anone(あのね)5話ネタバレあらすじ&感想 理市に金で狂った壮絶人生発覚!?もつれ始める5人の運命

Pocket

広瀬すずさん主演ドラマ『anone(あのね)』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

家族との決別を終えた青羽るい子(小林聡美)とるい子のことが好きだと告白した持本舵(阿部サダヲ)。そんな2人を憎めないハリカ(広瀬すず)が亜乃音(田中裕子)のもとへ2人を導き、4人の奇妙な共同生活が始まります。

第5話では、二重生活を送っている理市(瑛太)の企みについても、明らかになってきそうです。

以下、ドラマ『anone』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『anone』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『anone(あのね)』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

一生懸命行きているにもかかわらず、物心ついたころから願いの叶わない半生を歩んできた青羽るい子(小林聡美)。高校生の頃、望まない初体験の末に妊娠、流産してしまったるい子は、子供に『あおば』と名付け、一緒に生きて来ました。

やがて、結婚したるい子は息子・樹(武藤潤)を出産しますが、姑・百合恵(高林由紀子)の過保護のせいでるい子の子育てはうまくいかず、るい子と樹の間には深い溝ができてしまいました。そんな辛い状況を心のなかのあおばに打ち明け、励まされ、なんとかるい子は生きて来たのでした。

亜乃音(田中裕子)ハリカ(広瀬すず)のために用意した身代金1000万円を持ち逃げしたるい子でしたが、その背後には、離婚後、樹と暮らすためにお金が必要だったという理由がありました。本当の子供との関係がうまくいかないことから、亡くなった子供に依存してしまっている自分をるい子は責めますが、ハリカは生き死ににかかわらず、好きな人と一緒にいればいいと伝えました。

覚悟決めたるい子が自宅に戻ると、すでに記入済みの離婚届が用意されていました。るい子は最後の晩餐として、樹と一緒に夕食を作りますが、やがて出来上がった夕食をるい子と一緒に食べてくれたのは、あおばだけだったのでした。

亜乃音から奪った1000万円を盗まれてしまったるい子はお金が返せないことから、警察へ出頭しようとします。しかし、持本舵(阿部サダヲ)がるい子に好きだと告白。お金は一緒に働いて返そうと言い、亜乃音に謝罪したいという2人を連れ、ハリカは亜乃音の自宅へ向かいます。

一方、家庭のある中世古理市(瑛太)が、なぜか亜乃音の娘・玲(江口のりこ)と再婚の約束をしていることが明らかになったのでした。

更に詳しいドラマ『anone』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『anone』第5話の視聴率

ドラマ『anone』第4話の視聴率は6.4%という結果になりました。第3話の時点で視聴率5%代に陥落してしまったドラマ『海月姫』・『隣の家族は青く見える』(ドラマ『海月姫』は第4話にて7%代に浮上)に続き、ワースト3の視聴率となってしまいました。

ドラマ『anone』は物語の性質上、非常に繊細なストーリーで、登場人物の心境を理解することが容易ではないことからの視聴率低迷と推測されます。第5話以降も、心に響く人には猛烈に響くドラマという部類になっていきそうです。

ドラマ『anone』第5話の視聴率は引き続き6%代と予想します。実際のドラマ『anone』第5話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『anone』第5話の視聴率は5.9%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.2% 7.2% 6.6% 6.4%
第5話 第6話 第7話 第8話
5.9%
第9話

それでは、ドラマ『anone』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『anone』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

始まった共同生活

『泊まっていったら?』中世古理市(瑛太)を誘う亜乃音(田中裕子)の娘・青島玲(江口のりこ)。しかし、理市は帰ると部屋を出て行く。『傘これ使って。捨てていいから』玲は亜乃音から借りた傘を差し出す。

ハリカ(広瀬すず)は青羽るい子(小林聡美)と持本舵(阿部サダヲ)を連れ、亜乃音の自宅へ。『自首させてください!』と頼むるい子だったが、亜乃音は首を縦に振らない。

やがて、お昼の時間となり、持本が焼うどんを作った。4人でテーブルを囲み、黙々と焼うどんを食べるハリカたち。『自首なんかして、警察にどう説明するの?』亜乃音は弁護士事務所で働いているため、偽札のことが明るみにでてはまずいという。『僕も、持本さんも身一つのみですが、お金は必ず働いてお返しします!』と持本が約束した。

その日は法律事務所の所長・花房万平(火野正平)が魚料理をふるまってくれることになっていた。花房が訪ねてきたため、持本たちは亜乃音の立場上怪しまれてはまずいと、るい子が亜乃音の妹で、持本がその夫、ハリカが夫婦の娘ということにした。

しかし、亜乃音はハリカたちのことを全く知らない人たちであることを正直に花房に話していた。そんなこととは知らないハリカたちは花房の前でお芝居を始める。花房はハリカたちの芝居に付き合う覚悟を決めたようだ。

やがて、刺身が出来上がり、5人で食卓を囲む。花房の話は面白く、ハリカたちは芝居のことも忘れ、楽しいひとときを過ごした。花房が帰った後、持本とるい子、ハリカは亜乃音の自宅に泊まった。
 

【スポンサーリンク】

 

寄り添おうとするハリカ

ハリカはこのことを紙野彦星(清水尋也)にチャットで報告。彦星の病室の窓から見える映画の看板の話になった。その映画は、病気の主人公が最後に死んでしまう映画だった。『ポスターを貼った人も、まさかもうすぐ死ぬ人に見られているとは思わなかったでしょうね』という彦星に、ハリカは返す言葉が見つからない。

『彦星君はいつかきっと治ると思います』と彦星のことを励まそうとしたハリカに、『いつかっていつ?』と尋ねる彦星。彦星は毎晩眠るたびに、もし明日目が覚めなかったら・・・と思うと告白。『明日の話だって遠すぎる・・・いつかなんて、3億年先の話と同じ』と彦星は続けた。

自分の話は面白くないから、ハリカの話を聞くことだけが楽しみだという彦星。『君の冒険は僕の心の冒険です。いつかの話はもうなしにしてください』ハリカは『はい』と答えるしかなかった。

ハリカが持っているキャバクラのテッシュに気づいた亜乃音。『そこで働こうと思ってるの?』ハリカは『いくらくらいもらえるの?』と尋ね、亜乃音は時給2000円くらいかなと答えた。

その後、ハリカは奇妙な4人暮らしで起きたニュースを『本日の冒険』として彦星に伝え続けた。持本が300円で実写の蝉が一面にプリントアウトされた気持ち悪いパジャマを買ってきたこと。るい子のくしゃみがめちゃくちゃ可愛かったこと。亜乃音の知り合いの口癖、『ヤバすぎて、ヤバイ』がハリカと亜乃音の間でのブームとなっていること・・・

今日もそんな他愛ない報告をハリカがしていると、彦星は突然チャットからログアウトする。

その頃。理市は仕事部屋で両替機から弾かれない偽札作りに奮闘していた。やがて、両替機に偽札を差し入れると、両替機から両替された本物の札が出てきた。『やった〜〜〜!!』理市が大喜び。徹夜明けの理市は自宅に帰り、妻・結季(鈴木杏)に『やっと始まるんだ』と伝えた。

林田印刷所の印刷機を前にした持本は、仕事として印刷屋もありなのではないかと考えていた。そこに理市が、昔ここで働いていた職員だと現れた。るい子もやってきた。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『anone』第5話のあらすじ(ネタバレ)後編

亜乃音の教え

バイト帰りのハリカが彦星の病院前を訪れると、彦星の病室が空っぽになり、片付けられているのを目撃した。慌てたハリカは病院に駆け込む。『紙野くんね?前髪の長い子。呼吸不全で今集中治療室だって』看護師と入院患者が話しているのを聞く。

病院へは彦星の家族が来ていた。彦星の容体が急変し、駆けつけはしたものの彦星はICUに入っているため、会えることはない。1年前からレストランを予約していた家族は、ハリカの目の前で帰って行った。『あの子の分もおいしいもの食べましょう』という彦星の母親。

その頃、ハリカが帰ってこないことを亜乃音たちは心配していた。持本とるい子が夕食を作る中、亜乃音が探してくると車を出した。すると、ハリカから電話がかかってきた。『きょうそっち行けないかも。前の友達に会ってね、カラオケ行こうって誘われて』というハリカ。『一個だけいいかな?今ハリカちゃん、そっち行けないかもとか、明日行くからとか言ったけど、ここはもうハリカちゃんが行くところじゃないからね。帰るところだからね』亜乃音は今度から帰れないと言いなさいと言う。『今どこにいるの?』

ハリカの様子がおかしいことに気づいた亜乃音がハリカのもとへやってきた。ハリカは彦星の病院の前にいた。『本当は、私ここにいてもあんまり関係ないの。何もすることないっていうか・・・』というハリカに、亜乃音は誰がいるの?と尋ねる。ハリカは『私に似てる人』と答えた。

『大事な人なんでしょ?』という亜乃音。大事な人だったら、こんなところにいなくて、そばにいるというハリカは、彦星の家族が今レストランで食事をしていると明かした。『私と同じなんだよね。私も彦星君が苦しんでるときに笑ってた。熱出してたときに後飯食べてた・・・』息子が苦しんでいるときにレストランで食事をしている家族と自分は大して変わらないというハリカ。ハリカは『帰ろう』と去ろうとする。しかし、亜乃音がハリカの手を引っ張り、引き戻した。

『ここにいなさい。ここを離れちゃダメ。何もできなくてもいいの。その人を思うだけでいいの。その人を思いながら、ここにいなさい』と亜乃音は言い、少し離れたところへ。涙のハリカは彦星のことを思いながら、寒空の下、朝までそこに立っていた。

すると、朝方、彦星の病室に電気がつき、彦星が病室に戻ってくるところが見えた。『亜乃音さん!彦星君、目覚ましたよ!!』ハリカは亜乃音に抱きつき、号泣した。亜乃音ももらい泣きし、『あなたちょっと前髪長すぎじゃないの?』という。ハリカは笑った。
 

【スポンサーリンク】

 

『いつか』を信じる強さ

亜乃音とハリカが帰宅すると、持本とるい子がとんかつを作って待っていてくれた。その食卓で、ハリカは嬉々として他愛もない話をたくさんした。彦星が目を覚ましたことがよっぽど嬉しかったのか、ハリカのおしゃべりは止まらない。

その後、亜乃音はハリカの前髪を切ってあげた。その途中で、ハリカは寝てしまう。『私もこのくらいからこうでした』バタバタ、ただ生きることに必死だったとるい子が打ち明け、持本は思い残すこと自体が生きることなのかもしれないと言う。『生きなくてもいいじゃない、暮らせば。暮らしましょうよ』と亜乃音が言った。

布団に寝かされたハリカが目を覚まし、チャットにログインすると、彦星がいた。彦星は長い間寝ていたときに見た夢の話を始める。夜にしか空いていないパン屋に行ったという彦星。パン屋ではベレー帽をかぶったハリカが働いていた。彦星はハリカからポイントカードをもらい、明日もこのパン屋でパンを買おうと思ったという。『夢の中とはいえ、明日のことを考えたのはすごく、すごく久しぶりでした』

『ぼくもいつかって言葉を信じる日が来るのかもしれません。本当はすごく怖いけど、生きたいのかな?今はまだ会えないけど、会いたいのかな?ハリカちゃんに会いたいのかな?もうとっくに』という彦星。『会いたい』というハリカ。『いつか』と答える彦星。彦星と会って、流れ星をまた見たいとハリカが言うと、彦星は『いつか』と答えた。
 

【スポンサーリンク】

 

理市の企み

持本が印刷屋を始めたいと言い始め、亜乃音が理市に教えてもらえるか、電話をかけてくれた。理市は引き受ける。『もうそんなの見なくていいじゃん?』電話を切った理市に、妻・結季が話しかけてくる。理市の前には、ビジネスで成功した人の体験談が特集された雑誌が広げてあった。『騙されて何にもなくなったっていうけど、私が残ったじゃん?サツキも生まれたじゃん?私はお弁当屋さんの奥さんで十分』という結季。

亜乃音宅の今日の夕ご飯は鍋。ハリカが『初めて』と笑う。持本がおもむろにみかんを鍋に入れようとする。るい子は初めての鍋がみかん鍋はないと反対し、持本の計画は潰えた。

鍋の用意をしているうちに、理市が玲から借りた傘をさしてやってきた。『その傘って・・・私、同じ傘持ってて』という亜乃音。食卓へ理市が招かれ、話を始めた。1万円札を差し出す理市。理市は偽札が作られないように、本物の札にどれほどの技術が使われているのかを淡々と説明し始める。『もうやめましょう』今日はそんな話をしてもらうためにきてもらったわけではないと亜乃音は困った表情。ハリカたちもびっくりしている。『日本の紙幣は世界で一番偽造が難しいと言われています。僕とご主人は2人で偽札の製造に取り組んでいました』

理市は亜乃音の夫・林田京介(木場勝己)の死後、偽札作りに取り組んできたと言い、自販機に内蔵されている識別機を差し出した。『今日ここにお邪魔したのは、皆さんにこの偽札作りに協力してもらうためです』
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『anone』第5話の感想

ドラマ『anone』第5話が終了しました。彦星の容体が急変し、理市の企みが明らかになった第5話でした。

呼吸不全で生死の境をさまよった彦星。家族は駆けつけたものの、1年前から予約しているレストランに食事に行ってしまいました。その一方、ハリカは寒空の下、彦星のことを思い、病院の外に立ち続けていました。

結果的に回復した彦星でしたが、彦星の家族とハリカはともに彦星に何かしてあげられたわけではありません。そういう意味では、彦星の家族もハリカも同じといえるでしょう。しかし、大切なことは、何がしてあげられるか?ではなく、自分が相手のために何をしたいと思って、何をするのか?ということだと亜乃音が教えてくれました。

この言葉には、今までに亜乃音が歩んできた人生から学んだ教訓が詰まっています。亜乃音はこれまでにも玲やハリカたちにたくさんの愛情を投げかけてきましたが、その愛情は相手に何かしてあげようという気持ちからのものではありません。自分が投げかけた愛情が相手にとって何の意味もなさなくても、相手から拒否されても、ただただ自分が相手のためにしてあげたいという気持ちだけで亜乃音は動いてきたのだと思います。

正直、生きていて自分以外の誰かのために、自分が確実に何かができるという状況は少ないと思います。神様以外、どうしようもないことは多々ありますよね。そんな時、何ができるか?だけに焦点を当てて考えるのではなく、自分が相手のために何がしたいか?で考えられるとできることはたくさんあることに気付けそうです。

何もしてあげられないから・・・と考えることで、自分の無力さが悲しくなっていたハリカに、亜乃音のこの言葉が勇気をくれましたね。彦星のできる限り近くにいてあげたいという気持ちを貫いたハリカの翌朝の嬉しそうな顔が忘れられません。そんなハリカを遠くから気遣う大人たちとハリカの関係は、愛情で結ばれた家族のようでしたね。とても印象に残るシーンでした。

一方、理市の企みがやはり偽札作りで一旗あげようというものであったことも明らかになりました。理市には人並み外れたお金への執着心があるようです。第5話では、理市が過去に騙されて全てを失ったらしいことがわかる妻のセリフがありましたが、理市の過去にあったなんらかの悲壮な事件が理市のお金への執着を生み出した可能性が高そうです。お金が全てという考えを持たざるを得なかった理市の過去が気になりますね。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『anone』第6話のあらすじ

理市から偽札作りへの協力を求められた亜乃音たち。拒否する亜乃音の心情を察しつつも、持本とるい子はもし成功したら・・・という気持ちがよぎるのを抑えられません。

そんななか、持本がいち早く偽札作りに足を踏み入れる素振りを見せます。止めるるい子に珍しく声を荒げる持本。るい子は持本が偽札を作れないよう、偽札作り用の紙をハリカに捨てにいかせますが・・・

一方、理市が再婚話をチラつかせ、娘・玲に近づいていることを知った亜乃音。玲のことを傷つけるようなことはしないでほしいと言う亜乃音に、理市はお金によって狂わされた自らの人生を語り始めるのでした。

ドラマ『anone』第6話を楽しみに待ちたいと思います。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『anone』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る