崖っぷちホテル!1話ネタバレあらすじ&感想 迷惑客はエリートホテルマンの救世主?!逆転劇の幕開け

Pocket

戸田恵梨香さん主演ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

物語の舞台は倒産寸前のホテル・グランデ・インヴルサ。経営状態ともに、総支配人(戸田恵梨香)以外の従業員すべてがやる気をなくしていて、まさに崖っぷち状態のホテルです。

そんな崖っぷちホテルに、ある謎の客(岩田剛典)が訪れたことをきっかけに、ホテルの名前の通りの大逆転が始まります。

以下、ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話の見どころ(ネタバレ

ドラマ『崖っぷちホテル!』の舞台であるホテル・グランデ・インヴルサ桜井佐那(戸田恵梨香)が総支配人を務める由緒正しきホテル。しかし、ホテルが賑わっていたのはもはや過去のものとなり、現在は経営不振から多額の借金を抱え、閑古鳥が鳴いています。

そんな状況の前に、10人の従業員たちはすっかりやる気をなくし、ホテルのお荷物同然となっていたのでした。

そんなホテル・グランデ・インヴルサを訪れたのが、謎の客・宇海直哉(岩田剛典)。ホテル側に変な注文ばかりをする宇海のことを、従業員たちは面倒に感じますが、実はこの謎の客・宇海には驚きの正体が隠されているとのこと。崖っぷちホテルを立て直していくキーマンとなりそうですね。

大逆転の幕開けであるドラマ『崖っぷちホテル!』第1話の見どころは、何と言っても宇海の正体と経営再生前のホテルの崖っぷち具合でしょう。今やホテルのお荷物となってしまっている従業員たちも、かつてはその道では一流の腕を持つものばかり。第2話以降、目覚ましい変化を遂げていく崖っぷちホテルの様子をより一層楽しむためにも、第1話ではくすぶっていた炎が再度勢いよく燃え盛る前の崖っぷち具合に注目していきたいですね。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話の視聴率

ドラマ『崖っぷちホテル!』の前クールに同枠で放送されたのは、山崎賢人さん主演ドラマ『トドメの接吻』です。この枠はゴールデンタイム枠よりも少し遅い時間帯にあたるため、視聴率的には不利な要素がある中、ドラマ『トドメの接吻』の平均視聴率は6.95%となり、ゴールデンタイム枠のいくつかのドラマの平均視聴率が6%前半のものも複数あるなか、健闘しました。

ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話の視聴率は、初回ということで注目が集まり、8%前後と予想します。実際のドラマ『崖っぷちホテル!』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話の視聴率は10.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
10.6%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

訪れた謎の客

ホテル・グランデ・インヴルサに、カジュアルな出で立ちの客・宇海直哉(岩田剛典)がやってきた。ロビーには室内のみの着用となっているガウン姿の観光客が溢れていた。どうやら彼らは温泉旅館か何かと勘違いしている様子。

ホテルのどこもかしこも清掃中。またレストランではウェイター・服部要蔵(佐伯大地)が忙しく走り回っている。厨房では料理長・江口竜二(中村倫也)とパティシエ・鳳来ハル(浜辺美波)が、客の無茶なオーダーにてんてこ舞いだった。

団体客が帰った後、今回の客を格安料金でとった総支配人・桜井佐那(戸田恵梨香)は、副支配人・時貞正雄(渡辺いっけい)に厳重な注意を受ける。佐那の父親が支配人を務める時代から勤めている時貞は、昔はこんな客は受けなかったと愚痴を漏らした。『ああいうの困るんです!ホテルの品位が落ちますから。ちゃんと追い出しといてくださいね?』時貞の指差した先には、ロビーのソファーで居眠りする宇海の姿が・・・

佐那が宇海に近づくと、宇海は目を覚まし、このホテルで1番良い部屋であるポルトガススイートルームに泊まりたいと言い出した。しかし、今夜、スイートルームには5年に1度宿泊に訪れる古くからの客・笹川加奈子の予約が入っていた。それを聞いた宇海は、宿泊料が20万円以上するスイートルームの次のランクのガロスイートを希望したのだった。

部屋にチェックインした宇海は、ベルマン・ピエール田中(チャド・マーレん)に20冊の雑誌名を書いたメモを差し出した。『じゃあこれ届けてもらえます?』

バーでは、バー責任者・枝川(りょう)と時貞が話していた。枝川は佐那のことを嫌っていて、時貞はホテルごとの身売りを計画中。2人ともともに邪魔な存在である佐那を追い出すつもりらしい。

『やっぱり私には総支配人には向いてなかったのか・・・?』その頃、佐那は支配人室でため息をついていた。
 


<スポンサーリンク>

 

謎の客の注文

控え室。ベルマンのピエールが、宇海に命じられた面倒な注文の愚痴を清掃員の吉村尚美(西尾まり)や清掃員・阿部長吉(宮川大輔)に漏らしていた。しかし阿部は、嫌なら転職すればいいとそっけない。

事務室。ロビーで眠っていた宇海がガロスイートに宿泊することになったという報告を受け、時貞は『どうして受けちゃうんですか?』と佐那に文句を言っていた。今日の客室係はピエールのみで、ピエールはポルトガススイートの笹川の接客をしなければならない。佐那が宇海の接客をすることになった。

ポルトガススイートを清掃中の吉村と阿部。吉村は、いつものように部屋のトイレットペーパーを持ち帰ろうとする。吉村が言うには、スイートのトイレットペーパーは肌触りが違うらしい。その頃、ガロスイートの宇海は、部屋の隅々にホコリがたまっていることを発見し、嫌な顔をする。宇海は履いてきたローファーを部屋の外に出し、『よし』とつぶやいた。

宇海のローファーを見つけたピエールが、事務室の時貞のもとに持ってきた。『なるほど・・・』時貞は宇海が無理な注文ばかりをつけ、対応できなければクレームをつけ、料金を支払わない客ではないかと推測。靴が十分綺麗であることから、時貞は『このまま返しておけ』と、ちょうど雑誌を買って帰ってきた佐那に持たせるのだった。

宇海の部屋を訪れた佐那は買ってきた雑誌を手渡し、『磨いておきました』と靴を差し出す。宇海の部屋には、たくさんのハガキが置かれていた。宇海は懸賞マニアで、大量のハガキで懸賞に応募しまくるつもりらしい。すると、突然宇海がプールで泳ぎたいと言い出した。プールはまだ準備中だという佐那に、宇海は『そこを何とか!お願いします!どうしても泳ぎたいんです!』と頼み込んだ。

やがて、ホテルに笹川が孫を連れ、チェックインした。前回夫ともに訪れた笹川は、出迎えた時貞に今回は孫を連れてきたと語るが、時貞は前回の笹川の同伴者を全く覚えていない様子。笹川は残念そうな顔をした。

やがて、部屋に案内された笹川たちは、部屋の前で隣のガロスイートに宿泊している宇海と出会った。宇海は自分もポルトガススイートに泊まりたかったと笑顔で笹川に話しかける。『だって、この時期ですもんね?』という宇海に、笹川は笑顔で『はい』と答えたのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話のあらすじ(ネタバレ)後編

地に堕ちたサービス

事務室を訪れた佐那は、宇海がプールに入りたいと希望していることを報告した。『始まったよ〜嫌がらせだよ!』時貞があからさまに嫌そうな顔をする。事務責任者・丹沢昭人(鈴木浩介)は、事前に料金を支払ってもらわなければ、受けられないと答える。佐那は客にそれはできないと反論、自分がプールの清掃を引き受けると宣言したのだった。

ポルトガススイートの笹川は、かつて夫にここでプロポーズされた過去を孫に話して聞かせていた。『5年ごとにここに泊まろうって。それを励みに頑張ろうって。おじいちゃん、ちゃんと約束を守ってくれた』懐かしそうに語る笹川に、孫は『なんか違うって思ったんだよね・・・30万円近くするんでしょう?なのに・・・』と顔を曇らせる。スイートに気軽に泊まれるほど裕福でない笹川は、このホテルのスイートに泊まるために、月に5000円の積立貯金をしていた。それほどの思いで宿泊しているホテルが、このザマでは到底納得できない様子の孫。

事務室。ホテル雑誌を読んでいた丹沢が声を上げた。

レストラン。笹川が食事をとっている。厨房では競艇で負けた江口が『デザート出しとけ!』と鳳来に当たる。すべて料理を出し終えた江口が、笹川のもとに挨拶をしに行った。料理の味を訪ねる江口に、笹川は『ただ・・・ローズマリーが結構効いてて・・・主人はローズマリーが嫌いだったもので』と遠慮がちに切り出した。『はあ・・・』とだけ答える江口。

プールを清掃中の佐那に、こんなホテルの総支配人ができてうらやましいと宇海が話しかけてきた。佐那は思わず『向いてないのかなって・・・』と自分は総支配人には向いていないのかもしれないと語り始めた。『そうなのかもしれないですね!』笑顔で返す宇海。戸惑う佐那に、宇海は『やりたいという気持ちはあるんですね?そしたら、どうでもいいですね!』と矢継ぎ早に続ける。またもや、しどろもどろな佐那に、宇海は『すいません、どうしたいんですか?』と尋ねた。

『どうって・・・』『あ、わかりました。あなた、わがままな人ですね?』こんな素敵な場所で、1番偉い役職についているのに、文句を言うなんてわがままだという宇海。佐那は思わず感情的に反論した。『私にとっては大好きな場所なんです!』『じゃあやればいいじゃないですか?やりたいこと』『やりますよ!』と佐那が答え、プールの用意ができたことを宇海に伝えると、宇海は寒いからやっぱりやめておくと笑顔で答えた。

ポルトガススイート。『なんか酷いよ!このホテル。これ以上、おばあちゃんが悲しい思いをするくらいなら、泊まらずに帰っていいよ!』と孫が笹川に言い出した。『もうちょっと待って。もしかしたら、見られるかもしれないから』と答える笹川。
 


<スポンサーリンク>

 

宇海の正体

佐那が宇海への文句を言いながら、支配人室に戻ると、突然部屋中が光で溢れた。それは、庭のプールの水面に夕日が反射して起こったもの。『あの人・・・』と佐那はつぶやく。

その頃、ポルトガススイートも支配人室と同じく光で溢れていた。この奇跡の瞬間を持っていたという笹川。この瞬間の中で、笹川と夫は結婚の約束をした。笹川はこの瞬間を身を置くために、この部屋に泊まっていたのだった。

丹沢が時貞に、ホテル雑誌を見せた。そこには、業界大手のバリストンホテルの副支配人として、宇海が紹介されていた。驚きから言葉も出ない時貞たち。

ロビーにて、佐那は笹川にお礼を言われた。『水を替えてくれたでしょう?』同じく孫も、久しぶりに祖母の笑った顔を見たと佐那にお礼を言う。佐那の顔にも、笑顔が溢れた。

レストランにて、ディナー中の宇海のもとを時貞が訪れる。『全く気付かず、すいませんでした!!』そういい、名刺を差し出した時貞は態度を先ほどとは豹変させる。噂を聞きつけた従業員や佐那たちも集まってきた。時貞は、宇海にこのホテルの感想を尋ねた。

『素敵なのは箱だけです。この建物だけっていうか・・・』と切り出した宇海。靴は磨かれずに戻ってくる、売りのプールは汚れたまま、部屋の清掃も行き届いていない、料理も作ったものの独りよがりだと宇海は語った。最初から、正体を明かしてくれれば、そんな対応はしなかったと逆切れする時貞と江口・・・

『もういいです。帰ります』部屋のキーを手にした宇海を、佐那が『ちょっと待ってください!』と引き止めた。今のホテルが崖っぷちであることを認めた佐那は、突然切り出した。『私はこの場所を夢の場所にしたいんです。今日のお客様のような笑顔が毎日溢れる夢の場所に。だから・・・ここで私たちと一緒に働いてください!』

すると、宇海は『いいですよ。今すぐバリストンホテルを辞めます』と笑顔で答えた。もしも、この崖っぷちホテルが名前の通り、生まれ変わって大逆転したら・・・『そんなわくわくすること、見逃せません!』という宇海に、佐那は『お願いします!』と頭を下げるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話の感想

ドラマ『崖っぷちホテル!』第1話が終了しました。崖っぷちホテルに大手ホテルの副支配人・宇海が訪れ、ホテル再生がいよいよ始まることになった第1話でした。

支配人の戸田恵梨香さんを筆頭に、脇を固める従業員役の俳優陣が演じる個性豊かなキャラクターがとても魅力的だったと感じます。ホテルの再生=従業員の再生になってくると思うので、ここがしっかりしていることがドラマの面白さに大きく関わってきそうです。

そして、キーマンである宇海役を演じる岩田剛典さんも好演でしたね。厳しい内容をあの笑顔でさらりと言ってのけるところや、特にプール前での佐那とのやりとりは思わず惹きつけられました。しかし、宇海が本当にホテルの救世主であるかどうかは、第1話の段階では謎に包まれています。買収など別の目論見がある可能性も、なきしもあらずですね。

接客業はまず人だと思うので、今の段階ではどんなに魅力的な建物や設備でも、今の段階のグランデ・インヴルサでは泊まりたくないですが、第2話以降、どう変わってくるのか?そして、現在の従業員の崖っぷち状態を宇海がどう変えていくのか?佐那の本心を引き出したように、そこには巧みな計算がありそうで、楽しみです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『崖っぷちホテル!』第2話のあらすじ

ホテル・グランデ・インヴルサを、客の笑顔で溢れる夢のような場所にもう一度するために、一緒に働いて欲しいという佐那の申し出を受けた宇海。宇海は早速ミーティングを行い、人事変更。現在副支配人である時貞の代わりに、自らが副支配人の座に就くことを宣言。

また、料理長・江口を降ろし、なんとパティシエの鳳来を料理長に据えるという驚きの人事に、時貞・江口を始めとする従業員の不満が募ります。

さらに、宇海はホテルを一時閉店し、大掛かりな改修工事の決行を決定。従業員たちに、これまでにホテルに宿泊した顧客すべて、名簿にて目を通すよう命じるのでした。

そんななか、鳳来は顧客名簿から、かつてこのホテルに幻のケーキと呼ばれたケーキが存在したことを発見。ぜひ、作ってみたいと申し出ます。そんな鳳来の申し出を受け、宇海はリニューアルオープンの記念イベントとして、ケーキフェアを行うことにするのでした。

リニューアルオープンという大事な区切りに、なぜケーキフェアのようなどこにでもあるようなイベントを行うのか?宇海の真意が理解できない従業員は爆発寸前。時貞・バーテンダーの枝川・事務責任者の丹沢は、密かにイベントの失敗を企むのでした。

しかし、このケーキフェア、ただのケーキフェアではない様子。この小さなイベントが、ホテル再生の起爆剤となるようです。

ドラマ『崖っぷちホテル!』第2話を楽しみにしたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『崖っぷちホテル!』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る