コンフィデンスマンJP1話ネタバレあらすじ&感想 誰も信用しない江口洋介相手の信用詐欺が鮮やか!

Pocket

長澤まさみさん主演、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

新月9ドラマのテーマは、月9史上初となる『コンゲーム』。相手を信用させ、自分側に取り込む信用詐欺が描かれます。誰が味方で、誰が敵なのか?二転三転する予想外のストーリー、そして毎話登場する大物ゲストに期待が高まります。

以下、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話の見どころとゲスト(ネタバレ

恋愛ドラマのイメージが強い月9ドラマですが、今回の月9史上初の試みとなるコンゲーム、どんな月9になるのか、非常に楽しみですね。

そんなドラマ『コンフィデンスマンJP』の大きな見どころとなるのが、毎話ゲストとして登場する大物ゲストと、それらのゲストと主人公たちが繰り広げる騙し合いです。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の記念すべき第1話のゲストは、前クールのドラマ『BG〜身辺警護人〜』で、主人公と対立する重要な役割である警視庁SPを演じたことが記憶に新しい江口洋介さん。そんな江口洋介さんがドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話で演じるのは、経済ヤクザの親分である会長・赤星です。

そんな赤星から金をだまし取ろうと画策するのが、ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主要登場人物である3人の詐欺師たち。ドラマのヒットには、魅力的な登場人物が欠かせないということで、長澤まさみさん演じるダー子、東出昌大さん演じる僕ちゃん、小日向文世さん演じるリチャードのそれぞれのキャラクターがいかがなものか??に注目が集まります。

江口洋介さん演じるヤクザの親分と、長澤まさみさん演じる詐欺師たちの攻防戦が楽しみですね。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話の視聴率

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の前クールの放送されたのは、芳根京子さん主演ドラマ『海月姫』です。ヒットしたドラマ『東京タラレバ娘』の原作者・東村アキコさん作のコミックが原作ということで、注目が集まっていましたが、ドラマの視聴率の方は振るわず、平均視聴率は6.1%。前クールゴールデンタイムに放送された連続ドラマの中で、最下位の平均視聴率となってしまいました。

ドラマ『海月姫』以前から、視聴率的に振るわない状態が続いている月9ドラマ。今期初の試みとなる詐欺モノへの挑戦が、吉と出るか凶と出るか、注目ですね。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話の視聴率は、初回ということで注目が集まり、9%前後と予想します。実際のドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話の視聴率は9.4%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.4%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 最終回

それでは、ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

信用詐欺集団

男性ストリップクラブにて、働くボクちゃん(東出昌大)。ボクちゃんとクラブのオーナー・クミコ(未唯mie)は金をだまし取ろうと、ダー子(長澤まさみ)がオーナー・夜桜の麗に扮して経営しているらしい違法カジノへ。カジノの上客らしいクニコが現れると、嬉しそうな麗は『これをお使いください!』と大量のチップを差し出す。

ディーラーを務めるリチャード(小日向文世)の目の前で、クミコは大勝ちした。『そろそろやめたほうがよろしいのでは?』とダー子が口を出してきた。『正直に言いなよ?金庫に金がないって』と言う僕ちゃん。しかし、ダー子はうちの金庫には常に1億円の金があると、金庫の中身を見せた。

1日前。実はダー子を嵌めようと、画策していたクミコは内密にリチャードに接触。協力してダー子から金を奪い取ろうと、僕ちゃんとともに誘惑していたのだ。

クミコが残りのチップと持参した現金1億円をかけ、ダー子と勝負したいと言い出した。ダー子はディーラをリチャードと変わり、勝負を受けた。

ダー子がサイコロを振り、クミコが半にかける。実は丁半は最初から決まっていることは、リチャードが密かにクミコに告げ口している。『いざ、勝負!』結果は、半でクミコが勝利。しかし、ダー子はこれは自分のお金だと主張。クミコともみ合いになる。

そこに警察が現れた。日本刀を片手に、警察に立ち向かったダー子は撃たれてしまった。倒れたダー子を目の当たりにしたクミコはカジノから逃げて行った。

銃弾を受けたダー子に、乗り込んできた刑事が声をかける。『いつまでやってんですか?』実はこの刑事役の男性は中古車販売業を営む男性。カジノの客は中古車屋の社員だった。つまり、これは全てダー子がクミコから金をだまし取るために計画していたこと。リチャードも、僕ちゃんも、最初からそのつもりでクミコに近づいていた。ダー子がカジノの金庫に入れて見せた1億円は中古車屋の社長から借りたものだった。

クミコが残していった1億円ともともと社長から借りていた1億円を中古車販売業の男性の車のトランクに積み込んだダー子たち。しかし、それは振りだけの話。本物の2億円はダー子とリチャード、僕ちゃんの3人が手に入れていたのだった。

せしめた現金を手に、ホテルのスイートルームに逃げ込んだ3人。2人の悪徳社長から一気に金を巻き上げられたことをリチャードは喜んだ。

しかし、僕ちゃんは段取り通りに計画を進めなかったダー子に苦言を呈す。『君たちとはこれっきりだ。僕はこの仕事から手を洗う!』出て行こうとする僕ちゃん。

『分け前を渡してないよ?』というリチャードの言葉を受け、僕ちゃんは『これだけもらう』と200万円を掴み、ダー子とは離れるようリチャードにアドバイスし、部屋を出て行った。
 

【スポンサーリンク】

 

ダー子たちの失敗

5ヶ月後。船長に扮したリチャードは、公益財団『あかぼし』の会長・赤星栄介(江口洋介)の懐に潜り込んでいた。

連絡を受けた僕ちゃんが病院に駆けつけると、病室には重傷を負ったリチャードと、うつむくダー子の姿が・・・『私のせい・・・私が無理やり引っ張り込んだから』というダー子。赤星は表向きには文化芸術やスポーツの振興、慈善事業に勤しむ名士。しかし、彼の裏の顔は経済ヤクザの黒幕だった。赤星は日本のゴッドファーザーと呼ばれていて、仲間を大事にする赤星の組の結束は固く、裏切りは決して容赦しない。

警察ももちろん目を光らせているが、その尻尾がなかなかつかめない。何人かいる愛人宅を捜索したが、赤星の莫大な活動資金はどこにも見当たらなかった。

赤星は海外にも家を持っている。莫大な現金を海外へ運び出したくてたまらないはず・・・そこで、4ヶ月前に船の船長に扮したリチャードを送り込んだダー子。リチャードは時間をかけ、赤星との信頼関係を作って行った。そして、ついに赤星は貨物船で現金を運び出す計画を持ちかけてきた。ダー子たちは昨日、港にて赤星を待ち受けた。

しかし、赤星は姿を現さず、リチャードからの連絡も途切れた。『今朝、リチャードが瀕死で運ばれたって情報が入って・・・ごめんね、リチャード』ダー子は涙をにじませる。『もしこのままリチャードが・・・私、どうしたら』というダー子に、僕ちゃんが『僕がリチャードのあとを引き継ぐ!』と名乗り出た。

リチャードはダー子と僕ちゃんの親代わりだった。2人はリチャードの仇を討つために、『赤星に教えてあげましょう!仲間を信じる本当の意味を!』と決意を新たにした。
 

【スポンサーリンク】

 

赤星への接近

ダー子は自らハニートラップとなり、赤星の懐に潜り込む作戦を思いつくが、『お前のハニートラップは、エロババアに襲われるようで怖い』と僕ちゃんに反対され、思いとどまった。

船長はもう使えない・・・ダー子は猛勉強し、3ヶ月という短期間でCAの資格を取得してしまった。

マニラの空港にて、ダー子扮するCAに、チンピラに扮した僕ちゃんが絡む。搭乗口へと消えていく僕ちゃん。すると、ダー子の携帯に電話がかかってくる。『はい、社長、今お見送りしました。いくらジュニアだからって、こんな犯罪行為!』というダー子の話を聞いていた赤星。

食堂にて、1人飲むダー子に赤星が話しかけてきた。『CAさんも大変ですね?空港でお見かけしました。しかし横柄な客がいるもんですね?』『あのお客様は特別なので』とうつむくダー子。『特別というと?』と尋ねる赤星に、ダー子は『申し上げられません』と答えた。

しかし、赤星が酒を進めるうちに、ダー子は空港にいたチンピラが、航空会社の社長の息子だと明かす。『彼の荷物にはたくさんの現金が入っていたようだが?』許可を取っているのか?という赤星に、ダー子は許可なんかとっているわけがないと答えた。

ホテルの一室にて、女性と遊んでいた僕ちゃんの元に、赤星を引き連れたダー子が現れた。赤星は僕ちゃんを殴りつける。借金まみれという設定の僕ちゃんが、ダー子と共謀することで親の裏金を海外へ違法に運び出し、カジノで増やそうとしている設定を赤星は信じているようだった。

『君たちに残された選択は2つ・・・』自分に通報されるか、自分の仲間になるか、選択肢は2つだという赤星。赤星は腹が決まったら東京の自分の事務所に来るよう、言い残し去って行った。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話のあらすじ(ネタバレ)後編

赤星が課したテスト

赤星の事務所を訪れた僕ちゃんは『せひ、協力させていただこうかと』と切り出した。ダー子も一緒だ。人生で1番大切なものは、信頼だと語る赤星。『信頼とは、すべてを相手に委ね、命すら捧げることだ』赤星はナイフを取り出し、僕ちゃんとダー子に出させた手の指の間にナイフで突き立てる。

『これをマニラまで届けて欲しい』赤星はバッグを取り出し、荷物の中身を消して見ないこと、自分の名前を決して出さないことを約束させた。ダー子と僕ちゃんは警備が手薄ないわき空港から出国することにする。

空港の手荷物検査にて、僕ちゃんはバッグの下に現金を忍ばせ、係員を買収。お咎めなしで飛行機に乗り、無事マニラに到着する。しかし、マニラの空港にて、僕ちゃんは警備員に取り押さえられてしまった。

バッグの中に入っていたのは覚せい剤だった。誰に頼まれたのか?空港の一室にて、尋問を受ける僕ちゃん。しかし、僕ちゃんは赤星の名前を出そうとはせず、拘置所に入れられた。

拘置所内で僕ちゃんが小さくなっていると、金で解決したという赤星が迎えに来た。『お前は俺の大事なファミリーだ!』赤星の名前を最後まで出さなかった僕ちゃんは赤星のテストに合格し、見事ファミリーの一員として迎えられた。僕ちゃんは赤星の胸で、号泣したのだった。
 

【スポンサーリンク】

 

計画の行方

再度、赤星の事務所に呼び出されたダー子たち。ダー子たちの目の前には20億が入っていると思われる20個のスーツケースが運び込まれた。『20個全部手荷物で運べ』と無理を言う赤星。

リチャードの病室を訪れたダー子と僕ちゃん。ダー子は『リチャードとやろうとした計画、明日やり遂げるわ。見守っててね』と未だ目を覚まさないリチャードに呼びかけた。

再びいわき空港。赤星と20個のスーツケースを携えた部下たちが、CAのダー子に続く。すると突然警視庁の査察部と称する男に呼び止められた。『そちらの荷物、中身を確認させてもらいます』スーツケースがその場で開けられるが、中身は衣類などの日用品だった。警視庁査察部を名乗る一味は、空港の警備員に連れて行かれてしまう。

警備員が去った後、赤星の部下により、スーツケースが入れ替えられた。おそらくその中が本物の現金だろう。

『どうする?』小声でダー子に尋ねる僕ちゃん。『仕方ないでしょう?乗り掛かった船よ』こうして、飛行機は20個のスーツケースと赤星を乗せ、離陸したのだった。

無事離陸できたことで、ご機嫌の赤星。しかし赤星は情報が漏れた責任をダー子たちに取らせようとしていた。『フィリピンに着いたら楽しい場所に連れて行ってやろう』赤星は2人を生きたまま棺桶に入れ、崖に吊るすつもりらしい。

『会長の自伝を読みました』ダー子が切り出す。恵まれない環境に育った赤星は、何よりも信頼を大事していると語っている。『その通りだ。金は一度失っても取り戻せるが、信頼は一度失ったら取り戻せない』という赤星に、果たして赤星の結んでいる関係は、本当に信頼関係なのか?とダー子が疑問を呈する。赤星のやっていることは、首輪を相手の首にはめて、思い通りに動かしているだけだと・・・

その時、飛行機が突然大きく揺れた。バードストライクで飛行には問題ないとダー子が立ち上がり、アナウンスするが、機体はなおも揺れ続ける。機内は騒然となった。
 

【スポンサーリンク】

 

ダー子たちのさらなる計画

やがて機長のアナウンスが聞こえてきた。『当機はバードストライクを2度受け、エンジンを全て失いました。重量のある手荷物を放出します』最寄りの空港までの飛行を続けるため、赤星が持ち込んだスーツケースの放出が必要だという。『やめろ!!』赤星が声を荒げるが、ダー子と客室係りに扮したリチャードまでもが現れ、スーツケースを機外へ放り出した。

『お前ら・・・パイロットまで抱き込んだのか?!』気づいた赤星。ダー子たちはスカイダイビングし、脱出しようとパラシュートを身につけるが、赤星がそれを奪い取り、部下に突きつける。『お前行け!俺の金、取ってこい!』しかし、部下らはうつむき、何も言わないのだった。

その様子を見たダー子が面白そうに『あれあれ?鉄の結束はどうしたのかな?』と尋ねる。『俺が本当に成功した理由を教えてやる!誰も信用しなかったからだ!俺の金だ!!』赤星はそう叫ぶと、自らパラシュートを身につけ、飛行機から飛び降りてしまった。

無事に鳥取砂丘に着地した赤星は、転がっているスーツケースを見つけた。『俺の金だ!俺の金だ!!』しかし、中身を確認した赤星は表情を変えた。さらに赤星は砂まみれになりながら、転がっている他のスーツケースの中身を確認して回る。しかしその中身はただの紙だった。

本物の金はダー子たちが乗る飛行機の中にあった。つまり、捨てたのは偽物だったのだ。実は空港の客や係員、機内の乗客、パイロットもすべてダー子たちが手配した人間で、いわき空港自体も偽物だった。大喜びのダー子は乗客と赤星の手下らにも、分け前を配って回ったのだった。

ダー子の自宅。ぜいたくな料理で、今回の詐欺の成功を祝うダー子とリチャード。しかし僕ちゃんは『赤星に見つかってリンチされたんじゃなかったのか?!』と自分のことを騙した2人のことを責める。

船長を装って、赤星に近づいたリチャード、そこまでは本当だった。しかしなかなか上手くいかないことにリチャードは気づく。その理由はただひとつ。『赤星には他人を信用する心自体がないのよ』とダー子が言う。そこで、計画変更し、僕ちゃんに頼むことにしたとダー子は説明した。

『今回の収穫を山分けします!はい、どうぞ』リチャードから封筒を渡されたダー子と僕ちゃん。『やった〜〜〜!』大喜びで2人が封筒を開けると、そこには小銭だけが入っていた。『何これ・・・?』呆然とするダー子。『旅客機のチャーター代、子猫ちゃんたちの日当、経費を差し引いたら、それだけ』と答えるリチャード。『ガビ〜〜〜〜〜ン!!』ダー子が叫び、『こんな仕事絶対に辞める!』と僕ちゃんが叫んだ。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話の感想

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第1話が終了しました。信用するのは自分だけというヤクザの親分の本性を見抜いた作戦が意外で、あっという間の1時間半だった第1話でした。

天才的な才能がありながらも、どこか抜けているダー子と、そんなダー子に振り回される詐欺師のくせに騙されやすい体質の僕ちゃん、そしてそんな2人の中和するリチャードと、なかなか魅力的なキャラクターたちでしたね。

リチャードが瀕死の重体に陥っていることは実は嘘・・・というのは多くの視聴者が薄々感づいていたこととは思いますが、信用詐欺師であるにもかかわらず、相手に信用されないことを逆手にとって組まれた作戦は意外でした。

また、第1話ゲストのヤクザの親分である江口洋介さんも好演だったですね。ヤクザの親分としての重厚な演技はもちろん、最終的には自分のことしか信用できない悲しい赤星をコミカルに演じ、スカイダイビングのシーンは思わず笑ってしまいました。

月9史上初の試みと大々的に打ち出しているだけあり、これまでになかったタイプの新しい月9ですね。週の初めの月曜日の夜には、これくらい軽くて、理解が簡単なストーリーの方がちょうど良いような気がします。また毎話新しく登場するゲストが楽しみで、見続けてしまう視聴者も多そうです。第1話に引き続き、第2話ゲストも大物!の吉瀬美智子さんで、見逃せません。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第2話のあらすじ

ダー子とは縁を切ると宣言しながらも、ロシアンマフィアから金をだまし取るダー子の計画についつい乗ってしまった僕ちゃん。しかし、計画は失敗。改めて懲りた僕ちゃんは、詐欺師から足を洗うため、職探しを始めることに。そこで見つけたのが温泉地にある旅館・すずやでの住み込みの仕事でした。

しかし、すずやは経営不振に陥っており、近々閉店せざるを得ない状況にありました。それは近くにできた大手ホテルチェーン・桜田リゾートのため。桜田リゾートの女社長・桜田しず子社長(吉瀬美智子)は、収賄や談合、地上げなど手段を選ばないやり方で私腹を肥やしていたのでした。

例に漏れず、すずやのことも買収しようとしたしず子は、すずやが断ると態度が一変。口コミサイトに悪評を書き込むなどの卑劣なやり方ですずやを経営不振に陥れていったのです。

そんな事情を知った僕ちゃんがダー子に頼み、しず子から金を巻き上げることに。猛勉強の末、ダー子は桜田リゾートのインターンになることに成功。しず子との距離を縮めていくのでした。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』第2話を楽しみに待ちたいと思います。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』原作韓国ドラマ最終回結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『正義のセ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたには帰る家がある』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ブラックペアン』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』原作コミック最新話結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の他にも!話題の春ドラマ特集





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る