きみが心に棲みついた6話ネタバレあらすじ&感想 母が父を殺害,サイコパス星名の闇が深い

Pocket

吉岡里帆さん主演、ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

急接近する今日子(吉岡里帆)と吉崎(桐谷健太)の仲を引き裂くべく、大学時代の友人を総動員し今日子の黒過去を吉崎の耳に入れようと画策した星名(向井理)。

しかし、そんな星名の努力もむなしく、吉崎と両思いになった今日子は吉崎と付き合い始めました。今日子を失う瀬戸際に追い詰められた星名がどう動くのか?今日子はそんな星名から卒業し、吉崎との愛を貫くことができるのか?注目が集まります。

以下、ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

吉崎(桐谷健太)が本当にいい人だからこそ、自分が迷惑をかけてしまわないよう、適度な距離を保とうとする今日子(吉岡里帆)。そんな今日子の吉崎に対する真剣な思いを知った星名(向井理)は、吉崎の化けの皮をはがすため、吉崎に近づき始めました。

吉崎と星名が友人を交えBBQをするということを知った今日子が、吉崎のことを心配するあまりBBQに参加すると、そこにはトラウマとなっている大学時代の知り合いの姿が・・・星名は今日子の悪い噂を吉崎に聞かせることで、吉崎に今日子のことを嫌いにならせようと画策していました。

また、BBQに来ていたバーテンダー・牧村英二(山岸門人)に、今日子がサークル仲間の前でストリップをした際の映像を見せられた今日子。今日子は吉崎に自分の過去を知られ、嫌な気持ちにさせてしまう前に、吉崎の前から消えようと、1人帰ってしまいます。

今日子のことを追いかけてきた吉崎は、これ以上優しくされると吉崎のことを本当に好きになってしまうという今日子をハグ。『放っとけないんだ』と本心を明かし、吉崎は今日子にキスをしたのでした。

さらに詳しいドラマ『きみが心に棲みついた』第6話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話の視聴率

ドラマ『きみが心に棲みついた』第5話の視聴率は7.0%という結果になりました。平昌オリンピックの放送が始まり、ドラマを録画で観る視聴者が増えたと思われることから、多くのドラマが視聴率を落とす中、ドラマ『きみが心に棲みついた』第5話はオリンピック放送と被らなかったため、視聴率をキープしています。

ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話の視聴率は、オリンピック放送とかぶることから下降し、6%代と予想します。実際のドラマ『きみが心に棲みついた』第6話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話の視聴率は6.9%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.4% 8.5% 8.4% 7.0%
第5話 第6話 第7話 第8話
7.0% 6.9%
第9話

それでは、ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話のあらすじ(ネタバレ)前編

嵐の前の静けさ

デザイナー・八木泉(鈴木紗理奈)は部長・池脇久美子(杉本彩)に呼ばれ、今後新ブランドとして八木のデザインが呼ばれた際には、自分の下で働くことになるがその覚悟があるのかと問われる。『10年前のこと忘れたわけじゃないでしょ?米倉課長の奥さん、先月出産されたんだって』という池脇に、八木は『それが何か?部長やないんで、とっくに忘れてました』と言い、去っていく。

この間のBBQがきっかけで、付き合うことになった今日子(吉岡里帆)と吉崎幸次郎(桐谷健太)。今日子は堀田麻衣子(瀬戸朝香)にその旨を報告した。思わず、大声で祝福する堀田を、今日子は止めた。吉崎と付き合うことになったことを、星名漣(向井理)に絶対に知られてはいけないと今日子は焦っていた。(あの人に知られるとただじゃ済まない・・・)

『新ブランドは堀田でいこうと思うの』最終プレゼンを前にして、池脇が八木は堀田のサポート、今日子は飯田彩香(石橋杏奈)のサポートに回るよう、指示を出してきた。『あんな露骨に私情を挟んでくるやつおらんで・・・』八木は悔しそうな表情を見せる。星名が一旦この件は預からせて欲しいと申し出た。

『2人の間に何かあったんですか?』堀田に尋ねた今日子は、八木が入社してすぐ、上司だった米倉部長と社内恋愛関係になったということを聞く。しかし、部長はそれまで長い間池脇と交際していたため、逆恨みされた八木はメンズに飛ばされたと語る堀田。

仕事上がり、吉崎と食事に出かけた今日子。『あのこれ、もうすぎたんですけど・・・』今日子はバレンタインの贈り物を吉崎に送った。

その頃、バーテンダー・牧村英二(山岸門人)の店では漫画家・スズキ次郎(ムロツヨシ)、編集者・為末れいか(田中真琴)、吉崎の元恋人・成川映美(中村アン)が飲んでいた。『聞いてください!吉崎さん、新しい彼女できたんですよ』と為末が映美に切り出したことから、2人が付き合っていることを知った牧村は、星名に(吉崎とキョドコ、付き合ってる)とメールした。

吉崎から自宅に送ってもらった今日子。今日子がもっと吉崎と一緒にいたいという気持ちを抑えながら、別れようとすると、吉崎は今日子に優しくキスをした。『おやすみ』『おやすみなさい!』幸せいっぱいの今日子。
 


<スポンサーリンク>

 

八木の過去

翌日。デスクの荷物をまとめる八木に、堀田は『逃げるんだ?』と挑発。『これまで順風満帆にやってきたあんたに私の何がわかるのよ!』と八木が反論すると、堀田は『新しいデザイン書きなさいよ!』と八木を焚きつける。

直後、チームの会議にて、デザインを変えたいと堀田が切り出した。『八木は本気を出してくる。だから私も本気を出したいの』

今日子はなんとか八木に最終プレゼンまでやらせてほしいと星名に頼む。わかったという星名は『何かお前強気だな?吉崎さんと付き合ってるから?』と尋ねてくる。『ま、吉崎さんはお前がやったことまだ知らないからな?』どこまで長続きするか、楽しみにしてるよと星名は意地悪い笑みを浮かべながら去っていった。

『オガちゃん、さっき星名さんがさ』話しかけてきた堀田に、息を荒くし取り乱す今日子。そんな今日子を見て、察した堀田は『星名さんと同じ大学だったよね?何かあったの?困ってることあったら・・・』と切り出すが、今日子は話を最後まで聞かずに、会議があるからと去っていった。

会社から出てきた飯田に星名のことについて忠告しようと、呼び止めた市ノ瀬高文(西村元貴)。『あいつは前の会社でも・・・』しかし、飯田は急いでいると帰っていく。

再びやる気を出した八木は新しいデザイン画を書き始めた。今日子はそんな八木を必死にサポートする。そんななか、吉崎から今晩会えるか?というメールが届く。『いいじゃん、早めに切り上げて会えば?』という堀田に、最終プレゼンが終わるまでは八木と頑張りたいと今日子は言い、吉崎の誘いを断った。

その晩も、今日子は八木に付き合い、残業をする。『そんな無理して付き合わんでええで』という八木に、今日子はどうせ暇だからと嘘をつく。『聞いたんやろ?堀田から。ホンマアホやったわ』昔の自分にはそれがわからなかったと八木は自嘲気味に話し始めた。『あんたも恋愛するなら、相手をちゃんと選ばなあかんで』
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話のあらすじ(ネタバレ)後編

最終プレゼン

吉崎が帰宅すると、自宅前で映美が待っていた。『こうちゃんに読んでもらいたかったんだ。いつも最初に読んでくれたでしょ?』映美は書き上げたばかりの新作の原稿を差し出す。

残業を終えた今日子。(今から会いたいって言ったら、吉崎さん迷惑かな?)今日子は、吉崎に電話する。しかし、映美の原稿を読んでいる吉崎は気づかずに、電話に出なかった。

店に訪れた星名に、牧村は映美が吉崎の元カノであることを話す。映美のインスタをチェックし、何やら考えている表情の星名。

そして迎えた最終プレゼンの日。八木、堀田がそれぞれがデザインした下着をプレゼンする。やがてプレゼンが終わった。『どうしましょうか?池脇部長』と尋ねられた池脇は、『やっぱり堀田のデザインがいいわね。はっきり言って、八木のデザインは古臭いのよね』と言い出した。それに比べて、堀田のデザインは革新的だと池脇はべた褒め。

『採用されるのは、どっちのデザインですか?』と尋ねた堀田。池脇は、堀田がプレゼンした方の下着を指差した。『それは私がデザインしたものやけどな』と八木が名乗りをあげる。堀田と八木は、それぞれのデザインを交換し、プレゼンしていた。『失礼だとは思いますが、池脇部長が本当に私たちのデザインを見て判断しているのか、確かめたかったんです』という堀田。

星名が立ち上がり、人の上に立つ人間がそのような判断をしたことについて、非常に残念だと語る。『先ほど渡辺常務がこれまであなたが行ってきた不可解な人事について、話を聞きたいとおっしゃっていました』池脇は悔しそうな表情で、その場から出て行った。星名の提案で、新ブランドは堀田と八木、2人のデザイナーで進めることに決まったのだった。

八木の残業に付き合うために、今日子がデートを断っていたことを堀田から聞いた八木は、今日子をデートに送り出す。(今から会えますか?)吉崎にメールした直後、星名に会った今日子は、最終プレゼンにて星名が手を回してくれたことに感謝を述べる。『今からラーメン食べに行かない?』という星名。今日子が言葉に詰まっていると、『たまには付き合えよ』と今日子は強引に誘い出されてしまう。
 


<スポンサーリンク>

 

星名が書いたシナリオ

結局、星名とラーメンを食べにきた今日子。『大学の近くの古い定食屋覚えてる?』『ああ、雨降ったらみんな傘さして食べる?』大学時代の話が弾む。

『そういえばさ、成川映美って吉崎さんの元カノなんだってね?』映美が昨晩あげたインスタ投稿を今日子に見せる星名。それは吉崎の部屋で撮影した写真で、映美の背後に吉崎がいつも来ているモッズコートが写り込んでいた。(なんで・・・・?)

動揺した今日子は星名と別れた後、吉崎に電話。『昨日、夜遅くに電話しちゃってゴメンなさい』という今日子に、友人と話していたら遅くなり、折り返せなかったと謝罪する吉崎。映美とカフェにて打ち合わせ中らしい吉崎は、手短に今日子からの電話を切った。

会社の前で飯田を再度待ち伏せした市ノ瀬は、出てきた飯田を呼び止めた。『あの!星名とは関わらない方がいいです!あいつは・・・星名は、人の企画を盗んで陥れるような悪魔のような人間なんです!』前の会社で星名に企画を盗まれ、星名に掴みかかった市ノ瀬。しかし、会社の人間には、市ノ瀬が逆に星名の企画を盗んだかのように噂された挙句、市ノ瀬は笑い者になってしまう。市ノ瀬は心を病み、精神科に通うまでになり、休職した。『それに、あいつは人殺しの息子なんです!あいつの母親は、あいつの父親を殺したんです!!』と明かす市ノ瀬。『だから、何なんですか?!気持ち悪い・・・』飯田は市ノ瀬を押しのけ、去っていく。

直後、飯田を交え、繊維工場を営む飯田の叔父に新しい素材を使わせてほしいと申し出た星名。しかし叔父はまだ未完成だからと断った。『だったら、約束してよ!開発のめどがついたら真っ先に星名さんに連絡するって!私は星名さんの役に立ちたいの!』必死な飯田の様子を冷たい目で見つめる星名。

その帰り道、部屋の合鍵を返してほしいと星名に切り出された飯田。『それって別れたいってことですか?』と尋ねる飯田に、『僕達最初から付き合ってましたっけ?』と冷たく言い放つ星名。タクシーに乗り込もうとする星名に、すがる飯田。『すいません、僕愛のないセックスほど興奮しちゃうみたいです』と星名は言い、タクシーに乗り込み去っていく。『やだ・・・私絶対星名さんと別れないから!!』取り残された飯田は、大声で叫んだ。

牧村のバー。吉崎と今日子が付き合い始めたことで落ち込んでいる為末。『そうだ、いいものがあるんだ』牧村は為末にビデオを差し出した。『何ですか?』と尋ねる為末。

帰宅途中の今日子は、偶然通りかかったカフェにて、吉崎と映美が親しげな様子で話しているのを目撃してしまうのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話の感想

ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話が終了しました。吉崎と付き合うようになった今日子ですが、星名の策略と、それとは別の映美の思惑により、早速ギクシャクしてしまう2人の関係が描かれ、星名のさらなる黒過去が明らかになった第6話でした。

一度は吉崎と破局した映美ですが、映美は吉崎のことが好きみたいですね。以前、突然キスされていることから、吉崎もさすがに映美の思いは気づいていると思われます。そんななかでの、突然の自宅への訪問です。彼女である今日子の話もその場で出ていることですし、自宅に来るのは今後やめてほしいと映美に一言言って欲しかったですね。

おそらく人のいい吉崎ですから、今日子が直球で確認すれば、素直に事情を話し、今日子に謝ってくれるでしょう。今日子が吉崎に素直に言ってくれればいいのですが、自己評価が低い今日子ですから、言えそうになく心配です・・・

しかし、関わる人間を自分のいいように動かし、利用し、利用価値がなくなった暁にはポイ捨てするという星名の能力には恐怖を感じます。ある意味、サイコパスですよね・・・池脇も飯田も、いいように星名に利用され、用済みとなったため第6話にて捨てられてしまいました。

そんな星名には刑務所から出所間近の母親がいることが、第6話以前にも描かれましたが、第6話では母が犯した罪が殺人罪で、しかも殺害した相手が星名の父親であることが明らかになりました。想像以上に深い星名の闇が、まだまだ出てきそうな予感です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』第7話のあらすじ

吉崎と映美の関係にモヤモヤしている今日子。しかし、やはり今日子は吉崎に面と向かってなかなか聞くことができないようです。

そして、ストーカー化しそうな気配の飯田は、星名にすがりますが、全く相手にしない星名。思いつめた飯田が、予想外の行動に出ます。

そして、第6話にて、牧村からストリップ動画が入ったビデオを渡された為末ですが、為末を通じて、動画が吉崎の目に入ってしまうようです。ついに恐れていた日がやってきましたね。いくら今日子のことが好きだとはいえ、これはかなりショックでしょう。予告を見る限りでは、今日子に謝れと動画を見てもなお、今日子側に立ってくれる吉崎の姿があったように思えましたが、もしそうであれば吉崎、神・・・ですね。

動画のことまで明らかになってしまったのなら、この際今日子には吉崎に、星名のことを全て相談してもらいたいです。吉崎であれば必ず力になってくれそうです。本当にこの2人には幸せになってもらいたいです!

ドラマ『きみが心に棲みついた』第7話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

 

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る