BG身辺警護人8話ネタバレあらすじ&感想 敵は国家!殉職した村田の名誉を護れ!壮大な展開に興奮 !

Pocket

木村拓哉さん主演ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

政治絡みの発砲事件に巻き込まれ負傷した身辺警護課課長・村田五郎(上川隆也)。その背後には民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美)の収賄事件と、その罪を被らされた元秘書の恨みがありましたが、真相は報道されず・・・民間のくせに出しゃ張るからだという批判が村田に殺到するのでした。

第8話で、島崎章(木村拓哉)が護るのは村田の名誉。果たして、国家に隠蔽を覆すことはできるのでしょうか?

以下、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

元妻・小田切仁美(山口智子)の警護にあたり、仁美を付け狙っていた犯人が仁美の現夫の元彼女であることを突き止めた島崎章(木村拓哉)。仁美の警護は終了しましたが、オプションとして仁美が依頼したのは息子・瞬(田中奏生)と島崎との家族での食事でした。

島崎たちが訪れたレストランでは、偶然、民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美)厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)の会食が行われていました。そこにかねてから五十嵐に恨みを持つ元秘書・植野(萩原聖人)が拳銃を携え現れ、五十嵐からの謝罪を要求、立てこもってしまいます。仁美からのプレゼントである腕時計を修理し、島崎の元へ届けた村田五郎(上川隆也)も巻き込まれてしまうことに・・・

死の危機に直面した島崎は、植野への説得を試みるとともに、未だ仁美に謝れていなかった過去の過ちを謝罪。元サッカー選手・河野純也(満島真之介)の警護の件でいろいろあった島崎は、仁美に当たり散らし、それが離婚理由となっていたのです。

五十嵐が『謝るのはお前の方だ!死んで詫びろ!』と植野を煽ったことから、暴走しかけた植野を止めに入った島崎。村田が島崎をかばい、脚に被弾。救急車の中で、村田の容体は急変したのでした。

更に詳しいドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話の視聴率

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第7話の視聴率は15.8%という結果になりました。後半に向け、視聴率が上がってきましたね。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話は再び上昇し、16%前後と予想します。実際のドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話の視聴率は16.4%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
15.7% 15.1% 13.4% 13.6%
第5話 第6話 第7話 第8話
14.0% 14.8% 15.8% 16.4%
最終回

それでは、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

失われた命と名誉

民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の元秘書・植野(萩原聖人)に太ももを撃たれた村田五郎(上川隆也)。救急車の中で村田の容体が急変した。『え?何ですかこれ?嘘でしょ?!』付き添っていた島崎章(木村拓哉)が声を荒げる。『村田さん!村田さん!!』

村田は死亡した。一般人が死亡したことから、警備部警護課(SP)係長・氷川修(宇梶剛士)に責任を問うマスコミ。しかし、氷川はSPの仕事はあくまでも要人の警護で、村田は要人ではないことから、任務を全うしたと氷川は答えた。

村田の葬式。『あ〜あ。やっぱり親父が馬鹿だったんだ・・・』村田が植野を挑発した、村田がでしゃばったなど嘘の報道が出回っていることから、村田の息子が力なくつぶやく。そうではないと反論する島崎たちだったが、その言葉は息子には届かない。

村田の葬式が行われている寺の前で、落合義明(江口洋介)が乗る車が停止する。頭をさげる落合。その様子を人相の悪い2人の男が見ていた。

やがて、迎えた出棺の時。『お父さん、ご苦労様でした』村田の妻が、村田が身につけていた腕時計を棺の上に置く。それに自身の腕時計を合わせる島崎たち。『11時28分、誤差なし』『誤差なし』『誤差なし』高梨雅也(斎藤工)・沢口正太郎(間宮祥太郎)・菅沼まゆ(菜々緒)たちが口々に言う。

身辺警護課に新しい依頼が舞い込んだ。『俺、仕事できるかな・・・』ショックの色がなお濃い沢口。村田の件で、キャンセルが相次いでいるため、今が踏ん張りどきだという島崎。すると、高梨が『課長の汚名を返上するのが先でしょう?!』と立ち上がる。

汚名返上には準備が必要で、まずは身辺警護課を存続させることは優先事項だという島崎。『随分冷たいんですね』と高梨は言った。

やがて、今回のクライアントであるサスケフーズ会長・大久保佐助(伊武雅刀)がやってきた。やりきれない高梨が出て行く。その様子を村田の葬式に張り込んでいた人相の悪い男たちが見ている。カメラを持っていることから、マスコミなのか・・・

係長・氷川に村田に汚名を着せたままにするのかと迫った落合。『最後の一行をちょっと書き換えただけだ』と氷川は開き直る。上は落合の今後に期待しているという氷川。落合はそれ以上、何も言えなかった。

『僕、辞めさせてもらっていいですか?』母からこんな危険な仕事は一刻も早く辞めろと言われていると、沢口が島崎に切り出した。『沢口君は?』沢口は自分の気持ちが正直わからないと答える。『最初で最後のBG、しっかりやって』という島崎に、沢口は『いい思い出にします』と答えた。

『なぜ本当のことを言ってくれないんですか?』落合の前に現れた高梨が尋ねた。『村田課長を救ってください!お願いします!』頭をさげる高梨。しかし、落合は村田には謹んで哀悼の意を捧げるとだけ言い、去っていく。

『無茶だよ』一部始終を見ていた菅沼が出てきた。THE SPである落合が真相を語るわけないという菅沼。

五十嵐の部屋。現場にいた厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)も、村田の死については口をつぐんでいる。この世界では真相を語ったが故に命を失ってしまうことも多いと語る愛子に、五十嵐は『手段を選ばない奴が勝つ。それが君のいる世界だよ』と笑った。
 


<スポンサーリンク>

 

高梨のひらめき

身辺警護課のオフィスを愛子が訪れた。『身辺に気をつけて下さい』という愛子。『口封じのために狙われるって言いたいんですか?バカバカしい・・・』という島崎。しかし、愛子は10年間女子アナをした後に、政界に飛び込んだ自分からの忠告だと言い、去っていった。

帰宅した島崎は、息子・瞬(田中奏生)に何か変わったことがなかったかを尋ねた。『別に』と答える瞬。『これ食う?』サスケフーズの新商品のカップラーメンを2人で食べることになる。

ラーメンをすすりながら、瞬が尋ねてきた。『仕事ちゃんとやってんのかよ?』『うん』と答える島崎。途中、涙がこみ上げてきた島崎は、瞬に背を向け、ラーメンをすすった。

サスケフーズの新商品発表会の朝。 BGは沢口。島崎と菅沼が応援し、高梨は事務所で待機する。この任務が終わったら、本格的に村田の汚名返上へ向けて動くことを島崎は宣言した。

新商品発表会の会場。島崎が会場に紛れている人相の悪いカメラを持った男2人を見つけた。続けて、1人の不審者らしき男が会場に入ってきた。大久保のことを憎々しげに見つめると、すぐに会場を出て行く男。島崎と菅沼が男を追い、沢口が大久保を護ることになる。

会場の外で、男たちを見つけた島崎。男たちは大久保がリストラした職員で、男たちは『サスケフーズを許さない』と書いたベストを着用。ビラを手にしていた。男たちを追い出した島崎と菅沼は、村田の葬儀場にいた男たちが2人紛れ込んでいることから、すぐに会場に戻る。

その頃。事務所に1人の高梨は、村田の汚名返上につながる証拠を求め、村田のPCを起動。そこには、警護中の音源が保存されていた。

村田の自宅。村田の息子は相変わらず荒れていた。かかってきた電話に妻が出ると、高梨だった。『課長の遺品は警察から返してもらいましたか?』着ていた服などは帰ってきたが、携帯などはまだだと答える妻。高梨は『課長の名誉を回復できるかもしれません』と言う。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編

一致団結

サスケフーズの新商品発表会が大きな混乱なく終わった。会場に殴り込んできた元社員たちとは、誤解が解けるよう話し合ってみるという大久保。大久保は村田を信じていると言い始めた。『こんなに頼りになるボディガードを育てたんだからな!』沢口の肩を、大久保が叩く。その時、任務が終わったら村田の自宅に来て欲しいという高梨からのメールを、島崎の携帯が受信した。

村田の自宅を島崎が訪れた。『遺品が返還されてない?』高梨は村田の携帯とICレコーダーが警察から戻ってきていないことを島崎に説明。村田はすべての警護を録音しており、公表されてはまずい内容が録音されているからに違いないと高梨は考えていた。

家族なら所持品請求ができるという高梨の言葉を聞いた村田の息子が自分が行くと言いだした。『1人で行く!親父はもういないんだし!』1人では行かせられないという島崎と高梨。高梨と島崎が息子について、警視庁に行くことになる。

事務所に帰ってきた島崎と高梨。『自衛隊辞めた理由、話してませんでしたよね?』高梨が、訓練で後輩と組んだ際に事故を起こしてしまったことを語り始めた。頼りない後輩を鍛えようと、山岳訓練に連れて行った高梨。滑落事故に遭い、後輩は除隊してしまった。自分だけが残るのも悪いと思い、除隊したという高梨。高梨は、その時の後輩が村田の息子に少し似ていることを明かした。

かつて高梨に『俺は怖くないと思う人と組みたくないな』と言った島崎。高梨は『この世で1番言われたくないことでした』と笑いながら明かす。村田のおかげでBGに戻ることができたからこそ、村田の件をうやむやにしたくないと高梨は語った。

戻ってきた沢口が『辞めるのをやめます!』と言い始めた。『あんた、辞めるつもりだったの?!』と驚く菅沼。『ずっと辛くて見れなかったんだけど、撮っといてよかったね』菅沼はかつて皆で飲みに行った際に撮影した身辺警護課のメンバー全員が写る写真を差し出す。そこには笑顔の村田の姿も写っている。『あれ?お葬式では我慢できたんだけどな』菅沼の目から、涙が流れる。

帰宅途中の島崎は、何者かに付けられている気配を感じた。『どなたですか?そこに2人いますよね?こっちもプロなんでわかってますよ』暗闇に向かって話しかけた島崎。しかし、応答はなかった。

帰宅した島崎は眠っている瞬の姿を確認。愛子の『身辺に気をつけてください』という言葉が島崎の脳裏に蘇る。島崎はクローゼットの奥からスーツケースを取り出した。

翌日の日曜日。スーツケースを引き、島崎は瞬を外に連れ出す。『お前、お母さんとこ帰れ。電話しといたから』という島崎。『どれくらい力強くなった?』差し出した手を瞬に握らせる島崎。『ならいっか?・・・俺今度危ない仕事やんなきゃいけなくなったんだ』島崎は切り出す。

島崎が空を見上げると、飛行機が飛んでいた。『あれ、どこ行くんだろうな・・・これからいろんなとこ行けよ。ものすごい遠いところとか、すっげえ高いとことか、信じられないくらい広いところとか。寒いところとか』という島崎に、瞬は『寒いのは嫌だよ』と答え、スーツケースを引き去って行った。
 


<スポンサーリンク>

 

国家の圧力と愛子の決断

島崎と高梨が、村田の自宅に息子を迎えに行く。警視庁に到着し、2人が見守る中、息子は窓口に『父の所持品を返して欲しいんですが・・・』と切り出した。

連絡を受けた氷川は『そのまま待たせて』と言い、内線を切り、防犯カメラの映像に映っている島崎と高梨を確認する。

『こちらの手違いで返還が遅れたようです』まもなく職員の手により村田の携帯とICレコーダーが返却された。

事務所にて、確認した結果、事件のあった日のみ音声データが削除されていることがわかる。『親父はただの勘違いボディガードで終わるしかないんだよ!』事務所を出て行った息子のことを島崎が追う。

島崎が道路に出ると、突然2人乗りのバイクが島崎めがけて走ってきた。後ろに乗っていた男から、島崎はバールで殴られそうになる。『完全に島崎さん狙いですね』出てきた高梨がつぶやく。

村田が過去自分の上司で、自分のミスをかばい民間に移ったことを、愛子に明かした落合。『私は何も変えられてません』うつむく落合に、打ち明けてくれた礼を述べる愛子。

直後、愛子の前に島崎が現れた。『あの日見たことを公にしていただけませんか?』『排除』と落合が命じ、島崎は取り押さえられる。『地位も、権力も、武器もない我々が唯一持っていたものを奪われたんです!僕たちは絶対に諦めません!』愛子は車に乗り、去って行った。

村田の息子を自宅まで送った高梨が『心配しないで。絶対に方法を見つけるから』と息子に言う。息子は『もういいよ、疲れたんだ』と言い、自宅へ入っていく。

落合とともに、五十嵐の部屋を訪れた愛子。『事実を公表すべきです。私は間違っていました。そして先生も・・・』という愛子に、五十嵐は『自分が何を言ってるのか、わかってる?』と言う。『はい』と答える愛子。

出てきた愛子は大臣を辞職する旨を落合に明かし、『今までありがとう』と頭を下げ、1人帰って行った。

愛子が大臣を辞めるという報告を落合から受けた氷川。氷川は『あの女、変なこと考えてるんじゃないだろうな?』とつぶやく。『いっそ島崎章に消えてもらいましょうか?あのデータと一緒に』という落合。この大きな警視庁という組織を守るためには一線を越えなければいけない、それを覚悟と呼ぶのではないかと落合は続けた。

『私が話します。事件の真相を公表します』島崎たちの前に愛子が現れた。『よろしくお願いします。一緒に戦ってください』島崎たちは愛子に頭を下げた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話の感想

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第8話が終了しました。村田がまさかの殉職、そしてその死の真相が国家権力の手により隠蔽される様が描かれました。

第7話ラストで容体が急変した村田。まさか、本当に村田が殉職してしまうとは・・・ショックですね。

部下思いの村田の一言一言が思い出され、そして村田の死に直面することで、島崎が深夜にカップラーメンを息子とすすれる、そんな些細な幸せが当たり前ではないことを噛み締め、涙している姿も感動しました。人を護るBGが、村田の名誉を護ることで、村田の息子の未来を護りたいと一致団結していく様子にも胸を打たれましたね。

第8話ラストには、愛子が真相を証言してくれることを約束。しかし、敵は国家。愛子もろとも抹殺にかかってくる予感がします。

島崎を抹殺するなどという物騒なセリフがあった落合ですが、おそらく最終的には落合もSPを辞め、立場上のしがらみが無くなった上で、真相を公表してくれるのではないかと思います。落合はかつて武装していない相手に発砲してしまい、そのミスをかばい、村田がSPを辞職しています。そして、今回最初丸腰でやってきた植野を必要以上に痛めつけ、憎悪をさらに掻き立ててしまったのも落合です。その結果、植野が発砲事件を起こし、村田が殉職。警護という姿勢を見直す機会を後回しにした落合が同じミスを犯し、同じミスにより村田が殉職してしまっているという状態のため、これで落合が動かないわけはないと思うのですが・・・どうでしょうか??

いよいよ次回は最終回です。予告には、『さらば、BG』という悲しいテロップがありましたが、誰かが命を落とすというような、悲しい結末だけにはならないことを祈りたいです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』最終回のあらすじ

大臣を辞職する決意を固めた愛子が、真相の公表に向けて動き始めました。そんな愛子を警護するのは、もちろん島崎たちです。

そんな愛子や島崎たちをなんとか阻止しようとするのが、警視庁 SPの落合たち。自らが今回の件の処理をすると氷川に申し出た落合が驚きの行動に出るようです。

島崎たち、民間のBGの最後の敵は国家、そして護るものは BGの名誉。壮大な最終回の内容に、期待が止まりません。果たして、島崎たちは丸腰で国家相手にどのような戦いを繰り広げるのでしょうか?

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』最終回を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る