ホリデイラブ7話ネタバレあらすじ&感想 恐怖のスキップ女!どん底に堕ち精神崩壊した里奈

Pocket

仲里依紗さん主演ドラマ『ホリデイラブ』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

ハニートラップを杏寿(仲里依紗)に仕掛け、夫婦の間に溝を作ることに成功した里奈(松本まりか)。

次なる段階として、職場で自分との不倫疑惑をわざと浮上させた里奈の罠が、純平(塚本高史)に迫ります。

以下、ドラマ『ホリデイラブ』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ホリデイラブ』第7話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』第7話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

杏寿(仲里依紗)に近づいた偽黒井の正体が志賀拓巳(山田裕貴)で、その黒幕が里奈(松本まりか)であることを突き止めた春田龍馬(平岡祐太)。志賀が里奈に弱みを握られており、麗華(壇蜜)には計画を話さずに、志賀が好意から杏寿に近づきたいと依頼していたことが明らかになります。

一方、里奈がSNS上にさも杏寿が不倫しているかのような噂を流したことにより、杏寿の自宅サロンの客は0になり、娘・七香(渋谷南那)までがいじめられることに。杏寿はしっかりと自立し娘の笑顔を守るため、自宅サロンをたたみ、就活を行うのでした。

その頃、家出をした里奈は純平(塚本高史)が働く建設会社に復職。不倫疑惑を故意に職場で浮上させることに成功します。真偽のほどを上司に聞かれ、不倫の事実はないと答えた純平。しかし、その直後、上司に呼ばれた里奈は『お話しします、正直に。すべてを・・・』と意味深に微笑んだのでした。

更に詳しいドラマ『ホリデイラブ』第7話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』第7話の視聴率

ドラマ『ホリデイラブ』第6話の視聴率は5.7%という結果になりました。ゴールデンタイム放送のドラマのいくつかが4%代に視聴率を落とす中、ドラマ『ホリデイラブ』は少し遅い放送時間帯であるにもかかわらず大健闘中です。不倫モノは刺激的で、視聴率が取れますね。

ドラマ『ホリデイラブ』第7話の視聴率は再び上昇し、5%代後半と予想します。実際のドラマ『ホリデイラブ』第7話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ホリデイラブ』第7話の視聴率は5.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
5.1% 5.8% 5.1% 4.7%
第5話 第6話 第7話 最終回
4.2% 5.7% 5.6%

それでは、ドラマ『ホリデイラブ』第7話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』第7話のあらすじ(ネタバレ)前編

里奈が見せた反省の色

純平(塚本高史)との不倫疑惑について、上司から話を聞かれることになった里奈(松本まりか)。『皆さんの前でお話しします』と里奈は切り出した。終わりを覚悟する純平。

『ないです!あるわけないじゃないですか!』しかし予想外に、里奈は不倫の事実はなかったと証言した。本社からやってきた斎藤が食いつく。『なんで純平さんなんて呼んでるの?おかしいじゃないですか?』『みんなそう呼んでるので・・・』と答える里奈。

里奈は純平の寮の部屋に行ったことを認めるが、それは不要になった家電をもらおうと、サイズを測りに行ったためだと弁明。社員たちは信じた。『この件はもう終わりだ!』と社長がいい、何もなかったことになる。しかし、純平は里奈にとんでもない借りをつくったのではないかと不安になっていた。

一方、杏寿(仲里依紗)は純平から手紙の返事がもらえないことで、不安になっていた。しかし、その手紙は里奈の手により、破り捨てられており、純平は手紙の存在を知らない。

先日、杏寿が面接を受けた会社から、採用を知らせる電話がある。『本当ですか?!ありがとうございます!』杏寿は喜び、頭を下げた。

夜。里奈がこっそり自宅に戻ってきた。寝室で眠っている子供達のもとへ向かうと、渡(中村倫也)に取り押さえられた。『2人を私に育てさせてください!お願いします!』土下座をする里奈。『純平さんとのことは終わりました』と告げた里奈は、子供と3人で暮らせさえすればそれでいいと言う。

『わかった。調停だ』自分も子供たちを手放すつもりがないことから、公正に判断してもらおうという渡。不貞を働いた上に無職の自分に勝ち目はないと悟った里奈は表情を変える。

直後、ネットカフェにて、里奈はやぶり捨てた杏寿が純平に宛てた手紙を取り出した。泣きながら破った部分をセロテープで修復する里奈。
 


<スポンサーリンク>

 

新しい生活

杏寿は職場が変わったことから、これからは遅くまで働くことになると娘・七香(渋谷南那)に言い聞かせた。『ママ、頑張れ!頑張れ!』七香から励まされ、杏寿から笑顔が溢れる。

杏寿が七香を連れ、外に出ると、近所の主婦が自宅サロンの看板の一部を差し出してきた。『これ、落ちてたけど』welcomと書かれた看板はスプレーで落書きされ、無残な姿になっている。それは純平が手作りしてくれた看板。かつての幸せな生活を、杏寿は思い出す。

仕事終わりの里奈に、純平が話しかけた。『この間はありがとう。黙っててくれて』里奈は高森主任を守ることができてよかったといい、去って行った。

春田龍馬(平岡祐太)と姉を呼び、たこ焼きパーテイーをした杏寿。やがて、七香が眠ってしまい、杏寿が上に連れていく。『本当に大丈夫かな?あの女相当やばいし、犯罪とか・・・』杏寿のことを心配する姉。

その頃、里奈はネットカフェに連泊していた。里奈の財布の中にはあと千円しか残っていなかった。

渡の自宅に、結婚7周年を記念し、結婚式の時の写真が式場から送られてきた。かつて7年前に書いた(7年後の私へ。いい妻でいますか?)という里奈のメッセージ、(こんなに幸せな時間がいつまでも続きますように)という自分のメッセージを読み、複雑な表情の渡。

杏寿の初出勤の日。杏寿目当ての予約が多く入り、順調な滑り出しを見せる。春田の客や、姉の同僚などが次々と訪れ、つくづく幸せを感じる杏寿だった。

数日経ったある日。杏寿を指名し、坂口麗華(壇蜜)がやってきた。『彼ね、志賀君って言うの』志賀拓巳(山田裕貴)とは弟分で、杏寿が好きだからと言われ、2人を引き合わせたと麗華は明かす。また、麗華は志賀がかつて正当防衛の傷害事件を起こし、弟の学費を稼ぐため逃げたことも明かした。

その弱みを握られ、志賀が里奈に操られていたことを麗華は明かし、自分のしたことを杏寿に謝った。『杏寿さん、あの女、まだ諦めていないと思うわ。人はね、手に入りそうで入らないものに執着するの』くすぶっている火種を消さなければ、本当の火消しにはならないと麗華は言った。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』第7話のあらすじ(ネタバレ)後編

ひとつになった夫婦

純平が本社に戻る日。『実は私も今月でパートをやめることになったんです』と里奈は明かし、新しい人生に向けてリセットしたいと笑顔で語る。『高森主任、今まで本当にありがとうございました。どうかお元気で』里奈は持ってきた花束を差し出す。『井筒さんもお元気で』

麗華から、里奈がまだ諦めていないと聞かされたことがきっかけで、杏寿はかつて里奈からもらったメールに記載してあった携帯番号へかけてみることに。

後輩たちとともに、純平の寮の部屋を片付ける里奈。後輩たちがゴミ出しに出て行った後、杏寿から電話がかかってきた。『今回のこと色々聞きました。志賀さんのことも』と切り出した杏寿は、怒っても意味がないことからもういいですと言う。『ただもう二度と、私の人生にかかわらないでください』という杏寿に、里奈は『どうかしてました』と返す。子供と会えずに、親権も失いそうな状態にある今、それどころではないと里奈は語り、『本当に申し訳ありませんでした』と謝罪。杏寿は『わかりました、お元気で』と電話を切った。

通勤途中に春田に偶然会った杏寿。純平から連絡がないことを知った春田は、七香の卒園式に自分も一緒に行くと言い始めた。『え?!』驚く杏寿に、カメラマン代わりだよと笑う春田。

その数日後、杏寿は街中で偶然志賀と出会った。『黒井さん!』と志賀を引き止める杏寿。杏寿は春田と麗華から、志賀の事情を聞いたと切り出す。『ごめん!本当に・・・本当に、申し訳ありませんでした』志賀は頭を下げた。『もういいです』という杏寿。『これだけは知っててほしいんだけど・・・』杏寿がすごく素敵な人で、本気で違った形で出会ってたらと思ったことを志賀は明かした。自分ができることがあれば、なんでも力になるという志賀。『向き合うことって辛いことだと思う。でも逃げてたら一生幸せにはなれない』と杏寿は言い、さよならと去っていく。
 


<スポンサーリンク>

 

予想外の事件

純平が一家の自宅に戻ってきた。しかし、杏寿はその日遅番で、七香は姉の家で預かってもらっているため、自宅には誰もいない。純平は玄関前のサロンの看板に、かつて自分が手作りしたウェルカムボードがないことに気づき、去っていく。

車に戻った純平は、里奈からもらった花束の中に手紙が入っていることに気づく。それは、かつて杏寿が純平に宛てたもので、里奈が破り捨てたため、純平の目に入らなかったものだった。手紙を読み、純平の目から涙が溢れる。

そこに、眠ってしまった七香を連れ、杏寿が戻ってきた。『杏寿!!』純平は杏寿に駆け寄り、杏寿を抱きしめた。『ごめんな』という純平に、杏寿はキス。杏寿は純平を二度と話さないと心から思うのだった。

その頃、ネットカフェでカップラーメンを1人すする里奈は『やっぱ無理・・・』とつぶやく。

七香の卒園式当日。スーツ姿にカメラを携えた春田が、杏寿の自宅にやってきた。純平がいることに気づき、春田は驚く。純平と杏寿は、春田に礼を述べた。『雨降って地固まったか・・・』と笑う春田。

七香の卒園式。ステージで踊り歌う娘の姿を見ながら、杏寿はこうして夫婦揃って卒園式を迎えられる幸せをひしひしと感じていた。涙を流す杏寿の手に、純平がそっと手を置く。

スキップしながらやってくる誰かの影。その影は卒園式が終わったばかりの七香に近づく。

七香が出てくるのを、外で待っていた杏寿と純平。しかし、七香は出てこない。杏寿の脳裏に、里奈の怪しい笑みが浮かぶ。『七香!!七香!!』杏寿は大声で七香の名前を呼びながら、娘の姿を探し始めた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』第7話の感想

ドラマ『ホリデイラブ』第7話が終了しました。反省の色を見せたかと思われた里奈が、予想外の暴挙に出た第7話でした。

純平と再婚して、自分の子供たちと七香5人で幸せな生活が送れると信じて疑わなかった里奈が、厳しい現実を突き付けられましたね。当たり前のように養育権と養育費を渡に請求し、それで生きていこうとしていたらしい里奈ですが、渡から『調停』の文字を突き付けられ、我に返ったようです。通常、よほどの理由がない限り、幼い子供の親権は母親が取れると言われていますが、今回の場合は渡が言う通り、夫婦生活が破綻した原因を作ったのが里奈の方なので、それも危うい状況です。

しかも、実家も裕福ではなく、行くところがない里奈。子供を引き取って、ネットカフェで暮らすつもりなのでしょうか??最終的に所持金が千円となり、『やっぱり無理』と本性を現しました。

卒園式終了後の七香にスキップで近づいたのは、里奈で間違いないようです。しかし、七香を誘拐したのではなく、『未来のママ』だと名乗りに来たとのこと。意味不明すぎで恐怖です・・・子供にまで会いに来るとは、これでは杏寿たちは普通の生活が送れませんね・・・

いよいよ最終回を迎えますが、杏寿と純平は別れないとして、里奈と渡夫婦の結末が気になります。結婚7周年を記念して送られてきた写真を見ていた時の表情からして、渡は里奈のことをまだ愛しているようなので、これからも夫として里奈をしっかり管理下において欲しいのですが・・・あっさり、里奈が捨てられる結末もありそうですね。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』最終回のあらすじ

卒園式の終了後、姿を消したかのように見えた七香。しかし、まもなく七香が見つかります。

『未来のママってどういう意味?』と尋ねる七香に、詳しく話を聞いた杏寿と純平は背筋が凍ることに・・・里奈が七香に近づき、自分のことを『未来のママ』と名乗っていたことが発覚します。

娘の身の危険を感じた杏寿と純平は、渡に相談。しかし、あれほど里奈に執着していた渡の口から、意外な言葉が返ってくるようです。

こっそり七香に近づいた里奈は、麗華の言う通り、まだ純平のことを諦めていませんでした。再び、志賀を使い、杏寿を誘惑させようと悪あがきを見せますが、杏寿が愛する家族を守るため、里奈と対峙することになるようです。

何気に里奈の暗躍が楽しみだったので、それがもう見られなくなると思うと、それはそれで寂しいですね・・・ドラマ『ホリデイラブ』最終回を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ホリデイラブ』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る