正義のセ1話ネタバレあらすじ&感想 吉高由里子ハマり役!プライベートは微妙な正義の味方,誕生!

Pocket

吉高由里子さん主演、ドラマ『正義のセ』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

新水曜ドラマのヒロインは検事!持ち前の正義感とひたむきさで、まっすぐに仕事に取り組む主人公・竹村凜々子(吉高由里子)の姿が多くの共感を集めるとともに、最終的には悪人が成敗されてスッキリ!なドラマになりそうです。

以下、ドラマ『正義のセ』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『正義のセ』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第1話の見どころ(ネタバレ

検事ドラマとして大ヒットした木村拓哉さん主演ドラマ『HERO』と同じく、1話完結形式で描かれる新ドラマ『正義のセ』。

第1話で、検事・竹村凛々子が扱うことになるのは、とある建設会社で働く上司と部下の間で起こった暴行事件。上司・恩田役として、石黒賢さんが出演されます。

被害届を出したのは、上司・恩田から階段から突き落とされ、全治2ヶ月の怪我を負ったという部下。しかし、凛々子が捜査を始めると、恩田がそんな暴行事件とは無縁の温厚で優しい人柄であることが見えてきます。目の前の恩田が、部下に暴行をするような人間には、とても見えないと感じる凛々子。恩田は犯行を否定、向井が自分のことを陥れるため、嘘の供述をしていると主張。現場にいたという社員も恩田の主張に同調するのでした。

果たして、恩田と向井、どちらの言う事が正しいのか?被疑者である上司と、2人の部下。この3人の間にあると推測される複雑な人間関係が、ドラマ『正義のセ』第1話の事件の鍵を握っていることは間違いなさそうです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第1話の視聴率

ドラマ『正義のセ』の前クールの放送されたのは、広瀬すずさん主演ドラマ『anone』です。ドラマの第1話〜最終回の平均視聴率は6.16%で、前クールのゴールデンタイム放送の連続ドラマの平均視聴率の中では最低だった6.14%の月9ドラマ『海月姫』に続き、ワースト2という結果に終わってしまいました。

同じ枠のドラマ『過保護のカホコ』、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の平均視聴率が11〜12%と好調で続いてきただけに、前期の大コケはかなり痛いところ。再び挽回していきたいところです。

ドラマ『正義のセ』第1話の視聴率は、初回ということで注目が集まり、9%代と予想します。実際のドラマ『正義のセ』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『正義のセ』第1話の視聴率は11.0%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
11.0%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『正義のセ』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

検事・竹村凛々子

気合バッチリのコーディネート、勝負下着で恋人・中牟田優希(大野拓朗)とのデートの待ち合わせ場所に到着した検事・竹村凜々子(吉高由里子)。しかし、運悪くひったくりに遭ってしまう。

翌日の赴任初日。事務所には昨日ひったくられた凛々子のバッグが届いていた。近くのゴミ箱から見つかったと説明する事務官・相原勉(安田顕)。凛々子はバッグが見つかったと優希へのLINEを返信した。

やがて、同僚たちが次々に出勤していくる。『竹村凛々子です!よろしくお願いします!』早速、今日の分の仕事がそれぞれの検事に振り分けられた。『今日、身柄は5人ですので、効率的にお願いします』凛々子は早速相原に釘を刺されるのだった。

早速、1人目の被疑者がやってきた。罪名は恐喝。強面の被疑者を目の前にし、内心怖くてたまらない凛々子。『こんな仕事してたら一生結婚できないぞ?女は黙ってニコニコ男の言う事聞いてろって言うんだよ!』と怒鳴りつけられ、凛々子は怒りから立ち上がってしまった。

その後、詐欺や偽ブランド販売などの罪を犯した被疑者が次々に来るが、凛々子は被疑者の話にもらい泣きしたり、おだてに乗ったり、忙しい。相原からは、『喜怒哀楽がはっきりしすぎかと。できるだけ感情を抑えて、ご自分を律する覚悟でお願いします』と注意されてしまった。同僚の検事・大塚仁志(三浦翔平)からも『そんなんだから被疑者に舐められるんだよ』と言われてしまう。

凛々子は次なる事件の資料を読み始める。それは、会社員・向井俊哉(浅利陽介)が上司・恩田徹(石黒賢)からパワハラを受けた末に、階段から突き落とされ、全治2ヶ月の怪我を負ったという傷害事件。恩田は暴行の事実はなかったと証言していて、現場に居合わせた同僚・田中啓介(六角慎司)も、暴行の事実はないと証言している。

恩田の取り調べが始まった。被害届では、店でグラスを投げつけられ、殴る蹴るの暴行があったとなっているが、恩田はそれらの全てを否認した。『向井さんはあなたから日常的にパワハラを受けていたと言われてますが・・・・』という凛々子に、それはむしろ逆で、仕事上の注意を向井にした際、向井から殴られそうになったと恩田は語る。向井は日頃から恩田に反抗的で、これまでも暴行を受けそうになったことが度々あったと恩田は語った。

取り調べの結果、恩田がとてもパワハラをしているようには見えなかったという感想を持った凛々子。『相原さんはどう思いますか?!』相原にアドバイスを求める凛々子。しかし、相原は立場上、発言を控え、恩田と向井、どちらかが嘘をついているとしか言わなかった。
 


<スポンサーリンク>

 

向井の証言

凛々子の実家は下町で豆腐店を営んでいる。父・浩市(生瀬勝久)、母・芳子(宮崎美子)、妹・温子(広瀬アリス)と4人で実家で暮らしている凛々子。

凛々子は事務官の相原が小姑みたいな人間で、いくつもダメだしをされたと家族に愚痴った。

同じ頃、相原も居酒屋にて、事務官・木村秀樹(平埜生成)と事務官・榎戸修(夙川アトム)に凛々子の愚痴を言う。『あ〜あ、貧乏くじ引かされたわ』

『さすがに今日は疲れたな・・・』凛々子が初日の疲れをヒシヒシと感じていると、恋人の優希からメールが来た。凛々子は優希に電話。明日、デートをすることになった。直後、凛々子は早速美顔ローラーでお手入れを始める。

『気合入ってんね?』妹の温子が話しかけてきた。凛々子と優希は付き合って4年。大阪赴任中は遠距離で1年間、疎遠になってしまった。『検事としても、女としても、どっちもきっちりやってやる!』凛々子は決意を新たにする。

翌日、凛々子は入院中の向井の病室を訪れた。向井の病室には妻・美織(森矢カンナ)の姿が。凛々子が検事であることを知ると、恩田側の弁護士らしい2人組はそそくさと帰って行った。

早速、取り調べが始まる。きっかえは昨年、恩田が建築資材の大口発注先を変えたことだったと向井は語る。向井は発注先を変更することに意見した。すると恩田は『生意気なんだよ!下っ端のくせに』と声を荒げ、その日から向井へのいじめが始まった。

向井は恩田からのいじめについて、人事へ何度も意見していた。しかし、恩田は他の人間には理想の上司で通っており、誰も向井の話を聞いてくれる者はいなかったという。

事件当日、恩田はいつも以上に機嫌が悪かった。グラスを投げつけられ、顔に負傷した向井。『このことを告発します』と向井は宣言し、店を出た。しかし、恩田と田中が追いかけてくる。

『告発だと!?ふざけたことぬかすな!!』路上で向井への殴る蹴るの暴行が始まった。その末に向井は階段から転落。恩田と田中は逃げて行った。

被害届を事件後すぐではなく、1週間後に出した理由を相原が尋ねると、迷っていたと向井は明かす。向井の背中を押したのは、妻・美織だった。

同僚の田中は恩田のいいなりで、口裏を合わせてはいるが、全てを目撃していたという向井。『知ってて見て見ぬ振りをしたってことですか?』凛々子は拳を握り締める。『信じます!私は信じます!』と凛々子は思わず言ってしまった。

『あなたは検事としての自覚がなさすぎる!』病室を出た直後、信じます発言をしたことに対して、早速相原からダメ出しが入った。事務所に帰って残りの仕事を片付けようという相原を押し切り、凛々子はその足で同僚の田中に話を聞きに向かった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第1話のあらすじ(ネタバレ)後編

ぶち当たった壁

枝野建設にて、田中に会った凛々子と相原。田中は警察に話したことで間違いないと証言した。『あなた、本当は恩田さんのことかばって・・・』と凛々子が切り出すと、『何してるんですか?』と恩田が割って入ってきた。

相変わらず暴行はしていないの一点張りの恩田。恩田は『もうこんなことで時間を無駄にさせないでください。いくぞ』と田中を連れて、去っていく。凛々子たちから離れながら、恩田は田中に『余計なことは言ってないだろうな?忌々しい女検事だ』とつぶやいた。

事務所に帰った凛々子は、恩田を起訴すると宣言。しかし、大塚からは『お前はただ被害者の話を信じてるだけだ。そんなの検事じゃなくてもできる』と言われてしまう。また、恩田は向井が上司である恩田を陥れようとした可能性も0ではないと主張。検事・徳永太一(塚地武雅)も証拠がなければ、起訴することはできないと言う。『確実にやってるという証拠がなければ起訴できない。悔しいけどね・・・』という徳永に、凛々子は『じゃあ、正義って何ですか?』とつぶやく。

『君はわかってるのか?』支部長・梅宮(寺脇康文)が入ってきた。もしも無罪の恩田を起訴すれば、恩田の人生は変わってしまう。恩田が有罪であるという確実な証拠がなければ、起訴することは許すことはできないと梅宮は言った。

その夜、優希との待ち合わせ場所で待つ凛々子に、急な接待が入り、行けなくなったとのメールが入る。正直、仕事で落ち込んでいる状態であることから、今会うことは辛いと感じていた凛々子は内心ホッとする。『仕事、恋愛、どっちのダメダメだ・・・』と凛々子はつぶやいた。

『私、検事向いてないのかな・・・』実家の豆腐屋で凛々子が1人飲んでいると、父・浩市が話しかけてきた。『お前。昔正義の味方になりたいって言ったの、覚えてるか?』検事は正義の味方じゃなかったと悲しそうにつぶやく凛々子。

凛々子の融通がきかないところが、家族にとっては迷惑だが、検事には向いていると言う浩市。『検事の仕事には向いてるんじゃないか?しつこく諦めないってとこはさ』

翌日、被害届を取り下げることにしたと、向井の妻・美織が凛々子のもとにやってきた。昨日、病院に恩田が現れ、どうせ証拠不十分で不起訴になるだろうから、それなら今被害届を取り下げれば、名誉既存で訴えることもしないし、会社にも残れるようにしてやると告げたらしい。『本当なんですか?』と尋ねる美織に、何も答えられない凛々子。

『今日1日時間をください!』事務所に戻った凛々子は同僚たちに頭を下げ、恩田が有罪であるという証拠を今日1日かけて探したいため、今日の自分の分の仕事を大塚たちに引き受けて欲しいと、凛々子は申し出た。『黙って見過ごすなんてできません。苦しんでいる人たちを助けられないなら、検事をやっている意味がありません』という凛々子に、大塚は『それはお前の自己満足だろう?』と尋ねる。しかし、凛々子は『そうかもしれません・・・でも諦めたくないんです!』と聞かない。大塚は『いいだろう、今日1日だけだぞ』と許した。
 


<スポンサーリンク>

 

凛々子、執念の捜査

警察署を訪れた凛々子は、現場近くに監視カメラや目撃情報がなかったかと刑事に食い下がる。しかし、有力な情報は得られない。

その頃、事務所の大塚は凛々子のデスクに放り出されたままになっている恩田の写真を見て、表情を変えた。

その後も凛々子は病院や居酒屋を訪ねて回る。しかし、恩田の有罪を立証する証拠は見つからなかった。

最後に、凛々子と相原は現場の階段にやってきた。すると、凛々子がひらめく。『どうしてなんでしょう?・・・なんで田中さんは恩田さんをかばって嘘をついてるのか。あの2人にはなんかあるんじゃないかな?』

その後も階段を通る通行人に目撃証言がないかを尋ねて回る凛々子。しかし、目撃情報もない。

やがて、居酒屋の前に来た凛々子。『あ!!』凛々子は近くに停車しているタクシーに気づく。『タクシーってドライブレコーダーついてますよね!?』

早速、凛々子と相原はタクシー会社へ。ひとつひとつしらみつぶしに事件当日、同じ時間に現場付近に停車していたタクシーを当たる。やがて、ひとつのタクシーを突き止めた。

レコーダーには居酒屋を出てくる向井と向井を追いかける恩田と田中の姿が映っていた。『恩田を起訴できますよね!?』という凛々子に、相原は『はい!』と答えた。

事務所に戻ってきた凛々子は、『甘いんだよ!お前は』と大塚から書類を突きつけられる。書類を確認した凛々子はあることを発見し、『あ!』と声を上げた。

翌日、恩田を呼び出した凛々子。『こちらを見ていただけますか?』凛々子は居酒屋近くに停車していたタクシーのドライブレコーダーを再生した。恩田の表情が変わる。『これはあなたと田中さんが嘘をついていたという証拠です』という凛々子。

また、凛々子は昨年資材の発注先を変えた件について追求する。相原が恩田の妻の銀行口座の記録を差し出す。そこには恩田が変えた新しい発注先からの1000万円が振り込まれていた。また、田中の妻の口座にも同じ日に300万円が振り込まれていて、その件を追求すると、田中は罪を認めた。

『ずっとおかしいと思ってたんです。この詐欺行為の共犯関係だったからなんですね?』と凛々子は言葉を続ける。恩田は全てが発覚し、自分の人生が台無しになったことを罵った。なおも向井への暴行の有無を確認する凛々子に、恩田は『そんなことどうでもいいだろう?!』と声を荒げた。

『どうでもいいことじゃないです!!』凛々子は立ち上がり、恩田が向井やその家族を深く傷つけたことを思い知らせた。『あなたを向井俊哉さんへの暴行罪で起訴します』恩田は力なく、椅子に座り込んだ。

こうして凛々子の起訴梅宮に受理された。『よっしゃ〜〜!』屋上で叫ぶ凛々子。

その後、向井は会社に復帰した。『検事さんは私たちの正義の味方です』という妻・美織は、これから生まれてくるお腹の子にも正義の味方はちゃんといるんだということを教えると笑った。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第1話の感想

ドラマ『正義のセ』第1話が終了しました。検事・竹村凛々子がダメダメながらも、正義を貫くため執念を見せ、見事悪人を成敗できた第1話となりました。

今回、証拠となったのが、ドライブレコーダーの映像。居酒屋を出た向井が見当たらず、そのまま帰宅したという恩田の証言を崩すことはできましたが、暴行を加えた映像は写っていないため、なんとでも切り抜けられる状況ではありましたね。

そんななかで決め手となったのが、大塚が見つけてきた詐欺罪を立証する入金記録。あの記録がなければ、田中を崩すこともできなかったので、結果的には大塚の手柄・・・と言いたいところではありますが、凛々子が執念を見せなければ、大塚もあそこまで担当外の事件を調べることもないと思われます。凛々子のまっすぐさが、第2話以降も同僚たちにいい影響を与えていきそうですね。

そして、凛々子役を演じる吉高由里子さんも好演でしたね。うまくいくこともあれば、うまくいかないところもある、そんなリアルな女性の役所がバッチリハマる吉高由里子さん。凛々子のまっすぐさは、演じる女優さんによっては、アツすぎる!と不快感を抱く視聴者もいそうですが、吉高由里子さんが演じると、不思議と応援したくなる気持ちになるから不思議です。

凛々子がかなり魅力的なキャラクターなため、いいドラマになっていきそうな気配です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』第2話のあらすじ

ドラマ『正義のセ』第2話で凛々子が扱うのは、初めての殺人事件です。被疑者は夫・義之(大澄賢也)殺害の容疑がかけられている妻・かれん(財前直見)。かれんは夫からDVを受けていたと取り調べで語り、思わずかれんに同情してしまう凛々子。

しかし、その一方、事務官の相原はかれんに違和感を感じるようです19歳の1人娘・まりあ(矢作穂香)の居どころについて、かれんが知らないと答えたことから、母子関係になんらかの問題があるのでは?と相原は考えたのでした。

やがて、相原が感じた違和感を裏付けるように、かれんに夫以外の男性の影があったという情報が浮上。また、司法解剖により新事実が明らかになり、かれんが有罪である可能性が高いと判断した凛々子はなんとか自白を導き出すよう、追い込もうとしますが・・・

ドラマ『正義のセ』第2話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る