本当にお前は私によく貢献してくれてる』と佐伯は笑うのだった。

仮眠室に戻った渡海はある患者のレントゲン写真を取り出し、血走った目で睨みつける。患者名は飯沼達次、執刀医の欄には渡海一郎の名前がある。そのレントゲン写真には、体内に取り残されたままのペアンの影がくっきり写っていた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』第1話の感想

ドラマ『ブラックペアン』第1話が終了しました。東城大病院に高階が持ち込んだ最新手術器具・スナイプをめぐる人間模様、オペ室の悪魔と称される渡海の人物像が描かれた第1話でした。

優れた手術技術を武器に、ミスを犯した同僚医師の後始末を金で請け負っている渡海。患者のことを思えば、助けられる技術を出し惜しみすることは医師としてどうなのか?と思う部分が渡海にはある反面、患者の命を奪う医師の技術不足は絶対に許さないという医師の鏡のような一面もあります。渡海の正体や真意については、第2話以降徐々に明らかになっていくのでしょう。

そんな渡海ですが、原作とはかなり違ったタッチで描かれていますね。これはこれで、ドラマ版渡海として楽しんでいけるような気もします。

一方、佐伯や世良、高階は第1話の段階では原作通りのイメージといった感じです。文章上の人物だった彼らが、映像の中でどう動いていくのか?第2話以降が非常に楽しみです。

渡海同様、第1話時点では佐伯も善悪判断しかねる雰囲気を持っていますね。高階のスナイプ手術を、皆川に大出血が起こることを想定してGOサインを出したりなどしているところは、とても黒い感じがしますね。

また、ラストには渡海の亡き父の医療ミスの可能性が示唆されました。この過去の出来事が、今現在の渡海やその他の人間に大きく絡んでくる鍵となりそうな予感です。

ドラマ『ブラックペアン』第2話のあらすじ

東城大病院にて、初のスナイプ手術を成功させた高階でしたが、術後に問題が起こったことから、2例目を執刀する機会を得られずにいました。

そんななか、小山(島田洋七)という急患が運ばれてきます。小山とその家族は、佐伯の手術を希望。しかし、佐伯の手術待ちリストは多くの患者で埋まっていて、小山が佐伯の手術を受けることができるのはまだまだ先になりそうです。

そこに目をつけたのが、2例目が欲しい高階でした。高階は、小山の手術をスナイプを使って行うことを提案しますが、あんなことがあったばかり・・・到底OKはもらえないだろうと、他の医師らが推測する中、佐伯はまさかのGOサインを出します。実は佐伯にはまたまたある思惑があるようで、高階のスナイプ手術に予想外のある条件を出すようです。

ドラマ『ブラックペアン』第2話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • jbuezfji
    • 2018年 4月 24日

    1話ラストのレントゲン執刀医 海渡一郎でしたけど

      • aoi-sea
      • 2018年 4月 24日

      修正いたしました。ご指摘ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたには帰る家がある2話ネタバレあらすじ&感想“名前で呼んで?”人妻からの危険な誘い,ドロ沼の予感

崖っぷちホテル2話ネタバレあらすじ&感想 感涙!ホテルにあった客1人1人の特別な思い出

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る