海月姫3話ネタバレあらすじ&感想“気色悪い”オタク女=恋する女性と気付いた修!恋消滅の危機

Pocket

芳根京子さん主演ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

修(工藤阿須加)と天水館をかけ、図らずも魔性の女・稲荷翔子(泉里香)と張り合う形となった月海(芳根京子)。

第3話では、蔵之介(瀬戸康史)が思いついたドレスメーカーとしての第一歩が踏み出されることに。面白くなってきましたね!

以下、ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめていますネタバレしますので、ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

天水地区の開発を進めるデベロッパーの稲荷翔子(泉里香)は、大物政治家である鯉淵慶一郎(北大路欣也)に反対される前に、息子を懐柔しようと修(工藤阿須加)に接近。眠ってしまった修が、朝目を覚ますと隣には半裸の稲荷の姿がありました。

親しそうな稲荷と修の姿を目撃した月海(芳根京子)は、2人が付き合っているのだと思い込み、美人でおしゃれな稲荷に自分は到底勝ち目はないと涙を流すのでした。

天水館の大家である千絵子(富山えり子)の母も売却に同意している中、天水館を守ろうと思い立った蔵之介(瀬戸康史)は天水館を自らが買収しようと計画。政治家である慶一郎にお金の相談をしますが、母・リナのことでお互いに溝を抱える父子間の話し合いは決裂してしまいます。

そんな中、月海と亡き母の『クラゲみたいなドレスを作ってあげる』という約束、生き別れとなっている蔵之介の母・リナの『クローゼットを世界中のドレスでいっぱいにしたい』という夢がシンクロした蔵之介がドレスを作ることを思いつきます。ドレスを売ったお金で天水館を買い取ろうと言うのですが、果たして・・・?!

更に詳しいドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話の視聴率

ドラマ『海月姫』第2回の視聴率は6.9%という結果になりました。今期、視聴率が好調である3つのドラマ、『BG〜身辺警護人〜』・『アンナチュラル』・『99.9ー刑事専門弁護士ー』以外の連続ドラマの平均視聴率は7%前後という出だしになっており、そのなかでは、ドラマ『海月姫』も平均的な視聴率に落ち着いている感じです。

ドラマ『海月姫』第3話の視聴率は、引き続き6%代と予想します。実際のドラマ『海月姫』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『海月姫』第3話の視聴率は5.9%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
8.6% 6.9% 5.9%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話

それでは、ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

気付いた修

クラゲのドレスを作ろうと言い出した蔵之介(瀬戸康史)。図鑑のハナガサクラゲの写真を見ながら、蔵之介はスケッチを始める。『全然違います!!ハナガサはこうです!!』月海(芳根京子)が差し出したハナガサクラゲのデッサンを見た蔵之介の脳裏に、ドレスの原型がよぎった。『買う・・・!こんなドレスあったら絶対買う!!』

ばんばさん(松井玲奈)が現れたため、蔵之介は退散。自宅に戻り、借りてきたクラゲのデッサンを前にイメージを広げようとしているところに、修(工藤阿須加)が現れた。『ちょっと話したいことあって・・・』

『さっき稲荷翔子(泉里香)という女が修のメガネを持ってきた・・・』慶一郎(北大路欣也)は運転手・花森よしお(要潤)に修と稲荷の関係を尋ねた。修を裏切ることはできないと言葉を詰まらせる花森。しかし新しいレクサスのホイールをちらつかせると、花森はこの間修が朝帰りした日に忘れたメガネであることをすぐに喋り、新しいレクサスに釣られ、稲荷のことを調べてみることを請け負った。

修に月海とデートしたいと相談された蔵之介はデートをセッティング。しかし、稲荷との仲を疑っている月海は乗り気でない様子。『もし断るなら、自分で連絡しろよ?』蔵之介は月海を無理やり鏡の前に座らせ、ヘアセットを始めたのだった。

こうして、修と月海のデートが始まった。

その頃、天水館の蔵之介は、クラゲのドレスを作ろうと尼〜ずに提案。尼〜ずは事体が把握できずに戸惑いを隠せない。『みんなここ守りたいんでしょ?だったら金作らなきゃ!!』

公園デートを楽しむ月海と修。会話に困った時の魔法の言葉が『そうですね』だと蔵之介に教えられた月海は修の言葉に『そうですね』を連発。『お昼ご飯食べますか?』『そうですね!』レストランに向かう2人の様子を、遠くからカメラで盗撮している男がいた。

クラゲのどこが好きなのかを聞かれた月海はつい暴走。テーブルの上のコップを割ってしまった。『今、拾いますゆえ!』目が見えないことから、メガネを付けた月海の姿を見た修は、月海がかつて自分が気色悪いと言ってしまった女性であることに気づき、ショックを受ける。

このことから何だか気まずい雰囲気のまま、デートは終了。『すみませんでした』頭をさげる修に頭を下げ、月海は足早に天水館に帰宅。すると、天水館ではドレス作りに向けて、千絵子(富山えり子)のミシンを持ち出した蔵之介が糸通しに四苦八苦中だった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドレス作り、始動!

その頃。花森は稲荷の正体を慶一郎に報告。修の女性不信を解消できるのならば好都合であり、反対派の住民が増えた暁には、稲荷を使って再開発計画事体も潰せると、慶一郎は稲荷に利用価値を見いだしたようだ。

その頃、グルーバルシティクリエイトの喫煙室では佐々木公平(安井純平)が稲荷に反対派の住民が増えていることを報告する。稲荷は半裸で眠っている修のベッド写真を取り出し、いざとなればこれを使うと不敵な笑みを浮かべた。

再び天水館。蔵之介がパンツ1枚になり、買ってきた布の上に寝転がり、月海に裁断しろと命じる。『どうだったんだよ?デート?』月海は帰りがけ、修の様子が何だか変だったと報告した。『きっと、私が変なこと・・・』

修の自宅を稲荷が訪れた。修は稲荷を家の外に連れ出し、突然家に来られても困ると苦言を呈す。飲みに行きたいという稲荷に、『明日話したいことがある』と修は応じた。

その頃、花森は修の女性関係の調査を依頼した探偵に報告を受けていた。写真の中に、月海の姿を見つけた花森は、稲荷に加え、この女性についても調査を依頼したいと申し出た。

月海が裁断した布を千絵子にミシンで縫い合わせてもらった月海は、そこから再度裁断、手縫いし、スカートにドレープを作り上げる。この下にパニエを着れば、ふんわりしていい感じかもと蔵之介は笑顔を浮かべる。

枯れ専のジジ様(木南晴夏)を慶一郎ネタで釣り、千絵子と月海、ミシンをセットでリヤカーで自宅まで出張配達してもらった蔵之介。蔵之介の部屋にあったトルソーがつけていたパールのネックレスを見た月海は、パールをバラし、ドレスに縫い付けることを思いつく。千絵子、ジジ様にも協力を仰ぎ、クラゲの触手に見立てたパールをスカートの裾部分から垂らしたドレスが完成した。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

月海が告げられた真相

『かわいいじゃん〜〜!!』蔵之介は一目で気に入り、着替えるため、部屋から出て行って欲しいと依頼。ジジ様はその間リビングで目当てにしていた鯉淵家代々の遺影を撮影し放題となった。『蔵之介のお友達かな?』慶一郎が現れ、お茶を淹れてくれる。千絵子は『蔵之介』という名前に聞き覚えがあるらしく、表情を変える。

バー。稲荷に気になっている女性がいるため、今後2人きりでは会えないと明かした修。稲荷は、2人の仲を応援すると笑顔を見せた。しかし、花森が探偵の携帯と間違えて、修の携帯に電話してしまったため、花森が修の近辺を嗅ぎ回っていることが露呈した。

その頃。鯉淵家のリビングでは、ジジ様と千絵子が慶一郎から紅茶を振舞われていた。『ところでさっきから出てくる蔵之介とはどなたで?』と尋ねた千絵子に、慶一郎は我が家の長男だと言い、置いてあった写真立てを指差した。

ドレスを着た蔵之介は完璧だった。月海は嬉しくなり、明日からオキクラゲのドレスを作ろうと蔵之介に提案した。

天水館への帰り道。車中から2人の姿を見つけた修と稲荷が車から降りてきた。『稲荷さん、先ほど話した女性がこの方です』と修が月海のことを紹介すると、稲荷は『これ?!』と驚きの表情。『佐々木!!』稲荷が呼びつけた佐々木が自転車に乗って登場。佐々木が修とのベッド写真を差し出した。『私、修さんとはこんな関係なの!』

『さっき修さんから話を聞いたんだけど、あんたのことずっと気色悪いと思ってたんだって。自分が誘ったの、気色の悪い女だって気付かなかったんだって!!』稲荷がさも面白そうに明かすと、月海は激しいショックを受け、その場から走り去る。蔵之介が追いかけてきた。『来んでください!!』月海は去っていく。

その頃、修は稲荷と心まで結んだ覚えはないと宣言。今後近づかないで欲しいという。『あなたが自分でも気づいていないこと、教えましょうか?』稲荷は修のような男は、内心自分のような女に振り回されたいという願望があるのだと言う。放心状態で去っていく修の背中を見ながら、佐々木が『あれ、童貞っすね』とつぶやき、稲荷が『マジ!?』と驚愕した。
 


<スポンサーリンク>

 

急変した事態

自宅に帰りついた蔵之介は、『あの女のこと言ってたこと嘘だよな?!』と食い付く。月海のことを気持ち悪いオタクだと言ったことは嘘だが、メガネの女性を月海だと気づけなかったことは事実だと、修は語り始めた。修は自分が好きになったのが、どちらの月海だかわからずに混乱していた。『もういい。これ以上、月海傷つけるな』蔵之介は部屋に戻った。

月海は1人屋台でやけ酒を飲んでいた。酔っ払い寝てしまった月海は、夢の中で母に抱っこされている夢を見る。しかし、実際に酔いつぶれた月海を天水館まで抱いて運んでいたのは、蔵之介だった。

修は1人、これまでの月海とのやりとりを反芻していた。『母が亡くなる時、泣かないって約束したのに』と水族館で泣いた月海の横顔が蘇る。

翌朝。千絵子とジジ様が蔵之介を呼び出した。『あなた、男ですね?』

一方、天水館の月海は蔵之介が男性だったと、ばんばさんとまやや(内田理央)から告げられていた。『いいか?鯉淵家とは今後一切関わるな!』と月海に命じるばんばさん。その時、修が月海と話がしたいとやってきた。ばんばさんとまややが修を追い出しにかかる。

『僕は、あなたのことを水族館で抱きしめるまで女性に触れたことはありませんでした!あなたのことを抱きしめたのは、あなたのことを守りたいと思ったからです!!』ばんばさんとまややに攻撃されながらも、声を張り上げる修。

再び、喫茶店。蔵之介は『今後一切天水館への立ち入りを禁じます』と千絵子たちに言い渡されていたのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話の感想

ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第3話が終了しました。第3話にて、修が月海の本当の姿に気付いてしまいました。

修が綺麗に変身した月海に一目惚れをしたことも事実、メガネ姿の月海のことを気色悪いと思ってしまったことも事実。どちらも月海で、どちらも修の素直な気持ちですが、女性経験がない修は戸惑っているようです。

亡き母のことを思い出して、涙していた月海のことを守りたいと思った気持ちがあったことに気付いた修は、自分の感情をどう説明していいのかわからないなりに、このことを月海に告げました。修のまっすぐさには好感が持てましたね。

長い原作コミックを10話程度でまとめるため、原作コミックよりもサクサクと進んでいく感じがしますが、それはそれで、週の始まりの疲れた頭には見やすくて、ちょうどいいのではないでしょうか??

メインのドレス作り、月海をめぐる恋模様に関するストーリーに加え、尼〜ずを演じる女優さんたちの演技が1人1人に魅力があり、コミカルで癒されます。少し気の早い心配ですが、最終回を迎える頃には尼〜ずロスになってしまいそうです・・・
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第4話のあらすじ

男であることがばれてしまった蔵之介。しかし、蔵之介が実は女性として生まれたものの、政治家系の長男だった故に男性として育てられたのだととっさの機転でついた嘘を、千絵子たちは信じ、蔵之介は再び女性として、天水館に出入りするようになります。

一方、ドレス作りは蔵之介の知り合いの音楽業界で働く女性・琴音(最上もが)に、蔵之介がクラゲのドレスを見せたことからチャンスが舞い込むことに。ミュージックビデオの監督がドレスを気に入り、出演アーティストに見せたいと言い出したのです。知名度アップのチャンスですね。

しかし、蔵之介を追って、クラブに迷い込んでしまったことがきっかけで、月海・ばんばさん・まややたちは、クラビング中のオシャレ人間たちに激しく馬鹿にされてしまうという事件が勃発。激しいショックを受けたばんばさんとまややは、もう蔵之介とは関わりを持ちたくないと言い出し始めます。

ドレス作りが軌道に乗りかけたところで、尼〜ず+蔵之介の結束に亀裂が走ってしまう結果となるようです。ドラマ『海月姫(くらげひめ)』第4話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

 

ドラマ『海月姫』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る