anone(あのね)3話ネタバレあらすじ&感想“死んでもいい時は生まれてきて良かった時”届かない想いが切ない

Pocket

広瀬すずさん主演ドラマ『anone(あのね)』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

亜乃音(田中裕子)の夫が関わっていたらしい偽札が発端となり、ハリカ(広瀬すず)たちの運命が予想もしない方向へと動きはじました。

誘拐されたハリカの身代金を請求された、身内でもなんでもない亜乃音はどう動くのか?第3話も胸が締め付けられる展開となりそうです。

以下、ドラマ『anone』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『anone』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『anone(あのね)』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

闘病中のカノンさんこと紙野彦星(清水尋也)の治療費にあてるお金を手に入れるため、林田亜乃音(田中裕子)の印刷所を訪ねた辻沢ハリカ(広瀬すず)。ハリカは亜乃音が持っている大金が、夫・京介(木場勝己)が印刷したらしい偽札であることを知ります。京介は亡くなっているため、素人の亜乃音には偽札は作れません。

印刷所でハリカが発見した京介のデジカメの中の画像から、19歳の頃に失踪し行方知れずになったままの亜乃音の娘・青島玲(江口のりこ)と京介が、最近まで会っていたことを亜乃音は知りました。京介の連れ子である玲を赤ちゃんの頃から育て上げた亜乃音でしたが、突然産みの母が現れたことがきっかけで、おかしくなってしまった娘と育ての母親である亜乃音の関係。玲は出て行きました。

デジカメの画像をもとに、玲の消息をたどった亜乃音とハリカは、玲が現在シングルマザーとしてガソリンスタンドで働きながら、1人息子を育てていることを知りますが、自分に内緒で血の繋がる京介には会っていたという事実が、血縁関係のない自分が仲間外れにされているようで、亜乃音の心を傷つけるのでした。

ハリカは育ての親・亜乃音の愛情を受けた玲だからこそ、今現在息子に愛情を注げているのだと亜乃音を励まします。2人の心に温かいものが生まれ、亜乃音はハリカを家に泊め、お手伝いさんとして雇うことに決めます。

そんな中、店を幼なじみ・西海(川瀬陽太)に奪われそうになっているカレー屋店主・持本舵(阿部サダヲ)は、青羽るい子(小林聡美)に焚きつけられ、ともに印刷所に潜入、偽札を探します。ハリカに鉢合わせしてしまった2人は、どさくさに紛れ、ハリカのことを誘拐してきてしまいます。

ハリカを連れ、店に到着すると、なぜか拳銃を持った西海の姿があったのでした。

更に詳しいドラマ『anone』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『anone』第3話の視聴率

ドラマ『anone』第2話の視聴率は7.2%という結果になりました。ドラマの性質上、第1話に引き続き、視聴率は振るいませんね。基本的に、善悪で描かれるわかりやすいドラマではないこと、味わい深いドラマというものは、視聴者にも味わえる器量が求められることから、視聴率は仕方ないのかなという気がします。

ドラマ『anone』第3話の視聴率は6%後半と予想します。実際のドラマ『anone』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『anone』第3話の視聴率は6.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
9.2% 7.2% 6.6%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話

それでは、ドラマ『anone』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『anone』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

報われなかった人生

弁当店で働く中世古理市(瑛太)。『あのさ、うちのサービス券なんだけど、もっとスタイリッシュな感じに作れないかな?』理市は店主から相談を受けた。

仕事部屋らしき部屋に、帰宅した理市に電話がかかってくる。『店長から仕事頼まれて。サツキは?もう寝た?もしもし、パパだよ〜』理市は電話越しに娘に語りかける。その後、理市は店のサービス券を印刷し始めた。

『いや〜持本(阿部サダヲ)さんマジ尊敬ですわ〜』かつて工事現場で働いていた持本。持本が担当していたのは、毎年同じ場所を掘って埋め直すだけの、予算を使い果たすだけの工事だった。

交際していた彼女に子供が欲しいと言われた持本は、不妊検査を受けることに応じた。その後、彼女からの連絡は途切れる。どうやら、持本の生殖能力はあまり良い状態ではなかったらしい。全てが嫌になった持本は、工事現場の仕事を辞め、カレー店を始めた。

現在、持本のカレー店。幼なじみ・西海(川瀬陽太)は職場で拳銃を発砲し、以前からうまくいってなかった上司を撃ったという。『あ〜あ、人生終わっちゃったよ』と西海はつぶやく。西海は持本たちに拳銃を突きつけながら、世間話を始めた。

『うちの会社の幸せってなんだか知ってる?終電で帰れる幸せだ』自分が会社に殺される前に、抵抗しただけだと西海は自分の行為を正当化した。

持本は辻沢ハリカ(広瀬すず)の母親が裏金を持っていることを明かした。すると、西海は母親を脅して、身代金を奪おうと言い出した。

『それはどうかな・・・』下手に動いても、今時身代金の受け渡しなどがうまくいくわけがないという青羽るい子(小林聡美)。西海はハリカに拳銃を突きつけているところをスマホで撮影。るい子に、これを持って、裏金を持っているという亜乃音(田中裕子)のもとへ行き、金を持って来いと命令し、その間に誰かが裏切った場合は3人皆殺しにすると言う。

その時、るい子の携帯に着信があった。西海が出る。『もしもし?お母さん??』どうやら電話してきた相手はるい子の息子らしい。通話を切った西海は『もう1人連帯責任が増えた』と言った。

『余計なことしたら、この子と待ち合わせるから』西海はるい子の子供の番号をメモした紙をちらつかせ、るい子を亜乃音のもとへ送り出した。店に残された持本とハリカ。『その子、トイレに行ってないんだ』持本が言い、ハリカはトイレに行かせてもらえることに。『裏切ったら、こいつ殺すぞ!』と西海に脅され、ハリカはおとなしくトイレから戻ってきた。

『西海くん、彼女に水上げてくれないか?』その後も持本はハリカのことを気遣う。ハリカは持本の性格が段々とわかってきた。『舵はさ、自分に男としての能力がないって知った時、どんな気持ちだった?あ、結婚したよ』持本との婚約を解消した元カノが結婚したという西海は、拳銃を持本に差し出し、『復讐して来いよ?』と笑った。

 


<スポンサーリンク>

 

亜乃音に近づく2つの影

法律事務所から出てきた亜乃音の前に、理市が現れた。『久しぶり!主人のお葬式以来ね』懐かしそうに亜乃音が話しかける。理市は夫・林田京介(木場勝己)の生前、林田印刷所で働いていたのだ。

もしよければ、これから京介にお線香をあげに行きたいという理市に、亜乃音は昨日空き巣が入ったと明かした。

印刷所にやってきた理市。亜乃音が片付けのため、階上へ行くと、理市は印刷所の引き出しを開け、何かを懐に入れた。

その頃、カレー店では、西海が迷い込んだフェレットを発見。『可愛い〜〜』と表情を緩ませる。首輪に住所が書いてあることに気づいた西海は、ちょっと返してくると店を出て行った。生き物好きの西海が、小学生の頃、亀の飼育委員だったことを、持本がハリカに明かした。

2人きりになったハリカと持本。『どうしてさっき逃げなかった?次チャンスがあったら絶対逃げなきゃダメだぞ。おじさんはいいんだよ』と言いながら、持本が拘束を外そうと頑張っていると、持本の拘束が外れた。持本はハリカの口に貼り付けられたガムテープを外す。『私、あの人の子供じゃありません。ただのバイトです。私、辻沢ハリカです』とハリカが亜乃音の子供ではないことを明かし、持本は力が抜けたように笑い、『持本舵です』と自己紹介をする。

『見て〜〜フェレット返したら芽キャベツくれたよ〜』西海が嬉しそうに芽キャベツを持って帰ってきた。西海はハリカと持本の拘束が取られていることに気づき、持本に襲いかかる。『離せ!!』ハリカはとっさに拳銃を掴み、西海に向ける。しかし、その銃口は西海によって、塞がれたのだった。

『ありがとうね』亜乃音が理市を送っているところへ、るい子が『例のことで話がある』と声をかけてきた。亜乃音はるい子を自宅に招き入れ、お茶を出した。亜乃音は『例のこと』を『娘・玲(江口のりこ)のこと』だと勘違いしている。

『トラブルがありまして、先方がお怪我を・・・』るい子は、亜乃音の娘が暴力団に拘束され、慰謝料を要求されていると話を切り出す。るい子は先方の名前を田畑、自分の名前を吉田だと名乗る。

『玲の子供はどこに?』と尋ねる亜乃音。『失礼ですけど、それ本当のお話ですか?うちにお金はありません』と亜乃音は続ける。『わかりました。今お写真をお見せします。娘さんの現在の状況です』るい子は拳銃を突きつけられているハリカの画像を差し出した。亜乃音の表情が変わる。『放っておくとたぶん殺されると思います』というるい子。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『anone』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

るい子の企み

亜乃音は夫の保険金の一千万円が銀行に預けてあると通帳を出してきた。『この子、私の娘じゃありません。このお金で助けてあげてください』

るい子は交渉が成立したと西海にLINEで連絡する。『やった!一千万円、払うって!!』と声を上げる西海。ハリカは驚いた表情。

その頃、亜乃音の自宅では、るい子は一千万円では足りないと嘘をつき、『あるじゃないですか?』と裏金の存在を匂わせた。『あの子が話したんですか?』そうだというるい子。亜乃音はるい子の話を信じ、偽装紙幣を印刷する機会のもとへ、るい子を案内したのだった。印刷してみせるも、ホログラムも、すかしも不完全でとても紙幣として使えるようなものではない。

理市が働く弁当店に、新しくできたサービス券を持って現れる。『早いじゃないか?手抜いてたらやり直しだよ?』という店主にサービス券を差し出した理市。そのサービス券はホログラム、すかし入り、磁気インクで印刷した完璧なものだった。

その時、亜乃音の自宅に、釣り帰りの法律事務所の所長・花房万平(火野正平)が訪れ、アジを置いていく。

突然、るい子が『一千万円でいいそうです』と言い出した。2時間後に人質と交換という約束になり、亜乃音は銀行へ定期預金を崩しに行く。やがて亜乃音が帰宅し、一千万円を差し出す。るい子の指示で、紙袋に札束を入れた亜乃音。

ひと段落ついたところで、るい子が亡くなった京介が置きっ放しにしていたタバコを吸いだした。亜乃音もタバコに火をつける。『通貨偽造の罪って知ってますか?』るい子は亜乃音の通貨偽造を黙っている代わりに、自分たちのハリカの誘拐も通報しないよう、約束しあった。

先に待ち合わせ場所に到着した西海たち。西海がスマホに気を取られている隙に、持本がハリカのことを逃がそうとする。『逃げろ!!おじさんのことはいいから!!』しかし、ハリカは逃げなかった。

亜乃音たちが橋の上に着く。河川敷には西海たちの姿。お金を渡せば、ハリカのことを解放すると言われ、亜乃音は金が入った紙袋を橋の上から投げた。西海が金を取り、走り去っていく。『ごめんね』とハリカに持本が言い、持本も西海のことを追いかけて行った。
 


<スポンサーリンク>

 

生き物係の少年の末路

ハリカのところに亜乃音がやってきた。『良かった〜〜〜』ハリカに抱きつく亜乃音。『なんでお金渡しちゃったの?・・・ごめんなさい・・・私、ただのバイトだったんだよ?』というハリカに、亜乃音は『なんでだろうね・・・』と言う。

その時、ハリカが西海が持ち去って行ったと推測される紙袋から溢れたと思われる紙幣を見つけた。それは偽札だった。

逃亡中の西海が偽札をつかまされていることに気づいた。『何だよ!?これ!!いっつもこうだよ!!』西海は銃口を頭に向ける。持本が止めた。

45歳になっても、家族も生きる希望も夢もないと涙を流す西海。西海は『死んでもいい』と絶望した。しかし、そんな西海に持本は『死んでもいいっていうのは、生まれてきて良かったって時だよ?生まれてきて良かったと思えないうちは、まだ死ぬ時じゃない!!』と励ます。『俺にはわかるんだよ!俺・・・末期ガンなんだよ・・・』西海は持本を拳銃で殴った。『すぐわかる嘘つくな!!』

その後、持本と別れた西海は、ポケットに拳銃を入れていたところをパトロール中の警官に見つかってしまう。『モデルガンだよ。弾出ないって!』と言い、銃口を自分のこめかみに当てる西海。西海は引き金を引き、その場に倒れた。

その時、河川敷にいた理市は一部始終を目撃していた。警察官が無線にて応援要請している隙をつき、西海が落とした林田印刷所の名前入りの紙袋を、理市はそっと回収する。

西海が横たわるすぐそばに立っている遊泳禁止の看板。看板に描かれている溺れる少年に(←かじ)という文字と亀の絵の落書きがあった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『anone』第3話の感想

ドラマ『anone』第3話が終了しました。それぞれの登場人物の抱えるものがひっきりなしに描かれ、ストーリーに深みを与えていく、さすがの第3話でしたね。

第3話にて、1番印象的だったのは、やはり西海でしょう。生き物好きな一面があるなど、根は良さそうな西海ですが、西海にはるい子に指摘されたような短絡的な部分、うまくいかない理由を自分以外の誰かに押し付ける部分のせいで、人生空回りばかりしてきたような印象を受けました。

1番、致命的だったのは、幼馴染である持本のことを信じることができなかった部分ですね。今までしてきたことがあるにもかかわらず、心から自分の死をとめようとしてくれる友人がいるという幸せに西海が気づける器量があれば、もっと違った人生が待っていたのかもしれません。

ラスト、小学生の頃、亀の飼育員だった西海が落書きしたと思われる看板と横たわる西海の姿が映し出されました。『生きている意味がない』と自ら命を絶ってしまった45歳の自分を、小学生時代の西海はどういう気持ちで見下ろしているでしょうか?切ないですね・・・

また、持本が男性不妊であることから婚約者に逃げられたこと、意味のない仕事を日々我慢して続けていたこと、るい子に子供がいること、理市が妻帯者で現状を変えるためか、偽札製造機の部品のようなものを盗み出すところも描かれました。

回が進むごとに、登場人物の過去、現状が詳しく描かれることで、その行動がどういった心情のもとの行動だったのかということが浮かび上がってきますね。

しかし、持本の『死んでもいいは生まれてきて良かったって時だよ?』というセリフが胸にしみましたね。末期ガンだったことで一時は死を考えていた持本ですが、持本自身も今はまだ『死んでもいい』時ではないと気づいたのでしょう。しかし、その心からの訴えが西海に全く届かなかったというあたりがリアルですね。現実はそういうものなのでしょう。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『anone』第4話のあらすじ

亜乃音が引き出してきた現金と、偽札をこっそり入れ替えすことに成功したるい子。るい子は現金を携え、自宅に戻ります。るい子は第3話ラスト、バスで乗り合わせた女子高生と暮らしているようですが、電話してきたのは男の子の声でしたね??るい子と女子高生の関係が気になります。

亜乃音のお金をるい子に奪われたことに責任を感じるハリカは、西海が残したるい子の息子の携帯番号を手掛かりに、持本とともにるい子の自宅へ向かいます。しかし、そこはるい子がかつて暮らしていた家でるい子はすでに出て行った後。そこではるい子の姑・百合恵(高林由紀子)とるい子の息子・樹(武藤潤)が暮らしているようですが、この2人の病的な依存関係から、持本とハリカはるい子が置かれていた悲しい現状を垣間見るのでした。

そして、亜乃音の前には、娘・玲が現れます。2人が歩み寄れることを期待したいですね。

ドラマ『anone』第4話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『ホリデイラブ』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

土ドラ『オーファンブラック〜七つの遺伝子〜』の原作のネタバレあらすじ

ドラマ『anone』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

きみが心に棲みついた2話ネタバレあらすじ&感想 暗躍する星名に黒過去の気配!元凶は生い立ちか

BG身辺警護人2話ネタバレあらすじ&感想 護れた夫婦の絆に感動!息子との関係にもホッコリ

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る