ファイナルカット2話ネタバレあらすじ&感想 12年前の真相は高田と百々瀬の関係が鍵の可能性!

Pocket

亀梨和也さん主演ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

母・恭子(裕木奈江)を死へ追いやったワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』のプロデューサー・井出(杉本哲太)へ復讐を遂げた中村慶介(亀梨和也)。第2話では、ターゲットとなるディレクター・真崎久美子(水野美紀)に慶介が迫ります。

そして、捜査線上に浮かんだものの隠蔽された可能性がある雪子(栗山千明)・若葉(橋本環奈)姉妹の兄・祥太についても、新たな事実が明らかになってきそうです。

以下、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

12年前、中村慶介(亀梨和也)母・恭子(裕木奈江)が経営する無認可保育園ルミナスキッズにて、女児誘拐殺人事件が起こりました。当時、被害者女児・志穂の夜間保育を1人で担当していた恭子。恭子が目を離した隙に消えた志穂は、後日工場跡地で変わり果てた姿で見つかりました。

恭子には志穂殺害の容疑がかかることとなり、連日多くのマスコミが取材に押しかけました。ザ・プレミアワイドはシングルマザーだった恭子が金に困っていたかのような報道をしたりすることで、恭子を犯人扱いした報道を繰り返します。追い詰められた恭子は自ら命を絶ってしましました。慶介はザ・プレミアワイドの関係者に復讐を決意します。

そして、現在。慶介が運営するメディア被害に関する通報サイトにザ・プレミアワイドのプロデュサー・井出正弥(杉本哲太)に関する被害が寄せられました。相談者は番組を通じて募金を募った心臓移植を待つ女児の両親。ザ・プレミアワイドは取材したインタビューや映像を切り取ったり、つなぎ合わせることで、さも病院側が至っていないかのように情報操作を行っていたのでした。

井出のやり方が12年前から変わっていないことを知った慶介は憤り、井出の日常生活を、井出が行ったように切り取り、つなぎ合わせることで井出のスキャンダル映像を捏造、井出に突きつけます。結果、井出は番組を通じて、病院側に謝罪したのでした。

再び、12年前。恭子は自らの潔白を主張、怪しい男を見たと供述していました。実はその時、捜査線上には小河原祥太の名前が挙がっていました。祥太はルミナスキッズの上階にある小河原法律事務所の所長で弁護士の小河原達也(升毅)の長男。祥太の存在を知った慶介は、それぞれ別人を装い、祥太の妹である雪子(栗山千明)若葉(橋本環奈)に近づくのでした。

更に詳しいドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話の視聴率

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第1話の視聴率は7.2%となりました。初回にしては低い数字です。

これは同枠で放送されていたドラマ『僕たちがやりました』・『明日の約束』の視聴率が振るわなかった(それ以前に放送され、視聴率が良かったドラマ『嘘の戦争』・『CRISIS』の視聴者層が離れてしまった)ことが関係している可能性が大きいですね。

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話の視聴率はわずかに上がり、8%前後と予想します。実際のドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話の視聴率は6.5%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
7.2% 6.5%
第5話 第6話 第7話 第8話
第9話

それでは、ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

寄せられた相談

12年前、母・恭子(裕木奈江)が疑われた事件を扱うワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』にじっと見入る中村慶介(亀梨和也)。(犯人は他にいる・・・)慶介が真犯人だと睨んでいるのは、小河原雪子(栗山千明)とその妹・若葉(橋本環奈)の兄である祥太だった。

若葉とデートする慶介は、若葉の家族についてそれとなく尋ねる。若葉は疑うことなく、家族のことをしゃべる。『あとは・・・お兄ちゃんが』兄がいると語った若葉は、兄は今海外にいて全く会っていないと語った。

幼なじみ・野田大地(髙木雄也)から連絡が入り、帰宅した慶介は、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトに寄せられたメールを確認する。それは先月起きた大家殺害事件に関する相談だった。

慶介は相談を寄せた被害者の大家・千尋の夫の元を訪れる。『この真崎久美子(水野美紀)って人が・・・』『やらかすんですよ、この人。僕もよく知ってます』

千尋が大家を務めるアパートは現在立ち退き交渉中。1番立ち退きを渋っていた住吉という男性が捜査線上に上がり、逮捕間近となっていた。警察から取材は控えるように言われていたにもかかわらず、真崎は突撃取材。結果、住吉は逃走してしまった。

思えば、12年前も『気持ちがわかる』と恭子に近づいた真崎。慶介は犯人は必ず見つかると伝えた。

ザ・プレミアワイドの会議にて、真崎は大家殺害事件の取材について『やりすぎだね、あれは。警察にも目をつけられた』と司会・百々瀬塁(藤木直人)に言われてしまう。社員の間でも、スクープのためなら何でもありの真崎は陰口を叩かれていた。

配達員に扮し、ザ・プレミアワイドの編集室を訪れた大地。大地は真崎のPCからデータを抜き取った。

その頃、慶介は真崎を尾行していた。消えた住吉の行方を訪ねて歩く真崎。途中で真崎は娘に電話。『茜?ご飯食べた?』真崎には夫と娘がいる様子。慶介は12年前、自分にも娘がいて、恭子になら娘を預けられると言い寄り、真崎が恭子に取材を迫っていたことを思い出していた。『カメラの前で是非お話ししてください。一緒に犯人捕まえましょう』という真崎を信じた恭子は取材を受けた。

小河原家のリビング。雪子に慶介のことをのろける若葉。会社員として若葉に近づいている慶介、雪子には小学校の教師・吉沢として近づいている。もちろん、2人は同じ男性のことを好きになっているとは知らない。

兄のことを思い出した若葉が、兄のことを両親に尋ねると、父・小河原達也(升毅)は『そろそろちゃんと決めないとな』と言い、母・小河原夏美(長野里美)は『そうね、決めたら話すわ』と言った。
 


<スポンサーリンク>

 

独占取材

真崎の元に、住吉からの電話がかかってきた。『会って話してもいいよ。その代わり・・・』という住吉。

真崎は住吉が接触してきた旨を会議にて報告。百々瀬は、その場で新宿中央署の副署長・高田清一郎(佐々木蔵之介)に電話した。

真崎とカメラマン・皆川義和(やついいちろう)が待ち受けるとあるビルの一室に、約束通り住吉がやってきた。住吉は真崎に促され、カメラの前に座る。取材が始まった。

『河合千尋さんをころしたのはあなたですか?』と真崎が尋ねると、住吉は『殺すつもりはなかった・・・』と語り出す。『どうしてそんなことを?』『・・・もう別れるって』千尋と半年ほど前から不倫関係にあったと住吉が告白した。

一度言い争っているところを夫に目撃されたという住吉。千尋は別れると言い出した。『殺すつもりはなかったんです!それだけは信じてほしい!!』住吉は床に崩れ落ちた。

やがて取材が終わり、皆川が機材を片付けている間に、住吉が小声で真崎に伝える。『結構、盛り上がったろ?被害者不倫発覚、そういうのがいいんだろ?おたくら』『それじゃあ今の?!』『サービス』去っていく住吉の背中を見守りながら、真崎は不敵な笑みを浮かべた。

その様子を慶介と大地は車中で伺っていた。大地が真崎のペンに隠しカメラを仕掛けていたのだ。『これ以上好き勝手はさせない・・・』と慶介は声を押し殺す。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話のあらすじ(ネタバレ)後編

12年前の取材

住吉と別れた後、皆川は住吉逮捕の瞬間を押さえに出ていく。この後、警察が逮捕する段取りになっているらしい。

1人外に出た真崎の前に慶介が現れた。慶介は先ほどの取材を録音した音声を再生し、『そんなに急がないで、ちょっとは相手してよ?』と微笑。真崎の顔色が変わった。

先ほどのビルの一室に戻った慶介と真崎。『はい、プレゼント』慶介が差し出したカードにはあるURLが記されていた。『見てみる?』

映し出された映像には、『みんながひっくり返るようなギリギリなことやらなきゃ上に行けない。何でもやってやるわよ』と話す真崎の姿が映っていた。映像は続き、真崎が1人会議室で百々瀬のポスターを意味深になぞっている姿も映し出された。

そして、映像には住吉が接触してきた際の映像もあった。『そんなには出せないけど、多少なら・・・』その後、映し出された映像には、取材後、住吉に金を渡し、不倫を住吉が捏造だと語る様子があった。

『どう思うかな?こんなお母さん見たら・・・』という慶介。映像のラストは、真崎の娘・茜の姿で終わった。

『こんなの勝手に撮って犯罪よ!!』と声を荒げる真崎。『散々やってきただろ?うちにもやってきただろ?呼んでもないのに。言ったよな?私早川さんの無罪信じてます。だから母さん、あんたのこと信じて・・・』と慶介は言う。

12年前。恭子に取材をした真崎は、被害者の志穂にどんな言葉をかけてあげたいか?と尋ねた。『守ってあげられなくてごめんね、と・・・』と恭子は答えた。では、志穂の母にはどんな言葉をかけたいか?と真崎が尋ね、恭子は口ごもる。

しかし、その後、ザ・プレミアワイドにて放送されたのは『守ってあげられなくてごめんね、と・・・』という恭子の一言と、その後の真崎の志穂の母とトラブルがあったと聞いたが?という質問、口ごもる恭子の姿のみ。

『やはりこれは志穂ちゃんのお母さんとトラブルがあったとしか思えませんね』とスタジオの百々瀬が引き取り、それを見た恭子はなにも言わず、涙ながらに皿を洗い出した。
 


<スポンサーリンク>

 

マスコミと警察の関係

『母さんは託したんだ。最後の望みをあんたに。それを粉々にされて、絶望したんだよ。何でだ?真犯人は別にいる、取材したのに何で放送しなかったんだ?』と慶介が尋ねる。真崎は『みんな疑ってた。みんながそう思えば、それが真実になるの』と答えた。『ふざけんな!!』慶介は怒鳴りつけ、やがて時が来たら、頼みを聞いてもらうと伝える。『スクープをモノにするのと、あんた自身がスクープになるのと、どっちがいい?』床にへたり込む真崎。『これがあなたのファイナルカットです』

ザ・プレミアワイドの会議にて、真崎は住吉への取材がボツになり、放送を見送ること、自分の行き過ぎた取材を謝罪した。

住吉が逮捕された。その様子を封じるザ・プレミアワイドを警視庁刑事部部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)と高田が観ている。高田は先日、百々瀬からあった電話での会話を思い出していた。百々瀬は住吉への取材を行った後に、必ず逮捕させると高田に約束していたのだった。『彼らもうまく使えばいいですよ。今回はWinWinということで』

1人落ち込む真崎に百々瀬が声をかけた。『僕達は提供し続ければいい、人が観たいもの、それでいて真実を』百々瀬が紙で作ったバラを差し出し、真崎は受け取った。

雪子が講師を務める美術館のこども美術教室に、突然吉沢を名乗る、慶介がやってきた。子供たちと触れ合う慶介を愛おしそうに見つめる雪子。2人の目が合い、2人は微笑みあう。

その後、新宿中央署。新入りの警官・中村として潜り込んでいる慶介が、データベースにて12年前の事件について調べている。若葉は『事件の晩、走って戻ってくる園長の姿を見ました』と供述していた。すると、そこへ高田がやってきて、話しかける。『仕事が早くて助かるよ、中村くん。いや、早川慶介くん』慶介は驚いた表情で振り返ったのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話の感想

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第2話が終了しました。第2話では、ディレクター・真崎に、ファイナルカットによる復讐が遂行されました。

慶介が疑問を抱いているのが、12年前、なぜ疑惑の人物として捜査線上にあがっていた祥太の報道が一切なかったのか?ということと、なぜ、母・恭子を犯人に仕立てあげたのか?という2点です。

この疑問に関する鍵となりそうな描写が、第2話でありました。それが住吉の一件です。

第2話では、住吉が捜査線上にあがっていて、逮捕間近であるという情報を入手した真崎が、警察からの制止を聞かずに突撃取材、結果取り逃がすことになりました。真崎は、なぜ住吉が捜査線上に上がっていることを知っていたのでしょうか?

また、真崎に接触してきた住吉はその直後、逮捕されました。1回目の取材が捜査妨害すれすれだったことで、警察の立場を考えた百々瀬が新宿中央署の副署長・高田に、住吉と接触する旨を報告したからです。

なお、第1話では情報を握った阿部に、まだ公開は控えてくれと依頼している警視庁刑事部部長・芳賀の描写がありましたね。警察と百々瀬たちはかなり深い繋がりをもっているようです。

この百々瀬と高田の深い繋がりが、12年前の事件の鍵となるような気がします。高田が祥太の情報を百々瀬たちに報道させなかったのか?しかし、住吉の件では真崎が警察からのお達しに背き、取材をしています。警察の言うことを聞くような人間ではなさそうです。ということは、ザ・プレミアワイドが祥太の件を報道しなかったのには、何か別の理由がありそうですね。

祥太に嫌疑がかけないよう圧力があったのか?恭子に疑惑の目を向けさせておいたのは、高田が捜査するにあたって有利だったからという線もあるかもしれませんね。

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話のあらすじ

第3話のターゲットはディレクターの小池(林遣都)。12年前は ADを務めていました。

そんな小池へのファイナルカットは、小池の意外な別の顔が関係するものになりそうです。ディレクターとして働く小池ですが、ネット上では神と崇められる別の顔を持っていました。

そして、引き続き祥太の情報を探るべく、小雪・若葉姉妹に近づく慶介ですが、慶介は若葉から『兄が死んだ』という信じられない報告を受けることになるのでした。

第2話では、祥太について『そろそろ決めないとな』『決まったら言う』という両親のセリフがありました。祥太は海外にて移植待ちの重病?それとも脳死状態?ということになっているのでしょうか??

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』第3話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『きみが心に棲みついた』の原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『海月姫』の原作結末までのネタバレあらすじ

土ドラ『オーファンブラック〜七つの遺伝子〜』の原作のネタバレあらすじ

ドラマ『FINAL CUT(ファイナルカット)』の他にも!2018年冬の注目ドラマ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る