99.9シーズン2 4話ネタバレあらすじ&感想 佐田の見栄が真相解明の鍵に!全て深山の思惑通りか

Pocket

松本潤さん主演ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

『ええ判決せえよ』が口癖の東京地方裁判所の川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)。川上の指す『ええ判決』が『正しい判決』ではない可能性が出てくるとともに、腹黒い本性が見え隠れしてきましたね。

そんななか第4話は舞台を民事裁判に移し、『勝つか負けるかが全てで、事実はどうでもいい』という相手方弁護士と深山(松本潤)との戦いが描かれます。

以下、ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています(要所、ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン1』のネタバレあらすじも含みます)ネタバレしますので、ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)が、ジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺害容疑、および目撃者・石川(安達祐実)の殺害未遂容疑で逮捕されました。茅ヶ崎が安田から賭博行為のネタで脅迫を受けていた事実が動機とされ、事件当日、安田の事務所から出てきた茅ヶ崎のことを目撃したという石川の証言、石川が襲われた際に使用された凶器の写真立てに茅ヶ崎の指紋がついていたことが決め手となっていました。

石川が茅ヶ崎のことを目撃したと語った当日は土砂降りで、そんななか傘をさしていた茅ヶ崎の顔を石川が正しく判別できたのか?という点が弁護士・深山大翔(松本潤)に引っかかります。深山は石川の周囲への聞き込みの結果、石川の視力が極端に弱いのではないか?という疑惑を抱きました。実際に、深山の行った検証にて、石川は看板を読み間違えます。

また、真犯人がいるとしたら、茅ヶ崎同様、安田が掴んだネタを元に脅迫していた第3者ではないか?と推測した深山。調査の結果、安田が石川の婚約者・村野正義(永岡卓也)をインサイダー取引の件で脅迫していたことが明らかになります。

これ以上、嘘をつき続けることが不可能と判断した石川は、婚約者・村野に依頼され、嘘の供述をしていたことを法廷にて自白。石川が殴られた写真立てに付着していた指紋は、あらかじめ村野が写真立てのガラス部分のみを別の写真立てに移し替え、茅ヶ崎にサインをもらっていたことから付着したことも明らかになりました。

今回の裁判で、証拠不十分と判断した担当裁判官・山内(松尾諭)は、深山の検証結果を待つため裁判を延期。結果、正しい判決が行われたのですが、慎重派の山内は判決待ちの裁判が溜まっていました。川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)は山内を左遷させるよう、山内の上司に指示したのでした。

更に詳しいドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話までのネタバレあらすじはこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話の視聴率

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第3話の視聴率は16.2%という結果になりました。これで、『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第3話までの平均視聴率は16.42%となり、第2位のドラマ『BG-身辺警護人-』の14.84%を超え、今期第1位となっています。

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話の視聴率は、引き続き16%代と予想します。実際のドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話の視聴率は16.8%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
15.1% 18.0% 16.2% 16.8%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話

それでは、ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

死者は無罪か

タナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎にスパナが振り下ろされ、幸次郎は死亡。直後、下請け会社の工場社長・岩村直樹(ユリオカ超特Q)はビルから飛び降り自殺した。

班目法律事務所に自殺した岩村の妻・岩村梢(有森也実)が訪れた。『主人は絶対に殺人なんかしていません!』梢は岩村から届いた遺書とされているメールを差し出す。梢はこのメールを送ったのが、岩村ではないと推測していた。面倒臭がりの岩村の普段送るメールは、句読点はおろか、漢字変換さえもされていないもので、死の直前に送られてきたような立派なメールとは似ても似つかない。

梢は幸次郎を殺害したという件で、タナハシ機械製作所の社長で幸次郎の兄・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされている。弁護士・佐田篤弘(香川照之)は相続放棄をしたほうがよいとアドバイス。被疑者死亡のため不起訴処分となっていることから、佐田は梢の依頼を断った。しかし、弁護士・深山大翔(松本潤)は勝手に調査を始めてしまう。

岩村の会社、岩村モーターは棚橋機械製作所の下請け会社。幸次郎から契約の打ち切りを告げられた岩村は、逆上。スパナで幸次郎を殴打し、そのまま飛び降り自殺をしたということだった。契約打ち切りのような大事な話を、現場となった会社の前の駐車場でするだろうか?岩村がなぜスパナを携帯していたのか?深山は不審に思っているらしい。

岩村の周辺の聞き込みを始めた深山とパラリーガル・明石達也(片桐仁)、弁護士・尾崎舞子(木村文乃)。皆、岩村が契約打ち切りに対して悩んでいたと口をそろえる。深山は契約打ち切りを告げられた岩村が逆上し、殺害に及んだとされているにもかかわらず、なぜ岩村が事前に契約打ち切りの話を知っていたのだろうかと疑問を抱く。

続けて、深山は岩村が飛び降り自殺をした現場にて検証を始める。深山は置かれているセメントの袋が破れ、粉が漏れ出していることに気づいた。
 

【スポンサーリンク】

 

明らかになる真相

梢の自宅を訪れた深山は凶器となったスパナを見せてもらった。深山はテーブルの上に料理本が置かれていることに気づく。梢によると、岩村は料理にハマっており、プロレスラーによる料理番組・モンスタークッキングのファンだったという。深山が岩村のノートをめくると、そこには前回放送されたジャーマンポテトの作り方がメモされていたのだった。

深山が事務所に戻ると、明石と舞子が岩村が自殺したビルの防犯カメラの映像を手に入れてきていた。深山は岩村の自宅にモンスタークッキングのレシピの書き写しがあったことから、犯行時刻に岩村のアリバイがあることがわかったと報告。

佐田は、岩村がエンジンに関する価値ある特許を取得していたことを知り、急遽梢の依頼を引き受けることにした。『そもそもこの人は、相続の放棄が目的だったんじゃないか!?』調べた結果、政一郎の弁護士・森本貴(近藤芳正)がバックにいたと佐田は明かす。佐田は特許を巡ってなんらかの争いがあったと推測していて、自らが調査に乗り出す。

佐田は深山たちを引き連れ、棚橋機械製作所の下請け会社、アダチ工業へ。棚橋兄弟と岩村の間に争いがあったかどうかを尋ねる。足立靖男(塚地武雅)は棚橋機械製作所の売り上げがここ最近落ちており、そんななか幸次郎と岩村が新会社を立ち上げようと話をしていたことを明かす。このことを伏せ、岩村が契約打ち切りで悩んでいたと話して欲しいと事前に圧力をかけていたのは、幸次郎の兄・政一郎だった。

舞子は裁判官時代のつてを使い検察を訪れ、これだけの状況証拠があるのだから捜査をやり直して欲しいと依頼。しかし、弁護士となった舞子は門前払いを食らう。

所長・班目春彦(岸部一徳)と話し合った結果、民事裁判で争い、その結果を持って刑事裁判のやり直しを訴えていくことに決まった。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話のあらすじ(ネタバレ)後編

佐田VS森本

棚橋機械製作所にて、佐田は政一郎と弁護士・森本と対峙。『そちらの賠償請求を拒否させていただきます』と告げた。これで、損害賠償請求を起こしてくると佐田は睨んでいた。

佐田が事務所に帰ると、深山がこの間凶器のスパナを佐田には無断で鑑定に出した結果を差し出してきた。

こうして、裁判が始まった。佐田と舞子が法廷に、深山と明石は事件の真相探しをしていた。

佐田はスパナの鑑定結果を証拠として提出。スパナからは、指紋以外にもある成分が検出されていた。それらは岩村が自殺した現場のセメントの成分だった。このことから、佐田は犯人が岩村の死後、岩村の指紋を現場にて付けた後、その後幸次郎の遺体のそばに置いたと主張した。しかし、森本はセメントの成分はその後の管理不足でついた可能性があると主張した。

やがて、法廷に証人として足立が呼ばれた。しかし、足立はこの間佐田に話した事実を離さず、岩村が契約打ち切りで悩んでいたとだけ話した。

裁判の終了後、『うちの証人に手を回したな?!』と森本に噛み付く佐田。森本は『そちらと一緒にしないでいただきたい』と佐田の胸を突き飛ばした。

1回目の裁判が不利に終わったことから、佐田と深山たちは事件当日、岩村の自宅から自殺現場までの間に目撃者がいないかを徹底的に聞き込みすることに。事務所総出で、聞き込みを始める。

『まさかこんなところで目撃者探しですか?』岩村は自宅からではなく、幸次郎の殺害現場から自殺現場に向かったのだと馬鹿にする。佐田は自宅から自殺現場の間で、岩村を見たという目撃証人が見つかったと嘘をついた。

一方、森本たちはあちら側に目撃者が見つかったことで焦っていた。ならば、こちら側も目撃者を見つければいいのだという森本。『本当に見たかどうかは必要ありません。ただ法廷で証言してさえしてくれればいいんです。事実はどうでもいい。大事なのは法廷という場で勝つか、負けるかです』森本は政一郎に目撃者を見つけてくるよう、指示を出す。
 

【スポンサーリンク】

 

真相判明

2回目の裁判当日。法廷には佐田に加え、深山の姿も。森本は再び目撃者として足立を証人として出してきた。『あなたが岩村さんを見た場所を教えてください』足立はかなり動揺した様子の岩村が、幸次郎の殺害現場である工場から自殺現場への間で見たと証言した。

『岩村さんの服装も覚えてますよね?』という深山に、足立は『アイボリーのセーターを着ていました』と答える。深山は自殺現場にあった防犯カメラの映像を再生する。しかし、岩村はコートを着用しており、中にアイボリーのセーターを着ているかは判別不可能。岩村はコートを着用した状態で自殺現場へ。自殺した岩村はセーター姿で、コートは行方不明となっていた。おそらくコートに不利なものが付着したことが原因だろうと深山は語る。

『・・・真犯人は、あなただ!』深山は足立を指差す。『違う!!嘘をつくように頼まれたんだ!!』形勢が苦しくなった足立が真実を話した。裁判長が『誰に頼まれたんですか?』と尋ねると、政一郎はトイレに行くと席を立った。逃走しようとした政一郎は、廊下で明石らに取り押さえられたのだった。

『運が良かったですね?』と佐田に話しかける森本。佐田は運ではなく、実力だと返す。こちらの目撃者に対抗するため、真犯人と思われた政一郎が捏造してくるであろう目撃者は、自分にとって不利である岩村のコートの件を隠してくるだろうと予想していたという佐田。『これだからC級の弁護士は困りますね・・・』かつてB級と森本から証された佐田は、ドヤ顔で言い捨てた。

結局、真犯人は政一郎だった。幸次郎を岩村の工場に呼び出し、殺害。その後、岩村をビルの屋上へ呼び出し、突き落とす。岩村のコートを持ち去った理由は、幸次郎を殺害した際に出血した自分の血液が付着したためだった。

被疑者死亡ながらも、こうして闇に葬り去られようとしていた真相が明らかになり、舞子は感無量。『私はまだ小さいものしか見ていないのかもしれません』と呟いた。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話の感想

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第4話が終了しました。損害賠償請求の民事裁判で、岩村の無罪が証明され、真犯人まで明らかになるという、これまでとはまたちょっと違った展開が面白かった第4話でした。

第4話にて真相が判明する決め手となったのが、政一郎が用意した目撃者に喋らせた内容です。真犯人である政一郎は、岩村がコートを着ていたという事実が明るみに出れば、現場から自分が持ち去ったコートの件に話が及んでしまうため、その事実を伏せようとしていました。その結果、目撃者として仕立て上げた足立には、コートの件は黙っていたのですね。

政一郎が目撃者を用意するという状況は、佐田が、岩村宅から自殺現場の間で目撃者が見つかったと見えを切ったことで発生しました。これはただの偶然なのか?深山が佐田の性格を読み、佐田が見えを切り嘘をつくことも深山の想定内だったとしたら、凄すぎます。

第4話では登場しなかった川上裁判官ですが、第5話にて再び対決の気配です。さらに黒い本性が見えてきそうな予感です。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第5話のあらすじ

第5話にて、深山たちが真相を追求することになるのが、女子高生・工藤久美子(清原果耶)が被害者となっている強制わいせつ事件。加害者とされている17歳の山崎大輝(市川理矩)とその友人・大江徳弘(福山翔大)は警察から脅迫を受け、自白をしてしまっている状態です。

事件当時、焼肉屋にいたという山崎ですが、焼肉店の店員(アキラ100%)は山崎の顔を覚えていませんでした。しかし、諦めない深山は当時の山崎と同じ状況で、刑事ルームのメンバーたちと焼肉屋に向かうのでした。そんななか、深山は山崎のアリバイを見つけることに成功します。

今回裁判を担当するのは、第3話にて左遷された山内の上司・遠藤(甲本雅裕)。実は遠藤は検察側と結託しており、深山たち弁護側の主張を一切採用しようとしません。第3話でも描かれましたが、遠藤は川上裁判官の直接息がかかった部下のようです。遠藤の姿勢から、川上の本性が垣間見えてきそうですね。

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』第5話を楽しみに待ちたいと思います。

この記事をいち早くシェアしてみませんか?シェア、『いいね!』は左下SNSボタンから簡単にできます♪
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『家族の旅路』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン1』第1話〜最終回のネタバレあらすじ

 

ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ーシーズン2』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る