2019夏のドラマのあらすじまとめてます

レコード大賞2017出演者と順番一覧 大賞予想はAAA,三浦大知!三代目ノミネートなしの理由は買収疑惑か


日本レコード大賞にまつわる過去の疑惑まとめ

2014年のレコード大賞受賞速報は見切り報道?!

毎年、日本レコード大賞が決定するのは番組終了間近の21時45分頃。直後、日本レコード大賞を受賞した出演者が歌唱し、そのまま番組放送が終了という流れになっています。

21時45分の日本レコード大賞決定と同時に、各メディアが速報で報じるのですが、2014年、スポニチが日本レコード大賞決定と同時刻にその年レコード大賞を受賞した出演者を報じるニュースを掲載したことから、最初から決定していたのではないか?という憶測が飛び交いました。

例年、日本レコード大賞の審査員にはスポーツ新聞各社の人物の名前が連なり、そのなかにはもちろんスポニチの名前も。

しかし、もともと日本レコード大賞は優秀作品賞にノミネートされた10作品のなかから決定するため、事前に有力な出演者ごとに記事を用意している可能性も高く、これだけで日本レコード大賞が出来レースだと決めつけることはできませんが、その後さらに核心をつくレコード大賞買収疑惑の証拠が出てくることになります。
 

 

2015年のレコード大賞は1億円 ?!三代目が買収疑惑

2016年には、2015年の日本レコード大賞を受賞した三代目J Soul Brothersが所属するLDHが1億円で日本レコード大賞を買収した証拠の領収書なるものが週刊文春にて報じられました。

その金額は1億円。但し書きは『年末プロモーション活動』で、仲介を行った芸能事務所・バーニングが領収証の発行元となっています。

三代目J Soul Brothersは2014年の日本レコード大賞も受賞していて、この時受賞した作品が『R.Y.U.S.E.I.』と世間が納得するような作品だったことに対して、2015年に日本レコード大賞を受賞した作品は爆発的なヒットにはならなかった『Unfair World』。そこがますますこの買収疑惑を深めることになったのかもしれません。

結局、週刊誌では報じられたものの、日本レコード大賞を金で買っていたというセンセーショナルでビッグなニュースがワイドショーをはじめとするテレビではほとんど報じられることはありませんでした。このことが逆に、芸能界に働く強い力を感じさせ、信憑性が増したと感じる方も多かったようです。
 

 

2016年、レコード大賞の西野カナも『意味不明』の厳しい報道

スポンサーリンク

2014年・2015年と2年連続で日本レコード大賞を受賞した三代目J Soul Brothersが、2016年の日本レコード大賞では優秀作品賞にノミネートされませんでした。2016年、優秀作品賞にノミネートされた出演者は、例年通りAKB48やAAA、そして朝ドラの主題歌となって大ヒットした宇多田ヒカルさんの姿も・・・そんななか、西野カナさんの『あなたの好きなところ』が日本レコード大賞を受賞し、早速メディアでは『(西野カナさんがレコード大賞を受賞したことが)意味不明。なぜ選ばれたのか、説明する方が難しい』と報じられました。

その理由は、セールスという観点でみれば、AKBや宇多田ヒカルさんとは桁違いでそこまで売れていなかったからでしょう。しかし、くどいようですが、セールス数だけがレコード大賞の審査基準ではないため、突っ込みようがありません。

また、日本レコード大賞が発表された時の西野カナさんのリアクションも物議を醸し出していました。多くの出演者が瞳を涙で潤ませることが多いなか、西野カナさんは割と落ち着いていましたね。そのことが、疑惑まみれの日本レコード大賞を受賞したところで、イメージアップどころか、イメージダウンにつながることを迷惑に感じているのだろうと評する声も報じられる始末。

個人的には、西野カナさんの『あなたの好きなところ』は名曲で、西野カナさんの優れた歌唱によって生かされた作品だと思いますが、世間的には納得がいかなかった・・・ということになるのでしょうか?そこまで言わなくても・・・と思いますが、日本レコード大賞が誰が獲っても何かしら言われる賞になってしまったということは悲しいですね。
 

 
とはいえど、毎年その年の日本レコード大賞がどの出演者になるのか?予想しながら観るのは、ワクワクしてとても楽しいものです。2017年の今年も楽しみにしたいと思います。

日本レコード大賞の放送は、2017年12月30日(土)17時30分から(各賞ノミネート出演者の順番は19時からと思われます)です。お見逃しなく!
 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です