きみが心に棲みついた最終回ネタバレあらすじ&感想 結婚した今日子&吉崎,星名は蒸発でモヤモヤな結末

Pocket

吉岡里帆さん主演、ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

星名(向井理)と今日子(吉岡里帆)の関係が、ずっと心に引っかかっている吉崎幸次郎(桐谷健太)。そんななか、これまでの悪事を社内で暴かれた星名のことを、今日子がかばったということを知り、吉崎はついに今日子に別れを切り出しました。

いよいよ迎えた最終回。共依存関係にある星名と今日子の結末、そして今日子は星名と吉崎、どちらを選ぶのか?ドラマオリジナルの結末に注目が集まります。

以下、ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回までの簡単なあらすじ(ネタバレ

自分に嘘をついて、小川今日子(吉岡里帆)星名漣(向井理)と会っていたことを知った吉崎幸次郎(桐谷健太)。モヤモヤが止まらない吉崎ですが、星名にこれ以上関わらないで欲しいと告げに行っただけだという今日子の言葉を信じ、なんとか気持ちを抑えるのでした。

そんななか、ラプワールの社内に、星名のパワハラ・セクハラを告発するメールが流通します。メールの差出人は、星名に恨みを持つ市ノ瀬高文(西村元貴)。社内で行われた聞き取り調査にて、飯田彩香(石橋杏奈)は自分の愛情を受け入れてくれなかった星名への当てつけに、内緒で録音した星名との会話をセクハラの証拠として提出。無理やり関係を迫られたと嘘をつきます。

一方の今日子は、発表会にてモデルとして下着姿になったのが、星名からの強要ではなかったのか?と尋ねられますが、自分の意思でやったことだと星名のことをかばったのでした。

今日子が星名をかばう発言をしたことを知った吉崎は、星名と今日子の関係が『依存関係』にあることを指摘。吉崎は、そんな今日子が自分と付き合うようになっても依存の対象が星名から自分に変わっただけで、自分のことを今日子は本当に愛していないと告げ、『別れよう』と今日子に別れを切り出したのでした。

さらに詳しいドラマ『きみが心に棲みついた』最終回までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回の視聴率

ドラマ『きみが心に棲みついた』第9話の視聴率は7.0%という結果になりました。ドラマ『きみが心に棲みついた』第9話は、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』最終回2時間SPと放送時間が被ったため、そのことが視聴率が落ちた原因と思われます。

ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回の視聴率は、最終回ということで上昇し、8%前後と予想します。実際のドラマ『きみが心に棲みついた』最終回の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

第1話 第2話 第3話 第4話
9.4% 8.5% 8.4% 7.0%
第5話 第6話 第7話 第8話
7.0% 6.9% 6.5% 7.9%
第9話 最終回
7.0%

それでは、ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回のあらすじ(ネタバレ)前編

郁美の本心

吉崎幸次郎(桐谷健太)に振られてしまった小川今日子(吉岡里帆)。星名漣(向井理)は自宅謹慎後、帝日商事に戻ることになり、あれ以来連絡はない。星名から、母からの支配から逃れた今日子は、自分が1人であることをヒシヒシと感じるのだった。

ラプワール。デザイナー・堀田麻衣子(瀬戸朝香)とデザイナー・八木泉(鈴木紗理奈)に、今日子は吉崎と別れたことを明かし、仕事に打ち込むという。そんな今日子を見て、堀田は『オガちゃん、変わったね』と笑顔。

ファミレスにて、漫画家・スズキ次郎(ムロツヨシ)と打ち合わせ中の吉崎は、今日子と破局したことを明かす。『やっぱり、小川さんとあの男の絆に敗北したってことですか?』と尋ねるスズキに、吉崎は『何とでも行ってください・・・』とうつむく。吉崎はまだ1つやり残したことがあるとつぶやいた。

『誰か星名さんと連絡つく人いる?』材料科課長・白崎達夫(長谷川朝晴)が社員たちに声をかけた。星名の母・北園郁美(岡江久美子)が倒れたとの連絡が星名の姉・谷山祥子(星野園美)からラプワールに入ったらしい。祥子は星名とは連絡が取れない様子。

郁美の入院先を聞いた今日子が郁美の病室を訪れる。今日子は郁美が癌を患っていて、余命わずかであることを知る。

母親であるにもかかわらず、星名の味方になりきれなかった自分を郁美は責める。『だけどね、あの子が生まれてきたときは本当に幸せだったの・・・嬉しかった・・・すごく嬉しかった』と郁美は涙し、自分の病気のことは星名には黙っていてほしいと今日子に頭をさげる。

『親を憎みたい子供なんかいません!星名さんがかわいそうです!』という今日子。郁美は、今日子のように優しい人が星名の周りにいて良かったと漏らす。『あの子は人を好きになったり、なれたり、恋をしたことがあるのかしらね・・・あってほしい!』郁美は言った。
 

【スポンサーリンク】

 

吉崎のやり直したこと

その頃。星名は真昼間から自宅マンションで飲んだくれていた。そこに、吉崎が現れる。星名は吉崎を部屋に招き入れた。

『よくある足の引っ張り合いですよ。まあ、次の手は考えてますけどね』という星名に、吉崎は『聞いてないんですか?』と今日子が会社の聞き取り調査にて、星名をかばったことを明かす。

『小川さんを・・・今日子を解放してください。お願いします!』吉崎は頭をさげる。星名は、昔から今日子に付きまとわれ、頼られ、困っていると言う。『頼ってるのは星名さんの方じゃないですか?』今日子に依存しているのは、星名の方だと迫る吉崎。『結婚するんです』と切り出した吉崎は、今日子を解放してくれと再度頼む。『うぜえな!!』という星名に、吉崎は『うざいんですよ、俺』と大切な人のことがうざくなる瞬間は誰にでもあると答えたのだった。
 

【スポンサーリンク】

 

それぞれの恋の終わり

ラプワールのCM撮影の見学にスズキが現れた。吉崎の話になり、2人の間に気まづい空気が流れ、今日子は思わず泣いてしまう。すると、スズキが『吉崎さんも泣いてるんじゃないですかね?ふる方も辛いんじゃないですかね・・・』と切り出した。打ち合わせ中も上の空だったり、吉崎も今日子との破局を引きずっているらしいことをスズキは明かす。

そこに、スズキに吉崎の元恋人・成川映美(中村アン)から、(今日会えますか?)とメールが来る。『ちょっとすいません』と席を外したスズキ。1人になった今日子は、自分と吉崎の関係が確かに恋で、今まで生きてきたなかで1番幸せな時間だったと改めて実感。『ありがとうって最後にちゃんと言えば良かった・・・』今日子は涙する。

映美に呼び出されたスズキ。映美は失恋したショックからスズキを頼ってしまっていたこと、スズキのことを恋愛対象とは見れないことを切り出す。

ショックを受けるスズキの前に、吉崎が現れる。『終わりました』というスズキに、『俺も終わらせました』と言う吉崎。『飲みましょう!今日は!!』吉崎がスズキを誘う。

とある病院前で、母と息子の姿を目撃した今日子。今日子は郁美が星名が生まれてきたとき、本当に幸せだったと語っていたことを思い出し、星名に電話した。

『お母さんにすぐに会いに行ってください!』という今日子に、星名は『お前には関係ねえだろ?』という。今日子は母に言いたいことを言ったこと、自分は変われたことを報告。しかし、星名は無言で電話を切った。それ以来、星名が今日子からの電話に出ることはなかった。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回のあらすじ(ネタバレ)後編

星名の決意

今日子が堀田と八木とともに進めてきた企画が、ついに商品化を迎えた。客からの評判も上々で、なかなかのスタートを見せる。

相変わらず酒に逃げている星名のもとにあるメールが届く。メールを読んだ星名は、スマホを酒のなかに突っ込んだ。

翌朝。今日子の携帯に、祥子から電話がかかってきた。郁美が昨晩亡くなったという。今日子は会社を早退。星名の自宅に駆けつけるが、留守だった。祥子が言うには、星名は会社も辞めており、メールは送ったが依然連絡が取れていない様子。

今日子は心当たりの場所を全て周り、やがて大学のサークルの部室で、床に座り込んでいる星名を発見した。部屋の窓はテープで目張りされ、星名の前には練炭があった。今日子は星名が自殺しようとしていることを察した。

『あんな女死んでせいせいした』と母親のことを語る星名は、こんな世界に飽き飽きしたと言う。『お前も付き合えよ?かわいそうにな、結婚するんだろ?』という星名に、今日子は『結婚?誰と?』とキョトンとした表情。『嘘かよ・・・あいつうぜえな』と星名はつぶやく。

自殺する準備を着々と始める星名に、『しっかりしてください!』と叫ぶ今日子。『しっかりしてるよ。これで2回目だからな、人を殺すのは・・・』と星名は言う。かつて、郁美の不倫相手を殺したのは星名だった。郁美は星名の罪を被り、服役していたのだ。

不倫相手と言い争う郁美の姿を見た星名は、包丁を持ち、不倫相手を刺した。『本当のこと言ってよ、お母さん。お母さんがやったんだよね?お母さんのなかの悪魔がやったんだよね?』と星名は郁美に迫ったのだった。

真実を知った今日子は、星名のことをただ抱きしめる。『私は、星名さんのお母さんじゃありません。星名さんのために死ぬこともできません。・・・ただ・・・、助けに来たんです』そんな今日子の言葉を聞いた星名は『うぜえな』と微笑み、倒れた。続けて、今日子も一酸化炭素中毒で倒れる。そこに吉崎とスズキが駆けつけた。
 

【スポンサーリンク】

 

消えた星名

病室で今日子が目を覚ました。そばには、今日子のことを心配する堀田と八木の姿があった。『星名さんは!?』今日子はまだふらつく足で、星名の姿を探し、病院をさまよい始める。

星名の病室を発見した今日子。しかし、そこはもぬけの殻だった。

1年後。スズキの『俺に届け!響け!』がマンガ大賞を受賞、その授賞式。壇上でスズキが挨拶を始める。子供の頃からずっと地味で、誰からも注目されなかったスズキ。そんなスズキの作品に唯一理解を示し、味方で居続けてくれたのが、担当編集者である吉崎だったとスズキは語る。『担当の吉崎さんに、どうか拍手をお願いします』とスズキが言い、たくさんの拍手が吉崎に送られた。

授賞式の終了後。本当はもう1人感謝と喜びを伝えたい人がいると切り出したスズキ。それはマンガのキャラクター設定にも貢献している今日子だった。今日子のことを懐かしそうに語る吉崎の胸を、スズキは指差し、『彼女、もしかして棲みついっちゃってます?』と尋ねた。

吉崎がふと目を落とすと、目の前にヒールが落ちている。目線を少し先に送ると、そこには転んだらしい今日子の姿があった。思わず去っていこうとする吉崎に気づいた今日子が叫ぶ。『吉崎さん!!』

とある披露宴会場。『それでは、新郎新婦の登場です!』というアナウンスとともに、花嫁姿の今日子と花婿姿の吉崎が入場。多くの人に祝福され、拍手を浴びる。そこには、今日子の母親と姉の姿もあった。飯田彩香(石橋杏奈)は売れっ子漫画家となったスズキに、早速モーションをかける。

『たった今素敵な花束の電報が届きました!』司会を務める材料科課長・白崎が電報を読み上げる。『ハッピーウェディング!キョドコのくせに・・・変わった方ですね??』差出人の名前はなかった。『星名さん!?』立ち上がる今日子。

街角の雑踏の中に星名の姿が見える。次の瞬間、星名の姿は消えた。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回の感想

ドラマ『きみが心に棲みついた』最終回が終了しました。今日子と吉崎が結婚、星名は蒸発・・・というハッピーエンドななかにも後味の悪いものが残る最終回となりました。

星名の心の傷とななっている母親との関係が、郁美が亡くなってしまったことにより、永久に解決しないものとなってしまいました。また、郁美が殺したことになっている不倫相手(星名の実の父)を殺したのは星名だったという衝撃の事実が浮上。ここまで闇が深いと、最終回1話分だけで星名が救われることは難しく、結果、星名は蒸発したという結末になってしまいました。これには少し、うやむやにされた感が残ります・・・

かつて星名に依存していた今日子は、依存状態を抜け出した後も、星名のことを大学時代の親友として、大切に思い、接してきました。星名はそんな今日子の優しい性格を知っているだけに、自分が今日子のそばにいれば、今日子が幸せになることを妨げると思ったのでしょう。最終回結末で消えるという選択をした星名の真意は、今日子への愛情だったということで、少し強引ですが一応、星名も自立への一歩を踏み出したと考えたいですね。

また、星名が消えたことにより、吉崎と結婚した後もなお、今日子は星名のことを考えると思われます。ある意味、星名は消えることによって、今日子の心に永遠に棲みつく権利を得たのかもしれませんね。

まだ原作コミックの方が連載中のドラマ『きみが心に棲みついた』ですが、ドラマの最終回として終わらせるためには、ここまで描くことが精一杯だったのかな?とも思います。個人的には、星名が救われるところまで見届けたかったですが、ボリューム的に難しかったですね。原作コミック『きみが心に棲みついた』の展開の方も、見守っていきたいと思います。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

 

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る