BG身辺警護人3話ネタバレあらすじ&感想 SP落合,愛子,島崎の3角関係!?ますます深まる対立

Pocket

木村拓哉さん主演、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

丸腰であるがゆえ、桁外れの察知能力を備えているボディーガード・島崎章(木村拓哉)。だからこそ気づける、事件解決の糸口や依頼人が抱えた問題などの描写が面白いですね。しかし、そんな島崎も家庭に帰れば思春期の息子に手を焼いている・・・というギャップも一興。高視聴率に納得のドラマです。

第3話では、どんなドラマを見せてくれるのか?楽しみです。

以下、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

世間的にも大きな注目を集めている重大事件の裁判を控えている裁判官・行永(田中哲司)宅で、自転車に放火されるという事件が起きました。放火が判決への圧力だと考えられることから、行永には警視庁SPが警護に当たることに。妻の亜佐美(大塚寧々)が心配な行永は、妻の警護を日ノ出警備保証株式会社の身辺警護課に依頼してきました。

亜佐美の警護についた島崎章(木村拓哉)菅沼まゆ(菜々緒)。島崎は亜佐美が夫に不満を抱いていること、1人になりたがっていることに気づきます。

島崎の推測通り、亜佐美は不動産会社の営業・三上勇作と親しげな様子。行永に業務報告をした島崎は、裁判官という立場上、妻の浮気調査を探偵に依頼できない行永が、浮気調査代わりに身辺警護課に警護を依頼したということがわかります。

しかし、事態は思わぬ方向へ・・・三上が行永が担当した事件の被害者家族であった事実が浮上。1年前、ストーカー事件の犯人に執行猶予を与えた行永。被害者女性は再度ストーキングされることを恐れるあまり、心を病み自殺。三上は彼女の夫で、犯人に執行猶予を与えた行永を恨み、復讐を遂げようとその妻・亜佐美に近づいていたのです。

持ち前の察知能力を生かし、BGの前から逃亡した亜佐美の居場所を突き止めた島崎。亜佐美は三上から紹介してもらったレンタルトランクルームに、これまでに夫へのストレス発散のため購入したたくさんのバッグや靴とともに隠れていました。三上が襲ってきますが、激しい格闘の末、島崎は亜佐美のことを護り抜き、三上は逮捕されるのでした。

帰宅した妻に、行永は裁判官という立場以前に男として亜佐美のことを心配していたことを明かし、謝罪。夫婦の絆は元どおりになります。

そんななか、任務を終えた島崎の前に、厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)が警護を依頼したいと現れたのでした。

更に詳しいドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話の視聴率

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第2話の視聴率は15.1%という結果になりました。すでに第3話までが放送されたドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の平均視聴率16.42%に続き、第2話までの平均視聴率15.40%で、今期放送中の連続ドラマ第2位の平均視聴率をとっています。

前期でも木曜21時枠のドラマ『ドクターX』と日曜21時枠のドラマ『陸王』が視聴率トップを巡って、競り合っていたかたちでしたが、今期でもテレ朝とTBSが視聴率という点では他ドラマを圧倒し、競い合う状態となりそうです。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話の視聴率は引き続き好調で、15%代と予想します。実際のドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話の視聴率は13.4%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
15.7% 15.1% 13.4%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話

それでは、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

任務は身代金輸送

高さ50メートルを超える橋に片腕一つで捕まっている島崎章(木村拓哉)。もう一つの腕にはバッグが抱えられている。人気タレント・かのん(三吉彩花)が島崎の腕を必死に掴んでいる。

その前の晩、緊急呼び出しを受け、島崎をはじめ身辺警護課のメンバーが事務所に集まった。そこには、現金輸送課から戻ったばかりの高梨雅也(斎藤工)の姿もあった。

今回の依頼者は芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。警護対象は現金1億円。島崎と高梨は事務所を訪れる。急に人気タレント・かのん(三吉彩花)が引退したいと言い出し、1億円を持ってきてくれれば戻るという約束になったため、指定された場所まで現金を持っていくのだという。明後日の朝、主演映画の制作発表があるため、明日中に何としてでもかのんを連れ戻す必要があるという坂東。

高梨が現金輸送の経験があることを明かし、鎖を現金につないだものを手錠で自らの腕につけ、現金を守ると約束した。

警護中にもかかわらず、黙って家を抜け出した厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)のオフィスを落合義明(江口洋介)が訪れた。自分に難癖をつけたいがために、抜け出したのではないかと迫る清田春孝(阿部進之介)。愛子は清田に席を外してくれと頼む。

落合と2人きりになった愛子は、SPと相性が合わないことは精神の消耗につながることから、民間のボディーガード・島崎に警護を依頼したと明かした。落合は民間に愛子の警護は務まらないと反対。しかし、愛子は今の自分に必要なのは、細やかな配慮のある温かい警護だと聞かなかった。

島崎、高梨を乗せた車が出発した。しかし、車の走り方から、行き先が定まっていないようだとの連絡が課長・村田五郎(上川隆也)に入る。坂東はかのんからの連絡があるまで、車を走らせてくれと不可解な指示を出す。

すると、突然高梨が島崎を車の外に。『この任務を下りましょう。社長は何か隠してます。信頼のない現金輸送は危険です』その時、坂東に電話がかかってきた。『警察には話してないでしょうね?』電話の相手は20分後にショッピングモールに来るよう、指示を出した。

『社長、間違っていたらすいません。かのんさんは誘拐・・・』坂東の携帯に拘束されているかのんの画像が送られてきたことで、事態が発覚。坂東はかのんが誘拐されたことを高梨と島崎に明かした。
 

【スポンサーリンク】

 

浮上した疑惑

警察に通報しようという高梨と課長の村田。しかし、坂東は警察に連絡すれば、かのんを殺すと脅されていることから大反対。島崎は30分時間をくださいと村田に話をつけた。

車中。高梨は警察に通報するべきだの一点張りだった。しかし、坂東はかのんが、これまでタレントとして成功するために、友人との交際、男女交際も犠牲にして頑張ってきたと語り始めた。命はもちろん、タレントとしてのイメージも守りたいという坂東。

そうこうしているうちに、ショッピングモールに着いた。『社長さん、嘘つきましたね?警察には言わないって言ったでしょう?』坂東は同乗している男性2人は事務所のマネージャーだと告げる。島崎が電話を変わった。『盗まれてしまっては元も子もないからですね、社長と一緒についていっていいでしょうか?』犯人は『いいですよ、マネージャーさん』と笑った。

坂東と島崎、高梨がショッピングモール内に入る。その後も電話で向かう先を携帯で指示してくる犯人。社長は数年前から心臓を病んでいるらしく、道中心臓を気にしていた。

途中ですれ違った男にぶつかり、からまれかけた高梨はとっさに相手の腕をねじりあげた。その様子を遠くから見ていた犯人から、やはり警察の人間だろうという電話が入る。『交渉は決裂です』『待ってください!』電話を変わった島崎が、自分たちが民間の警備会社の人間であることを明かす。『じゃあ証拠を見せてください』犯人は、島崎にこれからすぐに広場の方へ走れと指示した。

指示通り、走った島崎。しかし、それに続く警察関係者はいなかった。『上着を脱いでください』島崎は言われた通りに上着を脱いだが、島崎は一切の武器を携帯していなかった。犯人は満足し、1時間後に曙大橋と指定し、かのんに電話を変わった。『お願い、彼の言うことを聞いて。お金さえもらえれば、ちゃんと帰れるから!』

かのんがお金を『もらえる』と言ったこと、犯人のことを『彼』と言っていたことから、偽装誘拐の可能性があると踏んだ島崎。そこに村田から約束の時間がきたため、警察に連絡するとの電話が入った。犯罪の可能性がある場合、警察に通報しなければ、村田たちは免許剥奪の恐れがあるのだ。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

偽装から本物の誘拐へ

島崎は偽装誘拐の可能性があることを報告する。沢口正太郎(間宮祥太郎)も、かのんの裏アカウントの書き込みに、明日の制作発表には出ないとかのんが書き込んでいたことを発見した。

坂東には心当たりがあった。かのんの中学時代からの知り合いのチンピラ・野々村だ。坂東は、かのんが野々村からもらった指輪を大事にしていることからおかしいと思っていたと明かす。

野々村に関する調査報告が高梨の携帯に来た。野々村は営んでいた古着屋を倒産させ、借金に困っている状態らしい。SNSには、返済のめどがついたらしい書き込みがあった。

『ヤンキーの頃から手塩にかけて育ててきた!!こうなったら、騙されたふりして、かのんだけでも・・・』興奮状態の坂東を、島崎が諌める。

野々村とかのんも約束の場所に着いた。野々村と一緒に暮らすのが夢だと抱きつくかのんを抱きしめながら、野々村が冷たい表情を浮かべる。

野々村から金を持って、橋の上に来いと連絡が入った。体調が悪いため、ボディガードに行かせるという坂東。野々村が応じ、島崎が偽札を持って橋の上へ。BGである高梨が車に残って、坂東と現金を守ることになった。

野々村とかのんが犯行の打ち合わせをしていると、野々村の知り合いらしい男が車のドアを開けた。『お前、やめなくてもいいよ。もっと稼げるだろう?』察したかのんが自分を騙したのか?とすがると、野々村は『人前で裸をさらした女愛せるわけないだろう!?』と本性を現す。変な真似をすれば、これをばら撒くと、野々村はかのんがベッドの上で喫煙している画像を差し出した。

その頃、島崎は橋の中央部に到着した。『お約束のもの持ってきました!かのんさんを返してください!!高所恐怖症なので早くお願いします!!』すると、かのんが向こう側から歩いてきた。『そこに置いて下がって』金はかのんと交換条件だと言う島崎。

『全部わかってますよ。今戻れば、社長さんは許してくれますよ。さあこっちへ』かのんは『下がってって、言ってるでしょ!』とはめていた指輪を島崎に向かって投げつけた。『偽装が、本物になったみたいです・・・』報告する島崎。

『ここに置きますね』橋の手すりの上にバッグを置いた島崎。バッグが落ちそうになり、島崎が飛び込み、橋から落ちそうになる。かのんが島崎の腕を必死に掴んでいる。島崎がこっそり鎖で自分と橋を繋いでいた。

『やべえ、落ちたら金が!!』慌てた野々村とその仲間が金を取りに橋の上へ。島崎はバッグを目の前で下に落とし、橋の上に軽やかに上がる。すると、野々村たちは画像を差し出し、ばら撒くという。『追加任務できました。逃げてください』

かのんを先に逃がした島崎が野々村たちを蹴散らし、やがて駆けつけた警察に野々村たちは拘束される。
 

【スポンサーリンク】

 

深まる溝

結局、何があったのか警察にばれたくない坂東と高梨は逃走。途中で合流したかのんと島崎。島崎は脅迫のネタとなった画像が入ったスマホをかのんに手渡し、坂東の前にかのんを返した。

結局、警察に事情徴収された島崎たち。島崎たちは一切しゃべらなかった。坂東は偽装誘拐に巻き込まれたと供述。逮捕された野々村はかのんもグルだったと主張していたが、坂東たちの供述が信用され、かのんの罪は問われることはなかった。

警察から解放された高梨に、島崎が『聴きたいことあれば言えば?』と言う。高梨は脳裏に、島崎について調べ上げた情報のことを思い出すが、『言えば、あなたは身辺警護課をやめるでしょう。自分は一流を目指したいんで』と答え、それ以上何も言わなかった。

そこに落合が現れた。『どうしてそんなに敵視するんですか?同じ護る仕事じゃないですか?』という島崎。『警備業は警察の管轄ですので、お忘れなく』と落合は冷たく言い放ち、去っていく。

直後、愛子に電話をかけた落合は、警護担当SPは清田から自分に変更になったため、民間の警護は頼まなくて良いと電話した。『今後、日ノ出警備保証とは接触しないでください。警護を舐めてる人間は排除しないといけないので』

島崎の自宅。昨夜遅く帰ったきり、ソファーの上で朝まで眠っていたらしい島崎を『大人が朝までうたた寝すんなよ』とソファーから邪魔そうにどかし、朝食のコーンフレークを食べる瞬(田中奏生)。テレビでは、映画の制作発表にて立派に受け答えするかのんの姿があった。

社長・今関重信(永島敏行)から村田に、至急島崎を連れて、一緒に来てくれという電話が入った。『非常に重要かつ極秘の依頼が入った』
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話の感想

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第3話が終了しました。偽装誘拐が一転、本物の誘拐事件となり、木村拓也さんの予想以上アクションも見応えがあった第3話でした。

今回も第2話同様、事件の気配がありながらも自分たち民間だけで警護を続けていたという点で、第3話から対立しているSPの落合との間の溝がますます深まったようです。落合からすれば、警護に絶対的に必要な切り札となる武器を持たない状態で、危険な状況に飛び込んでいく(ように落合からは見える)島崎が、警護を舐めているように見えるのでしょう。

愛子の警護にあたり、最初清田と落合のチェンジは無理だと言っていたにもかかわらず、結局応じた理由は、島崎への対立心だけでしょうか??愛子と落合の間には、過去男女関係があった、あるいはそれに近い感情があるような気がしますね。

また、島崎のことをライバル視し、一度は身辺警護課を抜けた高梨も、島崎のことを徐々に見直しつつあるようです。高梨の『一流を目指したいんで』というセリフは、身辺警護の一流だった島崎から一流になる術を学べていない今は、島崎から身辺警護課を去られては困るというふうにもとれました。第4話以降、いいコンビになっていく2人の姿も楽しみですね!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第4話のあらすじ

第3話ラストで今関から緊急の招集を受けた村田と島崎。極秘任務の警護担当は愛子。SPが警護にあたる愛子ですが、SPに気づかれないように対立派閥の長との会談へ連れていき、また戻すことが島崎たちの任務でした。果たしてそんなことができるのでしょうか??
当日、人間ドッグを装い、病院入りした愛子に許された時間はわずか3時間。愛子の様子に不審な様子を感じた島崎は、愛子の言う対立派閥の長との会談が嘘で、他に本当の目的があるのでは?と推測。同じ頃、会社で待機中の高梨もまた、同じ不信感を愛子に感じていたのでした。

その頃、病院では早々に愛子がいないことがSP・落合たちに発覚していました。愛子の秘書を問い詰めた落合は、愛子が結婚披露宴の招待状を持っていたこと、日ノ出警備保障の人間と接触していたことを知り、ますます島崎に対しての炎を募らせるのでした。

愛子の止むに止まれぬ事情、政治家として思うように行動できない辛い立場を島崎が組み、ますます落合との溝が深まっていく気配が濃厚ですね。

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』第4話を楽しみにしたいと思います。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『BG〜身辺警護人〜』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る