アンナチュラル7話ネタバレあらすじ&感想“許されるように生きろ”許し乞いながら生きる中堂の言葉が重い

Pocket

石原さとみさん主演ドラマ『アンナチュラル』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

法医解剖医・中堂系(井浦新)に数々の脅迫状を送りつけていた犯人が、フリー記者・宍戸理一(北村有起哉)であることが明らかになり、中堂が過去に犯した罪、そして中堂と宍戸の因縁が示唆されました。

そんななか、第7話では殺人実況生中継と題した映像が配信されるという事態が発生し、ミコト(石原さとみ)が遠隔診断に挑戦します。映像という限られた情報だけで、果たしてミコトは死因を特定できるのでしょうか?

以下、ドラマ『アンナチュラル』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『アンナチュラル』第7話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『アンナチュラル』第7話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

自身が通う高級ジム主催の合コンに出席した翌日、臨床検査技師・東海林夕子(市川実日子)は同じ合コンに出席していた権田原(岩永洋昭)の遺体の隣で目を覚ましました。権田原は窒息死を起こしており、夕子に殺人容疑がかかります。

時期を同じくして、UDIラボに同じジム会員・細川が同じく窒息死を起こした状態で解剖のため運び込まれました。権田原・細川がジム会員に配られているバイタル計測のための腕時計型の端末を装着していたことから、窒息死を起こした原因を求め、夕子と法医解剖医・三澄ミコト(石原さとみ)は機器を開発した会社に向かうのでした。

機器を開発したのは、同じジム会員の岩永でした。データを見た結果、権田原・細川の2人が窒息死を起こす直前、何かに感電していたような形跡があることがわかります。

記録員・久部六郎(窪田正孝)フリー記者・宍戸理一(北村有起哉)に探ってもらった結果、権田原・細川・岩永に加え、橘という男がビットコインの詐欺罪でマークされていることがわかります。だまし取った金を1人占めするため、権田原・細川を殺害した犯人は岩永でした。岩永は開発した腕時計型の端末に細工を施し、電流を流し、ショック状態を起こせるようにしていたのです。

死因を突き止めたミコトと夕子は、狙われたもう1人の仲間である橘の命を救うことに成功しました。

宍戸に再び接触した六郎は、中堂系(井浦新)脅迫状を送りつけていた犯人が宍戸であることを知るのでした。

更に詳しいドラマ『アンナチュラル』第7話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『アンナチュラル』第7話の視聴率

ドラマ『アンナチュラル』第6話の視聴率は10.1%という結果になりました。第6話が人気の高いオリンピック種目の放送と被ったことを考慮すると、なかなかの健闘と言えるでしょう。

ドラマ『アンナチュラル』第7話の視聴率は、再び上昇し11%前後と予想します。実際のドラマ『アンナチュラル』第7話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『アンナチュラル』第7話の視聴率は9.3%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
12.7% 13.1% 10.6% 11.4%
第5話 第6話 第7話 第8話
9.0% 10.1% 9.3%
第9話

それでは、ドラマ『アンナチュラル』第7話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『アンナチュラル』第7話のあらすじ(ネタバレ)前編

遠隔死亡診断

UDIラボ。遠隔死亡診断のガイドラインが皆に配られた。離島など僻地で亡くなった人間の遺体の映像を送ってもらい、それを元に死亡診断を出すというものだと所長の神倉保夫(松重豊)が説明する。

そんななか、記録員・久部六郎(窪田正孝)は先日バーにて、フリー記者・宍戸理一(北村有起哉)から聞いた話を思い出していた。『8年前、糀谷ユキコが殺された』宍戸は、ユキコの遺族は犯人が法医解剖医・中堂系(井浦新)だと信じ、今でも命日に脅迫状を送っていると六郎に明かした。

法医解剖医・三澄ミコト(石原さとみ)のもとに、予備校で働く弟の三澄秋彦(小笠原海)から紹介された白井からのメールが届いた。白井は法医学に興味があるという。ミコトがメールに添付されていたリンクをクリックすると、殺人実況生中継と題したライブ動画が始まった。

『これは・・・何?』ミコトからの電話を受け取った白井と思われる殺人者S(望月歩)は、『僕が殺したクラスメイトのYの死因は何でしょう?もし答えを間違ったら、もう1人殺します。これは僕とM先生の勝負です』とミコトに挑戦状を叩きつけた。殺人者Sは視聴者数が10万人に達するまでに、ミコトが死因を特定できなければ拘束しているXを殺すという。

『乗るな!ガキの遊びに付き合ってられるか?』とミコトを止める中堂。しかし、ミコトは言うことを聞かなかった。

ミコトがYの遺体を映すよう、殺人者Sに依頼した。『背中が破れてる・・・1、2、3箇所』ミコトはYが制服と上履きを着用していることに気づいた。殺人者Sは視聴者数が3万人増えるたびに、ミコトにヒントを出すという。『ヒント、Y君を殺したのはここじゃない。別の場所です』

秋彦からの情報により、白井が通うとある私立高校を訪ねたミコトたち。殺されたYが欠席している横山である可能性が高まる。

敷地内の血痕を追った結果、Yが殺害されたと思われる場所がわかった。それは備品倉庫で、マットには大量の血痕が残されていた。ロッカーからは毛髪も発見された。

視聴者数がさらに3万人増えた。『ヒントの時間です。背中を見せてあげる』死後硬直が始まっているYの衣服を切り、脱がし始める殺人者S。皮下出血が3箇所。致命傷は肝臓の動脈を傷つけたことによる失血死で、凶器がサバイバルナイフによるものだということがわかる。

『S君には私に言わせたいことがあるんだと思う。大勢の人の前で・・・』と呟くミコト。背中の傷をもう一度確かめたミコトは、皮下出血が動脈を貫通しないよう傷つけることで起こっていること、背中に数日以上前の痣があり、日常的に横山が暴力を受けていたことがわかる。
 


<スポンサーリンク>

 

さらなる手がかり

ミコトはUDIに電話し、待機していた中堂に応援を頼んだ。そのことを知った六郎は『ミコトさんって中堂さんのこと、どう思ってるんですか?中堂さんが、恋人殺したって話・・・』と切り出した。『殺してないよ?どこで聞いたの?』と驚くミコトに、六郎は親の働いている病院で聞いたと嘘をつく。

中堂は生存者の罪悪感に苦しんでいるとミコトは語り始める。『中堂さん言ってた。殺す奴は殺される覚悟するべきだって。それがどういうことかわかる?あの人は犯人を見つけ出して殺すつもり。私はそれを止めたい』とミコトは言った。

横山が小池たちにいじめられていたということがわかった。小池たちの溜まり場である備品倉庫で、横山が暴力を受けているところを見たという生徒、また、小池が見つかったナイフと同じようなものを持っていたと語る生徒が見つかる。

視聴者数が増え、白井からヒントが出た。『凶器はこれ』白井はナイフを差し出す。

教師は小池たちに命じられ、白井が自らが望まないモノマネなどを小池たちからさせられていたとミコトたちに語った。

DNA鑑定の結果が出た。マットから出た血液は横山のものであることがわかる。その頃、教師から事情を聞かれている小池は、『昨日のことは言いたくない』の一点張りだった。

ミコトから応援を頼まれた中堂が、臨床検査技師・坂本誠(飯尾和樹)が働く病院にあるものを借りに来た。中堂は科学捜査用ライト2台を借り、学校へ。

備品倉庫をライトで照らすと、マットの血痕の上に粉状のものが見つかる。また備品倉庫の壁に不審な傷が付いていることにミコトは気づく。そこに秋彦が駆けつけた。さっき、白井が中継内で朗読していた作品がわかったという秋彦。『ソア橋っていう短編で、凶器を隠すトリックが出てくるって』

しびれを切らした刑事が、小池に事情聴取をした結果、小池たちが近くの書店で万引きをし、捕まっていたことがわかる。横山の死亡推定時刻である昨日20時から22時の間に、小池たちは横山を殺すことは不可能だった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『アンナチュラル』第7話のあらすじ(ネタバレ)後編

たどり着いたYの死因

『お待たせ、わかったよ。Y君の死因が何か』ミコトが白井に電話した。『Y君は出血多量で亡くなった』横山は背中からナイフを刺され、死亡したと語るミコト。備品倉庫から出てきた粉が紙粘土だったことから、ナイフを3本紙粘土で固定し、その上に横山自らが倒れて、亡くなったのだとミコトはいう。実際に1本のナイフで3箇所の傷を作れば、必ず角度が微妙に変わってくるはずだというミコト。しかし、横山の背中に残された傷跡と、腹部に残された皮下出血の痕は、不自然なくらい垂直になっていた。

しかし、誰かから殺されたように見せかけるためには、凶器を隠す必要がある。そこで、横山はソア橋にあったように凶器に、備品倉庫の外から重りを結びつけ、死亡後凶器が重りごと外の排水溝に落ちるように細工していた。壁の傷はその際についたものだとミコトは推測していた。『Y君は復讐したい人物が持っていたナイフを使った』いじめていた小池に復讐したかった横山は、小池のナイフを使い、小池たちの溜まり場で自殺したのではないかとミコトは考えていた。

『Yの死因は何ですか?』改めてミコトに尋ねる白井。『死因は・・・刃物による自殺』とミコトが言うと、『違う・・・全然違う!!』と白井は声を荒げる。『ここまでは法医学の見解』ここからは自分の見解を話すというミコト。

『Yくんの身体にはたくさんの痣があった。法医学的には自殺。でも私は殺されたんだと思う。法律ではさばけない。いじめという名の殺人。あなたはそれを大勢の人に伝えたかった』というミコト。『そうだ。あいつらに、・・・僕に・・・』白井は語り始めた。
 


<スポンサーリンク>

 

中堂の協力要請

『ぶっちゃけ面白くないからやめない?』小池たちにおもちゃにされていた白井のことをかつて助けてくれた横山。『このトリック使ってさ、あいつら陥れたら面白くない?』と言いだした横山と一緒に、白井は今回の自殺で使った凶器を作った。横山は『冗談だよ、冗談!』と笑っていた。しかし、横山は本気だった。

『チャンスなんだ!あいつらに呼び出された。20時までに計画を実行すれば上手くいく!』予備校帰りの白井は横山から電話を受け取り、急いで学校へ向かう。その途中、白井は小池たちが万引きで捕まっている現場を目撃し、横山に電話するが留守番電話サービスになっていた。『横山、ダメだ!今死んだってあいつらを犯人にできない!』学校に駆けつけた白井は、すでに息絶えた横山を見つけ、凶器を側溝から回収したのだった。

その時、視聴者数が10万人に達した。『もう1人殺さないと・・・』白井が言うもう1人とは、自分のことだった。

『僕と横山は小池たちにいじめられていました。これは遺書です。僕は・・・僕を殺す』ナイフを首もとに当てる白井。『まだ終わってない!質問に答えて、あなたが死んで何になるの?』というミコト。今白井が死んだとしても、いじめた小池たちは転校し、新しい人生を生きて行くというミコト。『あなたの人生は・・・あなたのものだよ?』ライブ中継は終了した。

その頃、中堂、六郎、臨床検査技師・東海林夕子(市川実日子)が白井がライブ中継を行っていた場所を突き止めた。それは解体を待つ古アパートだった。中堂が窓を割り、中に乗り込むと、ナイフを持った白井が1人泣いていた。『僕だけが生きてていいのかな?』という白井。中堂は『死んだ奴は答えちゃくれない、この先も。許されるように生きろ』と言い、白井の手からナイフを受け取った。

UDI。ミコトが朝食のおにぎりを食べていると、中堂がユキコの遺体の口の中の写真を差し出した。『口内炎?なんか金魚みたいな・・・』というミコト。中堂は続けて、同じ特徴が見られる遺体の写真を数枚差し出す。ユキコの命を奪った犯人が、今もなお同じ手口で若い女性を殺害していると考えている中堂は、都内で出た20代〜30代の女性全ての遺体をチェックして回っていて、正直手が足りないとミコトに明かした。『協力しろ。散々協力させられた。少しは返せ』という中堂に、ミコトは『はい』と答える。その様子を六郎が見ていた。

その頃。解剖中の臨床検査技師・坂本は遺体の口の中に奇妙な赤い痕を見つけた。『何?これ、金魚みたい』という坂本に、解剖医らしい男性が『ただの自殺、片付けますよ』と急かすのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『アンナチュラル』第7話の感想

ドラマ『アンナチュラル』第7話が終了しました。ミコトが見事に遠隔死亡診断をやり遂げ、中堂がミコトに恋人を殺害した犯人探しへの協力を依頼した第7話でした。

いじめの果て、追い詰められ自ら命を絶った横山。法医学的には死因は自殺ですが、白井は自殺という死因を作った原因までを大勢の人に知らしめたかったのですね。解剖医であるミコトの、死因は自殺でも殺人同然だと思うという言葉が重いですね。

また、かつて横山が自分を救ってくれたにもかかわらず、自分が横山を救えなかったことに責任を感じている白井は、自ら命を絶つことで横山への謝罪と、小池たちへの復讐を遂げようとしていました。そんな白井を救ったのが、中堂の『許されるように生きろ』という言葉です。死ぬことよりも、横山が許してくれるよう生きることの方が数倍難しいことは明らかで、横山が自分の死を望んでいるわけではないことに白井も気づけたのでしょう。

中堂も、恋人を助けてあげられなかったことに対して許しを求めているのだと思います。過去の後悔を抱えた中堂ならではの重みのある言葉だったからこそ、同じ状況の白井の胸に響いたんですね。中堂の許しを乞いながら生きる人生は想像もできないほどに重く、そして厳しく辛いものなんでしょうね・・・

そして、ミコトが関わることをよく思っていなかった中堂が、第7話にてついに協力を依頼しましたね。口の中に金魚のような赤い痕が残る殺害方法とは一体何なのでしょうか?いよいよ佳境に入っていきそうな予感です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『アンナチュラル』第8話のあらすじ

とある雑居ビルで火災が発生し、火災の犠牲者の10体もの遺体がUDIに運び込まれる事態となります。多くの遺体が黒く焼き焦げ、死因の判別が困難を極めるなか、ミコトはそのなかの一体の遺体に頭部を殴られた可能性があることに気づくのでした。

またその遺体には腰部に皮下出血があり、拘束されていた可能性も浮上。殺人からの放火という一気に風向きが変わる展開となってきます。

そんななか、火災の唯一の生存者が六郎の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院に入院していることがわかります。生存者に話が聞きたいところですが、俊哉はなぜか自らUDIに赴き、六郎をクビにしてほしいと依頼します。

俊哉には、生存者から真相が明るみに出てはまずい何かがあるのでしょうか?

ドラマ『アンナチュラル』第8話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

土ドラ『オーファンブラック〜七つの遺伝子〜』の原作のネタバレあらすじ

ドラマ『アンナチュラル』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る