ファイナルカット8話ネタバレあらすじ&感想 祥太の性癖,決定的証拠が浮上!真犯人はいまどこに!?

Pocket

亀梨和也さん主演ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

警視庁刑事部部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)の娘に関する弱みを握っていた小河原達也(升毅)が、息子・祥太を捜査線上から削除することに成功したことが明らかになりました。

そして、死んだとされている祥太と偶然チャットする機会を得た若葉(橋本環奈)。真犯人・祥太は今どこにいて、何をしているのか?慶介(亀梨和也)が母の無罪を晴らせるまで、あともう一歩です。

以下、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

真犯人・祥太に近づくため、父である達也(升毅)に揺さぶりをかけた慶介(亀梨和也)。慶介の思惑通り、不安を感じた達也は12年前捜査線上から息子の名前を削除することを依頼した人物に接触し、なぜ今事件が掘り返されようとしているのか?事情を把握しようとしました。

達也が接触した人物は、警視庁刑事部部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)でした。かつて芳賀の娘集団万引き事件に関わり、示談に尽力したのが達也だったこともあり、芳賀は達也の依頼で祥太を捜査線上から削除、捜査妨害をしていたのです。

12年前の事件の担当刑事だった高田清一郎(佐々木蔵之介)は、真犯人は他にいると感じ、捜査を続けていましたが、現場である達也の法律事務所前に設置されている防犯カメラが故障したことを理由に映像の提供を受けられず、不審感を抱いていました。このことを上に意見した直後、配置換えされた高田は、見えない圧力が捜査に働いていることを確信。芳賀の部下として、従順に動くふりをしながら、事件の真相をあぶりだそうと計画していたことも明らかになります。

一方、慶介に病的に執着するようになった若葉(橋本環奈)は、祥太の情報を慶介へ流す見返りとして交際したいと申し出ますが、断られます。諦めきれずに達也の書斎で祥太のヒントを探していた若葉は、達也のPCに祥太からメールが届くのを目撃したのでした。

更に詳しいドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話の視聴率

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第7話の視聴率は6.8%となりました。これまで、視聴率を大きく伸ばすことがなかった代わりに、大きく落とすこともなかったドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』。堅実に6%代後半をキープしていて、見始めた視聴者は確実に掴んで離さない様子が見て取れますね。

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話の視聴率は7%前半と予想します。実際のドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話の視聴率は7.1%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.2% 6.5% 6.5% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
6.7% 6.8% 6.9% 7.1%
最終回

それでは、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

百々瀬の思惑

雪子(栗山千明)と慶介(亀梨和也)は一夜を共にした。着替えを済ませた雪子は『私たちもう会わないほうがいい』と言う。『俺は会いに行く』兄・祥太を自首させるまでは諦めないことを慶介は雪子に伝えた。園児たちの描いた絵をひとつひとつ見ながら、子供たちの成長に微笑む母・恭子(裕木奈江)の姿を、慶介は思い出す。

朝帰りした雪子の異変に、若葉(橋本環奈)は気づいた。

鰻屋にて、高田清一郎(佐々木蔵之介)と昼食をとる慶介と幼なじみ・野田大地(髙木雄也)。『結論から言うと、小河原祥太、生きてる可能性大だ』高田は今までに集めた資料を差し出した。

サンフランシスコのロースクールに進学した祥太は、7年前に失踪。失踪届けが出されている。しかしその数ヶ月後、父・達也(升毅)がシアトルに別荘を借りている。別荘からは普通にゴミが出されていて、誰かが住んでいることは確実だった。しかし、その別荘も最近解約されたと高田は話した。また、高田が持っていた12年前の事件の記事を、慶介はコピーしたいと申し出た。『忘れるな、お前は警察官だ。監視の目もある。バレたら、そこで終わりだ』という高田。実際、警視庁刑事部部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)による慶介への監視の目は強まっていた。

『ある男について話がしたい』百々瀬塁(藤木直人)から連絡を受けた慶介が、ザ・プレミアワイドを訪れた。そこにはプロデューサー・井出正弥(杉本哲太)・ディレクター・真崎久美子(水野美紀)・ディレクター・小池悠人(林遣都)・カメラマン・皆川義和(やついいちろう)の姿もある。

ザ・プレミアワイドは製作した慶介の悲壮な過去に関するVTRを見せる。そこには、現場付近で祥太らしい若い男性の姿を目撃したという証言などが盛り込まれ、祥太の名前が捜査リストに上がっていたという内容で構成されていた。

『以上が、私共の提案です。一緒にこの事件を追いませんか?』と申し出た井出。百々瀬も『我々を利用してほしい』と切り出す。帰ろうとする慶介に、百々瀬は自分にも大学生の息子がいて、別居中であることを明かした。『君は僕に言ったね?透明な檻・・・うちもそうだ』百々瀬は有名人の息子であるがゆえに、息子が生きにくさを感じていること、慶介にも失った青春を取り戻してほしいことを話す。『一緒に真犯人を探そう!』

しかし、慶介は拒否。『進歩がないね?12年前と同じ手口。騙されるかよ』自分は自分で真犯人を追うと慶介は宣言。慶介の手中にあるスタッフたちのファイナルカットをいつ流すかは、自分が決めると言い、慶介は去っていった。

慶介から協力を断られた百々瀬は苛立ちを隠せない。放っておいても慶介が自滅するだけだと言い、その様子を撮って、放送しようと言い出した。『撮るなら、奴のファイナルカットを!』

直後、百々瀬は以前も訪れていたとある病室を、花束を携え訪れた。
 


<スポンサーリンク>

 

浮上した新事実

高田の資料から、城戸という名前を発見した慶介。城戸はかつて、小河原法律事務所の事務員として働いていた。早速、慶介たちは城戸に話を聞きに訪れる。『当時、事務所の前に防犯カメラがついてたかと・・・』と切り出した慶介に、城戸は『ああ、あれ壊れてたのよ・・・』と言い、『思い出した!』とあることを思い出した様子。

『小川原祥太について新事実が出てきました』井出は、祥太の失踪時の元カノの話についての資料を百々瀬に差し出す。『突っ込め!小河原家に』百々瀬の指示により、若葉や雪子の勤務先に、ザ・プレミアワイドが現れる。

『12年前の事件について、祥太さんが疑われています!』達也のもとにも、真崎が取材に訪れた。

若葉が慶介の前に現れた。若葉は、雪子と慶介が会っていることを切り出した。『この間も会ってたでしょ?朝帰りした日・・・・ひどい!!どうして浮気したのよ!?』と声を荒げる若葉に、慶介は自分が興味があるのは祥太だけだと伝え、去っていく。

『なんで今頃・・・』突然現れた取材陣に戸惑う達也と夏美(長野里美)。若葉は苦しい胸の内を、達也の書斎のPCにて、チャットで祥太に打ち明けていた。(でも彼が好き。苦しい)という若葉に、(大丈夫だよ)という祥太。

事務員・城戸が思い出した話は、当時SDカードがトイレに浮いていて、そのことを達也に伝えると、達也が確認もせずにそのままトイレに流してしまったというものだった。おそらくそのSDカードは防犯カメラの映像が入っていて、不都合な内容が映っていたため、達也が破棄しようとしたのでは?という推測を、慶介は高田に話して聞かせた。城戸は証言もしてくれると言っている。高田は、その話を上に上げる前に、確認したい人がいるため、少し待つよう、慶介に伝えた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編

雪子へのファイナルカット

高田と慶介が、被害者・志穂の母親のもとを訪れた。12年前の事件に真犯人がいて、今再捜査に向けて動いていることを高田が明かす。『今さらなんで・・・』戸惑いの表情を見せる母親。

慶介が母親に断り、お焼香をあげようとすると、『志穂を返して!』と母親が飛びかかってきた。遺影の前に供えられていた折り紙がひっくり返る。そのうちのひとつの裏側に、何か書かれていることに気づいた慶介。折り紙の裏には2人の人物の顔が書かれており、それぞれに『しほ』『しょうた』と書かれていた。

このことを受け、高田は芳賀に再捜査を依頼しに向かう。しかし、芳賀は『検討する』とそっけなく言い捨てた。

城戸の証言、シアトルの別荘、折り紙の裏にあった志穂と祥太の似顔絵・・・大地は祥太に関する新事実をまとめたファイナルカットを作っていた。『雪子を脅すか?』慶介はこの映像をファイナルカットとして雪子に突きつけ、祥太のことをあぶり出す作戦に出る。

雪子の前に慶介が現れた。『はい、これ。プレゼント』慶介はアドレスを差し出す。『公開待機中。小河原祥太の全疑惑・・・』この映像を一家全員で観て、事実を再確認してほしいと慶介は申し出た。『あなた警察官でしょ?』こんな回りくどいやり方をしないで、さっさと祥太を逮捕すればいいという雪子。

それには決定打が足りないと明かした慶介は、この映像を世間に流せば、小河原家は糾弾されることになると脅した。『祥太を自首させろ。これを見て、思い知れ。人殺しを見て見ぬ振りしてる最低の家族だってことを・・・』と慶介が言うと、雪子が『ごめんなさい・・・』と泣き出した。

当時、走って戻る恭子の姿を見たと証言した雪子。『あの姿を思い出すと・・・どんなに怖かったか。あなたにもごめんなさい!こんなことまでさせて・・・兄のことは話し合います』今の暮らしが全てなくなっても構わないこと、映像も全て家族に見せることを雪子は約束し、家族でどうするか話し合う時間がほしいと申し出る。
 


<スポンサーリンク>

 

暴走した若葉

その晩。帰宅した雪子は居間にて映像を再生しようとする。『お兄ちゃんが関わった証拠だって・・・教えて!お兄ちゃん何したの?』

昨夜、雪子のもとを訪れた小池と皆川。小池は祥太が7年前、サンフランシスコにて少女を誘拐しようとするという事件を起こしていたことを明かした。『女の子を殺したのは・・・未だに何かやって、だから逃げてるの?!お父さん?!』雪子は迫る。

『信じたかった・・・あの事件が起きた時、祥太はずっと家にいたと・・・』しかし防犯カメラを見た結果、祥太の犯行であることを確信したという達也。どうしようか迷っていた時、恭子が犯人として報道され始めた。当時、まだ学生だった雪子と若葉のことを考えると、どうしても真実を話せなかったと達也は涙を流す。

『私は覚悟できたから・・・だからお兄ちゃんを警察に・・・』という雪子。『待って!私、覚悟なんて出来てない!騒がれるなんて絶対嫌!』若葉が雪子が持っていた封筒を破る。しかし、中には何も入っていなかった。『なんで・・・』戸惑う雪子。慶介は雪子のことを思い、どうしても映像を渡せなかったのだ。

雪子は慶介のことが好きだと若葉に明かした。直後、若葉は祥太とチャットする。祥太が犯人扱いされていることを若葉が明かすと、祥太は(俺が?何で笑)と返してきた。若葉は惹かれあっている雪子と慶介への憎しみを、祥太にぶちまけた。

若葉から慶介にメールが来た。隠れて祥太と連絡を取り合っていることを明かした若葉は、捜査に協力するという。

慶介が小河原家を訪れた。若葉は達也の書斎に慶介を招き入れ、達也のPCで祥太と連絡を取り合っていることを明かす。PCに気を取られた慶介が振り向くと、背後に包丁を持った若葉が・・・

物音に気付いた雪子が達也の書斎に入ってきた。そこには腹に包丁が刺さったままの若葉と、慶介の姿があった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話の感想

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第8話が終了しました。祥太が真犯人で間違いない決定的な証拠の数々が浮上した第8話でした。

当時、家にいたはずの祥太が事務所前の防犯カメラに映っているらしいこと、志穂の折り紙の裏から祥太の似顔絵が出てきたことから、普段から祥太が志穂と接触していたこと、祥太がアメリカでも女児誘拐未遂を起こしていたことが明らかになり、状況証拠として祥太を逮捕できるだけの証拠が出揃ったように思います。しかし、自身の隠蔽が明るみに出る恐れがあることから、芳賀が再捜査を許可するとは思えない状況です。そのため、祥太を逮捕するためには、『なんらかの方法で再捜査を強制的にさせる』か「祥太に自白をさせる』しかないですね。

最終回では、若葉が刺された件で慶介が殺人未遂で逮捕されてしまうとのことですが、おそらくこれは若葉が自ら自分を傷つけたのだと推測されます。しかし、慶介は自分がやったと告白。もしかすると、慶介は若葉の殺人未遂及び、12年前の志穂殺害事件も自らがやったと認めることで、再捜査せざるを得ない状況を作ろうと画策しているのかもしれませんね。

とはいえ、予告で帰国した祥太を慶介が出迎えていることから、とんでもないどんでん返しが潜んでいるような気配もしますが・・・

次回はいよいよ最終回。第9話と最終回というかたちではなく、最終回2時間SPでまとめたあたりを推測すると、もはや途中で切れない怒涛の展開となることが予想されます。楽しみです!

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』最終回のあらすじ

若葉殺害未遂の容疑で逮捕された慶介。大地(髙木雄也)らが慶介の無罪を信じて疑わない一方、慶介には何か考えがあるらしく、慶介はなぜか黙秘を貫きます。

やがて現れた高田に、慶介は『犯人は俺です』と自白を始めます。殺人犯となった慶介が、誰も予想しなかった驚きの方法で祥太と対峙することになりそうです。

しかし、慶介の復讐のクライマックスは真犯人との対峙の先にありました。慶介がこれまでにファイナルカットを突きつけてきた真の目的が、驚愕のラストとして待ち受けるとのことですが、真犯人の逮捕以外の目的が慶介にはあったのでしょうか??

最終回にて、祥太が逮捕され慶介が復讐を終える、だけではない、どんでん返しの気配にワクワクしますね。ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』最終回を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る