きみが心に棲みついた8話ネタバレあらすじ&感想“死にてえ” 今日子失い絶望の星名が悲壮

Pocket

吉岡里帆さん主演、ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

今日子(吉岡里帆)のストリップ動画を見てしまった吉崎(桐谷健太)。しかし、吉崎は今日子や星名(向井理)の予想に反し、彼女である今日子に謝って欲しいと激怒し、あくまでも今日子への味方という立場を貫きました。

つに吉崎と結ばれ、星名への呪縛である証・首元のネジネジと決別した今日子。今日子を本当に失ってしまうピンチに追い込まれた星名の動きが気になります。

以下、ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

やたら距離の近い吉崎(桐谷健太)元恋人・成川映美(中村アン)の関係が気になる今日子(吉岡里帆)。しかし、今日子は素直に自分の気持ちを吉崎に明かすことができずに、悶々とした日々を送っていました。

そんななか、大学時代の今日子のストリップ動画を見た吉崎の後輩・為末れいか(田中真琴)は、動画を吉崎に見せます。吉崎はバーテンダー・牧村英二(山岸門人)星名漣(向井理)のもとに殴り込み、今日子への謝罪を求めるとともに、動画の削除を求め、違反した場合は訴えるという旨の誓約書にサインさせたのでした。

吉崎の自分への愛情に感激した今日子は幸せの絶頂に。2人は結ばれ、星名が今日子に贈ったネジネジは、今日子の首元からなくなりました。

一方、星名へ病的な執着を見せる飯田彩香(石橋杏奈)は、星名に恨みを持つ市ノ瀬高文(西村元貴)の口から、星名の母親・北園郁美(岡江久美子)星名の父親を殺害した殺人犯であることを聞きました。なんらかの思惑ありの飯田は、郁美のもとを訪ねるのでした。

さらに詳しいドラマ『きみが心に棲みついた』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話の視聴率

ドラマ『きみが心に棲みついた』第7話の視聴率は6.5%という結果になりました。オリンピック放送が終了したにもかかわらず、第1話からの視聴率のなかで最低視聴率をマークしてしまいました。今後、大きく伸びていくのは難しいと思われます。

ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話の視聴率は、期待を込めて7%前後と予想します。実際のドラマ『きみが心に棲みついた』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話の視聴率は7.9%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.4% 8.5% 8.4% 7.0%
第5話 第6話 第7話 第8話
7.0% 6.9% 6.5% 7.9%
第9話

それでは、ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

新たな星名の策略

展示会中のラプワールに、タレント・山藤アイカ(石田ニコル)が現れた。『またしょうもない企画物始めるんちゃうか?』と睨むデザイナー・八木泉(鈴木紗理奈)。直後、星名漣(向井理)により、今日子(吉岡里帆)は別室に呼ばれ、アイカのことを紹介される。『今度うちとアイカさんでコラボランジェリー企画することになったから』という星名。

その後、吉崎幸次郎(桐谷健太)とデートした今日子は、吉崎から早めの誕生日プレゼントをもらう。『いいの見つけたから、早めに渡したくて・・・』と吉崎が差し出したのは、ネックレスだった。その場で今日子はネックレスをつけ、吉崎は『似合ってる!』と言い、今日子は『ありがとうございます!』と満面の笑顔。

星名の母・北園郁美(岡江久美子)の自宅。星名が幼い頃から、育ての父親から暴力を受けていたこと、自分が見て見ぬ振りをしていたことを、郁美は飯田彩香(石橋杏奈)に明かす。

また、郁美は自分が殺した相手が、星名の本当の父親である男性であることを明かす。郁美と星名の父は不倫しており、星名はその末に授かった子供だった。

出社した今日子は、材料科課長・白崎達夫(長谷川朝晴)からデザイナー・堀田麻衣子(瀬戸朝香)と八木たちと進めているプロジェクトを抜け、アイカのコラボ企画を担当するように命じられた。星名の仕業に違いないと確信した今日子は、星名の車に乗り込んだ。

『吉崎と別れるなら、上とかけやってやるよ』という星名は、今日子のネックレスに気づく。『これあいつにもらったの?何普通の人間装って恋愛してんだよ。キョドコのくせに・・・』星名がネックレスに手をかけ、今日子が身を引いた瞬間、ネックレスはちぎれてしまった。

ドラマ化の話が来ている漫画家・スズキ次郎(ムロツヨシ)。登場人物の設定や主人公の配役が、新たにスズキの納得するようなものに変更され、スズキは大喜び。

吉崎からデートに誘われるが、ネックレスの修理に2週間かかるため、今日子は迷う。吉崎は既読スルーになったままのLINEを気にしていた。

『いやいや、ありえへんやろ?』自分たちのプロジェクトから、今日子が突然抜けるということを聞かされた八木は星名への怒りを隠せない。自分から星名にかけおうか?という堀田の申し出を断り、今日子は自分でケリをつけると星名の元へ向かう。

『星名さんいますか?』飯田に尋ねた今日子。星名は席を外していた。今日子は飯田からランチに誘われる。

カフェ。昨日、星名の車に今日子が飛び乗る様子を目撃していた飯田は、2人で何をしていたのか?と敵意をむき出しにしてきた。『星名さんは私が守るって決めたの。私じゃないとダメなの。これ以上彼に近づいたら、あなたに何するかわからないから』飯田はそう今日子に宣言すると、テーブルの上の料理にナイフを突き立てた。
 


<スポンサーリンク>

 

星名の提案

郁美からの手紙を受け取った星名。星名の姉・谷山祥子(星野園美)から金を受け取ったこと、もうお金はいらないこと、今後一切自分には関わらないでほしいことがしたためてあった。

資料室で手紙を読んでいた星名の元に、今日子が現れ、元のプロジェクトに戻してほしいと訴える。『私、もう星名さんから離れたいんです。お願いします!』今日子は頭を下げた。

すると、星名は明日1日自分に付き合ってくれれば、上へ掛け合い、今日子との関係も終わりにすると約束。今日子も応じた。

その直後、吉崎から今日子に電話があった。『明日空いてる?』今日子は仕事だと嘘をついた。(でもこれは、自分に区切りをつけるために必要なこと・・・)

一ツ木出版の漫画編集部。吉崎は元恋人・成川映美(中村アン)から預かった新作エッセイをスズキに手渡した。『あ、そうだ!明日行きたいとこがあるんですけど、お時間ありますか?』というスズキ。

翌日。星名との待ち合わせ場所に今日子が現れた。『行こ?』星名は大学時代に2人が通った商店街へ、今日子を連れて行った。その後、ハンバーガーを買い、野球場を訪れた2人。他愛もない会話で盛り上がる。屈託ない笑顔を見せる星名を見て、今日子は(この笑顔に何度騙されたことか・・・でもこの人の本性はこんなんじゃない)と思う。

やがて星名は今日子の膝を枕にし、寝っころがる。『困ります。こういうの・・・私には彼氏がいますから』という今日子に、星名は『そうやって、みんな俺の前から消えていく・・・』とつぶやき、今日子にキスをした。『俺のことが憎いか?』という星名に、今日子は憎いし、怖いし、逃げ出したいと明かした。

この先も自分は今日子のことを苦しめると思うという星名は『本気で逃げたいなら、俺を殺せ』と言い、今日子の手を自分の首元に持っていく。今日子はかつて星名がどん底の自分を受け入れてくれた記憶が色あせない限り、本気で星名のことを嫌いになれない自分に気づくのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編

見られた今日子

野球場を出た星名と今日子。『あれ?漣くん?』偶然居合わせた星名の姉・祥子が星名に話しかけてきた。『漣の姉です』近づいてくる祥子。去ろうとする星名に『お母さんから聞いたわよ!あんたと縁切るって』と声を荒げる祥子。事件の後遺症で郁美が働けないことから、あんなはした金では母の面倒を見切れないという祥子の前から、星名は去っていく。今日子も追いかける。『このクズ!!だからあんたみんなに嫌われんのよ!!』祥子は声を荒げた。

バーテンダー・牧村英二(山岸門人)のもとを飯田が訪れた。『別れたいって本心じゃないと思うんです。多分、私に迷惑かけたくないから・・・』星名の家に行ってみると席を立とうとした飯田の背後から、牧村が抱きつく。『あんた捨てられたんだよ!俺じゃダメか?』飯田は牧村を撃退し、店を出ていく。

立ち飲み屋。星名が今日子に郁美のことを明かす。『大学の時、一度面会に行ったんだ』刑務所を出た後、行きたい場所など他愛もない話をして、帰って来た翌日。郁美は自殺未遂を起こした。『どんだけ自分勝手なんだよ・・・』とつぶやく星名。

今日子は、大学時代の星名が激しく取り乱し、落ち込んでいたことを思い出す。その原因が、郁美の自殺未遂だったことを今日子は察した。『俺のために生きてくれ』そう星名に頼まれ、今日子は星名のために生きると約束したのだった。

スズキが行きたいという映美のサイン会を一緒に訪れた吉崎。その帰り道、スズキは映美が自分のことを好きに違いないと言い出した。『恋ですよね?これ・・・』と浮かれるスズキは、映美との恋を吉崎に応援してほしいという。すると、吉崎の元へ映美から(まだ近くにいる?これから会えない?)というメールが・・・

吉崎がメールに気を取られていると、スズキがタクシーに乗り込む今日子を目撃したと言い始めた。『星名さんと腕組んで・・・』また妄想ではないのかという吉崎に、スズキは今日子がネジネジをしていなかったことからきっと別人だという。吉崎は、スズキが見た今日子が本人に間違いないことを察した。
 


<スポンサーリンク>

 

星名との決別

酔っ払った星名をマンションの下まで送ってきた今日子。星名は今日子の手を引き、部屋へ招きいれた。『上がっていけよ。何もしねえよ』という星名。今日子は星名の部屋にあがった。

大学時代から、決して今日子には手を出さなかった星名。今日子はそのことをどこか神聖なことと思っていたこともあり、今日星名からキスされたことには正直今日子が1番驚いていた。

『これで本当に終わりですよね?』という今日子を、『どうかな?』と星名は押し倒した。『嫌です・・・星名さんとは嫌です・・・』震える今日子に、星名は冗談だと身体を離した。

『吉崎と別れて、俺と結婚してみる?』という星名。『どうして、星名さん、周りのこと振り回すんですか?!』という今日子に、星名は仕事も人間関係も自分にとっては暇つぶしで、自分が楽しければどうでもいいと思っていることを明かす。『星名さん、変わらないですね・・・この先ずっと解り合える日は来ないと思います!』腹を立てた今日子は部屋から出て行った。

今日子が出て行った後、星名は寂しく笑い、『死にてえ・・・』とつぶやいた。

今日子がマンションの前に出ると、飯田の姿があった。『どう?星名さんに抱かれた気分は?あなた付き合ってる人いるんでしょう?!最低!!』今日子は飯田にバッグで殴打される。『仕事も恋愛も想い通りになって嬉しい?あんたのせいで私はどん底よ!・・・絶対、地獄に突き落としてやるから』飯田は宣言すると、去って行った。

その頃。今日子の自宅の前まできた吉崎は、今日子に電話する。しかし、今日子は出ない。『まさかな・・・』とつぶやく吉崎。

翌日、出社した今日子は八木と堀田のプロジェクトに戻れるようになった。アイカの企画は飯田が引き受けることになったのだという。

吉崎のデスクにSDカードが送られてきた。早速、PCで確認する吉崎。そこには、星名に手を引かれ、自宅マンションに入っていく今日子の映像があった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話の感想

ドラマ『きみが心に棲みついた』第8話が終了しました。星名から離れようとする今日子と、自分の気持ちに素直に生きられない星名の姿が描かれた第8話でした。

不倫した末に、不倫相手との間に星名を身ごもり、そのまま出産した母・郁美。一方、星名は血の繋がらない父親から暴力を受けることになり、学校でも孤立してしまいました。

それでも、星名にとって母・郁美は絶対的な存在で、母から愛されたくてたまらなかった星名。大学生になってから、母の元に面会に行った星名の心の片隅には、愛を得られるかもしれないというわずかな期待があったのでしょう。しかし、息子との面会の翌日、母は自殺未遂を起こします。母に全てを台無しにされ、それでもなお母からの愛を求めている自分を、自分ではどうしようもなく、星名がもがいていたことがわかりました。

そんな星名がこれから真っ当に生きていくためには、トラウマである母との決着が必須と思われますが、第8話の郁美の様子を見ていると、それも難しそうですね。となると、星名を救うのは、母の愛に変わる愛になると思われますが、それが今日子になるのか、それともこのまま星名が変わることなく、後味の悪いまま結末を迎えてしまうのか・・・

もしかすると、今日子は吉崎ではなく、星名を選ぶという結末もあるかもしれませんね。それにより、星名が変わり始めるという結末なら、アリなのかもしれません。ドラマ版の『きみ棲み』が、どこを落とし所としてくるのか、現時点では全く予想ができませんね。

残すところ、あと数話(おそらく2話?)となりましたが、星名がどんな結末を迎えるのか、非常に楽しみになってきました。星名も今日子と同じく、トラウマを乗り越え、新しい人生を生きていけるといいなと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第9話のあらすじ

星名に手を引かれ、自宅マンションへ入っていく動画を見てしまった吉崎。星名とのことは、今日子が話したい時に話してくれればいいとかつて語った吉崎でしたが、いてもたってもいられず、吉崎は星名との関係を今日子に問い詰めます。

今日子は星名との過去、自分のコンプレックスの根本にある母親との不和を吉崎に打ち明け、吉崎はそんな今日子に、母親との溝を埋める努力をしてみるよう、勧めます。吉崎から諭された今日子は、数年ぶりに実家を訪れます。星名と同じく、母親との関係に悩んでいる今日子が母娘問題に区切りをつけることが、星名と母親との和解のヒントになればいいですね。

そんななか、ラプワールに星名のパワハラとセクハラを告発するメールが届き、一気に拡散する事態に。犯人は市ノ瀬・・・とも思いましたが、星名に付け入る隙が欲しい飯田の可能性も高いですね。

ドラマ『きみが心に棲みついた』第9話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

 

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る