ファイナルカット5話ネタバレあらすじ&感想 警察が真犯人隠蔽した可能性大!祥太の背後に何が?

Pocket

亀梨和也さん主演ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

12年前、母・恭子(裕木奈江)を犯人と断定したのが、その筋からの情報を得た百々瀬塁(藤木直人)だったことが明らかになりました。

百々瀬の言う『その筋』とは、高田清一郎(佐々木蔵之介)のことなのか?誤った情報をマスコミに流した意図も気になります。

以下、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

中村慶介(亀梨和也)が運営するメディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトに、とある子役女児が階段から転落した事件にて、その犯人を現場に居合わせた子役男児であると断定し、強引な取材を強行するカメラマン・皆川義和(やついいちろう)への相談が寄せられました。

怯える男児を執拗に追い詰め、怪我をさせた挙句、子役女児を押したのは自分だという証言を無理やり取った皆川。慶介が仕掛けた小型カメラに一部始終が記録されていました。

皆川を呼び出した慶介は、ファイナルカットを突きつけます。なぜ、12年前、警察が発表するよりも前に、ザ・プレミアワイドが母・恭子(裕木奈江)を犯人と断定し、報道したのか?と慶介が詰め寄ると、皆川は百々瀬塁(藤木直人)が『ある筋』の情報をもとに恭子を犯人と断定し報じるという方針を決めたことを明かしました。

一方、真犯人として小河原祥太の行方を追う慶介は、別人を装って祥太の妹である雪子(栗山千明)若葉(橋本環奈)に近づいています。母・小河原夏美(長野里美)が祥太と電話で話していた様子を目撃した雪子は、兄が生きているのではないかと推測し、慶介に自分の推測を話して聞かせます。その時、若葉が偶然通りかかり、慶介と雪子、若葉は鉢合わせてしまうのでした。

更に詳しいドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話の視聴率

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第4話の視聴率は6.5%となりました。現在概ね第3話〜第4話の放送が終了している今期の連続ドラマですが、視聴率5%代へ陥落するドラマもポツポツ現れ始める中、ドラマ『ファイナルカット』は持ちこたえている方だと言えるでしょう。しかし、本音を言うと、やはりもう少し視聴率的に欲しいところだと思われます。

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話の視聴率は引き続き6%代と予想します。実際のドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話の視聴率は6.7%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.2% 6.5% 6.5% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
6.7%
第9話

それでは、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

ターゲット、百々瀬

小河原雪子(栗山千明)とその妹・若葉(橋本環奈)と鉢合わせてしまった中村慶介(亀梨和也)。『私が呼び出したの』若葉の携帯をみて、自分がマモルを呼び出したという雪子。雪子は自分が慶介と吉澤として会っていることは黙っていた。『どこ行きたい?』疑惑を解いた若葉は笑顔で慶介の腕を組み、雪子は去っていく。

雪子にバレたことを幼なじみ・野田大地(髙木雄也)に明かした慶介。慶介は知りたいことはだいたいわかったため、姉妹とはこれ以上接触はしないからもういいと言う。

慶介と大地は百々瀬塁(藤木直人)を5日間張り込み、百々瀬の行動パターンを掴んでいた。妻とシンガポールに留学中の息子がいる百々瀬。午前中は美容室か教授を務める大学の業務、午後はテレビ局、夕食後ジムに寄って帰宅というのが百々瀬の行動パターンだった。

『言わされてるんだと思ってた。あの男はただの司会者で上の人間に言わされているんだと・・・』12年前、百々瀬の言葉が百々瀬の真意から発せられたものだとは思いもしなかったという慶介。『仕留めてやるよ。なあ?Mr.メディア』慶介は憎々しげにつぶやく。

ディレクター・小池悠人(林遣都)が企画したとある信用金庫の勤務実態を扱ったブラック企業特集の第2弾が突如中止となった。理由を尋ねる小池に、ただ上の判断だと説明するプロデューサー・井出正弥(杉本哲太)。その頃、別の場所で百々瀬が誰かと電話をしている。『ご希望通り、第2弾差しどめました。一つ貸しですよ?』どうやら、この件には百々瀬が1枚噛んでいるらしい。
 


<スポンサーリンク>

 

百々瀬の黒い繋がり

同時期、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトにも、信用金庫職員から相談があった。取材を受けたにもかかわらず、第2弾が急遽オンエアー中止になったことが解せないという内容だった。慶介はこの件をぶつけて、百々瀬の弱点をあぶりだすことに決めた。

井出と接触した慶介は、この件のオンエアー続行を命じる。断れば、井出のファイナルカットが流出することになると脅す慶介。

とあるパーティーに夫婦で参加した井出。係員に扮した大地が、井出の胸元のコサージュに隠しカメラを仕込む。パーティーに参加していた百々瀬に井出は話があると切り出した。『場所を変えよう』という百々瀬。

別室に移った井出は、例の信用金庫第2弾のオンエア続行を百々瀬に求めた。『横槍が入った』と明かす百々瀬。『どこから?』百々瀬は懇意にしている警察幹部から放送差しどめの依頼が入ったという。その信用金庫は警察幹部の天下り先として有名だった。

その頃。雪子は吉澤優と慶介が語った名前の職員が働いている小学校を、ひとつひとつ電話し探していた。しかし、そういう名前の職員が働いている学校は見つからなかった。

雪子は吉澤という人物と、若葉が交際しているマモルという人物が同じ人物であることを明かした。『これ見て』雪子は吉澤がどこの小学校にも働いていなかったということを調べたメモを差し出した。『お姉ちゃん、キモいよ?』若葉は雪子が、自分とマモルの仲を反対していると勘違いしているらしい。

とある料亭から出てきた百々瀬を表に止めた車の中で押さえた大地。その直後、同じ料亭から新宿中央署の副署長・高田清一郎(佐々木蔵之介)と警視庁刑事部部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)が出てくる。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話のあらすじ(ネタバレ)後編

百々瀬のファイナルカット

メディア被害を訴えるサイトに信用金庫職員からメールが来た。(今日上司に懲戒解雇を言い渡されました。僕はどうしたらいいでしょうか?)

社会保険労務士の山田として、ザ・プレミアワイドの井出の元を訪れた慶介。慶介は取材の続行を訴え、差し出した名刺の裏に書かれているファイナルカットのアドレスを意味深に提示する。『よく話し合ってみてください。上と・・・』

早速井出は百々瀬の元へ。『脅されています。ちゃんとオンエアしろと。でないと、動画を流すと。早川です。12年前、無認可保育園女児殺人事件の女園長、その息子、早川慶介です』井出はスキャンダラスな動画を慶介に撮影され、脅されている旨を明かした。すると、突然百々瀬は笑い出した。『面白いじゃないか?!その息子さんにこう伝えてやれ。殺人犯の息子、メディアを逆恨み。君の特集ならいくらでも組むよ』

行きつけのジムで運動する百々瀬の前に慶介が現れた。『君かぁ、早川慶介くん』笑顔の百々瀬。慶介はファイナルカットのアドレスを差し出した。『3、2、1・・・』慶介がカウントダウンを始め、ジムのモニターに映像が映し出される。

そこには、百々瀬にクビにされたという女性アナウンサーの証言が映っていた。パワハラとして訴えることもできるという慶介に、百々瀬は彼女には虚言癖があったと誤魔化す。『じゃあこれは?』慶介はこのあいだのパーティー終了後、妻として連れていた女性に百々瀬が金を渡し、『また頼む』と言っている映像が流れる。『おかしいね?奥さん、金で雇ってるって。みんな知らないんだよね?奥さん偽物だってこと』と慶介は迫る。『ノーコメントだ』という百々瀬に、慶介はその点を決定的に調べてやるという。

映像は続き、パーティーにて警察幹部からこれ以上の追求をやめるよう言われたと百々瀬が井出に語っているシーンとなる。『相手はわかったよ』という慶介は、高田の背後にいる警視庁刑事部部長・芳賀が黒幕だとわかったと明かす。『12年前もそうだったのか?』

そして、最後の映像は百々瀬が井出に『面白いじゃないか?!その息子さんにこう伝えてやれ。殺人犯の息子、メディアを逆恨み。君の特集ならいくらでも組むよ』というシーン。あの頃、低迷していた番組視聴率に、恭子(裕木奈江)が貢献してくれたと語る百々瀬。

『透明な檻・・・俺たちは突然入れられた。直接手はくだされない、でも粉々にされて・・・』今まで積み上げてきたものすべてを粉々にされ、母は死んだと語る慶介。『・・・わかった』例の信用金庫職員が再就職できるよう、手を回すという百々瀬。『で、うちの母親は?』あれは確実な証拠があったという百々瀬。

警視庁刑事部部長・芳賀から、恭子のハンカチから女児のDNAが検出され、犯人だと断定したと語る百々瀬。『私は真実を報じたんだよ』という百々瀬に、慶介は『違う!!報じたら事実になるんだよ!!』と声を荒げる。

慶介は現場近くで目撃されていた不審な男を真犯人として必ず捕まえると宣言。その暁には番組内で百々瀬に謝罪しろと要求した。『それまでお前には檻に入ってもらう。透明な檻に。精神的無期懲役・・・これがあなたのファイナルカットです』
 


<スポンサーリンク>

 

百々瀬のファイナルカット

信用金庫を解雇された職員から、不動産会社に再就職できたというメールが来た。『約束守ったんだ、あいつ』という大地。

そして、その日のザ・プレミアワイドでは、百々瀬が突然『私には幾つかの秘密があります』と語り始めた。百々瀬が偽の妻を連れ、パーティーへ参加した映像が流れる。『私は公の場へ出るときは、妻の代役を雇っていました』告白する百々瀬。続けて、『懇意にしている警察幹部からこれ以上の追求をやめてくれと頼まれた』と百々瀬が井出に語る場面が流れる。騒然とする撮影現場・・・

『実はこれ、アメリカやヨーロッパでも連日騒がれている・・・フェイクニュース!』百々瀬は慶介が切り札としたファイナルカットをフェイクニュースとすることで、今後ファイナルカットが公にされた場合の保険をかけたのだった。

その様子を見ていた大地と慶介。『もう脅しは通用しないってこと?』大地は不安な表情。

その後、百々瀬は花束を携え、病院の一室へ向かったのだった。

『いつかここぞとばかりにつけ込んでくるかもしれません』マスコミとの間で、貸し借りはできるだけ控えたほうがいいと警視庁刑事部部長・芳賀に忠告する高田。芳賀は『そのために君がいるんだ。手綱を握ってくれよ』と高田に告げた。

(兄が帰ってきたの)雪子から今あるレストランで家族で食事をしているとメールをもらった慶介が、店の前に現れ、店内を伺っている。『ほら、わかったでしょう?』その様子を雪子と若葉が離れたところで見ている。『あの人の目的は・・・お兄ちゃんよ』と若葉に告げる雪子。ショックを隠せない若葉だった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話の感想

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第5話が終了しました。警察とマスコミの黒い癒着が明示され、祥太を探るために姉妹に近づいていた慶介の正体がバレてしまった第5話となりました。

第5話で登場したのが、とある信用金庫の過酷な勤務体制。ブラック企業の告発企画として、第2弾を計画していたザ・プレミアワイドに警察幹部から放送を取りやめるよう、圧力がかかります。

百々瀬に圧力をかけていたのは、警視庁刑事部部長の芳賀。某信用金庫には警察職員の天下り先としてのつながりがあったため、芳賀が圧力をかけたという構図のようです。

高田と芳賀の話ぶりからしても、警察とザ・プレミアワイドとの間に貸し借りがあったのは今回だけではなく、しかもその関係は長期にわたって続いているようです。第5話のこの描写にて、12年前の無認可保育園女児殺人事件においても、警察とマスコミの貸し借りがあったことは間違いなさそうです。

不審な男として目撃された祥太の情報が報じられなかったのは、おそらく警察がストップをかけていたからと推測できますが、一弁護士の息子である祥太が警察に圧力をかけられるほどの何かを持っていたのでしょうか?弁護士である祥太の父が、警察側にとって不利になる情報を持っていたという可能性もありますね。

高田は悪というよりも、上司の力に逆らえなかった目撃者という立場でしょうか?最終的に慶介に真相を告白してくれるのは、高田になるのかもしれません。

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第6話のあらすじ

井出・真崎・小池。皆川、そして司会者の百々瀬にファイナルカットを突きつけてきた慶介。ザ・プレミアワイドの編集部各所に仕掛けられた隠しカメラが見つかり、百々瀬はメンバーに招集をかけ、同じ男に皆が脅迫されていたという事実が明るみに出ることになります。

かつて事件の犯人と断定され、自殺した園長の息子が復讐を掲げ、番組に近づいてくるという現在の状況は、百々瀬にとってはまたとないネタ。今度は百々瀬たちが慶介のことを追う展開になってくるようです。

そんななか、美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)が殺害される事件が発生。事件当日に被害者と激しい口論をしていたところを目撃された恋人の矢口(中村倫也)に嫌疑がかかり、ザ・プレミアワイドは矢口を犯人扱いし、追い立てます。

矢口はメデイア被害の相談サイトに相談。無実を主張する矢口に、かつての母を重ねた慶介は全面的に矢口に協力することを決意するのですが、その直後、突然矢口が蒸発してしまいます。慶介は警察として、美人料理研究家殺人事件の捜査に加わることはできないかと考えますが、そんな慶介の前に高田が立ちはだかるようです。

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第6話を楽しみに待ちたいと思います。

この記事をいち早くシェアしてみませんか?シェア、『いいね!』は左下SNSボタンから簡単にできます♪
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る