ファイナルカット3話ネタバレあらすじ&感想 祥太,蒸発中と判明!理由は真犯人だからなのか

Pocket

亀梨和也さん主演ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

母・恭子(裕木奈江)を自殺に追い込んだプロデューサー・井出(杉本哲太)とディレクター・真崎(水野美紀)への復讐を遂げた慶介(亀梨和也)の次なるターゲットはディレクター・小池悠人(林遣都)。

そんななか、真犯人に最も近い人物として、慶介が追っていた小河原祥太が死亡したという予想外の一報が飛び込んできます。

以下、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

12年前、『一緒に無罪を晴らそう』と言葉巧みに母・恭子(裕木奈江)に近寄り、独占取材したザ・プレミアワイドのディレクター・真崎久美子(水野美紀)。これで疑いが晴れるなら・・・とかすかな望みをかけて、取材に応じた恭子でしたが、実際に番組で放送されたのは、恭子のインタビューの極一部分で、恭子への疑いをさらに増長させる結果となり、そのことが決定的に恭子を追い詰めました。

そして、現在も真崎のスクープのためなら何でもするという姿勢は全く変わっておらず、見かねた慶介(亀梨和也)が真崎にファイナルカットを突きつけ、真崎が追っていたある殺人犯の独占取材はボツとなります。

復讐と並行して、慶介は小河原雪子(栗山千明)妹・若葉(橋本環奈)に接触していました。12年前、母が現場で不審な男を目撃したと語っていて、それが姉妹の兄の祥太であることにたどり着いた慶介は、真相を追っていたのです。姉妹の話から、祥太が現在海外にいて、姉妹は長年会っていない状況であることがわかりました。

また、慶介は警官・中村として新宿中央署に潜入。12年前の事件をデータベースで調べている最中、やってきた副署長・高田清一郎(佐々木蔵之介)から、『仕事が早くて助かるよ、中村くん。いや、早川慶介くん』と話しかけられ、驚きます。高田は慶介の正体に気づいていたのでした。

更に詳しいドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話の視聴率

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話の視聴率は6.5%となりました。もともと低かった初回の視聴率から、さらに下がってきました。現在、第1話〜第2話にかけてが放送中の今期の連続ドラマですが、この6.5%という数字は、ドラマ『トドメのキス』第2話と並んで、現段階では今期最低の数字となっています。

ドラマ初回の視聴率が、第2話で一旦下がるものの、第3話以降徐々に上がっていくパターンも多いため、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話の視聴率は期待を込めて、7%前後と予想します。実際のドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話の視聴率は6.5%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.2% 6.5% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話

それでは、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

ターゲット、小池

『仕事が早くて助かるよ、中村くん。いや、中村慶介(亀梨和也)くん。12年前のあの事件、あのときの息子さんだね?』母・恭子(裕木奈江)の事件の担当刑事だったため、慶介に見覚えがあったという副署長・高田清一郎(佐々木蔵之介)。

『すいません!中村は父方の姓です。と言っても、もう再婚してますが・・・』慶介は母の事件の際、警察の人たちが親身だったため、警官を目指したと口から出まかせを言った。慶介は小河原祥太が怪しいと踏んでいることを、明かす。

しかし、祥太はずっと自宅にいたと妹・若葉(橋本環奈)が証言していることから、そうである線はほぼないと高田はいう。また、高田は当時遺族周りの聞き込み担当で、被害者・志穂の遺族がどれだけ悲しい思いをしたのか知っていた。『辛かったのは、君だけじゃない』と高田は言った。

慶介と幼なじみ・野田大地(髙木雄也)が運営するメディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトに、共感しているという応援メッセージが寄せられた。気になった大地が書き込みした人物を追跡した結果、それがザ・プレミアワイドのディレクター・小池悠人(林遣都)であることがわかった。

テレビ局。小池はネットで集めたネタを担当しており、暇ネタ担当者と呼ばれていた。もともと報道志望だった小池にとって、今の仕事は決して満足できるものではなかった。

そんな小池の鬱憤を晴らす矛先となっていたのが、児童虐待・迷惑住人・暴走行為を繰り返す若者などの実名などの個人情報をネット状で晒すこと。個人攻撃の断罪をすることで、ネット上では小池は神扱いされていた。

慶介は12年前、恭子の葬式に参列者を装い現れた小池が、棺桶の中の恭子の死に顔を撮影しようとしたことを思い出す。『いっちょやってやろうか』と慶介は呟いた。

ネット上にてネタ収集中、小池は椿ヶ丘中学に暴言教師がいるという情報をTwitterにて掴んだ。『今度そんなこと言ったらぶっ殺すよ!』Twitter上には、教師・沢渡(関めぐみ)の暴言を録音したと思われる音声がアップされていた。

小河原雪子(栗山千明)とともに美術館を訪れた慶介。なにやら雪子の様子がおかしい。『どうした・・・?』小雪はずっと応援していた作家が、今回のような個展を開けるようになって嬉しいと涙した。

美術館デートをしたと語る姉の雪子に、若葉もデートしてきたと語り出した。たまたま慶介と昔事務所があった場所の近くを通り、現在海外のロースクールに通っている兄・祥太の話をしたと、若葉は笑顔で語る。『ねえ、今度4人で会おうよ?』と若葉は雪子に提案した。
 


<スポンサーリンク>

 

スクープの背後にあった真相

椿ヶ丘中学を訪れた小池とカメラマン・皆川義和(やついいちろう)。しかし、2人は門前払いされる。2人は撮影許可なしに、体育館で合唱の指導中の沢渡を撮影し出した。小池は報道志望だったことを明かし、『たまには認められる仕事したいですよ』と皆川に語る。そんな2人の様子を、小池の鞄に仕掛けられた隠しカメラの映像を通じて、慶介と大地が見守っていた。

その後、小池はザ・プレミアワイドの会議にて、沢渡の暴言事件を取り上げたいと企画を提案する。中学へ取材に行ったあの日、スーパーから出てきた佐渡を直撃した小池と皆川。沢渡はなにも語らずに去って行った。

『ブラック部活か・・・いいのとってきたじゃないか!』司会・百々瀬塁(藤木直人)に認められ、沢渡の暴言事件は番組で取り上げられることになった。

沢渡の件が放送されるや否や、世間の批判が沢渡に集中。学校へは保護者が説明を求め、殺到する。

多くの反響に大喜びの小池。小池への周囲の評価も上がっていた。また、小池は沢渡の次なるスキャンダル、金銭授受疑惑の情報を掴んでおり、第2弾として放送すると意気込んでいた。

沢渡の前に、慶介が現れた。『お力になります。どんな過ちがあったとしても、あのような過度なメディア被害からは身を守るべきです』という慶介。

沢渡はあのような暴言を吐いたことは間違いないと認める。合唱部にて、ソロパートを任せた生徒がいたと沢渡は語り始める。『その日から、その子への嫌がらせが始まって・・・』ソロパートに選ばれたことをやっかむ生徒たちからのいじめが、日に日にひどくなっていた。沢渡はいじめをしていた女子生徒3人を呼び出して叱ったという。

『選ばれなかったのは実力不足。なのに、1人の子に寄ってたかって、あなたたち卑怯よ』と沢渡が指導すると、生徒は『なら、次は先生狙っちゃうよ?』と言いだした。もともと沢渡がえこひいきしていることが問題だと生徒はいい、沢渡のあることないことを捏造して、教育委員会に言いつけると脅してきた。逆上した沢渡は、それで暴言を吐いたという経緯だった。

その頃。テレビ局の小池の元を、合唱部の生徒が訪れていた。生徒はすべて沢渡を抹殺するため、生徒3人で捏造した計画だったことを小池に明かした。金銭授受疑惑も、生徒たちのでっちあげだったことがわかる。『お願いします。これ以上先生を悪者にしないでください』と生徒は小池に頭を下げた。

慶介に事情を説明した沢渡は、自分が酷い言葉を投げかけたことは事実なので、このままでいいと語る。『守るなら、私たちではなく、どうか生徒たちを・・・』
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話のあらすじ(ネタバレ)後編

小池のファイナルカット

その日は、小池が企画した暴言女教師の第2弾の放送の日。小池が何も言わないまま、放送が始まった。CM中、百々瀬が小池に尋ねた。『大丈夫だろうな?次のコーナー、裏とれてるな?』『大丈夫です』と小池は数秒迷った末に答えた。

CM明け、百々瀬は暴言教師の企画をすっ飛ばし、次の内容へ移る。放送後、小池は生徒からの通報があり、すべてデタラメだったことがわかったと百々瀬に謝罪。『とっさの判断で飛ばしてくださってありがとうございました!!』百々瀬は小池を睨みつける。

その後、小池は腹いせに沢渡をはめていた3人の女子生徒の個人情報をネット上へ投稿。その瞬間、小池のPCモニターに(お前が何をしたか知ってる)というメッセージが表示され、(ここで待っている)とカラオケ店の地図が出てきた。『え?・・・え?』戸惑う小池。

小池が指定されたカラオケルームのドアを開けると、そこには慶介の姿があった。『やだなぁ、忘れちゃった?はい、どうぞ』慶介はURLが記載されているカードを差し出す。

やがて、再生された映像。そこには、小池が百々瀬のカフスボタンを拾ったにもかかわらず、ゴミ箱に捨てた様子が映っていた。また、沢渡への取材後に、小池がキャバクラを訪れ、経費で落とすと宣言している様子が続く。

そして、映像の最後は、小池がネット上に個人情報を晒している様子が映し出され、その逆に小池の個人情報が映し出された。

『目的は何だよ?!』と声を震わせる小池に、『いつからそんなになった?違うと思った、あんただけは』という慶介。
 


<スポンサーリンク>

 

蒸発していた祥太

12年前。恭子の死に顔を撮影しようとしていた小池を慶介が止めた時、小池は上に指示されたが、やっぱり自分にはできないと慶介に涙ながらに土下座したのだった。

『みんなうちの母を犯罪者扱いする中、あんただけは、手を合わせてくれた。なのに・・・』軽蔑したような眼差しで小池のことを見つめる慶介。小池はあの時に誰かを追い詰めるような仕事はやめようと思ったと弁明しだした。『なんで、事件当初から母を犯人扱いしたんだ?インタビューでも言ってた、男を見たって・・・なんで調べなかった?』と慶介が問い詰めると、小池は取材したとPCを差し出す。そこには周囲からの聞き込みした結果、真犯人として候補に上がった人物のリストがあった。そこに小河原祥太の名前が記載されていた。

『なんでここまでして!!』なぜ放送しなかったのか?と慶介が迫ると、小河原はわからないと答える。『調べろ!手を貸せ!それとも神降臨するか?これがあなたのファイナルカットです』

ジムで百々瀬に会った高田は、最近番組の評判が良くないと忠告。百々瀬は『高田さんからそんな言葉が出るとは・・・昔は協力してくれたのに』と笑った。

雪子から急に呼び出された慶介。『兄が死んだの・・・正確には死んだことにしようって。兄は行方が分からなくて』ある日、突然消えたという祥太。父が渡米し探したが、何の手がかりも掴めずに7年が経ち、失踪宣告の手続きを始めることを、両親が決意したのだという。

『吉澤さん(慶介のこと)は?』時々、辛そうな顔をしている慶介のことが心配だという雪子。慶介は雪子にキスをした。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話の感想

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話が終了しました。小池へ復讐を遂げた慶介が、真犯人として追っている小河原祥太が蒸発中であることを知った第3話となりました。

第3話までをまとめると、謎のポイントなっているのが、なぜ不審者として名前の挙がって祥太のことが一切報道されなかったのか?、その一方でなぜ恭子が犯人扱いされたのか?という2点です。おそらく、これは何者かが故意に祥太の情報を報道させないようにした、祥太への疑惑をそらすために、恭子を利用したと考えられるかと思います。

この2つの謎を解く鍵となる人物が、第2話の感想でも言及したように、やはり高田と百々瀬という疑惑がますます第3話で高まったように思えます。『昔は協力してくれたのに』という第3話ラストの百々瀬の一言が、高田の黒過去を暗示しているのでしょうか??高田が祥太逮捕への確証探しをしている間、祥太に逃亡されないよう油断させるために恭子を利用するよう依頼したという線もあるかもしれないですね。

そして、真犯人として慶介が追っていた祥太が蒸発中であることが発覚しました。死亡扱いになってしまえば、真相は永久に闇の中に葬られてしまい、たとえ祥太が犯人であったとしても、亡くなっている扱いでは罪を償わさせることもできません。第4話以降、どう展開してくるのか、ますます楽しみになってきました。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第4話のあらすじ

第4話のターゲットとなるのは、ザ・プレミアワイドのカメラマン・皆川義和。慶介たちが運営するメディア被害に関する通報サイトに、皆川に関する相談が寄せられます。

復讐と並行して、12年前の事件の真犯人探しを進める慶介。慶介は恭子を犯人扱いした報道の背後に、警察の力が働いていたのではと推測し、高田に思いをぶつけます。

そんな中、第3話で4人でダブルデートをしたいと言っていた若葉が動き始めます。慶介には内緒で、慶介とのデートに姉の雪子を同席させようという若葉は企むようですが、どうなってしまうのでしょうか?鉢合わせは避けられるのでしょうか??

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第4話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

土ドラ『オーファンブラック〜七つの遺伝子〜』の原作のネタバレあらすじ

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る